FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年05月21日 (金) | 編集 |
今月の中旬の新聞記事に、地元の小学生の手によって、
サクラマスの幼魚を川に放流する写真付き記事が載ってました。
この記事を読んでいた時、以前、
コメントをくれた方のご意見を思い出しました。

無事帰ってきてね  せたなでサクラマス放流

【せたな】ひやま漁協のサクラマス放流式が14日、
町内せたな区の島歌小と馬場川小の児童19人が参加して
西大里の馬場川で行われた。
同漁協の斉藤副組合長が
「サクラマス(の漁獲量)はこの30年間で約10分の1に減り、
今年はかつてない不漁です。
何とか増やそうと毎年放流を続けています。」とあいさつ。
児童代表の二人が
「海には危険がいっぱいあります。
サクラマスがみんな帰ってくるのを応援しています。」と述べた。
その後、乙部町サクラマス種苗センターで体長15cm前後、
30g弱に育てられた約千匹の幼魚をバケツに移し、児童が流れに放した。
1週間程度で川から海に下り、1年後に前浜や川に戻ってくる。
ひやま漁協管内では、5月中に164万匹のサクラマスの幼魚や稚魚が放流される。
(2010年5月15日 北海道新聞 渡島檜山版)


俺も無知な所がいっぱいありますので、
ブログを通して色んな知識を皆さんから恵んで戴いてます。

↓コメントをくれた方の意見です。

海サクラマス釣りの勘違い
最近、釣りメディア等でサクラマス釣りを煽っていますが、
漁業に携わる研究をしている私たちからすれば腹立たしい限りです。
またそうした人たちの無知にも驚かされます。
海サクラマスのほとんどが雌、
彼らの行為は腹の中にいる将来の約二千匹以上の鱒子(ヤマメ)を
虐殺していることと変わらないのです。

正直な気持ちとして、
やっと率直な意見、本音を言ってくれる方が現れたなって思ってました。
反対に、なぜ俺のところなんだろう?
ショアでサクラマスを狙っている方のところではないのだろう?
という疑問もありますが、
そういうところに書き込みすると炎上する可能性も高いのも事実です。
俺のあくまで個人の私感ですが
海アメやサクラマスを狙うルアーマンは、ゲーム性を求めており、
>将来の約二千匹以上の鱒子(ヤマメ)を虐殺している
などと考えてもいないのではないでしょうか。
食べても美味しいサクラマスは、
小さいのはキャッチ&リリースしても、
大型はキャッチ&イートが原則となっているようです。
俺も昔、サクラマスを釣った時、
あの強い引きを楽しみ、美味しく食べさせて貰いました。

また、お店で売られているサクラマスを見る限り、
小さいサクラマスまで売られ、
値段も昔に比べ遥かに安くなっています。
サクラマスを放す放さないは、
漁師さん・釣人の良心に掛かっているのではないかと思われます。

川でサクラマスを釣って持ち帰ると密漁になり、
海ではサケマス規制がある区域で釣ると密漁になります。

俺が時々覗く、せたな町北檜山区太櫓にある鷹ノ巣岬ですが、
鷹ノ巣岬側にある規制の杭が分からない人も多く、
規制区の中で竿を振っている人も見当たります。

IMGP8679.jpg
今日、午後2時過ぎの鷹ノ巣岬

サケマス規制区
IMGP8687.jpg
写真をクリックすると大きくなりますので、ぜひ確認して欲しいものです。

そうそう、鷹ノ巣岬ですが、
現在法面強化工事が行われてまして、24時間警備員がつき、
片側通行となっています。
この岬に釣りに来られる予定のある方は、
以前の場所に車を停める事が出来ません。
今、その場所にゲートが置かれ、完全に車が置けなくなっており、
車を停めるとしたらトンネルを超えたところに小さな広場がありますので、
そこに車を停め、歩いてこの岬に向かうしかありません。

IMGP8687 - コピー (2)
IMGP8678.jpg
ブルーシートに包まれているモノの横に広場があります。
今日、そこに1台車がありました。

週末もこの警備員は在中していますので、
工事の邪魔にならないようにして下さいね。

おまけ。
午後2時過ぎのせたな新港の様子
IMGP8672.jpg
新港から見たフェリー
IMGP8675.jpg
IMGP8673.jpg
IMGP8674.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用