FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年03月09日 (火) | 編集 |
数年前の春先のある夕方、
『ボチボチ行こうかな。』
嫁の一声で、サクラマス狙いに俺も引きずられるように連れて行かれました。
本当は、俺はカレイ狙いをしたかったのですが、
『あんた、少しは私の釣りにも付き合いなさいよ。
今日、焼き肉にするからー。』
と肉に誘われた俺はシブシブ付いて行きました。
ちょっと、魚に飽きていたので・・・

場所は、俺の好きなせたな町鷹ノ巣岬。
昔、俺はここで1匹のサクラマスを釣ったコトがあり、
実を申しますと、結果的に知らずに密猟してしまったのです。
今考えるとその魚はサケ・マスの規制を示す杭の範囲以内だったので、
釣ってはイケナイモノだったのです。
その時は、規制杭の場所も分らず、
数人のルアーマンもいたのでOKだと思っていたのです。
釣ってはイケナイ場所でイケナイモノを釣ってからは、
それ以来、この近辺ではその魚を狙ったコトはありませんでした。

この日は、嫁に言われて納戸からアメマス用のジグと9Fの竿を出し、
サケ用の竿でもいいのですが、ちょっと長過ぎるので、
短めの竿を使いました。
嫁は夕食の支度もそこそこに、そのままの姿で釣りに出掛けたので、
小腹が空いたのか、
彼女のエプロンのポケットはドラえもんのポケットかと思う程、
次から次へとお菓子が出てきます。
チョコレート、アメ、煎餅、サラミ、柿の種etc・・・
残念なコトにお金は出てはきません。
そのうちノドン1号でも出てくるのではないかとドキドキし、
それがいつ俺に向かって発射されるかとオドオドしちゃいました。

俺は過去の過ちを二度と起こさないように、
今度は規制杭の外で竿を振りました。
数投後、嫁に待望の1匹が掛かり、
『これって、すご――い、走る走る。』
無邪気な子供のようです。
その間も、左手は食べ物を離そうとしません。
あがってきた魚を見て、
『なーんだ、アメマスか~。』
と、おもむろに後ろの岩の上に投げました。
「おい、どうするんだ?」
『決まっているじゃない。猫のエサ。
なんなら、あんたのエサでもいいんだけど。』
と、本当に夕食にでも出しそうな勢いです。
この時のアメマスの大きさはメジャーで計ると、
48cmはありましたが、嫁はそんなコトには興味がなく、
『サクラマス来い、早く来い。早く食べたいよー。
キャモン、キャモーン。』
と、目の色を変えておりました。
次にヒットしたのがホッケで、
『ほい、あんたのエサ。』
と俺に投げてよこしました。
この時は柿の種を食べていたので、口を開けた途端、
おまけが付いてきました。
『汚いなー。』
と文句を言うと、
『フン、今更なによ。生娘でもあるまいに。』
生娘でなくても、やっぱりイヤだったので海水で洗いました。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ