FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年10月07日 (木) | 編集 |
嫁が夕食後、簡単な浅漬けをするタメ、
テーブルの上にキュウリ数本出して置いたそうです。
ちょうど嫁が欠かさず見ているTVドラマが始まり、
すっかり浅漬けの事など忘れて見入ってしまったのか、
残業を終えて帰宅し、テーブルの横を通り過ぎようとしたら、
バリバリ・ポリポリと何かをかじる音が聞こえてきました。
その音を頼りにテーブルの下を覗くと、
猫が美味しそうにキュウリにかじりつき、
俺の顔を見ると取られまいと一丁前に威嚇してきました。
あー、憎たらしいたらありゃしない。

IMGP9875 - コピー - コピー

嫁に、
「おい、キュウリ喰われているぞー!」
と伝えると、
『あっ、いいの。 そのキュウリ、少ししなびていたから猫に上げたの。』
と言うではないですか。
嫁の話では、
最初のキッカケはサラダ用に切ったキュウリを悪戯で与えたら、
匂いをクンクンとかみながら、いきなりガバリと食いついてきたそうです。
調子に乗った嫁が、レタス、キャベツ、大根とやって見ると、
キュウリが一番反応が良く、
また、このバカ猫もキュウリに異常反応し、
遂には台所に置いてあったキュウリ1本をくわえて、
自分の寝どころへ運んで食べていたそうです。
で、それ以来、嫁も時々、
使い忘れた少ししなびたキュウリを与えるようになり、
現在に至っているようです。
『あっ、その猫、納豆も大好物なんだよね。
ヘルシー嗜好だから、あんたより長生きできるかも。』
と言いやがります。

どう考えても、人間の寿命と猫の寿命とは明らかに違いますが、
この猫なら長生きして、
いつかの日かシッポが二股になっているかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用