FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年03月30日 (火) | 編集 |
後志利別川、太櫓川は、4月1日からサケ・マスの河口規制がかかります。
それを惜しむように、連日のように河口ぐちで、
サクラマス狙いのルアーマン達が忙しく竿を振っています。

この間、いつもお世話になっている釣具屋さんで、
「今年最大のサクラマスかもってヤツ見せて貰った、目の保養になったよ。」
という話を聞き、その写真を見せて貰いましたが、
全長70㎝、体重4000g弱の見事な板マス、いいえ、大板マスです。
ヒットルアーも教えて貰ったのですが、
一瞬、うん?と首を傾げたが、どこかで聞いたことがあるジグ名で、
北海道では札幌のある釣具屋さんしか取り扱っていない品物だそうです。
その釣具屋さんの名前も教えて貰ったのですが、
なんせ、俺の脳ミソは犬並なので、
すっかり忘れてしまいました。

せたな町でもルアーマンがサクラマスを釣っていますが、
大きくても40~55㎝前後が多く、
70cmのサクラマスなんて滅多にお目にかかれる事はありません。
それも船釣りではなくショアからですから、
釣った人は間違いなく強運の持ち主だと思われます。

風神(全部ハンドメイド)というジグの話になりました。
グラム数によっても値段は違いますが、1本が数千円もし、
3本買うと福沢諭吉さんが飛んでいってしまうブツです。
それを数本まとめて買っていく人もおり、
中には同じモノを2本づつ買っていく人もいるそうで、
1本は実釣用で、もう1本は分解用だそうです。
俺の想像ではきっと数度使って、
塗装も剥がれたモノ解体するのではないかと思っています。
世の中には指先が器用な人がいますので、
微妙なオモリの配分やバルサを削り出し綺麗に塗装して、
自分で作ったオリジナルのジグで釣りを楽しんでいる人もいます。
ここまで来ると、
趣味というより職人と言ってもいいのかも知れませんね。

後志利別川河口、太櫓川河口も明日いっぱいしか竿が振れません。
4月1日からそこでルアー竿を振る回していると、
怖いお兄さん方に睨まれ、間違ってサクラマスなんて釣ったら持ち帰ったら、
罰金なんて事になり兼ねませんので注意して下さい!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ