FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年05月04日 (火) | 編集 |
今朝、一応5時に目覚ましを掛けたのですが、
そのままベルを止めて寝ちゃいました。
午前7時半、上娘の、
「いつまで寝ているの? 外は天気がいいのにー!」
という大声で起こされちゃい、嫁に、
『昨日の仕事で疲れているんだから、朝から騒ぐなー!』
と怒られる子供。
キャンキャンワンワンと、まったく朝から騒がしい我が家です。
その騒ぎ声で嫌々布団から起きだした俺、
何もすることが無く、天気に誘われて竿を持ってウチを飛び出しちゃいました。

ウチを飛び出したまでは良かったのですが、行き先も決めておらず、
ウチから車で約10分位で行けますので、
取りあえずここらでは一級ポイントの鷹ノ巣岬を覗きに行ってきました。

IMGP8509.jpg IMGP8510.jpg
IMGP8512.jpg IMGP8513.jpg

ここはいつも釣人が多く、連休・土日となればまったく入れません。
昨年は運よく数回入れましたが、
釣座が開くと次から次へと釣人がやってきます。
この釣場はもう少ししたら、マガレイの数釣りが出来る場所で、
潮がせたな方面から太櫓方面(右から左へ)に流れる時が一番釣れます。
ただし、潮の流れが速い時があるので、アッと言う間に左に流され、
気をつけないと左横の釣人の仕掛けとお祭り騒ぎになり兼ねないのです。

IMGP8515.jpg

この鷹ノ巣岬は大きな溝を挟んで、右側の磯場と左側の磯場に分かれており、
左側の磯場に入った釣人が真っ正面に投げたのなら、
左側の磯場の先端が少しせたな寄りに傾いているので、
右側の磯場に入った釣人は海に向かって自分の正面ではなく少し右側に投げないと、
左側の釣人の仕掛けとお祭り騒ぎになっちゃいます。

この釣場の一番のトラブルの元になっているお祭り騒ぎですが、
常連さんやここに何回か入っている釣人はソレを知っているので、
どちらが先に釣座を構えようとも、
必ず左側の磯場に入った釣人の投げた方向を確認してから投げるようにし、
トラブルを最小限にくい止めようと努力し、それが暗黙の了解となっています。

鷹ノ巣岬から見た太櫓方面
IMGP8514.jpg
IMGP8511.jpg
鷹の巣岬から見たせたな方面

ここを眺めてから、どこへ入ろうか?とボーとして周りを見ていると、
俺の好きな場所が開いているのが目に留まりました。
と言う事は、俺に入れって事なんだと、いつものように勝手に解釈し、
その場所へ車をはしらせませました。

IMGP8502.jpg

釣場に着くと結構波があり、一瞬戸惑いましたが、
何とか釣りになりそうなので竿を出し、後は魚信を待つだけです。
最初に釣れたのが約30㎝弱のスナガレイ。

IMGP8506.jpg

カレイがいるのを確信したのですが、釣座に波しぶきがかぶって来たので、
ちょっとだけ後退して竿を構えたのです。

IMGP8503.jpg
釣場から見た鷹ノ巣岬の離れ岩

ですが、周りの磯場には波がかぶり始めたので、
なんだか落ち着かないので約30分位で撤退しちゃいました。


今日の俺の釣果。

IMGP8508.jpg

ウチを出たのが午前8時半でウチに帰ったのが午前9時半。
実釣30分位でコレだけ釣れたので、自分的には満足です。
明日には子供達も帰ってしまい、夫婦二人になるので、
これだけあれば十分なんです。

↑コレが午前の部の話なんです。
午後からは甥っ子にせがまれて釣りに出掛けました。
その話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用