FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年08月06日 (木) | 編集 |
「怨念」という映画をご存知だと思いますが、
ヘビの怨念に襲われた家族の話です。

ある地区がダム計画のため、その地に住む人達は
この地を去る事になりました。
ダム工事が始まる数年前、
ある家族がこの地に住んでおりました。
当時、この家族に新しいお嫁さんが嫁いできており、
そのお腹には子供がいたそうです。
ある夏の日、
草刈をしていたお嫁さんはおおきな青大将を見つけ、
そのヘビのどてっ腹を鎌で切って殺してしまいました。

数年後、新天地で出発したその家族ですが、
子供が成人し、後はお嫁さんを待つばかりでした。
ところが一向にいい話は聞こえてきません。
良いところまで行くのですが、
どれもこれも破談してしまいました。
心配した家族は、ある方に相談しました。
「昔、奥さんがおおきな青大将を鎌で殺したでしょう。
その青大将のお腹には子供がおり、その怨念です。
この家族の名を語る者は、子孫は出来ないようにしてやる
と言っています。」
との返答でした。
不安に思った家族は、また違う人に相談しました。
やはりここでも、
「お前ら、よくも私を殺したなー。
お腹の子供になんの罪がある。
お前らの姓を語る者は一切この世に出さぬ。」
と、言われたそうです。
御祓いもしましたが、
「とても、強い念で祓えません。」
と、数件に断れたそうです。
そして、この家の屋根には大きな青大将がトグロを巻いて、
来る人達を睨みつけていると言います。

ある日、この息子は交通事故にあい入院し、
そこで知り合った人と結婚しました。
ところが、数年後、この夫婦は破綻し、
奥さんは子供を連れて実家に戻ってしまいました。
今は違う人と再婚し、
違う姓を名乗っているそうです。
後は姉妹がおりますが、他の姓に嫁いているので、
この家の姓を名乗る者はおりません。
今もその家族はひっそりと暮らしておりますが、
この人達の代でこの姓を名乗る人はいなくなるでしょう。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用