FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年05月28日 (金) | 編集 |
今週末(30日)、
がまかつの船カレイ大会・八雲予選が行われる予定なんです。
今年もエントリーしたかったのですが、
俺の所属するクラブの大会と重なってしまいました。
う~ん、残念!

昨年、運良く長万部町の大中漁港で大型マガレイを釣ったので、
そろそろいい頃では?とちょっと情報を集めていると、
「俺もそう思って竿出したら釣れなかった。」
と言う釣友がいました。
詳しく訊いてみると、釣友は、
「地元の漁師さんが言うには、もう終わったぞー!」
と言われたそうです。
俺が丁度、八雲町のルコツ左岸で竿を出していた頃、
大中漁港も最盛期だったそうです。
漁師さんが釣友に教えてくれた情報では、
「俺が見ていた限りでは、5月の連休頃からその一週間くらいの間に、
パタパタと40オーバーのマガレイが上がっていたぞー。
イシガレイの大物も上がっていたぞー。
その後、サッパリ魚が上がっているの見ないから、終わったな。」
最盛期を逃したと言われたそうです。

そう言われると、俺にも思い当たる節があります。
野性的な勘で釣場を釣り歩くある方が、
こちら方面で一度しか見かけていないって事。
俺が内浦湾(噴火湾)で竿を出す時のバロメーターとしている方なんです。
今年は、連休にルコツ川左岸で竿を出している時、
俺より数百m離れた釣人のところに、彼の車だと思われる車が現れ、
その釣人と少しだけ話をして、
すぐに車に乗ってどこかへと居なくなってしまったのです。
ソレ以来、国道5号線を走っていても、
彼の車とすれ違う事が無いんです。

船釣りでも、マガレイの数よりも
イシガレイ・宗八カレイ・スナガレイの数の方が多くなって来ているそうです。
暫く東風が吹いていたので海も時化が続き、
底荒れと雨のお陰で海水が濁っており、
この影響で比較的浅い所にいたアサバカレイも深場へ移動したようだ、
という情報も入ってきました。
内浦湾の船カレイ釣りは、例年なら5月の連休あたりから釣れ始めるのですが、
今年はその時期には釣れず、やっと釣れ始めると宗八カレイが多いと言う事は、
通年ならマガレイの時期が終わった事をさします。
その事を知り合いの船頭に尋ねると、
「海の中が狂っている。」
と表現していました。
「海水温が低いのが影響したのか?
マガレイの到来が遅いのか? 宗八カレイの到来が早いのか?」
と質問すると
「その両方が搗ち合ってしまったようだ。」
と言います。
そして、
「せっかくお客が来ても、宗八カレイが多く釣れるから困ったもんだ。」
と嘆いてました。
う~ん、俺も、
「本当にそうなのか?」
一度船に乗って確かめたいと思うんですが、なかなかチャンスに恵まれません。
あー、何だか無性に船カレイ釣りに行きたくなっちゃいました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用