FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年04月18日 (土) | 編集 |
せたなでは、コレからがマガレイの時期となります。
カレイも上向きになり、
クロガシラカレイののっ込み時期に入りました。
マガレイも少しですが釣れてきています。
その上、今年のマガレイの型は異常に大きいといいます。
マガレイの釣れる平均サイズは15~30cmで、
30cm以上を釣ると型の良いのが釣れたと喜び、
40cm以上なんて、それこそ運が良いと言われ、
いいな~、凄いな~、と羨望の目差しで見られます。
実績のある場所として、
苫小牧の沖防波堤(事故があってから渡していない)、
室蘭港(崎守埠頭)などが有名ですが、
日本海では滅多にそんな大きなマガレイにはお目に掛かれません。
ところが、そんな40upのマガレイが、
日本海の磯場のあっちこっちで釣れているというのです。

俺の知り合いが大成方面の磯場で43.5cmを釣り、
ある新聞の釣欄には同じく大成方面で5枚釣ったうち3枚が40upで、
そのうちの1枚の最大体長が45cmだと写真付きで載ってました。
この大きなサイズが出た磯場に、
所属するクラブの大会で入りたかったのですが、
そういう場所に入るには早い時間に行かないと無理!
という事で断念しました。
新聞に釣果が出ると、俺にも釣れるのでは?
と勘違いしてしまう輩が多いので、
どうしても釣場は混雑してきます。
俺も、その内の一人なんです(笑)

話が少しそれますが、以前、
せたなの某所で3.5Kgのサクラマスが釣れた話を書きました。
ところが最近、
ソレ以上大きなサクラマスが太田方面の磯場から釣れたそうです。
丸々太った見事な板マスで、
モンスター級の4Kgのサクラマスだったそうです。
何であんな場所で?
と思うような所でルアーマンが竿を振っていたのを
不思議な気持ちで見ていたのですが、
思いだせばナルホドそーゆーことだったんですね。

さーて、そんな大きなカレイを求めて、
明日の朝、釣りに行ってきま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用