FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年06月07日 (日) | 編集 |
午前0時過ぎ、いつもならぐっすり寝ている時間帯ですが、
俺は活動し始めました。
朝一で釣りをするタメ、小島に行く予定だった荷物を全部ほどき、
カレイ釣りの用意し、嫁もセカンドカーに乗り、
車2台で太櫓方面へ車を走らせてました。
今週末、こちら方面に釣り大会に来られている筈の
札幌サーフの面々に会いに行ってきたのです。
俺は自分の釣座を確保する目的もあったので、
取りあえず鷹ノ巣岬の状況を確かめ、
駐車場に車がナイ事を黙視、その後、
その近くで竿を出していたS会長の姿を確認したので、
嫁を引き連れて慰問してきました。
会長の他、2名も近場で竿を出していたので、
K君、ナオ・ソーヤさんにも挨拶し少しお話をさせて貰いました。
その後、鵜泊漁港に釣座を構えたタマちゃんに会いに行き、
『あれ?タマちゃんがイナイ?
キャーァ、ここにクマがいる。 
あわわっ、タマちゃん、食べられちゃったー。
竿を爪楊枝替わりにしている。
早くウチに帰って猟友会に電話しなくちゃ、その前に警察と役場ね。』
とクマ・・・タマちゃんの姿を見て、
意地悪な顔で指をさしていました。
知り合いとの一時も終わり、
俺を釣場へ落し、嫁はサッサとウチに帰ってしまいました。

天気   弱雨 or 曇り 
風    南東→東南東 
海の状況 凪(大潮)
時間   AM3:30~AM8:30

数時間、車で寝た俺はおもむろに起き出し、
釣場へと降りて行きました。
釣場に着くと、いつもなら満杯の筈のところなのに、
誰一人釣人がおりません。
少し焦りましたが、よくよく考えると、
この強風の中、竿を出すバカは俺くらいです。
この釣場は俺だけの独占場となったので、
竿を4本出して釣りをしましたが、時々吹く強風にヘタレた俺は、
竿を2本しまってました。
朝の内、潮の流れはなかったのですが、
ソレでもポツラポツラとカレイは釣れてました。
AM8:00頃、潮が流れ始めたのはいいのですが、
右から左へと川のように流れていきます。
そうすると今度はカレイの喰い入れが始まりました。
2本の竿には常に当たりがありましたが、
大半は手のひらより小さなリリースサイズのカレイで、
釣っては逃がす、の繰り返しです。
「あ~あ~、大きなカレイはどこに行った?」
とヘタレの俺は海に叫んでいました。

後から投げ釣りやってきたおっちゃんには、糸を何度も引っかけられ、
「少し左寄りに投げろ!」
と怒られるし、
ナマコ捕りにきた磯舟にPEラインを引っかけられ切られるし、
サクラマス釣りにきたおっちゃんには、
「タモねえか?」
と言われ、タモを出すとヘッドはあるが柄がなく、
仕方がなくそれですくったら枠が壊れてしまった。
網はビンとしているのに・・・枠が・・・枠が・・・
俺、自分の魚1匹も釣ってコレですくったこと無いのに・・・壊れた!
俺の心も愚息も萎えてしまったーぁ。

そんな中、俺の目の端に、
コナゴを追いかけるホッケに混じり、
ホッケ・アメマス・サクラマスを追いかけるイルカの姿が映りました。
こうなったら、魚も釣れません。
すっかり意気消沈してしまい、
強風の中、竿をたたむヘタレた中年男がいました。
それでも↓コレだけのカレイを釣ってきました。
IMGP6634.jpg
マガレイ28匹 宗八カレイ1匹

その後、札幌サーフ+恵庭サーフ+美釣会+十二人会の計測が、
せたな町茂津多トンネル手前のトイレの駐車場で行われているので
見に行きました。
駐車場の砂利道と舗装道路の段差で、
嫁の運転する車高の低いサイドカーは、
思いっきりガリガリズーズーズゥーと腹を擦り、ヘタレた俺です。
恒例のS会長と嫁のハグで挨拶し、俺も皆に挨拶を済ませましたが、
審査も終わり、表彰式の最中でした。
結果は、鷹ノ巣トンネル裏に入った札幌サーフK君が大型カジカ数匹と
アイナメを釣り優勝。
2位は、鵜泊漁港立岩に入った札幌サーフS氏がマゾイとハチガラを揃え、
3位は、美釣会の会長Mさんが藻岩トンネル裏に入り、
アイナメと黒ゾイを釣り入賞しました。
IMGP6637.jpg
御苦労さま!

この後もヘタレ中年男は、嫁の一撃を2~3発喰らい、
深い痛手を受け、もっとヘタレたとさー。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用