FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年12月12日 (土) | 編集 |
皆さん、新聞やTVニュースや新聞などで見たと思いますが、
北海道の苫小牧市の苫小牧東港沖で痛ましい事故が起きました。
立ち入り禁止区域となっている防波堤に夜釣りに出掛け、
天候が悪化し、退却する寸前に転覆事故が起きました。
残念な事に6人乗りのフレジャーボートに定員オーバーの7人が乗り、
職業的に心身を鍛えている方々ですら、
救命道具を身につけてもこの様な状況に陥り、
自然の厳しさを見せつけられた気がしてなりません。

俺はこの防波堤の事はあまり知りませんが、
人伝えに聞くところでは
天然のババカレイ、大型アイナメ、大型ソイも沢山釣れ、
毎日のように通っている人もいたそうで、人気のある釣場だったそうです。
が、人も多いという事もあり、ここで痛ましい事故があり、
それ以来、この場所は立ち入り禁止区域となってしまいました。
大勢の釣人が復活を願ってやまない場所ですが、
これで半永久的に無理になってしまったようです。

御冥福をお祈り致します。

ボート転覆5人死亡 苫東港 1人不明1人救助 夜釣りの自衛官仲間
(12/12 06:43、12/12 14:12 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/205034.html

【苫小牧】11日午後10時45分ごろ、
苫小牧市弁天の苫小牧東港沖の防波堤付近で、
釣りのために係留中のプレジャーボートが転覆、
陸上自衛隊第7師団(千歳)などの自衛官計7人のうち、
ボートに乗っていた6人が海中に投げ出された。
第1管区海上保安本部(小樽)などが巡視船やヘリで捜索し、
防波堤にいた1人を含む計6人を12日未明までに救出したが、
5人の死亡が確認された。
1管本部の調べに対し、助かった男性は
「沖合の防波堤に係留中、強風と高波にあおられ転覆した」
と話しているという。
1管本部などは残る1人の行方を捜している。

Tさんは転覆直前に係留ロープにしがみついて防波堤に移り、
他の6人は海中に投げ出された。
当時、全員救命胴衣を着用していた。
1管本部と航空自衛隊はヘリで12日午前4時半までに、
防波堤上の田中さんを救出したほか、
防波堤東側の消波ブロック付近で上空から他の6人を発見したが、
Sさんは再び行方不明になった。
5人の死因は水死や低体温症とみられる。
ボートはブロックに衝突して大破した。
函館海洋気象台などによると、
事故当時の現場付近の最大瞬間風速は約17メートルで、
波の高さ約5メートルと荒れており、
水温は9度。海上強風警報が発令されていた。
苫小牧港管理組合によると、現場の防波堤は立ち入り禁止区域だった。
1管本部は、事故原因を調べるとともに、
業務上過失致死や海上交通安全法違反の疑いも視野に入れて捜査している。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ