FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年12月31日 (木) | 編集 |
新聞を読んでいると“年越しそば”の事が書かれてました。
ある作家が辞書で“年越しそば”を調べると、
「大晦日の夜に食うそば」
「細く長かれと祝って」
と書いてあり、ここでなぜ、
「細く長いのをめでたい」と決めつけいいのか?
「太く長く」と考え方はダメなのか?
年越しうどんくらいの太さがあってもいいだろう、
と思ったそうです。

そこで俺もネットで調べてみると、(Wikipediaより抜粋)
年越し蕎麦の由来とされる説は
「細く長く達者に暮らせることを願う」というものがもっとも一般的である。
他に「蕎麦が切れやすいことから、
一年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った」という説もあるが、
後付けの説とも言われている。
金銀細工師が金粉を集める為にそば粉の団子を使用した事から
「金を集める」縁起物ともされる。
また、ソバは風雨に叩かれても
その後の晴天で日光を浴びると元気になる事から縁起を担ぐ人もいる。
と書かれています。

結婚してからは、年取りの晩は嫁の実家で皆で食卓を囲み、
お風呂も頂き、その後、ひと段落してから解散となります。
我が家では年越しそばを食べた事がありませんが、
大家族で囲む年越しそばも乙なものがあり、
恒例の行事となっています。
初めて嫁の家で食べた年越しそばにはビックリしてしまい、
後でこっそり嫁に問うた事がありました。
そばにビックリしたのではなく、かけ汁と言った方が通りが良いかも知れません。
俺の知っている年越しそばの汁は、肉とネギぐらいしか入ってなかったのですが、
実家の汁は、豆腐、人参、玉ネギ、肉、ネギがふんだんに入り、
醤油味の汁の中にそばが入っている感じがしたのです。
嫁は、
『コレが我が家の味だよ、野菜が沢山入っていて美味しいじゃない。』
と言いのけてしまい、俺、美味しかったので反論できませんでした。
その後、実家にお嫁さんがやって来て、
今はシンプルな具材となりましたが、
時々、無性に義母の作った汁が食べたくなります。
もしかすると・・・俺、しっかり飼いならされたのか?
まあー、いいっか、今年の年越しそばに、
「細く長ーく、釣りが出来ますように!」
と願いを掛けながら食べたいと思っています。

こんな拙いブログを読んで下さった方々に感謝し、
来年もお付き合いして下さる様、お願いしたいと思っております。
皆さまが良い御年をお迎え出来る事を願っております。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2009年12月31日 (木) | 編集 |

お正月用に、サケ(時しらず)を持ってきました。
IMGP7846.jpg

この時期、店頭で買うと何万円もしますが、
安い時期に社員割引で買っておき、会社の冷凍庫に預けてありました。
昨日の時点ではカチカチに凍っていたので、
少し冷凍がとけ、マキリが入りやすい状態まで待って解体しちゃいました。
IMGP7850.jpg

IMGP7853.jpg
IMGP7864.jpg
魚の腹の所にサーモンドリッパーを入れて置きました。
IMGP7855.jpg
三枚に解体終了
IMGP7858.jpg
IMGP7857.jpg 
頭を半分にし三平汁用に。
IMGP7861.jpg

頭とアラは三平用に、ハラスの部分は刺身用、
残りは塩を振って焼き魚用、
残りの半身は3等分にして冷凍し、
今後、色んな形で食卓へ上るのを楽しみです。
今まで使っているのは、研ぎ過ぎて刃がすり減ってしまい、
この際だと思って、マキリも新調してしまいました。
ステンレスのマキリも売ってましたが、
この鉄製のマキリが好きで、魚を捌く時、
魚の大小に関わらずマキリを使い、
不器用な俺のぼっこ手では他の包丁では上手く使いこなせません。
いつも行く釣具屋さんで、このマキリを買った時、
「その辺で振り回して、警察に捕まるなよ!
銃刀法違反で年末年始、檻の中なんて洒落にならないぞー。」
とおちょくられてしまいました。

今日、嫁の荷物持ちで引きずられ次から次へお店周りさせられ、
最後に寄った店で俺は立ち止まり、ある一点から目が離せなくなっていました。
そこにはカワイイオネーチャンが、
「コレなど如何ですか? とてもお似合いですよ。
これで電話すると、女の人はイチコロですよ。」
と目で訴えかけられているかのように勝手に思えて、
どうしても欲しくなってしまいました。

IMGP7865.jpg

以前、海に水没させ、
防水用の携帯へ切り替えてから早2年半経ちましたが、
携帯の受電が丸1日しか持たなくなってました。
この事を販売店に相談した時、真新しいバッテリーを頂きましたが、
それもすぐにダメになってしまいました。
嫁に恐る恐るお伺いすると、
『仕事に差し支えるなら取り変えたら?』
とあっさりOKを頂きました。
この時、嫁が天使に見えましたが、
それは後でブラックな天使だった事を知る由もありませんでした。

ウキウキしてウチに帰ると、
『さぁー、大掃除始めるわよ!
携帯分だけ働いて貰わないと割に合わないわ。
あんた、これやって、あれもやって。』
自分はカウチに座り、TV番組に釘付けになりながらも、
コーラーを飲みオヤツを食べながら指図するばかりで、
さっきまでしっかりこき使われてました。
そして、
『明日も残りやって貰うからね。』
自分だけがさも動いたかのように、
『あー、疲れた。じゃ、後片付けお願いね。』
とさっさと寝てしまいました。
あ~ぁ~、携帯の代金分だけしっかり身体で返せということのようです。
明日も・・・掃除に精を出すヘタレな姿が目に浮かぶようで、
ちょこっと凹んだ俺です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用