FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年10月07日 (水) | 編集 |
漁港などに長く溜まった釣れないサケを釣るには、どうしたら良いのか?
と釣人はいつも悩みます。
俺の経験上、
①浮き釣り(ふかせ釣り)で、底にいるであろう食い気のあるサケを狙う
②サケ全体の食い気を出す時間を待つ
上記に関しては定番ですが、
難しいのは②です。
毎日のようにサケ釣りに行ければ、
一日中粘ってサケと遊んでもらうことが出来るのですが、
俺もやりたいことが沢山あるのでそうも行きません。
運良く②に遭遇した時がありました。
場所は某湾胴(地元のおっちゃんの秘密の釣場)、
時間帯は夕方でした。
その場所はごく一部のおっちゃん方が、
極短時間だけど狙いを定めて通っている釣場なのです。
ちょうど、サケの通り道で、
休憩するような場所なのかも知れません。
その日の風向きによっては、サケがまったく居ない時もあり、
この日の風ではちょうど影になる部分で、
風の影響がありませんでした。

俺達もその仲間に入れて貰い、
少し離れたところで浮きルアーで楽しんでおりました。
おっちゃん方は浮き釣り(ふかせ釣り)で狙っていますが、
この日は群れは居るのですが、海面に浮いて泳いでおり、
まったく釣れないと言います。
そんな中、朝からじっくりと腰を下ろして、
なんとかサケを釣ってやろうと
一人のおっちゃんが挑んでおりました。
話では、お昼近くになって底狙いで3匹釣ったそうですが、
その後、色んな深さにタナを合わせても、
エサを素通りするそうです。
俺の浮きルアーは固定浮きなので、
釣場に合わせて、その都度、浮きを取り変えます。
それを見た嫁は、
この釣場に来る前に入った釣場に合った浮きの長さでしたが、
『どうせ釣れないんだから、これでいいわ。』
と投げました。
おっちゃん方も段々日が傾くと、
「メシだー、けーるべや。」
と一人、また一人と家路に向ってしまいました。
俺達も帰ろうかと思った瞬間、
先程から海面に浮いていたサケが口を開いて泳ぎ始めたのです。
嫁はよそ見をしてその光景を見ていませんでしたが、
『やる気満々だね、かかってこいや~』
と嫁が雄たけびを上げると竿をしのらせたのです。
俺も後を続けとばかり、嫁より少し深いタナで攻めてみました。
俺にもヒットし、今度はもう少し深めのタナで試し、
このタナでもサケは釣れました。
この時は嫁と合わせて4匹のサケを釣ったのですが、
その時間は15分間だけで、その後、続きません。
よくよく見ると、サケは口を閉じて泳いでいます。
ちょうど、この日のサケの食い気の時間帯だったようですが、
潮の流れによってか、気圧の関係なのか、
その日によってまちまちなので、
次の日に似たような時間帯にいったのですが、
サケが一匹もおりませんでした。

この時期のサケは産卵のタメ、殆どエサを取らないのですが、
昔の本能と言うべき行動なのか、威嚇とだと言う人もおります。
実際、サケを解体しても胃の中は空っぽなのです。
口を使う時間帯という言い方が適切であり、
食い気という表現は間違いなのかも知れませんね。
でも、昔から言われてきた表現なので、
そう分かっていながらもついつい使ってしまう俺です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用