北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年06月30日 (水) | 編集 |
まだ一度も実物でお顔も見て居ませんが、全サ―繋がりと言いますか、
俺が好意にさせて頂いているコメンター釣好人見さんから、
キスの写真つきメールを送ってくれました。

100628_0723~01
24~26cmのキス                                                                 

「釣りをしないつもりでしたが、パソコンで地図を見たら、
ホテルから100メートルが砂浜で、20メートルほどの波止もある。
結局、メチャメチャ無精に、
竿1本にリールを取り付けた物を後部座席に・・・
翌朝は4時に起床し、砂浜から釣りました。
5時半頃には、近くのホテルから、朝の散歩の人が浴衣姿でゾロゾロ。
口々に
「釣れますか?」
「何処から来はったん?」
「何が釣れるの?」
段々応えるのが面倒になり、波止に移動。
これが良かった!
ブルンブルンとアタリがあり、良型のキスが釣れました。
朝食までの3時間余り、楽しみました。」

普段何もナイ朝でしたら、
間違いなく午前4時になんて起きないと思われますが、
釣りとなればなぜか早起き出来ちゃうから不思議です。
せっかく奥様と旅行に行ってらしゃるんですから、
ベッドの中でご自慢の竿を振ったのかは分かりませんが、
浜で竿を振るとはまさしく釣り好きでなければ無理な話です。
俺だったら・・・嫁の魔の手から逃れるように、
一晩中、浜辺でプルプルとキスの引きを楽しんでいる事でしょう。

ところで普段、ウチの事を奥様にまかせっきりにしているようなので、
釣好人見さん、鳥羽は真珠で有名な場所なので、
もちろん真珠の指輪かネックレスなど買ってあげたでしょうね?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月29日 (火) | 編集 |
古来より続く農耕民族の血がなせる技なのか、
頂いたマムシ酒をブツブツ交換することを思いついた俺。
誰と何をブツブツ交換するかまでは思いつかないまま数日過ぎました。

そんな時、デスクトップのモニターに一本の線が出現し、
モニターがいつオシャカになってもいいように、
ある方が仕事先で不要となったこのモニター数台頂いたそうで、
それをひょんな事で嫁の耳に入ったのが運のつき、
『もしもし、あたしなんだけど。
あのさ、どこかの仕事先でまたモニター出たら格安で譲ってくれるよね!』
と威圧的に出たようで、それにおじけついたのか、
今持っているモニターをくれると言う事になり、
気が変わらない内に取りに出掛けちゃいました。

仕事が終わっていったんウチに戻り、
帰りの運転手である嫁を車に乗せ、途中食事を取り、
あるウチに着いたのが午後9時20分でした。
ある方々と待ち合わせする事にしたので、
なるべくそこの家族の方に迷惑がかからない場所として選んだのが、
神の手を持つ島ちゃんのお仕事場でした。

IMGP9500.jpg
洋輔、ありがとうございます。

嫁のご意見番のMr,Kさんとも連絡を取っており、彼の登場で、
神の手を持つ島ちゃんの仕事場は臨時居酒屋・島の開店です。
「なくて七癖、あって四十八癖」
と言われますが、今回そんな話で盛り上がり、
バーボンや日本酒を飲みながら宴会は夜遅くまで続き、
俺、久しぶりに腹の筋肉・・・ぜい肉がが痛くなるまで笑い転げてました。

Mr,Kさんが酔っぱらって通りを歩いているオネーチャンをナンパしそうだったので、
嫁の運転する車に押し込まれ自宅に送り届けられちゃいました。
その時に、頂いたのがコレです。

IMGP9505.jpg
IMGP9507.jpg
IMGP9502.jpg
稠酒 (Choujiu) ― 西安の有名な甘酒です。
厳選の質いいもち米で蒸して火を通じて発酵したお酒です。
黄桂稠酒は汁の濃密で、純粋で濃い香りがして、
真綿が甘くて口に合って、渇きをいやすこともできますし、肺を潤します、
内臓を強くして食欲が出る効果もあります。
黄桂稠酒の歴史は悠久で、盛唐の時期に朝野も飲んでいたそうです。

ヘビは弁天様の御使いであると言われ、
この長々しい生き物は金運を呼ぶともいわれてます。
神様の御使いとも言われているマムシの御利益を預かろうとする人。
一年後、マムシ酒が絶大な威力だという証拠に
もし洋輔にもう一人お子さんが生まれたのなら、
そしてMr,kさんが孫くらいの小さな子供を抱っこしていたら、
間違いなく恥かきっ子。
Mr,Kさんは自分一人だけビンビンになっては悪いと思ったのか、
「マムシ酒は息子が喜んでもって行きました。
今日飲んでみたいって、嫁さんが喜びそう♪」
と息子を仲間に引き入れ、お裾分けしたようです。
一年後が楽しみです・・・イツヒヒヒィ~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月28日 (月) | 編集 |
宗八カレイの一夜干しが食いたくて、
ちょっと噴火湾(内浦湾)まで出掛けてきました。
場所はウチから車を走らせると一時間くらいで行ける大中漁港。
今年は大型マガレイの最盛期を上手く読む事が出来ず、
この場所で一度も竿を出してなく、何となくモヤモヤしていたので、
この際、宗八カレイをイジメに行く事にしたのです。

IMGP9519.jpg

昨日、匂いフェチの話と言うか、悩ましい匂いを求めてと書きました。
俺は宗八カレイの匂いは気にならないのですが、
『何このヌメリ、この匂い・・・出来れば触りたくない!』
このカレイだけは捌く事に抵抗を感じる嫁。
でも一夜干しした宗八カレイは人一倍どころか数倍も食べるのに・・・

IMGP9526.jpg

風もなく穏やかな海、穂先が軽く会釈し、
狙いの大小様々な宗八カレイが釣れてきます。
小さい宗八カレイは針を飲み込んでいない限りリリース。

俺と同じくノンビリと竿を出す釣人達。
IMGP9522.jpg IMGP9524.jpg

予定では宗八カレイの型モノ10匹位で竿を納入し、
後はのんびりとウチに帰るだけなんて考えてました。
IMGP9520.jpg
IMGP9521.jpg

先端の下に居たおっちゃんですが、
仕掛けをキス釣りのようにサビいて宗八カレイのアタリを楽しんでいます。
とても楽しそうだったので、俺も真似をしてブラーで遊んでみましたが、
宗八カレイが小さいのか、俺の使っている針が大きかったのか、
アタリはあるがあまり上手く乗る事が出来なかったです。
何だか悔しいな~。

IMGP9523.jpg IMGP9533.jpg

いつの間にか港内ではサクラマスを狙う釣人が見受けられ、
俺が確認した範囲では1匹だけ釣れてました。

IMGP9527.jpg IMGP9528.jpg
IMGP9529.jpg IMGP9531.jpg
IMGP9532.jpg

沖の船釣りをボンヤリ眺めていたら、突然鳥山が出来、
イルカが曲芸を披露され、すっかり見とれてしまいました。
イルカが出没すれば魚の食いは渋くなるはずなんですが、
ほんの少しだけ食いが渋くなっただけで、後は順調に釣れてきます。
やっとマガレイが1匹釣れ、
気を良くした俺はもう少しだけ粘る事にしたのです。
だってマガレイ1匹だったら、嫁と骨肉の争いが勃発する可能性が大で、
家庭円満のタメには、
何とか先に食いついてくる宗八カレイの間を潜り抜け無くてはなりませんでした。

IMGP9518.jpg

朝方、テトラとテトラの間の穴でソイと遊ぶつもりで、
こんなモノを購入してみました。
底まで続く穴ってありそうに見えますが、
なかなかナイんです。
この穴いいな~なんて思って仕掛けを投入すると、
途中で引っ掛かたりして空振りする事もあり、
それでも何とか1匹のクロゾイを釣りましたが
投げ竿の方の魚信が余りにもうるさいのでやめちゃいました。

イルカの曲芸も終盤になり、干潮が最高潮となったので、
釣りを切り上げました。

午前4時~午前9時までの俺の釣果

IMGP9537.jpg
お持ち帰りの宗八カレイ37枚 マガレイ3匹 ソイ1匹

ウチにこれだけの宗八カレイを持ちこむと、
『臭いー!』
と嫁の一声でカレイ共々俺もウチから出されるので、
帰路の途中にある嫁の実家にマガレイ以外全部置いて来ちゃいました。
そして綺麗に干ささった頃合いを見計らって強奪に行く予定です。
あれ? 俺、なんだか嫁のチャッカリが移ったようで・・・ギャ~イ~ヤァ~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月28日 (月) | 編集 |
今朝、俺の竿を思う存分振って遊んで帰って来てから一寝していたら、
『何やったらこんなに疲れるだろう・・・』
仕事から帰って来た嫁にお尻を踏みつけられ、
『これから室蘭に行くよ!』
と叩き起され、急遽室蘭まで行ってきました。
娘の学校に使う参考書を買い、一緒に夕食を取り、
午後の11時過ぎに帰ってきました。
ちょっとお疲れ気味なので、俺の遊びの分は明日に回し、
今日は昨日、嫁のご意見番であるMr,Kさんが、
せたな町の大成区に穴釣りに来ていたので、
用事もあって嫁も合流したそうです。

IMGP9491.jpg

せたな町ではソイ・マゾイ・ウスメメバル(ガヤ)などの養殖事業をしており、
毎年、せたな町の海に放流しております。
嫁は初めて養殖されたウスメメバルのタグを見たそうで、
それを写真に収めてきました。

IMGP9494.jpg

こんな位置にタグがついているとは、俺も知りませんでした。
狭いテトラの間を住処にしているソイやウスメメバルにとって邪魔にならないか?
なんて思ってしみじみ見てしまいました。
もちろんこのウスメメバルはすぐに海に返され、
次々とテトラの穴の底からハチガラ、クロゾイ、ウスメメバルが釣れていたようで、
タグのついたソイ類は漁師さん達のモノなので、速やかに海に帰って頂いたそうです。

この日の最大のソイは30cm強のクロゾイ。

IMGP9495.jpg

ソイ類は大きいモノから喰いついてくると言われますが、
このソイを釣った穴は、最初に小型のウスメメバルやハチガラが釣れては放し、
徐々にサイズアップしていったようで、6匹目で釣れたと言います。
結局、同じ穴で大小合わせて9匹釣れ、
たった30分足らずの釣りだったそうですが、
Mr,Kさんは満足なご様子です。

IMGP9492.jpg

知り合いの家に一泊し、今日も穴釣りに勤しみ、
顔見知りの漁師さんからツブを頂き、釣ったハチガラは刺身、
お土産に頂いたヤリイカを焼いて上機嫌なようで、
「アルコールが進みます。つぶ類もとってはいけません。購入しましょうね!」
と写真付きメールが届きました。

100627_1833~01

夏枯れが近づいてきたこの時期、昼間でも楽しむ事が出来る穴釣り、
面白いかも知れませんね。

そうそう、漁師さんから聞いた話なんですが、
久遠漁港の先端に行くため、防波堤と防波堤を繋ぐテトラを渡っていた釣り人が、
今年の春先、テトラから足を踏み外し落下し骨折をしたそうです。
その事があってから「立入禁止」の看板が取り付けられたと教えてくれました。
一人の釣人のもたらした結果が他の釣人にも影響を及ぼし、
段々と釣場が失っていく事になってしまいました。
残念でなりません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月26日 (土) | 編集 |
IMGP9509.jpg

せたな町から見る月は霧がかかって見ずらいのですが、部分月食です。
満月でないので、
ワオーォーと吠えてオオカミ男には変身出来ませんが、
何だかオイデ♪と誘っているとまたエテ勝手に解釈し、
月が半分なら、俺も半分オオカミ男になり、
あの月を追いかけ、股間がズキズキと疼くのを沈めるタメ、
嫁には内緒でチレイなオネーチャンを引っ掛け、
オイラの竿をおもう存分振ってこようと思っています。
なので、こんな田舎に居ては探す相手も見つからないので、
ちょっとだけ遠出しちゃいます。

今回、俺の相手を探すにあたって、
匂いフェチではありませんが、クンクンと悩ましい匂いに誘われ、
半分オオカミ男なので捕まえて捕食し、ついでに拉致しちゃうかも知れません。
コレもみな、月の魔力がそうさせるのです。

では月を追いかけて出発ー!

IMGP9510.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月25日 (金) | 編集 |
つい先日、ご近所からこんなモノを頂いてしまいました。

IMGP9485.jpg

焼酎35度・マムシ酒です。
漬けてから15年たっているモノだそうで、
これだけの大きなマムシが一升瓶に漬かって年数が経っているブツは、
買うとするとウン万円するとか・・・
値段を聞くだけでも何だか効きそうな気がします。
でもな~、俺、蛇、大の苦手!
この一升瓶の中で死んでいるのは分かるのですが、
「ゲ~、こいつ、俺を睨んでいる。」
それでも怖いモノ見たさで、凝視してしまうんです。

マムシ酒を造るのには、まず、猛毒を持つマムシを捕まえ、
それをビンに少しだけ水を張り、そこに入れ、
胃や腸の内容物を全部出っきるまで待ち、
それを何回か繰り返し、コレ以上出ない事を確認した後、
(この間、数ヶ月も掛かるそうです。)
生きたマムシをお酒のビンに入れるそうです。
滋養強壮に良いとされ、その他に、切り傷(お酒を傷口に塗る)
うちみ(小麦粉に少量にお酒を混ぜ練りガーゼに乗せシップのように貼る)
に効くと言われます。
ウロコが剥げてお酒に沈殿しているのを、茶こしきでこしてから、
水などで割って飲むそうで、
毎日、薬だと思っておちょこに一杯程度が良いとか。

コレをくれた方が、
「その辺に売っているマムシドリンクなんて足元にも及ばないぞー。
俺なんてバッキバッキさ♪
いいか、コレは酒ではなく薬だと思え。
飲みほしたら(ビンを指さして)、マムシは焼いて食べてもいいし、
俺はマムシのウロコを綺麗に布きんでふき取ってから、もう一度、
度数の低い焼酎につけるんだ。
そうすることで、今まで漬けていたマムジに染み込んだエキスを絞りだすのさ。」
ニヤケた口で言います。
あっ、だから、あのオジサンの家、子だくさんなんだと、
妙に納得しちゃいました。

嫁はマムシを見ている内にある方を思い浮かべたようで、
『このマムシの胴っ腹を口に銜えて、
ピッチャーを片手に、目を細めて豪快に笑っている夢みそう。
その姿って不自然でもなく似合っているから怖いわ~。』
俺も想像してみましたが、彼のキャラがなせる技なのか、
プッ、確かに似合っているんです。
誰の事を想像したのかは、
カーソルをクルクル回して俺のブログの過去ロクを見て下さると、
あっ、あの人だとすぐに判ると思いますが・・・そう赤い服を着たあの方。

もし、俺がこのマムシ酒を口にする時は、
嫁ではなく、チレイな女人とデートを楽しむ時でしょう。
でも、俺、ヘタレなので、
死んでいると分かっても蛇が怖くて飲めません。
なので、農耕民族である血がそうさせるのか、
ブツブツ交換することを思いついたのです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月24日 (木) | 編集 |
SA3E0011 - コピー

うーぅー泣かせるぜ。
下娘から昨日、こんな写真付きメールが届きました。
でも、なんで平成21年6月28日なんだ?
確か父の日は20日だったはず・・・
それも去年の日付・・使いまわしなのか?
ちょっと疑問に思い電話を掛けると、
「今年平成21年でしょ、お父さんボケるの早いよ。」
と言い、
「エッ? 父の日、間違っているって???
またまたお父さん私を騙す気なんだぁ~。」
と疑っています。
「今年は22年だぞ~。」
と言って聞かせると、
「あのねお父さん、自分の実年齢も分からない、
娘の年も分からない、
ましてや自分の都合の悪い記念日忘れる人に言われたくない!」
と言いやがります。
仕方が無いので嫁と電話を代わり、キチンと日付を確認した娘は、
「やだ~お父さんのボケ移っちゃったー、
どうしよう、コレ以上おバカになったら・・・」
要らぬ心配をしていたようです。
あのヤロウ~・・・

IMGP1972.jpg

以前、下娘が高校生の時、
父の日にバイトしたお金で買ってくれたTシャツがあり、
俺、このTシャツ、何かの勝負事の時に着るようにしています。
その時、親から貰ったお金で買ったのではなく、
自分で汗水働いて買ってくれた気持ちが嬉しかったんです。
なのに・・・今年は父の日を忘れるなんて・・・俺、泣いちゃいます。

SA3E0012.jpg

先月の末に下娘が、
「ばあちゃん、部屋殺風景だから何か花ちょうだい。」
と持ち込んだ鉢植えの花が咲いたと写真を送ってくれ、
一人暮らしをエンジョイしているようです。

IMGP9484.jpg

12日に上娘の所に行った時、
「お父さん、日本酒好きでしょ♪」
と父の日前に頂きましたが・・・何だか裏がありそうで怖い。
素直に喜んでいいのか悩んでしまいますが、
俺の好きな辛口を覚えていてくれただけでも有難いです。

娘達から電話が掛かって来る時はお金の無心や頼み事がほとんどで、
ソレ以外電話も掛けてこない。
それだけ元気で何とかやっていると思うのですが、
いつになったら手が離れるのか、親の心配は尽きないです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月23日 (水) | 編集 |
俺の所に北海道のサーフ会員が釣った魚の魚拓や写真が、
毎月、月初めに送らさってきます。
今月の13日、北海道協会長にこの魚拓を見せ確認して貰い、
書類に必要な署名と印鑑を戴くタメ、北海道SC選手権の会場に持ち込みました。
ちょうど連盟会長もいらしゃっていたので、
SC競技に参加しに来ていた釣った本人と対面され魚拓も見て頂きました。

IMGP9122.jpg

カサゴ科ソイ類にあたるクロゾイです。
この全サ―の日本記録(平成16年6月12日・61.9㎝)を持っているのは、
釣った彼と同じクラブ員で、はこだてサーフの方です。
この度、それを上まわる記録魚とされるのがこの魚です。

IMGP9196.jpg
IMGP9198.jpg

自分ウチにあった1mの定規をあてて計測してみましたが、
どうやら日本記録魚の可能性が出てきました。
あくまで俺の目測で正式な計り方でもないので、
コレは7月に行われる理事会でキチンと計測され、
間違いなく記録魚だと認定されてから初めて登録となります。
もし、全サ―の日本記録とならなくても、
間違いなく北海道記録となる魚です。
因みに俺が持っている北海道記録魚は
イラ科のコブダイ72.4㎝(H20.7.12.)で、
私生活を示唆しているように、
同じ日に釣った嫁の85㎝のコブダイよりも遥かに小さいモノでした。

これまで俺の所に集まって来た魚拓の一部を紹介します。

同じくクロゾイの60㎝

IMGP8577 - コピー

マツカワカレイ(タカノハカレイ)48㎝

IMGP9203 - コピー

カジカ58.5㎝

IMGP9119 - コピー

ナメタカレイ(ババカレイ)57.8㎝

IMGP9208.jpg

ヌマガレイ(カワガレイ)48.2㎝

IMGP8694.jpg

クロガシラカレイ56㎝

IMGP9120 - コピー

未だにこの記録を破るようなホッケが釣られてません。
平成13年5月5日・全サ―・ホッケの日本記録60.6㎝

100619_2006~01 - コピー

北海道でも50㎝強のホッケは釣れますが、
60㎝を超えるホッケとなると、殆どお目にかかれないブツです。
釣った本人にお伺いすると、
「ホッケの大軍が押し寄せ、運良くこのホッケを釣ったんだけど、
最初見た時、アイナメかと勘違いする位の大きさで、
シッポを確認するとホッケだったんだ。」
と当時を思い出して語ってくれました。
俺は凄い事だと思うのですが、嫁は、
『あら、美味しそうなホッケ。
1.8Kgもあるんだから脂も乗っていたでしょね。』
食い意地だけは人一倍なので、どうしてもその方向で考えてしまうようです。
今更ながら、だから太るんです・・・グスン。

これからの時期、根モノ狙いで釣場に通う方が出てきます。
どんな魚拓や写真が俺の所へ集まるか楽しみですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月22日 (火) | 編集 |
ここ10日程、毎日イルカの群れを目撃しています。
場所はせたな町北檜山区太櫓地区で、
太櫓川河口から鵜泊漁港の間口までの海域で、
イルカの大群が居座っています。
マイワシの大軍を追いかけヤリイカ・マイカも入り、
序にイルカもそれを追いかけてきたようで、
イルカに追われたマイワシは岩場に打ち上げられ、
そこにゴメが漁りに来ています。

毎朝目にするのは、海にゴメの大軍がいれば、
必ずイルカが居て、面白いジャンプをしています。
よくTVなどで目にするイルカのジャンプは大海原を渡る時、
孤を描いていますが、完全にエサ狙いの時は真上にジャンプして、
そのまま真下の海面目掛けて頭から突っ込んでいくんです。
思わずその光景に目を奪われ、暫し車中から眺めています。
地元の漁師さんは、
「イルカのジャンプってな、朝と夕方しか見られないんだ。
日中も少しだけジャンプするが、それはあくまで移動手段であって、
エサ獲りのジャンプとは別モノさ。
イワシが逃げないように遠くから囲んでな、
この海域から出られないようにしているのさ。
あのエサ獲りを見ていると本当に賢いと思うぞ。」
と教えてくれました。

IMGP9478.jpg

言われれば確かにと思う事があり、
今、せたな沖にはイカ釣り船が出ています。
地元の船ばかりでなく、
日本中を渡り歩いているイカ釣り船の一部が集結しており、
毎夜、漁火が見れて綺麗です。

IMGP9472.jpg
IMGP9474.jpg
IMGP9476.jpg

クラブ員も夜な夜なイカ釣りをしているようなので、
俺も約十数年振りでイカ釣りでもして見ようかと思います。
目印の電気浮きを付け、
その下にいか針に鳥のささみやイカの身をつけて釣るのですが、
子供達も居ないって事もあり、夫婦二人分のイカがあれば十分なので、
今年はエギで狙ってみるのも面白いかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月21日 (月) | 編集 |
IMGP9435.jpg
函館山

今日の主役のサメ君登場です。

IMGP9451.jpg

一緒に島堤に渡った仲間の一人が大きくしならせた竿を、
野次馬根性で見に行った俺達は、サメと分かった途端、
薄情なのでクルリと背を向け、蜘蛛の子を散らすように自分の釣座に戻り、
素知らぬ顔をしてました。

IMGP9449.jpg

サメ君は首を左右に振り、誰にも注目されない事に腹を立て、
誰かにこの恨みを晴らしたいと考えたようです。
皆がサメ君に海に帰るように説得したのですが、
恨みをはらすタメ、身体をくねらせ挨拶周りに出掛けてしまいました。

IMGP9453.jpg

ちょっとでも寝て隙を見せたのなら、
足音も立てずにいつの間にか愛人のように傍らで添い寝し、
「ねぇ、今月のお手当は?」
と身体をくねらせ甘い声で耳元で囁き、時には恋人同士のように、
誰かの足元で海を眺めていたりしてマッタリとしてました。
ここでシッポをつかんで海に帰るように説得したのですが、
その都度歯をむき出しにして怒り手に噛みつこうとしてきます。

IMGP9455.jpg

俺達の目の前で、船釣りでカレイが釣れているのを、
一緒になって羨ましそうに眺めたり、
白堤で釣りをしている釣人や函館山の変わりゆく天気(景色)を楽しんでいるようです。

IMGP9447.jpg
IMGP9460.jpg IMGP9438.jpg
IMGP9429.jpg IMGP9444.jpg

俺の釣座
IMGP9457.jpg IMGP9458.jpg

海上は霧が立ち込めています。

俺はサメ君と肩を並べて座り、
危うく事故になるのではないかという現場に遭遇してしまいました。

IMGP9462.jpg

けたたましい汽笛を鳴らすフェリー、フェリーの進路を邪魔するボート、
互いに気が気ではなかったようです。
フェリーが無事通過後、このボートは寄せる波で大きく揺られ、
今にもひっくり返るのではないかとみている方がハラハラしどうしでした。
危ない危ない!

一通り挨拶がすんで気がすんだようで、最後は海水を求めて、
函館つるさんの水汲みバッカンの中に頭を突っ込んで遊んでいます。
一昨日載せたサメ君達同様、とても生命力が強いサメ君なので、
下界で起きている状況を竜宮城にいる乙姫様に報告してくれるよう説得すると、
「また遊びに来るぜ、その汚い手を離しやがれ!」
と手を振りほどき、皆に睨みを利かせ、
一昨日載せたサメ君達と同様に自らの意志で、
元気よく海に帰って行ってしまいました。

IMGP9450.jpg

バイバイ~、サメ君、お仲間にも、もう遊びに来なくていいから~
と伝えて下さいね!

午前10時に迎えの船がやって来て、今日の釣りは終了です。

↓昨年の全キスの時に俺達が渡った赤堤です
IMGP9463.jpg

↓昨年の全キスの時、Mr,kさんが渡った防波堤です。
IMGP9464.jpg IMGP9465.jpg

函館ドックに入っていた海軍の戦艦です。

IMGP9466.jpg
IMGP9467.jpg

俺の年では入隊は無理なので、もちろん客人として
一度でいいから、この戦艦で大海原に出てみたいですね。

で、俺の釣果です。
IMGP9468.jpg

アイナメ30㎝、マコガレイ30㎝、ホウボウ。
この他に小さいカレイとソイ数匹は、元気な内に海へ帰って頂きました。

この後、参加した皆さんの釣果を見させてもらいましたが、
場所によっては川の流れのような早い潮に翻弄された方、
小1時間だけ竿を出して大型アイナメを射止めて来た方、
俺のように残念な釣果でしかなかった方、様々な釣果でした。
全キスに参加された全国に皆さん、函館会場の皆さん、御苦労さまでした。
来年の全キスでまた会いましょう!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月20日 (日) | 編集 |
「ヤバイ、寝坊した~?!」
コレが俺の第一声でした。
ブログをアップして函館会場入りした俺、
少し時間があるから会場で寝ていようと考え、車の中でウトウトしちゃいました。
チレイなオネーチャンの膝枕でイチャイチャしている夢をかき消すかのように、
携帯の着信音が鳴り響きます。
電話の主は函館つるさんで、その前に嫁の携帯に、
「どこでチョロチョロしているんだ?」
『あ”?あたしウチに居るんだけど? ハゲ親父その辺に居ないの?
また女のケッツ追いかけてどこかに雲隠れしちゃった?
もし見つかったら、どこかの海にでも捨てて来てちょうだい!』
みたいな会話をしていたようで、トホホ、俺、信用が無いようです。
慌てて目を凝らして周りを見渡すと、
少し離れた場所にどこかの組に殴り込みでも行くのではないか?
と思うような人相の悪い人達が集結しています。
恐怖心と好奇心を秤にかけると、好奇心が勝ってしまい、
人相の悪い人々の所へ磁石で吸いつけられるように向かうと、
全キスに参加する人達でした。
俺の寝ていた場所から300mくらいしか離れておらず、
電話が鳴らなかったら完全に遅刻し、出場出来なかったと思われ、
函館つるさんにちょっぴり感謝します。
何でちょっぴりかと言えば・・・夢の続きがとても気になって仕方がありません。

IMGP9397.jpg IMGP9400.jpg
IMGP9398.jpg IMGP9415.jpg

週末の度にあっちこっちに移動ばかり繰り返していたので、
今回は少し楽な釣りをと考え、
Mr,Kさん・函館つるさん・若いオネーチャンを二人騙した男さん達の仲間に入れて貰い、
函館港の沖堤、通称・島堤に渡船で渡る事にしました。
昨年に続き、その他魚種でアイナメ・カレイに狙いを定め、
出来ればババカレイ(ナメタカレイ)なんぞ釣れれば恩の字です。

IMGP9426.jpg IMGP9416.jpg

島堤の好ポイント↑にあたる両先端は、
全キスとは関係ないグループの釣人に抑えられており、
俺たちは↓防波堤の中間に釣座を構えました。

IMGP9422.jpg IMGP9425.jpg
IMGP9428.jpg IMGP9430.jpg

この↓赤防波堤は昨年の全キスで渡ったところです。
IMGP9421.jpg
IMGP9433.jpg

通称・島堤は函館港の一番外側にある防波堤で、
島堤と赤堤の間を大型船や漁船が往来しています。

IMGP9439.jpg IMGP9440.jpg
IMGP9441.jpg IMGP9442.jpg
IMGP9443.jpg IMGP9446.jpg

俺の待望の一匹目でソイなんですが、約20cmチョイくらいしかなかったので、
速やかに海に帰って貰いました。
IMGP9432.jpg

ロック釣りに勤しむ函館つるさん、不思議な事に様になっています。
IMGP9423.jpg IMGP9424.jpg
IMGP9456.jpg
IMGP9461.jpg
大物は寝て待って!と言いたいようです。

まったりとした時間が過ぎて行く中、突然、Mr,Kさんが妙な動きをし始めました。
時計を見ると午前4時20分、皆が注目する中、
竿に伝わる感覚は、本人はアイナメだと信じ切っていたので、
大きく糸ふけした竿を無造作に巻いています。
岸壁に近づいてきた魚は、
45cm以上50cm未満のババカレイ(ナメタカレイ)だったので、
タモを用意した瞬間、海面50cmのところで勝手に海に帰ってしまいました。
う~ん、残念です。

IMGP9431.jpg
Mr,Kさん、気が抜けたようです。

To Be Continued

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月19日 (土) | 編集 |
昨日、幻の島となったヨシ島の事を書きました。
全日本サ―フのカサゴ科ソイ類の
日本記録(H16.6.12・61.9cm)が出た島だったので、
ゲンを担ぐように、毎年ヨシ島へ渡っていた方がおりました。
そんな島へ毎年6月に1回は渡って、
「日本記録魚に近いソイが釣れるんだ。
いつかは俺にもチャンスが巡って来るんじゃないか?
って思って通っていたんだけどな・・・」
島へ渡れない事をとても残念がってました。

数ある引き出しを開け、今年は違う島へ挑んだそうです。
6月12日夕方から13日早朝にかけて、
先週末、この方とそのお仲間数人として、
小さな島に渡船されたそうです。
「サメの猛攻撃にあったよ。
サメのヒット数40匹、陸に上げた数は22匹さ。」
と写真を送ってくれました。

20100613035636.jpg
みんなメーター級のサメ達です。

さっそく電話して訊くと、
「サメに竿を折られた奴、
サメに竿を海中に引きずられ回収不能にあった奴もいて、
サメに泣かされっぱなしだった。」
と教えてくれ、
「もしそちらの方で、サメを見かけたら、
若いオネーチャンを二人騙した男さんの
振り出しのサーフリーダーCXとパワーエアロを返してくれ!
って頼んでくれないか?」
笑いながら言います。

このサメの他にソイやハチガラも釣れたそうで、
残念な事に日本記録魚は無理だったようです。

でもね、Mr,Kさん、あなたはホッケの日本記録を持っているんだから、
コレ以上欲張ったら罰があたりますよ。
と言いたいのですが、
記録魚を求める姿勢は俺も見習わないとイケませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月18日 (金) | 編集 |
一昨年9月、釣り仲間と渡った松前町館浜漁港のチョイ沖にあるヨシ島。
過去にこの島に渡った方が、
全サーで現在のカサゴ科ソイ類の日本記録を出した場所です。
ひょんな事でこの島の話をしていると、ある人が、
「もう幻の島となってしまった。」
と教えてくれました。
話では、このヨシ島専門に渡していた漁師さんが、
長年勤しんでいた漁師生活に見切りをつけ引退したそうです。
その後を継ぐ人もおらず、他の渡船をする漁師も居ない事、
苫小牧の事故以来、保安庁の指導もあってか、
残念な事に、この島には永遠に渡れなくなってしまいました。

だったら自分でゴムボートで渡ればいいじゃん?
という意見もありますが、素人判断で行くととんでもない目に遭います。
この島を取り巻く海域は、漁師さんでも読めない複雑な潮周りをしており、
潮と潮がぶつかりあい所々に渦ができ、川の流れのように早い潮が流れ、
それを見極めることが出来ないと、アッと言う間に沖に流されちゃいます。
過去に何人かの釣人が挑戦していたようで、その結果、
保安庁のお世話・漁師さんの手をわずらせてしまった事が多く、
とても危険な海域とされています。

IMGP4938.jpg

この灯台はソーラーシステムで動いているので、
釣人が不可抗力でもそのシステムの一部でもを壊したら、
グリコのおまけじゃないですが、トコトンどこの釣人か探しだされ、
もれなく膨大な費用請求が舞い込んでくるそうです。

以前、漁師さんも、
「すぐ目の前にあるから簡単に渡れると思ってゴムボートを出すんだろうけど、
島に辿りつけくどころか、途中でドンドン流されているのを何度も発見し、
その度、助けに行っているんだ。
もし上手く上陸しても、帰りは漁港や岸まで辿り付けない奴が殆どさ。
時化早いところだから一端波が乗ると、
小高いところにある灯台までアッと波が上がってくるんだ。
それを知っているのか知らないのか、甘い考えの奴らが多すぎる!」
と怒っていました。

この島に渡るのにも、
漁師さんの信頼を得た釣人とその仲間しか渡る事が出来ませんでした。
俺達も一度だけ、金魚のフン状態で釣り仲間に連れて行って貰いましたが、
釣人にとって、とても魅力がある島だっただけに残念でなりません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月17日 (木) | 編集 |
ども~、南国黒熊で~す、お初にお目にかかります。

IMGP9237.jpg

北海道はいいですね。
ジョッキーがピッチャーとは粋です。
えっ、これってジョッキーにビールを補充する物だったんですか?
てっきり南国黒熊専用だと思ってましたわ。
写真を見てくれると分かるけど、
南国黒熊が持つと普通のジョッキーの大きさとさほど変わりませんが?

IMGP9236.jpg

今回、南国黒熊の一気飲みの掛け声が決まりました。
「婆がババカレイを釣る!」
オヤジギャグですがコレを聞いたら・・・
南国黒熊は一気にテンションが上がりますので、宜しく!

IMGP9214.jpg IMGP9215.jpg

北海道の人は良く食べる・飲むって事が分かりました。
この奥のブースにいる人達ですが、一心不乱に食べているんです。

IMGP9221.jpg

特に↓この人達・・・・

IMGP9223.jpg IMGP9225.jpg

ひたすら食う方に専念した人達がいましてね、どこかの奥さんも、
『あんた達、普段肉・野菜与たってナイの?
食べ物(肉と野菜)だけで会費分食べたのあんた達だけよ。
悔しい、このあたしが負けるなんて・・・』
と言わせるくらいの食いっぷりでした。

IMGP9217.jpg IMGP9218.jpg
IMGP9219.jpg IMGP9220.jpg
IMGP9222.jpg IMGP9226.jpg

がまかつテスター(船・投げ)、函館つるさん
IMGP9224.jpg IMGP9211.jpg

↑この方に、
「南国黒熊にがまかつのテスターの座譲って~♪」
って懇願したけど、丁重に断られちゃいました。
ケチですわ~。
がまかつテスターの地位は、海を渡った本州では、
そりゃ喉から手が出る程、名誉な事なんですわ。

IMGP9232.jpg

↑南国黒熊の次に若い青森協会長さんですわ。

IMGP9230.jpg

中国式乾杯(カンペイ)には、さすがの日本人も参りました。
ジョッキーの中のビール飲みほし、
ビールが入っていないのを相手に確かめさせるため、
空になっている底を見せなきゃいけないルールなんです。
このカンペイに潰れる奴らが多数続出。

IMGP9216.jpg

美味しそうな耳たぶして・・・むしゃぶりつきたい~。

IMGP9227.jpg

薄らはえてきたヒゲ・・・スリスリしたいわ~そそられるかも。

IMGP9233.jpg

なぜかこの二人は・・・強かった。

IMGP9228.jpg

北海道協会長さんも中国式の乾杯にやられたようですわ。
不覚にも南国黒熊もやられた一人です。

IMGP9229.jpg

↑この方、仕事の都合で本州に転勤したとかで、
札幌サーフから青森のFC投人に移籍したそうですわ。

飛行機の関係で少し遅れて連盟会長、同SC部長が到着。

IMGP9231.jpg
IMGP9234.jpg

これ以上、台湾の策略にハマって自爆する選手達を救おうと、
連盟会長さんの乾杯の挨拶で〆となりました。

IMGP9238.jpg

でも、時遅く・・・大会当日、
1投目投げ終わっては・・・
2投目投げ終わっては・・・
3投目投げ終わっては・・・
嫁さんのつわりの苦労がよ~く身に沁みた瞬間で、
来年こそピッチャーでたて続け3杯を飲めるように胃に喝を入れ、
リベンジを密かに心に決めた南国黒熊でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月16日 (水) | 編集 |
アタシの名前はチィ、こう見えても血統賞つきの柴犬なのよ。

IMGP9391.jpg

やっとアタシの出番ね。
やっぱり主役はアタシじゃないと、このブログも華が咲かないじゃない。

IMGP9263.jpg

あーん、うるさいわね。

IMGP9264.jpg

ちょっと邪魔、主役はアタシなの、早く退けてよ。

IMGP9266.jpg

なんでアタシが怒られるの?

IMGP9267.jpg

アタシ、憶えているんだからね。
あんた、アタシにシンカぶつけた人でしょう。
そりゃ、ちょろちょろしていたアタシも少しは悪いと思うけど、
凄く痛かったんだからね。
寒くなるとその時の古傷が痛むの、どうしてくれるの!

ねぇ、そこの連盟会長さん、司会者さんに、
「こら、寝るな!」って怒ってやってよ!

IMGP9261.jpg

あっ、天敵みっけ。
この人達、あの太い指でチマチマと何やっているのかしら?

IMGP9327.jpg

赤い旗、白い旗、上げたり下ろしたりして、何が面白いのかな?
人間って不思議な生き物ね。

IMGP9340.jpg

ここにも天敵が出現してきたわ。
アタシを怒ったから天罰があたったのか、パンツのゴムが切れたみたいよ。

IMGP9323.jpg

アタシ、アイドル犬だからどんなところにも遊びに行っちゃうの。
その時、みんなからオヤツっていう貢物を頂くの、ウフ。

IMG_9426.jpg

この人達、アタシに負けない美貌だと思うけど、
ゴージャスな毛皮に身を包んだアタシが一番よね。

人間界では壁に耳ありっていうけど、犬界では足元に犬ありって言うのよ。
だからアタシ、皆のところに行って、色んな情報を仕入れてくるの。
例えばこの人達の会話。

IMG_9477.jpg

「なぁ~哲、この頃、俺たちの牙小さくなってきたと思わないか?」
<昔は、牙をむき出し肩で風切っていたんだけど、
嫁の角が大きくなるにつれて、俺の牙が段々小さくなってきていると思うんだ。
お前もそう思わないか、哲?>
「やっぱりそうか。
俺達、オオカミから番犬に降格されちゃったようだな。」
<俺達は牙が小さくなるだけマシじゃん。
どこかの旦那だけど、髪の毛が薄くなるにつれて、
あの奥さん、ますます膨張するらしいぜ。>
両方の哲さん、表舞台では亭主関白ぶっているけど、
裏舞台ではしっかり奥様に頭が上がらないようよ。
でも、髪の毛が薄くなる旦那さんって・・・可哀そうに。
あっ、アタシ分かっちゃった。
皆さんも誰の事か分かったわよね?

それからこんな会話もしていたわ。

IMG_9478.jpg

「あのな、俺達夫婦でどちらが優勝するか賭けたんだ。
俺は2位で嫁が優勝しちゃったから、罰ゲームで夕飯作る事になっちゃった、トホホホ」
<それは大変ですね。>
「そうだろう・・・何作ろうか、それが問題なんだ。」
<男料理ならカレーがいいじゃないですか?>
「それじゃ手抜きだって怒られちゃうよ。」
<手の込んだ料理ですか、難しいですね。>
普段、奥様が何作ろうか悩んでいるんだから、
少しくらいその苦労を分かった方がいいかもね。

「お~い、チィ、帰るぞ~」

IMGP9265.jpg

あら、家人が呼んでいるわ。
置いてかれたら大変、今日はこの辺でおしまいね、
またどこかで皆さん会いましょう、チャオ!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月15日 (火) | 編集 |
「エーッ、また俺なの?」
IMGP9370.jpg
通称「おーい、中村君」
IMG_9498.jpg

「そうよ、悔しいけどあなたが主役。
ねぇねぇ、教えて欲しんだけど、ここの管理人と何の話していたの?
沖縄の夜・・・あのお店が・・・遊ぶ場所とかいう単語が飛び出していたけど、
何だか凄く怪しい話していたじゃないの、グフフフ。
エッ、どうして知っているの?って・・・
それはネ、人間界では壁に耳ありって言うじゃない?
アタシの場合、足元にチィー様有りって事なの。
だから、あんた達の足元でしっかり聞かせてもらちゃいました、ムフ。
このスタイルどう? ちょっと刺激的かも。
もしかして沖縄の熱い夜を思い出しちゃったかしら、ウフフフ。」


ここの管理人と違って俺は無実、
真っ白い腹の持主なんだよね。
そこのところだけは覚えてて欲しいな~。


昨日の続きです。
IMGP9385.jpg
IMGP9376.jpg
IMGP9387.jpg IMGP9388.jpg

IMGP9318.jpg IMGP9319.jpg IMGP9320.jpg

さて、種目の説明となりますが、ここの管理人さんが、
「数人の方の写真が見あたりません。 
自分の出場する種目と重なってしまい今、写真を探していますので、
見つかり次第アップするので宜しくお願いします。」
と言ってました。

第2種目
キャストフリークス 佐藤(孝)選手
IMG_2074.jpg
①204.37②F③204.46④212.05⑤210.56 三投平均209.02

札幌サーフ 玉田選手
①193.53②206.05③187.43④207.93⑤171.44 三投平均202.50

キャストフリークス 正岡選手
IMG_2082.jpg
①226.60②214.23③219.71④224.27⑤221.06 三投平均223.98

NSC 宮内選手
IMGP9321.jpg
①192.01②189.53③184.98④188.11⑤197.07 三投平均192.87

北海サーフ 高橋選手
IMGP9325.jpg
①209.32②204.59③210.63④213.03⑤213.47 三投平均212.38

キャストフリークス 小西選手
IMGP9329.jpg
①217.99②216.92③222.96④F⑤224.13 三投平均221.69

キャストフリークス 佐藤(裕)選手
IMGP9331.jpg
①192.09②188.79③F④192.87⑤198.61 三投平均194.52

キャストフリークス 井山選手
IMGP9330.jpg
①225.32②F③178.31④217.02⑤193.62 三投平均211.99

札幌サーフ 吉田選手
IMGP9334.jpg
①224.18②216.91③218.15④223.02⑤226.58 三投平均224.59 最長飛距離226.58

第2種目入賞者
IMG_9492.jpg
1位・吉田選手 2位・正岡選手 3位・小西選手

第4種目(24名参加3名欠席)
札幌サーフ 菊池選手
IMGP9383.jpg
①162.46②180.60③175.92④178.41⑤176.80 三投平均178.60

SC抜投会 佐藤選手
IMGP9384.jpg
①F②156.89③155.00④142.71⑤162.16 三投平均158.02

札幌サーフ 黒澤選手
IMGP9361.jpg
①172.29②F③168.29④168.95⑤131.21 三投平均169.84

キャストフリークス 太田選手
IMGP9362.jpg
①198.75②191.18③193.14④187.42⑤177.35 三投平均194.36

台湾 彭選手
IMGP9363.jpg
①F②185.29③F④183.60⑤184.70 三投平均184.53

キャストフリークス 菅原選手
IMGP9364.jpg 
①175.59②174.81③153.07④F⑤F  三投平均167.82

札幌サーフ 武藤選手
IMGP9365.jpg
①182.92②F③174.20④177.57⑤170.30 三投平均178.23

一般 松浦選手
IMGP9366.jpg
①F②169.83③166.45④161.78⑤164.27 三投平均166.85

キャストフリークス 片岡選手
IMGP9367.jpg
①180.93②F③180.21④176.08⑤177.98 三投平均179.71

恵庭サーフ 嘉屋選手
IMGP9368.jpg
①F②F③F

はこだてサーフ 中村選手
IMGP9369.jpg
①194.08②190.30③193.25④198.31⑤191.06 三投平均195.21 最長飛距離198.31

広島・えのみやサーフ 香川選手
IMGP9371.jpg
①181.48②168.75③179.24④187.76⑤177.91 三投平均182.83

NSC 庄司選手
IMGP9372.jpg
①183.51②F③176.52④174.48⑤174.60 三投平均178.21

札幌サーフ 濱谷選手
IMGP9374.jpg
①189.17②189.55③F④179.65⑤178.87 三投平均186.12

SC抜投会 坂下選手
IMGP9375.jpg
①156.61②161.13③F④148.74⑤162.02 三投平均159.92

札幌サーフ 桜庭選手
IMGP9377.jpg
①169.75②168.99③F④173.40⑤170.52 三投平均171.22

キャストフリークス 藤村選手
IMGP9378.jpg
①191.72②187.29③179.39④F⑤182.99 三投平均187.33

一般 岩田選手
IMGP9379.jpg
①F②F③166.18④161.59⑤F

北海サーフ 太田選手
IMGP9380.jpg
①F②181.52③188.11④184.63⑤176.95 三投平均184.75

はこだてサーフ 堀内選手
IMGP9381.jpg
①182.12②169.74③180.34④176.05⑤177.42 三投平均179.96

恵庭サーフ 井森選手
IMGP9382.jpg
①184.99②187.54③187.29④190.24⑤189.24 三投平均189.16

第4種目入賞者
IMG_9500.jpg
1位・中村選手 2位・太田選手 3位・井森選手 4位・藤村選手 5位・濱谷選手
6位・太田選手 7位・彭選手 

以上で大会終了です。
台湾より友好の印とも言うべき置物を頂きました。

P1020581.jpg
IMGP9392.jpg IMGP9393.jpg

大会終了後、全サー主催のクリーンアップ作戦の一環である会場のゴミ拾い後、
記念写真を撮りました。

P1020587.jpg

皆さん、遠いところ御苦労さまでした。
そして、「おーい、中村君」、代役御苦労さま!
明日はキャスティング王国北海道―番外編を載せたいと考えていますので、
どうぞお付き合いして下さい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月14日 (月) | 編集 |
「俺、取っちゃったもんね♪ 帽子は取れないけど・・・」
IMGP9389.jpg
(北海道弁で帽子を脱ぐことを取ると言う)
IMGP9390.jpg
「ふ~ぅ~ん・・・
クンクン、とてもイヤラシイ匂いがするわ、この人。
そんな事、犬のアタシにはどうでもいいけどね。
ちょっとアタシのエサ、帽子の中に隠しているでしょう? 
早くその中から出してよ!」


このブログの持ち主さんから御指名を受けた、
「お~い、中村君」です。
まずは御挨拶代わりに、アイドル犬チィーと絡んでみました。
三方が海に囲まれた立地条件の函館という地域に住んでいるタメ、
週末、暇が出来ると仲間と釣りに出掛けてます。
自己紹介はここまでいしておきます。

今大会は、総勢88名の選手が登録してまして、
俺もその中の一人です。
IMGP9246.jpg
この狭いコートの中で、一喜一憂する姿が見られます。
今回はどんなドラマが見られるでしょう、楽しみです。
では、開会式の様子をご覧ください。

IMGP9252.jpg IMGP9249.jpg
IMGP9251.jpg IMGP9247.jpg
IMGP9254.jpg IMGP9256.jpg
IMGP9262.jpg
IMGP9257.jpg

午前7時20分より競技の開催です。
IMGP9240.jpg IMGP9241.jpg
IMGP9242.jpg IMGP9243.jpg
IMGP9244.jpg IMGP9245.jpg

ST-A・B種目には25名(2名欠場)の選手が登録されてます。

ST-A種目
恵庭サーフ 岩腰選手
IMGP9270.jpg
①F②F③F

浮島サーフ 安藤選手
IMGP9271.jpg
①F②F③158.13④175.73⑤170.99 三投平均168.28

一般 藤田選手
IMGP9272.jpg
①F②F③F

一般 千葉選手
IMGP9273.jpg
①F②F③F

札幌サーフ 蒲原選手
IMGP9278.jpg
①F②166.02③143.13④164.27⑤163.31 三投平均164.53

札幌サーフ 金澤選手
IMGP9274.jpg
①F②F③186.11④171.22⑤186.17 三投平均181.17

北海サーフ 覚知選手
IMGP9275.jpg
①189.05②183.46③187.81④171.61⑤187.49 三投平均188.12

広島・呉サーフ 真鍋選手
IMGP9276.jpg
①185.20②181.60③175.17④165.53⑤181.05 三投平均182.62

札幌サーフ 谷脇選手
IMGP9277.jpg
①F②F③177.91④F

恵庭サーフ 遠藤選手
IMGP9279.jpg
①F②159.40③162.88④164.85⑤153.48 三投平均162.38

大分協会長・ダイナミックサーフ 井上選手
IMGP9281.jpg
①F②F③177.91④F

SC抜投会 竹村選手
IMGP9282.jpg
①195.86②F③194.18④F⑤193.29 三投平均194.44 最長飛距離195.86

北海サーフ 橋野選手
IMGP9283.jpg
①185.36②F③F④F

はこだてサーフ 池田選手
IMGP9284.jpg
①F②183.70③192.43④F⑤185.93 三投平均187.35

ST-A 入賞者
IMGP9394.jpg
1位・竹村選手 2位・覚知選手 3位・池田選手 4位・真鍋選手 5位・金澤選手

ST-B種目
はこだてサーフ 稲見選手
IMGP9285.jpg
①174.02②174.23③184.37④184.35⑤175.93 三投平均181.55 最長飛距離184.37

一般 森瀬選手
IMGP9286.jpg
①F②F③155.80④142.79⑤167.06 三投平均155.22

台湾 寥選手
IMGP9287.jpg
①155.73②168.45③161.09④158.20⑤F 三投平均162.58

青森・FC投人 細川選手
IMGP9288.jpg
①163.91②F③160.60④F⑤168.27 三投平均164.26

北海サーフ 古川選手
IMGP9289.jpg
①168.76②171.69③168.62④178.28⑤170.41 三投平均173.46

北海サーフ 谷藤選手
IMGP9290.jpg
①165.87②F③166.19④171.62⑤F 三投平均167.89

はこだてサーフ 古村選手
IMGP9291.jpg
①F②F③163.80

北海サーフ 中田選手
IMGP9292.jpg
①154.62②140.65③160.05④166.44⑤178.42 三投平均168.30

北海サーフ 服部選手
IMGP9293.jpg
①177.32②175.72③171.21④F⑤179.70 三投平均177.58

ST-B入賞者
IMG_9487.jpg
1位・稲見選手 2位・服部選手 3位・古川選手

今度は俺の大好きな女性種目だぜ!
だけど全員、旦那が居るってのが残念。

一般 池上選手
IMGP9314.jpg
①95.31②102.59③F④130.34 三投平均109.41

札幌サーフ 外崎選手
IMGP9315.jpg
①153.06②151.09③157.56④153.11⑤152.40 三投平均154.58

キャストフリークス 佐藤選手
IMGP9316.jpg
①F②F③127.70④111.40⑤F

キャストフリークス 正岡選手
IMG_1964.jpg
①160.99②147.15③155.78④170.50⑤166.98 三投平均166.16 最長飛距離170.50

女性種目入賞者
IMG_9489.jpg
1位・正岡選手 2位・外崎選手 3位・池上選手

また野郎共に戻るか・・・

第3種目
札幌サーフ 森山選手
IMGP9295.jpg
①154.95②158.78③154.81④154.05⑤158.09 三投平均157.27

はこだてサーフ 倉島選手
IMGP9296.jpg
①146.60②147.57③142.60③144.07⑤144.78 三投平均146.32

一般 今井選手
IMGP9297.jpg
①128.87②133.74③129.24④130.26⑤128.63 三投平均131.08

キャストフリークス 高原選手
IMGP9298.jpg
①149.04②153.02③150.82④155.81⑤155.80 三投平均154.88

一般 大畑選手
IMGP9299.jpg
①154.23②154.61③148.13④151.71⑤152.61 三投平均153.82

札幌サーフ 北海道協会長 菅原選手
IMGP9300.jpg
①152.74②F③152.76④163.02⑤162.18 三投平均159.32 最長飛距離163.02

第3種目入賞者
IMG_9495.jpg
1位・菅原選手 2位・森山選手 3位・高原選手

第5種目A(12名参加1名欠席)
恵庭サーフ 佐藤選手
IMGP9302.jpg
①F②F③191.77④F

九州・ダイナミックサーフ 馬場選手
IMGP9303.jpg
①F②185.03③196.53④194.92⑤F 三投平均192.16

キャストフリークス 佐藤選手
IMGP9304.jpg
①199.24②168.27③188.59④191.88⑤F 三投平均193.24

SC抜投会 田中選手
IMGP9305.jpg
①199.48②198.66③201.44④198.49⑤204.56 三投平均201.83

台湾 張選手
IMGP9306.jpg
①F②F③180.25④176.97⑤165.68 三投平均174.30

青森協会長・FC投人 田村選手
IMGP9307.jpg
①F②154.79③F④F

九州・ダイナミックサーフ 永松(紀)選手
IMGP9308.jpg
①202.48②201.41③201.64④198.17⑤F 三投平均201.84

九州・ダイナミックサーフ 堀田選手
IMGP9309.jpg
①193.12②186.06③173.98④189.26⑤172.96 三投平均189.48

青森・FC投人 須田選手
IMGP9310.jpg
①191.81②181.78③183.09④184.19⑤158.78 三投平均186.36

SC抜投会 鈴木選手
IMGP9311.jpg
①F②200.80③200.96④206.44⑤F 三投平均202.73

キャストフリークス 神田選手
IMGP9312.jpg
①204.49②205.81③203.17④207.18⑤201.85 三投平均205.83 最長飛距離207.18

第5種目A入賞者
IMG_9502.jpg
1位・神田選手 2位・鈴木選手 3位・永松選手

第5種目B
はこだてサーフ 服部 弘司選手
IMGP9313.jpg
①F②174.56③171.45④171.45⑤173.28 三投平均173.98 最長飛距離174.56

第5種目B入賞者
IMG_9503.jpg
1位・服部選手

第6種目(7名参加)
はこだてサーフ 柴田選手
IMGP9336.jpg
①185.88②197.55③188.11④F⑤202.35 三投平均196.00

キャストフリークス 寺地選手
IMGP9337.jpg
①214.35②206.61③199.80④201.53⑤210.35 三投平均210.44

台湾 余選手
IMGP9339.jpg
①181.61②F③186.53④F⑤F

札幌サーフ 長谷川選手
IMGP9342.jpg
①199.26②215.18③207.91④225.47⑤227.05 三投平均222.57 最長飛距離227.05

九州・ダイナミックサーフ 永松(美)選手
IMGP9357.jpg
IMGP9358.jpg
IMGP9359.jpg
IMGP9360.jpg
①211.31②217.54③211.50④223.09⑤220.09 三投平均220.24

キャストフリークス 永沼選手
IMGP9356.jpg
①216.43②218.50③216.50④221.29⑤216.37 三投平均218.76

管理者
IMGP9343.jpg
IMGP9344.jpg
IMGP9345.jpg
IMGP9346.jpg
IMGP9347.jpg
IMGP9349.jpg
IMGP9350.jpg
IMGP9351.jpg
①203.43②212.96③196.55④205.13⑤214.46 三投平均210.85

第6種目入賞者
IMG_9505.jpg
1位・長谷川選手 2位・永松選手 3位・永沼選手

明日は2種目・4種目を紹介させて貰います。
明日の司会者は・・・「おーい、中村君」に引き続きお願いしちゃおうかな~?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月13日 (日) | 編集 |
昨日からウチを開けていたので、さっきやっと後片付けが終わりました。
俺の結果ですか?
6種目7人中・・・ちょうど半分になる4位で終わってしまいました。
まぁー、こんなモン・・・だと自分でも納得していますが、
大反省する事ばかりです。
この反省がどこまで持つか?
俺の犬並の脳ミソに問うしかありません。
明日、仕事なので、いつもの様に成績だけ載せたいと考えてます。

IMGP9268.jpg

*キャストフリークスを省略させCFとさせて貰います

第2種目               三投平均(m) 最長飛距離(m)
1位 吉田 正勝 (札幌サーフ)    224.59     
2位 正岡 哲哉 (CF)          223.98      226.60
3位 小西 勝美 (CF)          221.69

第3種目
1位 菅原 隆  (札幌サーフ)     159.32      163.02
2位 森山 健  (札幌サーフ)     157.27
3位 高原 竜治 (CF)          154.88 

第4種目
1位 中村 和敏 (はこだてサーフ)   195.21       
2位 太田 孔万 (CF)           194.36      198.75
3位 井森 哲也 (恵庭サーフ)     189.16
4位 藤村 邦彦 (CF)           187.33 
5位 濱谷 薫  (札幌サーフ)      186.12
6位 太田 直之 (北海サーフ)     184.75
7位 彭  榮森 (台湾)          184.53

第5種目A
1位 神田 貴之 (CF)           205.83      207.18
2位 鈴木 利和 (SC抜投会)      202.83
3位 永松 紀征 (ダイナミックサーフ) 201.84
4位 田中 誠二 (SC抜投会)      201.83

第5種目B
1位 服部 弘司 (はこだてサーフ)   173.98      174.56

第6種目
1位 長谷川 栄治(札幌サーフ)     224.59      227.05
2位 永松 美智也(ダイナミックサーフ) 220.24      
3位 永沼 秀喜  (CF)          218.76

女性種目
1位 正岡 美由紀(CF)           166.16      170.50
2位 外崎 ゆきえ (札幌サーフ)     154.58
3位 池上 千昌  (一般)         109.41

ST―A
1位 竹村 潤   (SC抜投会)      194.44      195.86 
2位 覚知 誠二  (北海サーフ)     188.12
3位 池田 晴彦  (はこだてサーフ)   187.35
4位 真鍋 達也  (呉サーフ)       182.62

ST―B
1位 稲見 栄次  (はこだてサーフ)   181.55      184.37 
2位 服部 徳彦  (北海サーフ)     177.58
3位 古川 弘隆  (北海サーフ)     173.46
4位 田中 直   (北海サーフ)     168.30

明日は、
「お~い、中村君!」にバトンタッチして解説してもらう予定です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月12日 (土) | 編集 |
いよいよ明日、SC北海道選手権が苫小牧市柏原地区特設会場で開かれる。
今回も言わずとも、行き当たりばったりの挑戦です。
週末はなんせ遊ぶのに忙しいく、
SC竿を手にしたのもつい数日前とふざけた話をしています。

まだ俺の頭皮に髪の毛がフサフサしていた頃、
ST競技に参加してました。
あの頃は暇さえあれば、同じクラブ員と練習したり、
海に向かって一人で練習したりしていました。
そして誰もが陥るスランプになり、
焦れば焦るほど、段々深みにはまり、
俺の浅いSC歴ですが、初めて3F(失格)を経験しました。
後にも先にも3Fはコレだけですが、その時は相当落ち込みました。
その頃、ちょうど当時勤めていた会社の仕事が忙しく、
日曜日となれば子供の学校行事や、
学校関係の役員だったので会議と重なったりして、
とてもSC大会に出られる状況でも無く、
2~3時間で簡単にすまされる釣りにドンドンのめり込んで行きました。
この間、約2年くらいでしょうか。
その後、復帰し練習ナシで大会に出ると、
自分が思っていたより成績が良かったのもあり、
「行き当たりばったりでも何とかなるかも?」
と俺の犬並の脳ミソに刷り込みされ、
2年間で培った遊び癖は直らず現在に至ってます。

そしてあるトップ選手と言うより、海に近い地域性の関係だと思うのですが、
「考えたら投げられない。 普段の釣りが練習だと思っている。」
その言葉は俺を後押しし、
遠くに投げるタメの努力、同じポイントに仕掛けを投入する技術、
均一な振りが出来る事・する事など、どれもSC競技に欠かせないモノです。
俺も実釣で鍛える事にし、
おまけに魚まで海から恵んで貰ういう一石二鳥的な思考なので、
今更ジタバタしても始まりません。
と言うより、練習不足を実釣のせいにし、
ジタバタしたくても出来ないのかも知れません。

今回の北海道選手権には、
台湾選手8名、九州・ダイナミックサーフさんから5名、
広島・呉サーフさん・えのみやサーフさんから各1名ずつ、
青森協会長とFC投人さんから2名、
全日本サーフ連盟会長と連盟SC部長が、
「いずれ全国大会を開く予定地の視察。」
を兼ねて起こしになられます。
それでこれから顔合わせといいますか、
懇談会?親睦会に嫁共々参加させて貰います。

青森からフェリーに乗って函館入りする青森協会長とFC投人のSさんを
車に乗せた函館つるさんと途中で合流し、ホテルに向かいます。
俺達は少し早目にウチを出て、
室蘭にいる下娘に物資を届け、札幌の上娘のアパートに寄り、
彼女の日常生活に必要な物資の買い出しに行こうかと考えてます。

明日、俺のへっぴり腰で投げる姿を見たい人は、
下にGoogleマップを載せておきましたので、それを参考にして下さいね。
地図です

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月11日 (金) | 編集 |
昨日(10日)、羅臼特派員M君からメールが届きました。

☆ 半年ぶりの道東通信 ☆

20100610101721.jpg 今日の場所は網走某所 

「自分は、今年に入りすでに何度か釣行していましたが、
やっと満足の釣果です
クロ、マガ込みで24枚、最身長クロの40.5cm頭に、
マガ39㎝以下30㎝後半以上が全部で5枚と大満足の釣果でした。
これから道東の釣りも本格化しそうです。
羅臼方面は相変わらずコマイ大漁中です。」

嬉しいですね、
今年初の羅臼特派員のM君からの調査報告です。
こちらはカレイ狙いから根モノ狙いへ移行している時期で、
カレイが釣れても小型が多い中、
今、道東がカレイの最盛期を迎えるようです。
季節的にも過ごし易く、その中でカレイ狙いが出来るとは、 
実に羨ましい限りです。
カレイハンターの皆さん、コレからは道東が熱いですよ!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月10日 (木) | 編集 |
5日目
この日で沖縄ともオサラバです。
楽しかった5日間がアッと言う間に過ぎて行っちゃいました。

飛行機に乗るまでには時間があるので、
沖縄の歴史の一部をかいま見てきました。

IMGP9078.jpg
IMGP9081.jpg
IMGP9084.jpg IMGP9085.jpg

この蝶を見ていると、日本は本当に平和になったんだと感じます。

IMGP9087.jpg IMGP9089.jpg
IMGP9090.jpg IMGP9091.jpg
IMGP9092.jpg IMGP9102.jpg

名前が書き込まれている石碑の修復をしているそうです↑。 

IMGP9099.jpg
IMGP9100.jpg

↓この岬の先端の崖から、自らの意思で身を落としたそうです。

IMGP9097.jpg
IMGP9105.jpg IMGP9106.jpg
IMGP9107.jpg IMGP9109.jpg
IMGP9110.jpg

今も地中にはこの爆弾が埋まっており、
戦争への戒めなのではと感じます。

IMGP9104.jpg

その後、アウトレットあしなびって所に行ってきました。

IMGP9113.jpg IMGP9112.jpg

北海道にあるアウトレット店はどこも繁盛していますが、
観光客相手のお店のようで、人もまばらで活気がありません。

IMGP9114.jpg 

ホテル8:30発→ひめゆり・平和祈念公園・アウトレットあしなび→那覇空港14:10発→
羽田17:30→函館18:50着。

20100603185420.jpg
ただいま、北海道!

会社に着いたのが21:00を超えてました。
俺は函館組だったのでまだ良かったのですが、
千歳組でしたらもっと遅くなっていたと思います。
次の日はまともに仕事なんですが、
「明日、2時間遅れで出社!」
お殿様の有難いお言葉がありました。
もう一声、“休み”なんて言葉が聞けた日にゃ、
天にでも昇るような気持ちになりますが、
世の中そう甘くないということですね。

今度は肩の皮がむけてきちゃいました。

IMGP9177.jpg IMGP9180.jpg

写真に撮るのも恥ずかしい位、今、頭の皮がずるむけしちゃってるし、
やっと俺も大人になった証拠だと勝手に思ってます。

慰安旅行に付き合ってくださり、ありがとうございます。
なんせボケ防止のタメに始めたブログなので、
もしボケた時、これを見て思い出そうと考えてます。
その前に、ブログをやっていた事さえ忘れたら何もなりませんが・・・。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月09日 (水) | 編集 |
慰安旅行4日目、いよいよ石垣島とお別れを告げ、
沖縄本土に乗り込みます。

IMGP8930.jpg
IMGP8931.jpg IMGP8932.jpg

沖縄のちびっ子の間では有名なマブヤー。

IMGP8933.jpg

地域限定でTVで放送されているそうです。

IMGP8935.jpg

嫁に買って来てと頼まれた石垣島ぺんぎん食堂のラー油なんですが、
『1本だけでいい。 変な付属品がついていたなら要らない!』
と言うので、タダ見て来ただけで終わり。

石垣島8:50発 → 那覇9:45着の飛行機に乗り込み、
貸し切りバスに乗って美ら海水族館・東南植物楽園を巡りです。

IMGP8936.jpg

以前、一度訪れたので、今回はゆっくり見て回りました。

IMGP8937.jpg IMGP8938.jpg
IMGP8939.jpg IMGP8940.jpg
IMGP8941.jpg

IMGP8942.jpg IMGP8943.jpg
IMGP8944.jpg IMGP8945.jpg
IMGP8946.jpg IMGP8947.jpg
IMGP8948.jpg IMGP8949.jpg
IMGP8952.jpg

サンゴの館

IMGP8953.jpg IMGP8954.jpg

ここからが俺の楽しみにしていた水槽です。

IMGP8964.jpg
IMGP8965.jpg IMGP8966.jpg
IMGP8967.jpg IMGP8968.jpg
IMGP8969.jpg
IMGP8973.jpg

サメノ皮
IMGP8980.jpg

IMGP8986.jpg IMGP8987.jpg
IMGP8982.jpg
IMGP8993.jpg
IMGP8992.jpg IMGP8994.jpg
IMGP8995.jpg IMGP8998.jpg
IMGP9024.jpg IMGP9008.jpg

深海魚
IMGP9005.jpg IMGP9006.jpg

ダイオウイカ
IMGP9026.jpg

IMGP9031.jpg IMGP9033.jpg
IMGP9035.jpg IMGP9038.jpg
IMGP9060.jpg

ここから植物園です。
この自転車を借りて、植物園を一周しました。

IMGP9061.jpg 
IMGP9062.jpg
池のコイなんですが、エサを撒くとこのようにすぐに集まります。

IMGP9063.jpg IMGP9064.jpg
IMGP9065.jpg IMGP9066.jpg
IMGP9067.jpg
IMGP9070.jpg IMGP9071.jpg

今回泊まったホテルです。
ホテルはロワージルホテル那覇。
IMGP9076.jpg IMGP9074.jpg
ホテルの中にあったパイプオルガンがありました。
IMGP9073.jpg

窓から外を覗くと、釣りをしている人達が見えました。
何の魚を狙っているのでしょうか、
夜には琉球舞踊を見ながら大宴会の予定がなければ、俺も仲間に入りたかったです。
IMGP9077.jpg

宴会の後、夜の街に同僚と出掛け楽しんできました。
同じ日本でも、地域が違えば文化も違うと言う事を肌で感じ、
とても刺激的だったのが印象的でした。
楽しい慰安旅行ももう一日を残すだけとなりました。
お土産買わないと・・・嫁に怒られちゃうな。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月08日 (火) | 編集 |
慰安旅行3日目です。
この日の日程を、俺が一番楽しみにしていたのです。
オプションで石垣島観光ツアーと石垣島マリンスポーツに分かれます。
俺はマリンスポーツを選び、スキューバーダイビングを申込みしました。
シュノーケルだけの素潜りコースもあり、
前から一度はやってみたかったスキューバーダイビングで、
素潜りでは限界がある長時間の遊泳、魚達と戯れたかったのです。

IMGP8878.jpg

朝8:00にホテルを出て、車で20分かかる港に出掛けると、
沢山の船が待ち構えてました。

IMGP8879.jpg IMGP8880.jpg IMGP8881.jpg IMGP8882.jpg
IMGP8883.jpg

今回の参加した人のうち、60名程がこのマリンスポーツを選んでいました。
そこから船に乗って竹富島の沖合へLet's Go!

IMGP8927.jpg IMGP8926.jpg
IMGP8928.jpg

今回、俺がお世話になった船とインストラクターさん達

IMGP8923.jpg

インストラクターさんに写真の許可を得たら、
「俺達もお店のHPでブログやっているんだ。」
と教えてくれたので、ウチに帰ってから覗きに行っちゃいました。
NEWS石垣店 スタッフブログ

IMGP8884.jpg IMGP8886.jpg
IMGP8887.jpg IMGP8889.jpg
IMGP8888.jpg

海上保安庁の船、見回り御苦労さま!

IMGP8917.jpg

竹富島の星砂浜の沖合になります。

IMGP8892.jpg IMGP8893.jpg
IMGP8894.jpg IMGP8895.jpg
IMGP8897.jpg IMGP8898.jpg
IMGP8899.jpg IMGP8896.jpg
IMGP8914.jpg IMGP8915.jpg
IMGP8900.jpg IMGP8901.jpg
IMGP8902.jpg IMGP8913.jpg
 
最初にシュノケーケルだけで楽しみ、
その後で体験コースのスキューバーダイビングです。

IMGP8890.jpg IMGP8903.jpg
IMGP8907.jpg IMGP8908.jpg
IMGP8909.jpg IMGP8910.jpg
IMGP8912.jpg IMGP8911.jpg
IMGP8916.jpg

本当なら、安全のタメ、フローティングベストを着ないとダメなんですが、
海底まで潜りたかったので、インストラクターさんの目を盗んで脱ぎ、
潜ってしまいました。

P6010212.jpg
P6010213.jpg
 
ボンベを背負うのも初めてな事なので、
体験コースで船の周りで約4mくらいの海底を20分かけて、
ゆっくりとサンゴ礁やその周りに集まる魚と戯れてきました。
自分が水族館の中にいるような感覚に襲われ、
魚になったような気分です。

IMGP8918.jpg IMGP8920.jpg
IMGP8921.jpg IMGP8922.jpg

楽しい時間もアッと言う間に過ぎ、帰る時間となってしまいました。
海にいた時間は午前9時~午後3時半頃までおり、
お昼は船から出たそうめんとオニギリを頂きました。

IMGP8924.jpg

こんな防波堤を見ると、
「船頭、そこで降ろして。」
と叫んでしまいそうになってしまい、
つい上陸して竿を振りたくなる現象が起きてしまう・・・俺、病気かも。

IMGP8925.jpg

釣りをしている釣人がいます。
俺も混ざりたいなぁ~、どんな魚を狙っているのでしょう。

今回、沖合は風が強かったので、マンタのいる海域までは行けず、
マンタの泳ぐ姿を見る事が出来ませんでした。
ソレが唯一、残念です。

IMGP8929.jpg

そうこうしている間に、日が暮れて来てしまい、
今日も泳ぎ疲れたのでぐっすりと寝てしまいました。

遊んで来たツケがきてしまいました。
IMGP9116.jpg
IMGP9172.jpg
あ・・・あ・・・頭の皮がむけてきています。
IMGP9174.jpg
なので、優しく扱って下さい!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月07日 (月) | 編集 |
慰安旅行2日目です。
この日の日程は
「西表・由布・竹富3島周遊コース」
となっていました。
IMGP8798.jpg IMGP8799.jpg
IMGP8800.jpg IMGP8801.jpg
IMGP8802.jpg IMGP8804.jpg
IMGP8805.jpg
IMGP8806.jpg

まず、石垣島からフェリーに乗って10分位で竹富島に到着。
水牛車で竹富島の住居保護区を一周。

IMGP8808.jpg 

俺、近くの牧場で飼われているホルスタインとか
黒毛和牛とかはちょくちょく見かけるんですが、
初めて水牛をまじかで見、思わず、
「デッカー(大きい)」
と奇声を上げてました。

IMGP8809.jpg IMGP8810.jpg
IMGP8811.jpg IMGP8813.jpg
IMGP8814.jpg IMGP8815.jpg
IMGP8816.jpg IMGP8817.jpg
IMGP8818.jpg IMGP8819.jpg

水牛車に乗っていたら、馬ソリを思い出しました。
俺の生まれた場所は、なんせド田舎なので、
ばんば(ばんえい競走)の特訓や馬の運動不足解消のタメ、
冬道をソリを引いた馬が道路をかっ歩してました。
小学校の低学年の時、俺の家方面へいく馬ソリを見つけると、
無断でそのソリに乗りこんでました。
馬主も、
「コラー、またお前か!」
なんて呆れ顔で言われてたな~と、
バスの中で当時を懐かしんでいると、星砂浜に到着。

IMGP8823.jpg
IMGP8820.jpg IMGP8821.jpg
IMGP8822.jpg IMGP8824.jpg
IMGP8825.jpg IMGP8826.jpg
IMGP8827.jpg
IMGP8828.jpg IMGP8829 - コピー
Loverちゃん・・・若い時の気分になって、彼女の名前など書いてみました。

竹富島からまたフェリーに乗り込み、西表島へ。

IMGP8830.jpg IMGP8831.jpg
IMGP8833.jpg IMGP8834.jpg
IMGP8832.jpg
決して鼻の下なんて伸びてません・・・ただ喜んでいるだけです。

IMGP8835.jpg
IMGP8837.jpg
実家が漁師さんだったり釣りに興味がある男連中は、
「この船で漁に行くのか? 大丈夫なのか? お金掛っているな~。」
北海道ではあまり見ないタイプのこの船に興味津々でした。

ボート遊覧船に乗り込み、仲間川を上ってきました。
IMGP8838.jpg
IMGP8839.jpg IMGP8840.jpg
IMGP8841.jpg IMGP8842.jpg
IMGP8845.jpg
IMGP8843.jpg IMGP8846.jpg

川岸のマングローブの林を見て、サキシマスオノキを見学しに行ってきました。

IMGP8847.jpg IMGP8848.jpg
IMGP8849.jpg
IMGP8852.jpg

IMGP8853.jpg

川を下り、ボート乗り場からバスの乗って美原に到着。
そこからまた水牛車に乗って、由布島へ渡ります。
IMGP8856.jpg IMGP8854.jpg
IMGP8855.jpg IMGP8858.jpg
IMGP8857.jpg
水牛車に揺られる事、約15分くらいで由布島に到着。
IMGP8860.jpg
IMGP8859.jpg
IMGP8864.jpg
IMGP8862.jpg IMGP8861.jpg
ここでお昼ご飯を食べ、島を散策。
IMGP8863.jpg
IMGP8867.jpg IMGP8868.jpg

水牛車の荷台で揺られている最中、
『イリオモテヤマネコ捕まえて来て~ ウチで飼おうよ!』
と無謀な計画を俺に押し付けてくる嫁からのメールが入りました。

20100531143408.jpg

絶滅危惧IA類に登録され、
IUCNのレッドリストでは「絶滅寸前」となっている
イリオモテヤマネコを捕まえるのは絶対に無理な事なんです。
仕方がナイのでそれらしきモノの写真を送ると、
『本物がいい!』
とヌケヌケと言いやがります。

その後、また来た道を水牛車に揺られて戻りました。
水牛車の案内人が、サンシンを使い、沖縄の由来の歌を歌ってくれました。
IMGP8870.jpg
IMGP8876.jpg IMGP8873.jpg
IMGP8871.jpg IMGP8872.jpg
IMGP8877.jpg

西表島発14:30 → 石垣島15:30着のフェリーに乗り込み、
そのままホテルに直行でした。
この日も移動だけで疲れてしまい、さっさとベッドへ潜り込んでしまいました。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月06日 (日) | 編集 |
俺の所属するクラブの釣り大会が、釣り場はせたな町限定で、
昨夜午後7時~今日の午前10時まで開かれました。
この時期の狙いは、ソイ・アイナメなどの根モノなんですが、
今年は水温が低いので平モノも十分狙えます。

大会後、取引相手の会社のお手伝いのタメ、
お昼頃までにはそこに行かなければならないのと、
嫁も夕方から仕事が入っているので、
そういう状況では短時間勝負になります。
サクッと釣る予定が、なぜか長時間勝負となってしまいました。

まず最初に入った場所は、せたな町須築漁港の新港の先端です。
現地に着いてみると車数台ありますが、
俺の狙っていた釣座には誰も居ません。
背負子に二人分の荷物をくくり付け、岩場を歩き、
途中から備え付けのハシゴを上り、釣座を確保しました。

荷ほどきをし、タックルにリールをつけ、
仕掛けをつけようとした時に、
「あれ? この仕掛け・・・・やっちまったー。」
根モノ狙いで来ているのに、
カレイ仕掛けしか持参してなかった事に気がついたのです。
今更、根モノ仕掛けをウチに取りに帰るのも面倒くさかったので、
コレを代用する事にしましたが、普段鈍感な嫁も気がついて
『どうやってこの小さい針に、大きなエサつけれって言うの!
いつまで旅行ボケしている、このハゲが!』
と怒りますが、どうしようもありません。
ここで粘る事2時間、まったく生体反応が無く、
風が強くなりヘタレ夫婦は次の日の事を考え、
早々と釣座を移動する事にしました。

次に向かった場所は、せたなのフェリーターミナルです。

IMGP9127.jpg 

カレイ仕掛けしか持参してなかったので、
狙いをカレイと定め、大名釣りする事に決定。
IMGP9131.jpg
IMGP9132.jpg IMGP9130.jpg
 
夜の内は残っていたコマセを使い、ホッケ狙いをしたんですが、
どうやら俺達と遊んでくれるホッケは居ませんでした。
遊んでくれるのはウグイだけです。

朝、せたな漁港内にナマコを獲る漁師さんの磯舟が出現。
IMGP9129.jpg IMGP9128.jpg

投げている糸を引っ掛けられるんじゃないかヒヤヒヤしましたが、
どうやら向こう側も気に掛けてくれていたようで、
糸を避けてくれてました。
ありがとうございます。

釣りを終えた副会長が偵察に訪れ、
釣りの釣果を見せてくれました。
IMGP9135.jpg

彼は、
「カレイ、全部マガレイしか釣れなかった。」
と言います。
実は副会長が釣座を構えていた場所は、
俺達も目をつけていたのですが、先客がいたので諦めた場所でした。
この先客が副会長だと分かっていたら、横に入れて貰ったのに・・・残念!
今回、数ヵ所ピックアップしていたのですが、
どれもこれも全部先客がいて、泣く泣く諦めてしまいました。
どうやら出遅れたようで、釣座選びに失敗したようです。

その後、俺達も竿をたたみ、
審査会場に向かいました。
IMGP9143.jpg IMGP9136.jpg IMGP9138.jpg IMGP9143.jpg IMGP9137.jpg IMGP9139.jpg IMGP9140.jpg IMGP9141.jpg IMGP9144.jpg IMGP9145.jpg IMGP9146.jpg IMGP9147.jpg

俺の結果は、28㎝のマコガレイ、クロガシラカレイの2匹、
嫁の結果は、23㎝のクロガシラカレイ2匹
で終わってしまいました。

で、コレが今回優勝したクラブ員です。
IMGP9153.jpg
おめでとうございます!

彼は一切コマセを使うことなく、この釣果を出してきました。
本人に確認すると、
「俺、コマセって好きじゃないんだよね。
ホッケは貝の身、カレイは塩イソメで釣ったよ。」
と言います。
コマセを使って小さなクロガシラカレイしか釣れなかった俺、
コマセを使わず、これだけの釣果を出してきた彼、
この差は・・・やっぱり腕の差のようです。

審査を終え、取引相手の会社のお手伝いに向かいました。
IMGP9154.jpg IMGP9155.jpg IMGP9156.jpg IMGP9158.jpg IMGP9157.jpg

俺はここで少しだけ出店の手伝いをしてきました。
このつつじ祭りも今年で30周年を迎え、
来年からどうなるか未定だそうです。
今のご時世、
確かに企画・運営する人達も大変だと思われます。
地元の人達に愛され30年、
これだけ長く続いたのですから、来年もぜひやって欲しいですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月05日 (土) | 編集 |
Loverちゃんを求めて石垣島まで行って来ました。
なぜ石垣島と言いますと、
「金沢と沖縄のプランがあるがどちらがいい?」
親方様の提案なんです。
男連中は沖縄を押し、結局、慰安旅行は沖縄って事になりました。
以前勤めていた会社の社員旅行で沖縄を訪れ、
その時見た沖縄美ら海水族館のスケールの大きさに驚くばかりで、
アッと言う間に時間が過ぎてしまい、
ゆっくり見れなかったのが心残りだったんです。

ところが旅行のスケジュール表を見ると、
「石垣島&美ら海沖縄 5日間の旅」
と書かれ、飛行機の関係で函館組と千歳組に分かれていました。
沖縄よりもさらに南下、まさかの石垣島。
青い海と空、リゾートホテル、
梅雨の3つのキーワードが俺の脳裏を横切ります。
遊ぶところがあるのか?
雨だったらどうする?
もしLoverちゃんを見つけても、連れ込むところがあるのか?
要らぬ心配をしていました。

取引相手の会社を含めると、総勢100名近くになってました。
もしこれに全社員が参加したと仮定すると相当数の人数になりますが、
今回、パートのおばちゃん達の殆どは、
「これだけ休みがあるなら、普段出来ない家の事やりたい。
温度差で体調管理が出来ない。」
と主婦らしい発想をし、不参加が多かったですが、
それでもこれだけの人数で移動するので、
まるでゲルマン民族の大移動って感じです。

嫁も行きたいとわめいてましたが、その分の費用は個人負担になるのと、
長期間仕事が休めない状況、猫の世話、
せっかくの慰安旅行に嫁を連れていくのもアレなので、やんわり断ると、
『毎日、嫌がらせメール送ってやる!』
とあの様なメールが送らさって来たわけです。
俺に竿1本だけ持って行って、
『夜にでも、タマン狙ってこい!』
と言いますが、時間的にも無理な事や、
遊び疲れてバッタンキューのような気がします。

もう一つ、嫁が俺に持たせようとした物があります。
ガムテープなんです。
これでLoverちゃんの自由を奪って、
あんな事やこんな事をして遊ぶなら楽しいのですが、
『あんたさー、この頃、特に寝言ヒドイよ。
話すだけならいいけど、いきなり大声で奇声を発するの。
他の人に迷惑かけるからコレを口に貼って寝なさい!』
お前のイビキの方がもっとヒドイと思ったのですが、
ここでそれを口に出す事や反抗することでお小遣いが貰えなくなる心配をし、
ガムテープを元の場所にひっそり戻しておきました。

1日目
会社から貸し切りバスに乗って函館空港へ出向きました。

IMGP8773.jpg IMGP8774.jpg
IMGP8775.jpg IMGP8776 - コピー

函館発10:05 → 羽田12:35 → 那覇15:40 → 石垣島16:40 → ホテル17:30着
移動するだけで丸一日掛かってしまいました。
ホテルに到着後、クジ引きで決められた部屋に入り一段落。

IMGP8777.jpg IMGP8778.jpg
IMGP8779.jpg IMGP8780.jpg
IMGP8781.jpg IMGP8782.jpg

俺、実は飛行機大好き人間なんです。
あのGがかかる瞬間が特に好きで、ジャットコスターに乗った気分にさせられ、
ウキウキとしちゃいます。
 
IMGP8783.jpg IMGP8784.jpg
IMGP8785.jpg
IMGP8786.jpg IMGP8787.jpg
IMGP8788.jpg
IMGP8789.jpg IMGP8791.jpg
IMGP8792.jpg
 
今回は社長夫妻も参加しているのですが、
社員と混じって相部屋となっており、
密かに、俺の部屋でなくて良かった!とホッとしてましたが、
野郎達と相部屋となった時点で、
Loverちゃん捕獲作戦に暗雲が立ち込めしまいました。

IMGP8793.jpg IMGP8794.jpg
IMGP8795.jpg IMGP8796.jpg
 
ホテルはANAインターコンチネンタル石垣リゾート。
この日は移動だけで疲れたので食事の後、寝てしまいました。

続きは来週にでもアップします。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 


2010年06月04日 (金) | 編集 |
俺が好意にさせて貰っている釣好人見さんが、
5月29~30日に行われた兵庫協会・東西支部対抗戦に参加されたそうです。
その時に釣ったスズキの写真を送ってくれました。

スズキ

コメント欄より添付

【今日は東西支部大会でした。
土曜の夕方4時から竿だしが出来て、審査が日曜の12時から12時半。
と言う長帳場の大会なので、遠くまでいける人もいますが、
私はこの時期の狙い目、神戸港のスズキ釣りにしました。
審査対象魚は、キス、ベラ含む2匹長寸なので、
スズキが釣れたら有利なんです。
朝、7時頃に59.1のスズキをゲットしたので、
審査会場近くの海浜ベランダで、相方のベラを狙いに行き、
12.4のベラで、資格を得ました。
でも、私は中々運がない・・・入賞はしましたが、
私の次の賞が、(釣具屋さんの商品が2万円分)くらい入ってました。
残念・・・我がクラブのN君は
「僕、三脚壊したから欲しいんですよ」
と言っていたかと思うと、見事!ゲットです。
うらやましいなあ~・写真はメールで送っておきました。】

俺がLoverちゃん探しにやっきになっている時、
釣好人見さんはスズキと戯れて居たんですね。
片や、おっ!と思われるLoverちゃんに声を掛けようと思ったのですが、
そういう彼女には連れが必ず居り、一人もGet出来ずにいる中、
一方では、きっとスズキと言う名の女性をGetし、
奥様にバレるのを防ぐタメ、どこからかこのスズキを入手したと、
やっかみ度500%でイチャモンをつける事にしました。
だって、悔しいんだもん。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月03日 (木) | 編集 |
『もしもの場合は保険金さえ頂ければ、
他は全部差し上げるって伝えて~ヾ(=^▽^=)ノ』

朝からこんなお茶目なメールを送ってくる嫁です。
小憎たらしいたらありゃしない!

20100603061213.jpg
20100603061146.jpg
20100603061049.jpg

今朝は最低気温23度、最高気温26度とTVで言っていたので、
ホテルの窓から、
「ビキニのオネーチャンでも居ないか?」
と下のプールを覗いて見ましたが、誰も泳いでいません。

20100603061122.jpg
20100603061105.jpg

セオリー通りLoverちゃんを探すには、人の集まるところが一番です。

20100603104215.jpg
20100603102628.jpg
20100603102602.jpg
20100603102408.jpg
20100603095633.jpg
20100603095404.jpg
20100603091921.jpg
20100603094902.jpg
20100603094458.jpg
20100603092152.jpg

若いギャルを探すのには、アウトレットが一番の早道かも知れませんので、
年がいもなく覗いてきました。

20100603114743.jpg
20100603113244.jpg
20100603113055.jpg
20100603113148.jpg
20100603105023.jpg

Loverちゃん探しで小腹が空いたので、お昼はソバにしてみました。

20100603132024.jpg

悲しい事にLoverちゃん探しも、今日で最後です。
少しどころか思いっきり焦る俺なんですが、コレも運命、
あ~ぁ~と深いため息と共にラバーちゃんを諦め、
我が家のラバ(騾馬)の元に戻る事にしたのです。

20100603162644.jpg
20100603162935.jpg
20100603165504.jpg

もし、俺の居ない間にブログをチェックなどしていたら困るので、
お前はMule(ラバ)じゃなくて、
紅の豚に出てくるポルコ・ロッソのように、
『飛ばない豚は、ただの豚だ。』
と黙ってウチを飛び出す俺を、
マダム・ジーナのように密かに送り出してくれようなので、
その気遣いに感謝し、喜んで我が家に帰ります。
いいえ、帰させて貰いますので、
お願い、玄関の鍵だけは掛けないでおいて~ちょうだい!

あっ、飛行機の時間となってしまいました。
さあー、北海道に帰るっか!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月02日 (水) | 編集 |
『注意1)
会社をズル休みする時、あたしの身内使わないで!
会社から電話あった時、対処出来ず、とても困ります。
あっ、あたし、
あんたの身内バンバン使わせてもらいますから~ ((^┰^))ゞ
注意2)
もし間違って帰ってくる用事がある場合、
事前にアポ取って下さいね。
その方が、お互い都合がよろしいかと思われます m(._.)m
なお、その時は変な菌を持ち込まれても困りますので、
まず保健所に行って検査し、
その結果次第で決めたいと思っております (=´ー`)ノ 』

あれ? Loverちゃん探しの旅だったのに・・・
俺、本当にウチから出されてしまった?って勘が否めません。

F1020019.jpg

とりあえず朝ごはんを食べないと、
Loverちゃんを見つけてもお腹の虫がグゥ~となったら恥かしいです。

F1020020.jpg
F1020021.jpg

今日の最低気温24度、最高気温28度の予報のこの島には、
俺のLoverちゃんが居ないようなので、
次の島へ移動する決意を固めました。
その前にお土産屋さんでチラリとお買いもの。

F1020024.jpg
F1020023.jpg
F1020022.jpg

少し北上した島の最低気温21度、最高気温26度と予報が
TVで流れていました。
Loverちゃん探しには、
人の集まるところがうってつけだと勝手に思い出掛けちゃいました。

F1020042.jpg

おっ、若いオネーチャン発見・・・着いて行っちゃおう。

F1020047.jpg
F1020045.jpg
F1020044.jpg
F1020043.jpg
F1020046.jpg

ここにお目当てのビーナスちゃんが居そうなので、
ちょっと中を覗く事にしました。

F1020027.jpg
F1020028.jpg
F1020029.jpg
F1020030.jpg
F1020031.jpg
F1020032.jpg
F1020033.jpg
F1020034.jpg
F1020035.jpg
F1020036.jpg
F1020037.jpg
F1020038.jpg

コレにボ~ッと見とれてしまい、Loverちゃんを探すのを忘れてました。
あっ、お昼なのでバイキング方式のレストランへ直行。

F1020040.jpg
↑コレ、バイキングのほんの一部です。
う~ん、満腹!

F1020041.jpg

さて、次はどこに探しに行こうかな~?

今日、泊まるホテルです。
20100602224606.jpg
20100602224702.jpg
F1020050.jpg

いきなり夜の街に飛びます。
国際通りってところにギャルが集まるそうなので、行っちゃいました。

F1020065.jpg
F1020066.jpg
20100602215842.jpg
F1020053.jpg
F1020054.jpg
F1020055.jpg
F1020058.jpg

20100602224020.jpg
ホテルの近くのスーパーで入ってみると、
北海道では見ない食材に感動してしまい、思わず撮ってしまいました。
20100602223343.jpg
20100602223359.jpg

F1020056.jpg
笛を吹いている人、テレビに出ていました。
きっと地元では有名人のようです。
F1020057.jpg

F1020060.jpg
日本で人気の店だそうです。
F1020064.jpg
F1020063.jpg
F1020059.jpg

F1020061.jpg
暑い夜はコレに限ります!
マンゴーとカップが塩味なんです、美味しかった~ぁ~!
F1020062.jpg

ブログもアップしたので、コレからもう一度、
Loverちゃんを求めて、夜の街へと繰り出そうと思っています。
では、行ってきま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年06月01日 (火) | 編集 |
『 住所教えて、あんたの匂いつきパンツ送るわ。 
それと子供達の口座教えるから支払いお願いね(⌒^⌒)b 』

朝からこんなメール・・・まったくふざけた嫁です。

今日は天気が良さそうです。

20100601072234.jpg
20100601072037.jpg

今朝のTVの天気予報を見ると、最低気温23度・最高気温27度。
北海道では考えられない気温です。
俺の予想では、北海道なら最低気温は一桁台で、
この時期の最高温度は13~15度くらいではないでしょうか。
そして洗濯大好き女の嫁の事だから、
あちらこちら引っ剥がして、
洗濯竿に干しきれないだけ洗っているような気がします。
オット、嫁から逃れて南国の島までやって来たんですから、
ウチの話はコレ位にしておきます。

今日、これだけ天気が良ければ海・海岸に、
俺のLoverちゃん候補の一人や二人居てもおかしくナイ!と、
また勝手に決め付けて出掛ける事にしました。

ビーチに行くと、
「ビーナスに会いに行くけど、あんたも行くかい?」
怪しげな呼び込みをするヤバそうなおっちゃんに誘われ、
ついフラフラとついて行ってしまいました。

F1020001.jpg
F1020002.jpg
F1020005.jpg
F1020006.jpg

港から船に乗せられ、約20程船を走らせたところで、
「まずはこの辺をシュノーケリングで泳いで。」
と船からドカッとお尻をけっ飛ばされ、突き落とされちゃいました。

F1020003.jpg
F1020004.jpg

子供の頃から川で泳いでおり、その後は夏には海へと移行し、
子供が通っていた水泳教室で短期間ですが水泳を生徒に教えていたこともあり、
少しだけ泳ぐのは得意な方だと勝手に自負しています。
シュノーケリングにも飽きたところで、
「いつビーナスに会わせてくれるの?」
と詰め寄ると、
「ダイビングでもしましょう。」
ボンベを背負って20分位海の中で珊瑚やいろんな魚と戯れてきましたが、
ビーナスちゃんには会えません。

F1020010.jpg
F1020011.jpg
F1020012.jpg

半泣きで、
「俺のビーナスちゃん、いつ会えるの?」
と問うと、
「これから潮が込んで来るので、
もしかすると深場からひょっこり顔出すかもしれないかも。
それまで海で泳いでいて下さい。」
と言いやがります。

F1020013.jpg
F1020014.jpg
F1020015.jpg

朝の9時~午後の3時頃まで粘ったのですが、
結局、俺のビーナスちゃん(Loverちゃん)には会えませんでした。

F1020018.jpg

失意の元、ホテルの窓から夕陽に向かって
「Loverちゃ~ん、俺、ここで待っているよ、早く会いたいよ~!」
と叫ぶ俺・・・情けない!


そうそう、ちょっとばかり北海道を離れているうちに、
【ノッポ君、全日本サーフの、
ソイの日本記録を更新したーぁー♪】

と夕方、電話が入りました。
ウチに書類が送らさって来るので、帰ったら早速手続きをしないといけません。
あ~ぁ~、皆、楽しい釣りをしているんだぁー、
俺も早くLoverちゃんを釣らないと、男になれそうにありません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用