FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年04月01日 (木) | 編集 |
以前、クロガシラカレイとマコガレイの見分け方
という題目でブログを書きました。
その第2段となります。

函館近辺の釣人の間では「クロマコ」と独自に呼ばれる魚がいます。
クロガシラカレイなのかマコガレイなのか区別が出来ないカレイを指し、
その名の由来も以前書いた中に触れています。

昔は函館から道南の江差町までがマコガレイ、
それから北上するとクロガシラカレイ・マガレイとなってましたが、
近年の海の変化によって、
その棲み分けも変わってきているように感じられます。
俺が海釣りにハマった頃だったと思いますが、近くに居た釣人が、
「なんだ?このクロガシラカレイ、なんか変だぞ?」
と言う事があり、函館方面から釣りに来ていた方が、
「マコガレイだ!」
と教えてくれ、珍しいモノを釣ったと大騒ぎとなりました。
俺が小さい時には、マコガレイという名前も魚も見た事がありませんでした。
ですが、それも今じゃ珍しくなく、
せたな町でも数は少ないけど時々釣れています。

日本海側のクロガシラカレイと太平洋側のクロガシラカレイと比べると、
日本海側のクロガシラカレイは、
どちらかと言えば潮の流れに適応したような形(スマート)になっており、
背中の色も室蘭あたりで釣れるクロガシラカレイに比べると色が薄く、
ヒレの模様も薄く感じられます。
今、フッと思い出したのですが、昔、水産会社に勤めていた時、
八雲近辺(落部~静狩)ではクロガシラカレイが釣れたという話は殆どなく、
漁師さんが遥か沖(深い海底)にかけた網に、
季節的なモノで少しだけ掛かった事がありました。
ところが森町あたりに行くと、
不思議な事にクロガシラカレイがポツラポツラと釣れます。
函館方面に近づくと、マコガレイと間違うようなクロガシラカレイが
滅多にナイですが釣れるそうです。

他のブロガーさんのところでは、
「北海道大学水産学部により、両種の形態学的、
遺伝学的な研究がされて、クロガシラガレイとマコガレイは、
同種であるという発表がされたそうです。」
という文章は載っていても、
その根拠となる記事の記載が載っていませんでしたが、
きっとコレがそうだと思われるPDFを見つけました。
「海洋生命統御プロジェクト」
中身を読んでいくと、
俺の犬並の脳ミソで全部理解するのには時間がかかり、
分からない単語が沢山出て来ます。
学生時代に戻ってもう一度詳しい研究単語の意味を理解し、
そこから始めないと難しいのかも知れませんね。
でも俺、あまり生物得意じゃなかたんだよな~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ