FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年10月25日 (日) | 編集 |
今日、嫁が午後からの仕事で、
『あたし、久しぶりに竿振りたい。』
と言い出したので、一緒にサケ釣りに出掛けました。
嫁がサケの竿を振るのは約1ヶ月ぶりでしょうか。
IMGP7629.jpg 鳥稲荷神社

この場所は通称・神社下と呼ばれ、道路を横断し、
線路を渡ると所々に海岸へ降りられる梯子や道路がついています。
過去に、朝方の薄暗い時期、
この線路を渡っていた釣人が汽車と接触し、
死亡するという痛ましい事故が起きていますので、
左右の確認だけは絶対に怠ってはイケナイ場所です。
IMGP7630.jpg IMGP7631.jpg
線路を越えたところに海岸があります。

釣場に降り立ち、日が昇るのを待って竿を振りました。
そこに昨日、情報提供してくれた森のクマちゃん登場!
IMGP7619 - コピー
彼はたった20分だけ竿を振り、陸上の公式審判役を仰せつかっているので、
大沼まで行ってしまいました。
久しぶりにあったクマちゃんと北檜山の熊(嫁)はその間、
冬眠に入る前のおしゃべりを楽しんだようです。
IMGP7620.jpg IMGP7626.jpg
鳥海岸で他の浮きルアーマン達が2匹釣ったのを目撃しただけで、
サケの気配が感じられません。
ここで3時間程竿を振りましたが、
一度だけサケのライズを遥か沖で確認しただけで終わってしまいました。
IMGP7624.jpg IMGP7625.jpg
IMGP7627.jpg IMGP7632.jpg
今朝の駒ケ岳の様子

釣場で面白い?ちょっと正体が不明なモノを発見。
IMGP7622.jpg IMGP7623.jpg
アワビのように見えるのですが、裏を返せば殻が有りませんし、
触ってみるとツルツルしていました。
う~ん、なんだろう?

帰り道、嫁が、
『あたしさ、八雲のサケ祭りって一度も行った事がないの。』
と突然言い出します。
俺は昔の仕事の関係で、何度か参加していますので、
今更と思うのですが、
取引相手の会社も参加しているので見に行っちゃいました。
IMGP7646.jpg IMGP7645.jpg
IMGP7637.jpg IMGP7638.jpg
IMGP7644.jpg IMGP7647.jpg

知り合いの漁師さん達とも再会し、少し話した後、写真をパチリ!
IMGP7634.jpg IMGP7635.jpg

タラバガニの脚の焼けるいい匂いがプ~ンと辺りに広がると、
アッと言う間に人の列が出来ていました。
IMGP7636.jpg IMGP7640.jpg

抽選で選ばれた
子供の部60人+女性の部60人=120人
無料でサケのつかみどりが行われてました。
IMGP7642.jpg IMGP7643.jpg
IMGP7641.jpg
この生簀からサケをすくい上げ、次から次へと簡易プールへとサケが放されてます。

で、ここでゲットしたのは、
1枚100円の赤カレイ・ナメタカレイ(オイランカレイ)に一夜干し。
IMGP7655.jpg
IMGP7657.jpg IMGP7654.jpg
深い海底にいる赤カレイは煮魚にして食べると絶品ですが、
一夜干しもなかなかのモノでした。
この他に、写真を撮り忘れたのですが、
一皿350円のホッキカレーも食べました。
時間が許せばもう少し居たかったのですが、嫁が午後から仕事なので、
俺の薄い後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。

沖にはサケはいるようなのですが、
森町や八雲町の川にはサケの姿はまばらのようです。
来月に入ると噴火湾(内浦湾)では船サケ釣りが本格的になってきます。
函館方面の下海岸では、船サケが出ているようで、
良い釣果だったと聞きます。
噴火湾と下海岸では、同じ船サケ釣りでも釣り方が違っています。
噴火湾はサケのライズを探し、それ目がけて竿を振り、
下海岸では電動リールを使い底にいるサケを釣ります。
さて、来月は船に乗れるかな?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用