FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年04月22日 (水) | 編集 |
せたなー奥尻間のフェリー航路が昨日(21日)再開されました。
毎年、4月下旬~9月末まで運行され、
10月~4月下旬まで冬期運休となります。
4月末までは1日1往復で、
5月1日からは1日2往復運航され、
せたなから奥尻間は1時間45分で行けるそうです。
俺もしりませんでしたが、
江差発~奥尻間より約35分早く着くとのことです。
IMGP4070.jpg IMGP4069.jpg 
昨年撮影したフェリー 

毎年5月の連休前後になると、札幌方面からの釣りバスが多くなり、
観光客や釣人で奥尻島は賑わっております。
連休中の車両予約は、
5月2~3日(せたな発)はやや込んでいるようです。
IMGP1209.jpg 太櫓から見た奥尻島

俺は毎日、
“近くて遠い外国、お魚天国の奥尻島”
と想い、近くに見える奥尻島を指を咥えて眺めています。
いつでも行けると思っているからなのか、
まだ一度も行ったことがありません。
俺もいつか行って竿を出したいと、毎年願っているのですが、
なかなか行くチャンスに恵まれていないのも要因かも。
嫁の知り合いには、ウニ丼だけを食べに行くタメ、
往復4000円もかけて行く御婦人がおり、それも年に数回行くそうです。
嫁はウニが得意ではないので、我が家ではありえない話で、
俺的にはホッとしています。

昔は欠航なんてよくあったようで、
「島から帰ってこれなかった。」
という話は聞いてました。、
今は天気予報の確率もだいぶ当たるようになったので、
そんな要らぬ心配をする必要無いのかも知れませんが、
もし行けても、時化などで船が欠航した場合、
次の日の仕事に影響があるので、どうしても二の足を踏んでしまいます。
俺のいとこも毎年、フェリーに乗り奥尻島でレンタカーを借り、
義父と一緒に竿を並べ親睦を深めているようで、
それなりの釣果も納めており、
今年もきっと行くのではないでしょうか。
いいな~、大きな魚が釣りたいな~、どんな釣場があるのだろう?
と、コースカイドを片手に今年もモンモンとした気持ちで、
フェリーを羨ましそうに眺めるんでしょうね。
あー、行きて~!

時刻表
4月21日~4月30日 瀬棚発~奥尻着 14:45~16:30
             奥尻発~瀬棚着 07:20~09:05

5月1日~9月30日  瀬棚発~奥尻着 09:35~11:20
                  :      14:45~16:30
             奥尻発~瀬棚着 07:20~09:05
                  :      12:30~14:15

旅客運賃・料金
1等ラウンジ(座席指定) 3515円(大人)
1等和式           3130円(大人)
2等              1960円(大人)
特別室(2等運賃に加算) 20000円(6名様まで) 

*運賃料金は片道分で、小人は半額となります。
*札幌~瀬棚港フェリーターミナル間の特急バスが23日から運航されます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用