FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年03月24日 (水) | 編集 |
“ごんぼ堀り”=駄々をこねる、怒りんぼ、強情っ張り

今日はそんな話です。
娘にこの意味が分かるか?と訊くと、
「小学校の授業で習った事よ。」
と言うと、すかさず、
『今のあんた達の事を指すんだよ。』
と台所で後片付けしながら嫁が大声で言い放ちます。
俺と子供達は顔を見合わせ小声で、
「一番の怒りんほなのにね。」
と納得いかなかったのです。

台所の後始末を終えた嫁が、カウチにドカッと座り、
『お父さんはね、自分で釣りに行くと決めたら、
家族の予定も確認せず、
『何時に◎◎に出掛ける予定あるんだけど?』
というと、すぐにいじけて
「わかった、行かなければいいんだろう?」
挙句の果て、
「行くまでに時間あるから、ちょっとだけ行っていい?」
いく下がり、ダメと言われても、
「あー、分かったよ。
でも、今逃すと俺に釣れるはずの魚、誰かに釣られてしまう。
釣り行きて~、ねぇねぇ、ほんの少しだけ行っていい?」
切れたと思ったら急に猫なで声だしてさ、
ごねり勝ちして行っちゃうくせに!
これが正しいごんぼ掘りの仕方だって、子供達の前で見せているでしょ!
あーっ、面倒くさい男だこと。』
と言うや大きくため息をつき、子供に向かって、
『あんたもだよ。 自分の欲しい物があったら、
「どこそこに連れて行ってー」
ムリだと断れば、
「お父さんばっかり釣りに行ってズルイ!」
って始まるじゃない。』
と今度は子供に一席ぶちます。
それにも負けじと娘も反論しますが、
最後には嫁がブチ切れ、その矛先が俺に向かい泣かされちゃいます。

同じ“ごんぼ掘り”でも嫁の場合は、強情っ張りで怒りんぼ。
で、俺と子供は、駄々をこねる。
我が家では、嫁の“ごんぼ掘り”が最強で、誰も太刀打ち出来ません。
あなたのお家では誰が最強なのでしょう?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

2010年03月24日 (水) | 編集 |
悪天候だった連休も終わりましたが、
連休中、釣りに出掛けて自然の猛威に指を銜えてただ見て来るだけで
終わった方もいらしゃったようです。
俺は仕事だったのもありますが、
もし休みだったにしても、絶対に大時化の海に行くこともなかったと思います。

今日、知り合いに偶然にも仕事先で出会ったので、
少し外で釣談義してしまいました。
彼は、
「数年前のこの時期、利別川河口でおいしい思い(サクラマスが爆釣)したから、
ダメ元で今回も行ったんだよね。
甘い期待は、見事に裏切られたよ。」
と残念そうに言います。
「海、大時化だったろ、よく行ったな~。」
と半分呆れて訊いてしまいました。
俺の顔を見て、
「だろ~、俺ってつくづくバカだと気づいたよ。
でもな、そんなバカが何人も居て、河口の駐車場に車を停めては海を眺め、
竿を持って出たまだはいいが、速攻で逆戻りさ。
俺もそれを見て、完全に無理だと分かっていても、
なかなかその場から離れる事が出来なかったよ。」
笑いながら答えてました。

そういえば、そんな事もあったな~と当時を思い出してしまいました。
河口規制がナイこの時期、旅からのルアーマン、地元のルアーマンが、
最後のチャンスだとばかりに河口でルアーを振ってました。
普段、沖にいるサクラマスがイルカに追われ岸寄りし、
その恩恵を受け、一人あたり少ない人でも10匹程度釣れた事がありました。
そして、その恩恵はその次の日も受け、
前日ほどではないですが、サクラマスが釣れたそうです。
おいしい思いをした人は、この時の記憶があり、
もしかすると今年も・・・なんて思ったりしたようです。
俺にもそういうおいしい思いをした事があるので、
彼の話を聞きながら、
「俺も同じかもしれない!」
と共感し、今年もそんな棚からぼた餅式のような釣場がないかと、
都合良く考えてしまいました。
新しい釣場も開拓したい気持ちもありますが、
実績のある釣場も魅力的で、どこに行こうかと迷ってしまいます。

今週末はクラブの大会なので、どこに入ろうか?
どんな魚が俺を出迎えてくれるか、ちょっとウキウキしちゃいます。
神様、
どうか仕事が休みでありますように。
天気が良く、海が時化ていませんように。
それから、魚が釣れますように。
と今から神頼みしてしまいましたが、運がナイ俺なのでそう上手くいかないでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

  
テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ