FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年06月26日 (金) | 編集 |
ところが、他の人より遅れてやってきたので、
釣座を構えるコトができないようで、俺の横に来て、
「ここに竿を出してもいいか?」
と訊いてきたので、快く入れてあげました。
話好きのこの方は、
「今日は厄日だ。」
とぼやいて、
「今朝、嫁とケンカをしてね。
バスには遅刻するし、乗り合わせた人はウマの合わない人で、
会話も無くダンマリでさ。
コンビニに行ったら財布の中に2千円しかなく、
弁当しか買えずビールはナシだし、
初めての場所でエンカマには落ちるし、散々な目にあったよ。」
そして、
「コレは嫁の呪いだ!」
と言い、
「だけどな、ハァ~、よくよく考えると俺が悪いんだ。
でも悪いと思っているところを、ガミガミ言われると、
つい反抗してしまってな。
家に帰ったら、謝らないとならない。フゥー。」
と、溜息も混じりながらも反省をしているようです。
俺はその話を聞いて、笑いが引きつっており、
思いあたることばかりで、他人ごとではなかったのです。

この方は釣り会に入っていると言っていたので、
釣り会独特の仕掛けに、俺は興味を持ちました。
ラクビーボール状になったコマセネットには、
ビックリさせられました。
まるで、海に岩でも落としたような音をたて、
魚を集約させ、よく釣り上げます。
俺にも釣れるはずだったアイナメも、そのコマセの威力で、
根こそぎ持っていかれたような気がしました。
<きっとコレは、ウチの嫁の食いしん坊の呪いだ!>
と思い、この光景を見た俺は、
今更コマセ取りにウチに帰るのもなんかバツが悪かったので、
イソメだけで朝方のカレイにかけることにしました。
朝方には数十枚のカレイを手にした俺は、
隣に入ったこの方に挨拶を交わし、
<人生の先輩でも想うコトは同じなんだなー。>
とその方の後ろ姿に勝手に思いを発してしまい、
早々とウチに帰ることにしました。

で、謝ったかって?
いいえ、謝る必要などなかったと判断しました。
おにぎりの中身は、梅干しの種だけだったのです。
やられました。

終わり。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用