FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年04月23日 (木) | 編集 |
以前、石狩道場にお伺いした時、
『ねぇ、買い物に行った時ってカゴを持ってあげるよね?』
と嫁は事あるごとに、練習の鬼達に尋ねていました。
ある人は、
「なんで持たなければイケないのだ。俺は後ろをついて歩くだけ。
欲しいモノがあるとカゴに入れる。」
またある人は、
「一緒に行かない。買い物に付き合う事もない。」
と、俺には羨ましい話をしていました。
ウチでは絶対にあり得ない話なんです。
買い物に行くと必ず俺がカゴやカートを押しつけられ、
嫁はその中に放り込むって感じで、
もちろん買い物後の袋持ち、車からウチまで運ぶのも俺の担当なんです。
俺が買い物に付き合わない時は、この仕事を子供が担い・・・・
そう、嫁は一切荷物を持つことがないんです。
一度、遠まわしに、
「この荷物重たい、少しは持ってくれると有難いんだけど。」
と言った途端、ワザとらしくヨロめいて、
『あたし、身体が弱いし、お菓子以上の重たい物持った事ないのよ。
それにそんな重たいモノ持って骨折しちゃたら、困るのはあなた達よ。』
とフザけたことを言います。
嫁が30Kg入りの米袋を軽々と担ぎあげ、
100m・7秒でコープから走り去る現場を目撃したことのある俺は、
もはや、腕力でも、おそらく勝てないだろうと察し、
言い返すこともしませんでした。

嫁は世間一般の家庭のご主人が、買い物カゴを持つことを、
結婚した男の属性だと硬く信じており、
我が家では、もちろん、それを実行していました。
俺が独身時代は自分で買い物をしていたから、
結婚してもその名残があって自然とカゴを持っていましたが、
いつの間にか嫁を甘やかしていたようです。
俺が練習の鬼達に勝てないのは、
こんな些細なことですが、コレが原因の一つかも?
とキーを叩いていたら、背後から、
『みんな外面は亭主関白の振りをして見せているけど、
しっかりと尻に敷かれているのよ。
そんな事も分からないから、あんた、勝てないのよ。』
とちくわをくわえながら嫁がひとこと言い放ち台所へ消えてゆきました。
本当にそうなのだろうか?
皆、尻に敷かれているのだろうか?
山田さん家の奥さんなんか、ダンナにベッタリで、
「夜が来るのがコワイの。」
と言葉とは裏腹に頬を赤らめていたではないか!?
あの奥さんがダンナを尻に敷いているとは、
にわか、信じられないのだ!

俺が皆に勝てない理由は、釣りばかりに熱中して明らかに練習不足、
そして指摘された部分が直せずにいることなんです。
それを少しずつ直していけば、少しは皆の足元に追いつける筈なのですが、
雪が解け地面が見える始めると、海の女神から、
「早く私の元にいらしゃ~い、いつでもお相手するわよ。」
と毎度声がかかるので、
ついつい下心みえみえで彼女を訪ねて行ってしまいます。
そんな事を毎年繰り返しているので、
俺の脳ミソはやはり犬並から脱出できないのかも知れませんね。
学ぶことを知らないという意味では、犬より劣るのかも知れません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用