FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年05月17日 (月) | 編集 |
釣友から羨ましい釣果を聞いたので、
本当か嘘なのか検証するタメに写真送って貰いました。

5月15日の午後7時~16日の午前中まで、
はこだてサーフさんの月例会の釣り大会が開催され、
11時半には計量場所に集まり計量されるそうです。
前日の夜から一人で釣りをするのも何だか寂しかったのか、函館つるさんは、
「あつし、俺に付き合えよ。」
と半ば強引に連れ出したそうです。
波と風を考えて下海岸方面に車を走らせ、
俺が室蘭で竿を振っているさなか、函館つるさんとあつし君が、
下海岸・松前方面で竿を出していたそうです。

夜明け頃、函館つるさんから、
「あつしにやられっ放しだったよ。 
主役の筈の俺が、今回もすっかり飲まれてしまった~。」
と言うモーニングコールがあり、詳しく訊くと、
同じ場所で数メートル離れたところに釣座を構えたそうですが、
なぜか、魚はあつし君のところに集まり、
次から次へと竿をしならせていたそうで、
函館つるさんは指を銜えて眺めていたと言います。
時々ですが、天邪鬼の魚が函館つるさんの竿を揺らすそうですが、
全部小型ばかりだったようです。

CIMG1557.jpg

ここに写っているのはあつし君のほんの一部だけだそうで、
リリースした魚も沢山あったようです。
持ち帰ってきた魚のサイズを訊くと、
アイナメ 48cm×2匹
ハチガラ 32cmを頭に3匹
クロゾイ 28㎝を頭に7匹釣ったそうですが、殆どリリース
マゾイ  28㎝×1匹
カジカ  30cm×1匹
ホッケ  41㎝×2匹 40㎝前後が5~6匹
だそうで、
ソイ類・カジカに関しては本人も納得いくサイズが出なかったと言います。
ですが俺が注目してたのはハチガラで、
この魚の平均サイズは20~23㎝なのですが、小型ながらも引きが強く、
釣って楽しい、食べて美味しい魚なんです。
そのハチガラの32㎝ってなかなか出るサイズでなく、
余程、ポセイドンに気にいられているか、こっそりワイロを送ったのか、
はたまた彼自身が持っている釣り運が、またもや開花したのかも知れません。
その分、函館つるさんは・・・ポセイドンに運気を吸われたようです。

その証拠が↓下記の写真です。

nemuribaba.jpg

ババカレイ(ナメタ)48㎝

朝方、根魚から平モノ狙いで場所移動し、新しい釣座で竿を出したそうです。
函館つるさんは、
「そういえば、昔、ここでババカレイ(ナメタ)が釣れた事があったな?!」
と何げなく会話の中で話したそうです。
どれどれって感じで試しに、
あつし君が竿を言われたポイントに仕掛けを投入すると、
ヒョウタンから駒が出るって感じなのでしょうか、
本当に彼はババカレイを釣ってしまったのです。
釣った本人も、言った函館つるさんも驚いたようですが、
あつし君の顔はそれはそれは緩みぱなっしだったそうです。

後でこっそりあつし君に電話をして訊いたのですが、
エサ、仕掛けに一工夫されたおり、彼なりに努力していたそうで、
ソレが今回の函館つるさんとの差をつけたようです。
やっぱり努力する者には、ポセイドンのご褒美が頂けるようですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年05月17日 (月) | 編集 |
我慢・忍耐・努力のこの3つが欠如している俺。
我慢と忍耐は結婚生活で少しずつ鍛えられたが、
努力って言葉は俺の犬並の脳ミソからブッ飛んでいます。

午前1時に現地集合、それからよーい、ドンで、
各個人が思い立った釣場へ蜘蛛の子を散らばすように車を走らせます。
そこからが問題なのです。
今回の釣りは、我慢と忍耐が重要になり、
たった一匹の大型クロガシラカレイ狙い、それも釣れるかどうかなんて、
あみだクジを引いて右や左に曲がって行く線を辿ると、
隣の人が当たっていて俺はスカってパターンに似ています。
そんな無謀な賭けをしてきました。

俺達は今回、個人的にある人物に頼まれたモノを届けに、
西第一埠頭へ車をはしらせました。
現地に着くと、もう数台の車が停まっており、
ある人の車を探しだし、熟睡中の彼に電話をし、
「ピンポーン、ピポピポピポ~ン。
お届けモノで~す、印鑑お願いしま~す。』
と起こしてしまいましたが、彼は眠たい目をこすりながら、
「朝5時に竿出すからあんた達も寝なさい!」
と言いますが、まだ釣場を探していなかった俺は少し焦りました。
一瞬、言葉に詰まった俺の行動を見透かしたかのように、
「ここでやれば? 一緒に竿を出そうよ。」
と誘ってくれ、俺達は安心して眠りに落ちました。 

IMGP8626.jpg IMGP8628.jpg

午前4時、俺の隣に入っていた元クラブ員が皆の眼を覚ますかのように、
41cmのクロガシラカレイゲット!
皆、それを見て俄然とやる気を起こし、ただ一人だけ除いて、
一瞬にして目が覚めた事は言うまでもありません。

IMGP8629.jpg
社長さん、確かあなたの投げた場所は遥かむこう側でしたよね?

ただ一人とは、寝ぼすけ嫁です。
彼女は車の後部席のシートを倒し、そこに悠々と寝てましたが、
朝の自然現象朝立ち?ではありませんが、
『ねぇ~、コンビニ行こうよ。 あたしチビリそうなの。
それにお腹が空いたしね。』
ムクリと起きだし、俺を運転手代わりにこき使うのです。
ここで逆らったら、俺の朝ご飯は犬のようにオアズケをくらい、
いつまでも待たなければならなくなってしまうので、
嫁がシートに漏らす前にコンビニに駆け込みました。
大量のジュース類と朝ご飯とお菓子を買い込み、
一人ニヤニヤしています。
そして、
『ねぇ、あたしさ、なんだか釣れない気がするの。
と言うより、やる気が起きないので、あんた代わりに投げといで!』
と俺の鼻先にオニギリをぶら下げ、言いやがります。
嫁の魂胆は、この1号埠頭で皆が遠投するなか、
自分だけがその飛距離に届くはずもない事を知っているので、
俺に投げて欲しいということだと想像します。
オニギリに釣られてしまい、投げてしまう俺にも責任はありますが、
なぜ、素直に言えないのでしょうか、天邪鬼です。

そんなまったりとしている中、沈黙を破るように、
近くに居た釣人に41cmのクロガシラカレイが釣れたのです。
IMGP8630.jpg
IMGP8624.jpg
おめでとうございます。

その後に違う釣人にも、
やはり同じ40cm台のクロガシラカレイが釣れたのですが、
シャッターチャンスに恵まれませんでした。

何を気が向いたのか、
嫁は一度だけ竿を振ってまたどこかに遊びに行ってしまいました。
彼女の遊びに行ったところは、社長さん・島ちゃんの竿を出しているエリヤで、
そこで変な片言な日本語を使って、
『シャチョウシャン、シャチョウシャン、アタシ、コレクイタイ。
シマシャン、シマシャン、コレイッカ?
アタシ、マネー、ナイナイ、ハラヘッタヨ、コレクレ。』
強奪するように食べています・・・ふぅー。

島ちゃんが巨大ヒトデを釣る度、周りに、
「タモ、タモ、お願い!」
とオオカミ少年のように叫んでいたのです。
周りも毎度の事のように無視を決め込んでました。
嫁の目の前で、自分の仕掛けが潮に流れて、
周りの人の竿に迷惑を掛けないように巻いていると、傍にいた彼女に、
「タモお願いします。」
と小声で言ったそうです。
ですが嫁はいつもの冗談話だと思って、
『今回もヒトデなんだから、抜きあげなよ。』
と言った瞬間、ヒトデではない物体が彼女の目に飛び込んできたそうです。
嫁は自分の後ろにタモがある事に気がついてないようで、
『すみません、誰かーぁ、タモ、お願いしま~す。』
と叫んでいました。

IMGP8632.jpg
慌てて皆掛け寄り、クロガシラカレイは見事にネットイン!

IMGP8634.jpg
見事な49cmのクロガシラカレイです。

IMGP8638.jpg

ここに数回通い、苦節2年、初めて釣ったと喜んでいました。
すぐさま、この時の様子は嫁の電話によって釣り仲間に伝わり、
祝福の言葉と言うべき、
「初めて釣ったクロが49cmなら、これからのあたなの人生苦労する。」
と神がかり的発言をするジジィやら、
「50を目指しているんだから、コレはリリースだよな!」
と圧を掛ける野郎共が大勢いました。
嫁も祝福の言葉の変わりに、
このクロガシラカレイを釣り上げる瞬間の島ちゃんの一部始終の動作を模写して、
皆さんに披露し、爆笑をとっていました。
でも島ちゃん、釣った者勝ちだと俺も思うんですが、
悔しいのでやっぱりリリースですよね?

大会終了時間も迫ってきましたので、俺達は竿をたたみ、
皆さんに感謝しながらも釣場を後にしました。
集合時間となりクラブ員が集まったのですが、
誰一人、魚を提出できずに終わりました。
そう、クラブ員全員ボウスです。

この集合場所近くで釣りをしていたクラブ員の口から、
「あの場所で釣っている人がモンスターを釣りあげていたよ。
俺もあんなの初めて見た!」
と教えてくれたので、釣った方に頼んで魚を見せたもらいました。

IMGP8641.jpg 
こうみると大きなクロガシラカレイを2匹釣りあげたとおもうでしょう。
    ↓
上のピンクかかったクロガシラカレイの大きさは
IMGP8643.jpg
座布団台サイズと言われるサイズです。
    ↓
でも、上のピンクかかったクロガシラカレイが小さく見えると言う事は
IMGP8642.jpg

初めてこのサイズのクロガシラカレイを見ました。
いつかは60サイズは出るとは予想してましたが、
余りの大きさに、う~ん、と唸る事しか出来ず、
本当にあっぱれ、おめでとうございます!としか言葉に出来ません。
少しだけお話させて貰いましたが、
このカレイを釣るまでにはちゃんと努力し、
その努力の結果が表れたということで必然だったのでは思うのです。
神様は努力した人をちゃんと見ていたようですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用