FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年06月04日 (木) | 編集 |
IMGP6630.jpg
はい、今年初のサケです。
世間ではコレを “時ザケ” と呼んでおります。
実は俺の勤めている会社に、
この “時ザケ” が入荷してきたのです。
1本の値段が、俺たちの口に簡単に入る金額でなかったので、
羨ましく同僚と眺めていたら、
「コレ、◎○と半分にして持って帰れ!」
と親方様の心優しい一言が発せられ、仲良く半身づつにして頂きました。
その光景を見ていた方が居たので、
いつも世話になっていた事もあり、
俺の半身をさらに半分にして持って帰って貰いました。
IMGP6631.jpg
コレを見た嫁は、
『冷凍モノ?』
と訊いてきましたが、
「いや、生。 本物の “時ザケ”!」
と高らかに宣言したのは言うまでもありません。
ソレを聞いた嫁は、スキップしてどこかに消えたと思ったら、
納戸をゴソゴソとまさぐっており、
サケの竿を引っ張り出して、
『どこで釣れたの? 今週末の予定キャンセルしてでも行くわよ。』
釣る気満々の姿がありましたが、
捕れた場所を教えると、スゴスゴと竿を仕舞っておりました。
まったく気が早い嫁です。

この “時ザケ” が市場に出回れば、
1匹数万円の値がつき、それでも引く手数多で、
すぐに完売してしまい、
主に高級料亭・高級お寿司屋さんなどに引き取られるようです。
以前見たTV番組では、高級お寿司屋さんで、
この時ザケの一巻の値段が時価になっており、
また違うお店では数千円してと表示されてました。
因みに、値段のことを書くのはいやらしいのですが、
この1/4で約5千くらいするそうです。
俺も時ザケを口にするのは数年振りなので、
普段は頭なんて食べないのですが塩焼きにし、
身の部分も薄塩で焼いて貰う予定です。
もちろんハラスの部分はルイベにして刺身、
コレをアテに冷えた日本酒でキュットと一杯、
とても楽しみです。

話は変わって、今週末も天気予報は雨模様です。
北海道には梅雨は無いと言われていますが、
それは札幌や道央、道北の話しで、
ここ道南には俗に言う蝦夷梅雨が存在しています。
梅雨明けは東北の梅雨明けと同じ頃になるそうです。
まだ、梅雨入りではないのですが、
そんな天候を思わせるような天気なので、
ちょっと気が滅入ってしまいますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用