FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年04月03日 (金) | 編集 |
昨夜、今日と偵察に行ってきました。
皆さんのご想像通り、ヨシゾーさんとそのお仲間の○村君でした。
今月の中旬に行われる所属する釣り会の釣り大会の下見と、
休養を兼ねた釣りバカの血を治める儀式にやってきたようです。
4/1の早朝メールが届いたのですが、
1日と言えばエープリル‐フール【April fool】で、
罪のないうそをついて人をかつぐ西洋の風習でもあるので、
思わず<担がれた?>とゲズの考えを起こしてました。
その後、チレイなオネーチャンが沢山いるところで、
ヨダレと鼻水を垂らしながらへべれけになっているところに無線を入れ、
「俺にも一人回して~、篠原涼子似でも藤原紀香風でもいいから~。」
と頼んでおりましたが、彼はソレをエープリル‐フールと捉えたようです。
俺、本気だったのに・・・・グスン。
きっと彼はお持ち帰り用を調達したと思われます。
なので、奥様、背広のポッケに変な名刺が入っていたら、
出張の度に現地調達していると思った方がよいですよ!
と、ここで、家庭不和の元をコマセのように撒き散らかしたので、
クックックッ、数日後が楽しみです。

さて、昨夜の午後10時頃まで夜釣りを楽しんだようです。

IMGP6050.jpg IMGP6054.jpg
あの光の中に彼らが居るのだ

詳しい事は、ヨシゾーさんのブログを覗いて見て下さい。

海から上がってきた彼らを見た時、
背中には大きな背負子を背負い、
肩には釣り会ご用達の竿袋と三脚、
いつでも海の中で遊べるようにウエダー、
その姿は一見、ひと昔の全国を旅をする怪しげな行商人かと思っちゃいました。
彼らの釣座である場所を知っていますが、
楽して釣りをするがモットーの軟弱な俺には無理、
いや、絶対に入らないであろうと思われます。
ヨシゾーさん曰く
「水の中を突き進んでも、何でも奥がいいかと思っちゃうんだよね。」
と○村君として腰をクイット突き出すのを俺は見逃さなかったのです。

IMGP6056.jpg IMGP6057.jpg
磯場からやって来たヨシゾーさんとそのお仲間の○村君
その竿袋は、なーに? なんぼするの?
 
嫁も一緒に行ったので、例のごとく、
目でショ場代を請求し、それに気づいたヨシゾーさんは、
せたな関所を通るタメ、大棚の商人のように手揉みし、
通行手形の割符を手渡すようにホッケ数匹を差し出していました。
嫁は女王様から悪代官へ変貌した瞬間でもあります。
う~ん、ここでも犠牲者がまた出たようです。

その時の釣果は↓コレです。
IMGP6059.jpg

その後、場所を移動して、コンビニの前で少し話をして別れましたが、
彼らは朝方、違う場所でカレイを狙うそうです。
その結果は、ヨシゾーさんのブログを見て下さいね。
かわいそうに・・・・あっ、バラしちゃった。

某国から強制退去させられた○村君ですが、
「○村君、君はいいキャラしているよ。
きっと今のヨシゾーさんがあるのは、彼のお陰かも?!」
というのが俺の印象でした。
そして俺には今回、
どうしてもヨシゾーさんに合わなければイケない事情がありました。
積もる話もあるのですが、
この辺では売っていない釣り会ご用立つのブツ受け取り、
この辺でしか手に入らないブツで買収する予定だったのです。

IMGP6060.jpg IMGP6063.jpg
IMGP6065.jpg
コマセネット

その作戦は上手くいき、
ヨシゾースペシャル釣り会ご用立つ09年バージョンプロトタイプ
も頂いたのです。
IMGP6068.jpg
ヨシゾースペシャル釣り会ご用立つ09年バージョンプロトタイプ

これに関しては、俺の周りや自分も含め使っていない仕掛けで、
釣り会ではポピュラーな品物かも知れません。
とても面白そうなので、今度使ってみようと思っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用