FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年04月11日 (日) | 編集 |
どうしてでしょう?
週末になると天候が荒れるのは?
この中での大会・・・厳しすぎます。
土曜日の日中、南西の風が吹いたので海は濁っておりうねりもあり、
北西の風に変わっても、そのうねりは消えず、
磯場で釣りをするのは到底無理です。

嫁の提案で、場所は大成区太田地区の太田漁港に釣座を構える事にしました。
集落の裏にある山が風よけになり、漁港は風があまり当たりませんが、
海は波がザブーンドブーンと防波堤や岩に激しくあたる音が鳴り響いてます。

今日予想される大量の釣りバスが到着するまでには少し時間があるので、
ソレまでに一寝する事にしました。
午前0時に起きだして釣場へ移動し竿をセットしていると、
次から次へとバスがやってきます。
後で駐車場のバスを数えると6台停まっており、
その他に釣人だけ置いて引き戻ったバスもあります。
最終地点でもある太田漁港ですが、その奥の磯場に入るタメ、
釣人のキャップライトが俺には、
昔の旅人が提灯を持って夜道を歩いているように見え、
さながら昔話に出てくるキツネの嫁入りのようでもありました。
ですが、外海から聞こえてくる波の音を聞くと、
とても磯場で釣りをするのは無理だとも感じました。
案の定、お目当ての磯場へ向かった釣人は、
波の大きさ・うねり・風の強さに断念したようで、
太田漁港へと戻ってきました。

最初は俺と嫁しかいなかった漁港は、
アッと言う間に各釣会の釣り大会に参加している人達で埋め尽くされ、
俺、この場所でこれだけの釣人が集結しているのも初めて見ました。
嫁が俺に、
『ねぇ、あたし達、何だか浮いている感じあるんだけど・・・』
と小声で言います。
何が浮いているかと言えば、釣りスタイルと言いますか、
皆さん、ウエダーにエプロン、腕ぬき、カエルバッグ(緑色のリュック)、
ステンレスの特注の三脚で決めてらっしゃるので、
普通の防寒服とアルミの三脚、スパイク長靴、市販のタックルボックス、
磯バッカンしか持っていない俺達は、エサの量を比較しても、
釣りに対する「魚を釣るぞー!」
という気迫も負けているようにも感じられました。
IMGP8190.jpg IMGP8191.jpg
IMGP8192.jpg IMGP8193.jpg
IMGP8194.jpg

そんな中、運良く俺に26㎝のクロガシラカレイが釣れましたが、
周りを見ても風で竿先が揺れても魚信で揺れる事はありません。
空が白々してきた時、雨が降り初め、
俺も嫁も心が折れてしまい、移動する事にし竿をたたんでいると、
嫁の竿に23㎝のクロガシラカレイがついていました。
お互いに1匹ずつ釣ったので、後はホッケ狙いでここで粘るか、
移動するか悩みましたが、前回の大会の計測に遅刻して失格になった経験から、
地元せたな漁港で竿を出す事に決めました。
俺達がこの漁港を後にするまでの他の釣人の港内の釣果を聞くと、
殆どの方が残念な結果の中、
一人だけホッケ・カレイを釣って審査に出せる数を揃えている方がいたようです。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ