FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年03月02日 (火) | 編集 |
昨年の晩秋、クラブの仲間が、
島牧村と隣接するせたな町の須築漁港にホッケ釣りに出掛けたと言います。
この時期の夜に釣れるホッケの中に大型ホッケが混じり、
それを狙いに行ったそうです。

IMGP3592-1.jpg
須築漁港  

夕方竿を出して暫く経つと、
「そこは立入禁止場所だから、釣りを止めてすぐに立ち退きなさい!」
と保安庁の職員に警告されたと言います。
彼は、
「どこにそんな看板あるんだい?」
「そこの階段のところに貼ってあるでしょ。」
「それは知っている。 
だけど、アレは階段のところに鎖が張ってあるから、
そこから上に上がる事が立入禁止って事だと解釈している。」
「それは自分勝手な判断であり、あの看板から先が立入禁止!」
という説明を受けたそうです。

IMGP3592-1 - コピー (2)
クラブ員が竿を出していた釣座

クラブ員は保安庁職員に、
「これじゃ分からない人が多い。 それにいつからダメになったんだ?」
と説明を求め、
「今まで見過ごしていたが、苫小牧の事故以来、取締を強化している。」
と言われたそうです。

IMGP3592-1 - コピー
赤く斜線が書かれている部分が立入禁止部分

俺もてっきり階段から上の部分が立入禁止だと思ってたので、
この話しを聞いてビックリしたのと、
認識不足があからさまに暴露されてしまいました。
今までは見ても見ぬふりをしていてくれたのか分かりませんが、
事故が起きてからでは遅い!
という訳だと勝手に解釈しています。
案外、地元でも知られていない・浸透していない・気にかけていない、
などの理由で、こういう場所に釣りに入っているかも知れません。
出来れば、釣りに入る際には、
その漁港に所属する漁師さんなどに確認されてから釣座を構えた方が、
後々トラブルになるのを防げるかと思われます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用