FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年12月03日 (木) | 編集 |
子供の頃、よく母親が作ってくれたモノで、
ビスケットの天ぷらがありました。
「ビスケットの天ぷら?」
と驚いた方もいらしゃると思いますが、
地域的なモノかも知れませんが、結構、イケるものでした。
今、食べると、味覚が変わっていなければ、
ほんのりと甘い味でサクサクとした食感で、美味しかった記憶があります。
嫁が誰にも取られまいと箱を小脇に
抱えて食べていたビスケットを見たら、
急に思い出して食べたくなったのです。
そこで、ビスケットの天ぷらを作って欲しいと嫁にお願いすると、
『いいけど。 使うビスケットは決まったメーカーで、
袋に入ったモノなんだけど、それ全部使っていいの?
責任もって食べてくれるんだよね?』
と言うので、
「えっ? ほんの数枚だけでいいんだけど・・・。 全部って何枚?」
と訊くと、
『そうね~、40~50枚は軽く入っているけど。』
と言います。
「数枚だけでいいんだけどな、全部は無理だから、
残ったビスケットはお前に進呈するよ。」
きっと嫁は食べてくれるモノだと決めつけていたので、
『えー、そのビスケット硬くて好きじゃないんだよね。』
いつもならどんなモノでも皿まで食べる勢いなのに、
拒否とも思える発言にビックリする俺です。
思わず、
「腹でも壊したのか?」
と訊いてしまったくらい驚いたのです。
嫁は、
「子供の頃、オヤツ代わりに食べた記憶があるけど、
あの時は美味しいって思ったんだけどね。
大人になって、もっと美味しいモノが沢山ある事に気づいて、
そっちの方にどうしても目がいくんだよね。』
と非常にシンプルかつ真っ当な感想を述べていました。

俺の生まれた地区では、ベコ餅の中に小豆あんが入っていました。
各家庭にはベコ餅を作る型があり、
そこに食紅で色付けしたもち粉+上新粉+上白糖を練ったモノを、
蒸し器で蒸すと出来上がりです。
嫁の実家にもベコ餅の型がありますが、
今は作ることもなくなったそうです。
後で知りましたが、この小豆あんを入れて作るのは、
このせたな町でもほんの極一部の限られた地域だけだそうです。

他とはちょっと変わった食べ物なんですが、
子供の時から親しんできたモノなので、フッと食べたくなる時があります。
案外、コレって、お袋の味かも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用