FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年05月05日 (水) | 編集 |
昨日の午後、仕事に行く仕度をしていた嫁が、
『夕方には風も収まるようだから、どこかに行って来たら?』
と提案してくれたので、ちょこっと遊び行っちゃいました。
せたな方面へ車を走らせていると、嫁の実家に遊びに行っていた娘から、
「お父さん、セイヤが今着いたよ。 釣りに連れてって~って言っているよ。」
と言う電話がありました。
同時に嫁にも電話が入り、リールを忘れた事に気づいて一端ウチに帰った俺に、
『どうせたいした所には入れないだから、
セイヤを連れて、フェリー乗り場で竿でも振ったら?』
俺に連れてけ!と言う事を言いたいようです。

嫁の実家に迎えに行くと、セイヤの頭には、
「僕の名前はヤー坊、僕の名前はマー坊,♪」
で有名な農機屋さんの帽子をかぶって、玄関先に立って俺を待ち構えてました。
畑や田んぼならとてもお似合いなのですが、
コレから釣りに行くのには不似合いなので、
思わず車に積んであった帽子を進呈してました。

まず最初に入った場所は、ファミリーには最適なせたな新港。
主役はセイヤ、俺はホスト役に徹底する事にしたのです。
嫁のワーム用の竿に15gのブラーをつけ、少しハリスを長めにし、
エサは塩イソメをつけ、キャスティングさせました。
釧路港で釣りをやっていただけあって、真っ直ぐに飛んでいき、
リールも軽やかに巻いてました。
俺はホスト役なので、その姿を眺めていると
同じクラブの副会長が声をかけてきて、
「釣れる?」
と尋ねられ、お互いのGW中の釣果の話をしていたら、
やはり同じクラブの会計係がやって来て、
「虻羅(あぶら)漁港でホッケ釣れているよー!」
と教えてくれたのです。

せっかく札幌から遊びに来ているので、
ホッケ1本くらいは釣らせてやりたく、すぐに虻羅漁港へと車を走らせ、
もちろん副会長もついてきており、一緒に竿を出す事にしたのです。

IMGP8516.jpg

現地に着くとホッケは確かに釣れていますが、
ホッケの浮き釣りをしていました。
俺は投げ用のタックルしか持ち込んでおらず、
副会長がホッケの浮き釣り一式を持ち込んで来ていたので、
ソレに便乗する事にしたのです。

副会長がコマセを撒くとホッケが寄り、
そこにセイヤが竿を垂らすのですが、塩イソメには見向きもしません。
IMGP8517.jpg

なので、副会長のオキアミを頂き、
ソレをつけた途端、いきなりホッケが食いついてきたんです。
これに味をしめたセイヤは俺に竿先を向け、
ホッケを外し、次のエサをつけて!
と態度は控え目なんですが、目で語るんです。
・・・うっ、さすが嫁の血を引いた甥っ子。

IMGP8518.jpg

俺は副会長の許可を得てエサを貰い、
エサをつけてはホッケを外す・・・
エサをつけてはホッケを外す・・・
エサをつけてはホッケを外す・・・
エサをつけてはホッケを外す・・・
永遠に続くように思えちゃいました。

IMGP8521.jpg

自分が釣りをするよりもちょびっとだけ疲れちゃいます。
でも、甥っ子の喜ぶ顔を見ていたら、
こんな日もあってもいいかな~なんて思えて来るから不思議です。

セイヤの釣果
IMGP8523.jpg

虻羅漁港で約2時間弱の、もちろん、セイヤ一人で釣った釣果です。
それでも本人は、
「もっと釣りたかった!」
と残念そうに言います。
嫁の実家で待つ両親や祖父母に、
「これだけ釣れたよ~」
と報告する顔は、一端の釣人・釣キチ三平なのです。
さしずめ俺は、鮎川魚神ってところでしょうか。
そうなると嫁は三平愛子?・・・スタイル的・性格的に絶対にあり得えない話です!
ホスト役の役割も無事終わり、
何よりも魚が釣れた事にホッとし、この日のビールは特上の味がしました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ