FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年08月24日 (月) | 編集 |
青森に何年も釣りにやってきている函館つるさん、
必然的に道にも詳しいので、運転手役を自ら進んで勤めて下さいました。
ありがとうございます。
日本海へ向かう道へ車を進めて行くのですが、
近道を通ることにしたようで、峠に入りました。
どこの峠もそうですが、山裾はなだらかな道が続き、
その後、急カーブが続きます。
この峠も同じく、そんな道が続きます。
函館つるさんは何度も通っているようで、
あまりスピードを下げることなく、
昔の悪い血が騒いだのか、峠を攻めるような走りを展開しました。
ヘッドライトで照らされた道路を見ると、
無数のタイヤ痕が見られ、
この場所は通の人にはたまらない場所のようです。
最初は何も言わなかった嫁ですが、
『コラ、ジジィ、攻めるな!』
と口火を切ると、
『タイヤ鳴らすな!』
と怒鳴り、
『運転手と助手席の人は何でもないけど、
後ろに座っている人は揺られて具合悪くなるんだからね。
何度も言わせないでよ、だから、年がいもなく攻めるな!』
から始まり、
『具合悪くなってリバースする時は、あんた、目掛けてやる!』
・・・・etc~、
ここでは書き表せない暴言を彼に浴びせてました。
でも、函館つるさんは、嫁の言葉が賛美に聞こえようで、
いったん火がついた悪い血を止めることは出来ませんでした。
えっ、他のメンバーは?
・・・・ちょっと昔を思い出し・・・・ってところでしょうか?
もちろん、後ろからピタリとついて来たもう一台の仲間の車は、
函館つるさんと同じだったと記載しておきます。

後で嫁が、
『あんな車で攻めるモンじゃないわよ。
足回りをフル装備したFRじゃないと面白くないじゃない。
S字カーブのドリフト、車体が振られて難しいんだよね。
車はオートマでなく、もちろんミッションで。』
何かを思い出したのか、
『あの5つ目のカーブと8つ目のカーブ、
ちょっと攻めるの甘かったような気がするわ~。
あたしだったら、その手前のカーブなかばから加速して突っ込むけどね。』
・・・お前って奴は・・・

函館つるさんの知り合いの方々からの情報では、
日本海側は釣りならないという状況だと教えてくれましたが、
「どーしてもサーフで竿を振りたい! 砂浜♪ 砂浜♪ す・な・は・ま♪」
とごねる島ちゃんの姿があり、本人を納得させるため、
時化る海を見せに十三湖方面へ行きました。
やはり波は5枚程あり、とても釣りにはなりません。
そこから釣りになりそうな場所を探して、
青森湾へと移動しました。
前夜、夜釣りを決行していた
函館つるさんと若いオネーチャンを二人騙した男さんが
竿を出した場所を見に行くと、
無風で海も凪ており、すぐに竿を出し、
釣りをする事にしました。
IMGP7158.jpg IMGP7157.jpg
皆が準備をしていると、
一人だけ慌ててバックの中をガサゴソと探している人がいました。
そして彼から発せられた言葉は、
「リール忘れた!」
一瞬、皆の手が止まりましたが、どうする事も出来ません。
嫁は、
『コレ!』
と自分のリールを俺の手に乗せ、
『みな楽しみにして来ているんだし、
あたし、飛び入り参加だからまた今度でいいわ。』
と言ってくれたので、彼に貸す事にしました。
そして嫁は皆に、
『釣り飽きた頃、あたしに一回だけ竿を貸して!』
と宣言していました。
また、ある人が、
「やべー、プロテクター忘れた。 誰か、予備持っていないか?」
という問いかけに、俺の予備を貸しました。
函館つるさんに至っては、某新聞の釣り欄の記事を書いているのに、
記者としての命、デジカメを忘れるしまつです。
IMGP7145.jpg
一番最初にキスを釣ったのは、函館つるさんでした。
その後、順調にキスが釣れ始めました。
IMGP7148.jpg IMGP7149.jpg
IMGP7150.jpg IMGP7152.jpg
IMGP7156.jpg IMGP7159.jpg
この場所は手前に捨て石が入っているため、
PEラインの2色あたりになったら、急いで巻きよせます。
俺こそ仕掛けは一個も失くしていませんが、
あまり手前まで引きずり過ぎて、
キスも仕掛けもみな捨て石に引っ掛かってしまい、
何人かは泣くハメになっていました。
IMGP7170.jpg IMGP7169.jpg
平館磯谷 北の釣り具店前
IMGP7160.jpg IMGP7161.jpg
函館つるさんの最大キス

嫁が社長さんのところへ写真を撮りに伺った時、
「あれ? 今、フッと思いついたんだけど、
もしかすると俺、予備にリール持ってきているような気がする。」
と車の手荷物まで確認に行ってくれたそうです。
そして、バッグの一番底にあったリールを嫁に貸してくれ、
一時は諦めたはずのキス釣りが出来、彼女は大喜びでした。
ありがとうございます。
嫁の竿にリールを取り付けようとすると、
『人様の大切なリール、あたしの事だもの、
ひょいとそこらに地下置きするかも知れないから、
あんた、このリール使って。』
と言い、俺のリールを嫁の竿に取りつける事にしました。
IMGP7176.jpg IMGP7173.jpg
社長さんの最大キス 

俺の使用した仕掛けは、夜釣りでも出来るかもと思った事もあり、
3本針使用を作ったので、試しに使ってみました。
初めてキス釣りを体験する嫁にも、同じ仕掛けをつけました。
彼女が最初に射止めたのが、フグ、コチで、
何等か後、やっと待望のキスが釣れました。
IMGP7165.jpg
大きなキスが掛ったのではと喜んで竿をあげると、
今回の釣りの中では最大のコチが嫁の竿に掛かっていました。
IMGP7167.jpg IMGP7168.jpg
俺もコレは絶対大型キスだと信じて竿をあげると、
ホウボウとチャリコでガッカリです。
IMGP7163.jpg IMGP7172.jpg
キスの群れも居なくなったようなので、場所移動しようと思ったら、
島ちゃんが居ません。
キスの群れを追いかけて、どこかへと歩いて移動したようです。
やっと帰って来た島ちゃんは、
「キスは歩いて釣れっていう鉄則を守ったんだ!」
そういい切ります。

さて、次の釣場へLet's Goー!

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用