FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年11月10日 (火) | 編集 |
日曜日遊んだので、今週は弁当残業です。
取引相手の会社にも、毎日、大量のサケやスケソウダラが入荷し、
その対応に追われています。
今月に入り、ウチに帰って時計を見ると23時を回っており、
時には24時過ぎなんて事があります。

ちょっと前にある会社に伺うと、
ちょうどサケを捌いているところに出くわしました。
この時期のサケは川に遡上するタメ、何にも食べないと言われてますが、
これから本州へ下る予定のサケ、
遥か沖合にいるサケなどはまだ捕食しており、
胃の内容物を見ると、オオナゴやソイなどの小魚を食べています。

日曜日の船サケ釣りですが、函館つるさんと嫁は同じルアー、
似たようなタコベイトを使い、
函館つるさんは餌なし、嫁は餌ありでした。
餌で勝敗が決めたワケではないのですが、
『ジジィに勝った!』
と喜ぶ嫁の姿がありました。
俺が見ていたところ、嫁は釣れていない時は深い位置を責め、
誰かがサケを釣った時、
そのサケの後ろに他のサケがついて来た瞬間を見逃さず、
その都度、レンジ(棚)を変えていました。
コレが勝敗の決め手だったように思います。

今回乗った船は、船頭も数度しかサケ釣りをした事がなかったので、
タモ入れがあまり上手くなかったのですが、
そこは皆さんベテランばかりなので、
船頭が扱いやすい位置にきちんと持って行ってました。
以前、他の釣り方の方々と一緒だとトラブルになると書きましたが、
これにはワケがあります。
色んな方々との乗り合わせになると、
人それぞれの使用しているラインの太さが違います。
俺はPE1号、嫁はPE1.5号を使っていますが、
ジグ・ミノー釣りの方々はフロロ1.5号、
コレが絡んだり、サケが走って隣のラインに触れたりすると、
間違いなくPEの方が強いので、
フロロの方がプツリと物悲しい音をさせ切れてしまいます。
コレを少しでも阻止するには、
同じようなラインを使用している同士が集まった方が
トラブルも少なく済みます。
そういう訳で俺達は穂先で、
他の人達の邪魔にならないように竿を振ってました。
IMGP7719.jpg IMGP7718.jpg
がまかつのジー・トレーラー

日曜日、函館つるさんが持参して来たモノを、
嫁が有無を言わさず強奪したものです。
針には定評があるがまかつさんなので、
きっとサケへの刺さりが良いと思います。
俺はゲーム性を高めるタメ、トレーナーフックを1本だけにしていますので、
勿体ないけどこのフックを1本切り、
コレを来年使わせて貰おうと思っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用