FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年05月09日 (日) | 編集 |
昨夜、竿を持ってウチを飛び出し、
せたな町大成区方面へ車を走らせました。
今年、まだ一度も足を踏み入れていないツラツラ岬を目指したのです。
現地に着き、道路から外海を照らしてみると、
先端方面は白い波が打ち寄せるのが分かり、
速攻で地元へUターンしちゃいました。
ソイを諦め、ホッケ・カレイに的を絞り、
誰も居なかった鷹ノ巣岬に入る事にしました。
一端、ウチに帰っても良かったのですが、
改めて出直しとなると気がそれるので、今夜はここで車中する事にしたのです。
いつもなら嫁の高イビキを子守り歌代わりにするのですが、
今夜は規則正しい波の調べを聞きながら、心地よい眠りに落ちたのです。

午前4時に目が覚め、背負子に荷物をくくり付け、
いざ出陣!
足場の良い右側に向かうと、
いつの間にかやって来ていた釣人の三脚が置いてあったので、
少し引き返して左側に釣座を構えました。

三脚の足を広げようとすると、“バギィ”と嫌な音がしたと思ったら、
長年愛用していたもりげんの三脚が壊れてしまいました。

IMGP8539.jpg

思わず、心折れてしまい、このままウチに帰って、
布団の中で泣きあかそうかと考えちゃうくらい落ち込んでしまいました。
でも、滅多に入れない鷹ノ巣岬なので、こんな事でメゲテもいらません。

この岬が魚が釣れる訳は、少し離れたところに太櫓川があり、
その雪白水が流れ込んで来るからだと言われています。
予想はしていましたが、前日の雨によって川水が濁っており、
その影響を受け海も濁っています。

この釣場の面白いところは、その日によって右の岬が良かったり、
足場はあまり良くないのですが左側の岬が良かったりするんです。
ただ、左側の岬は太櫓(ふとろ)方面に投げると、
場所によってですが、
離れ岩から伸びている岩礁に仕掛けが取られる事も多いのです。
俺もしばらく左側の岬に入ってなくて忘れていたのですが、
この沖合60~70m付近に隠れ根があり、
早巻きするのを忘れて何匹か魚を仕掛けごと取られてしまいました。
右側の岬でも投げる方向にも寄りますが、70m程沖合に隠れ根があり、
魚がかかると早巻きしなければならない場所があります。

今日の俺の釣座です。
IMGP8531.jpg

さて俺の待望の1投目の成果は、
怪しいネオン街に居そうな全身スパンコールの衣装に身を包み、
万弁の笑顔の裏では、
「このスケベ親父が! いい年こいて鼻の下伸ばしてさ。」
とせせら笑いをする腹黒い気持ちのアカハラちゃん。

IMGP8530.jpg

久しぶりにアカハラちゃんと対面しましたが、
俺の好みとは程遠かったので、丁重にお断りし、
ボーイを呼んでチェンジしてもらちゃいました。

IMGP8533.jpg

俺の左斜め後ろではホッケの浮き釣りをしている方が、
なかなかの良型のホッケを釣っています。
そういえば、昨夜嫁から、
『あのさ、檀家さんがね、ホッケまだなの?ってうるさいのよ。
だから今回の任務は、何かなんでもホッケを釣ってきなさい!
そうじゃなければウチに帰ってこなくていいから!』
と言い渡されウチから放流されていたので、
根モノ狙いに持って来ていたゴロアミをネット仕掛けに詰め込み、
チョイ投げでホッケを待つ事にしたのです。

俺の本命はマガレイちゃんなんですが、
暗い内、マガレイに混ざってなぜかクロガシラカレイちゃんが釣れ、
俺はちょこっと不機嫌なんです。
横に侍らすのなら、色白のすべすべの肌の子がいいのに・・・
オカマバーに迷い込んだような髪の毛がマダラな
オネーチャンには用がありません。
でも、この魚を好んで食べるお方が嫁の檀家さんに居ますので、
その方のお土産に持ち帰ってきました。

IMGP8532.jpg
IMGP8536.jpg
IMGP8537.jpg

今までこの岬に入って釣ってもクロガシラカレイが1枚程度なんですが、
今回、数枚釣ったってことは、
もう少しマガレイの岸寄りの時期には早いのかも知れません。


午前4時~9時30分までの今日の俺の釣果。
IMGP8543.jpg
IMGP8548.jpg
カレイ25匹中、マコガレイ1匹、クロガシラカレイ3匹

魚の魚信も遠のいたのと、俺としては珍しく長時間釣りを楽しみ、
嫁の言いつけ通りホッケも釣ったので、
これで大きな顔をしてウチに帰ちゃいました。

↑コレが午前の部の話です。
嫁の竿を勝手に持ち出した事が、仕事から帰って来た彼女にバレて、
『まだあたしが一度も振っていないのにー。
これから試し釣りに行くから付き合いなさい!』
と耳たぶを引っ張れながら釣場へ出向く事になったのです。
その話は明日!


今日、広島県で全日本サーフSC協会対抗戦があり、
北海道からも参加しています。
今年こそは、キャスティング王国・北海道に優勝旗を持ち帰りたいと願っており、
遂にその優勝旗を持ち帰って来る事が出来ました。
おめでとうございます!

恵庭サーフ 井森選手 
①182.61②174.05③172.30④186.32⑤173.26 3投平均180.99

はこだてサーフ 池田選手
①181.16②175.73③177.71④182.51⑤F 3投平均180.46

北海サーフ 橋野選手
①179.44②178.14③168.54④170.49⑤162.18 3投平均176.02

札幌サーフ 菅原 隆 協会長
①171.28②173.51③165.49④172.62⑤172.55 3投平均172.89

北海道チームの合計点は710.37で、大会新記録を出したそうです。
個人競技では、菅原協会長がST-Bで優勝。
ST-Aでは、
井森選手は3位、池田選手は4位、橋野選手は5位に入賞したそうです。
何だか自分の事のように嬉しく、とてもウキウキしちゃいます。
大会出場の選手方、御苦労さまでした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ