FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年10月17日 (日) | 編集 |
IMGP0025.jpg
IMGP0026.jpg
IMGP0027.jpg
IMGP0028.jpg
IMGP0030.jpg
IMGP0031.jpg

朝、具合の悪い俺の代わりに、
嫁が下娘を室蘭のアパートまで送り、
午後から雨の予報が出ていたので、
それまでには何とか帰って来たかったのか、
お昼には帰って来てました。

IMGP0032.jpg
IMGP0033.jpg
↑有珠山と昭和新山
IMGP0042.jpg
↑昭和新山
IMGP0034.jpg
↑↓伊達市内と凪ている内浦湾(噴火湾)
IMGP0035.jpg
IMGP0036.jpg

嫁が言うのは、
『まったくみんな高速道路の意味知っているのかしら?
だってね、制限速度80キロのところ、
ちょっきり80キロで走っている車が多いんだから。
そりゃ、パトカーに捕まりたくないのは皆同じだけど、
パトカーが停まっているところって決まっているんだから、
そこで速度落とすなら話しは分かるわよ。
なんで、きっちり制限速度なのよ、もう10キロアップで走ってよ!』
半分キレ掛かっていました。

IMGP0044.jpg
IMGP0045.jpg
IMGP0046.jpg
IMGP0047.jpg

その後、嫁は熱の下がった俺に、
『少し気分転換しない? 鵜泊漁港見に行こうよ。』
と誘われたので、ちゃっかりついて行っちゃいましたが、
厚着した割には一歩外に出ると潮風が身に沁み、
知り合いと二~三言葉会話しただけで、
すぐに車の中へ避難しちゃっいました。

IMGP0056.jpg
IMGP0057.jpg
IMGP0058.jpg
お昼すぎなのに、まだこんなに釣人がいました。

嫁は知り合いと話し、皆の釣りを眺めています。
今朝の段階で見ていただけで30匹以上のサケが釣れたそうで、
函館から来ていたMr,Kさんはメス2匹、
函館の床屋さんご夫婦が3匹、
大成区のミキサー車の運転手さんが2匹と小鯵50匹程、
そのお仲間も2匹のサケを釣ったと報告してくれました。
嫁も竿を出すように言われたそうですが、
夕方には仕事なので、ただ眺めてきただけで終わりです。

鵜泊漁港のサケも今週いっぱいで終わりを迎える気がします。
あくまで俺の予想と言うか、通年ではの話です。
後は瀬棚漁港にサケが戻ってくるのを待つだけなんです。
が・・・少しは戻って来ているようで、
大きな群れは見当たりません。
そんな瀬棚漁港でサケを狙うのは、
とても難しいモノがあるようです。
毎年、漁港からサケの稚魚を放しているのですが、
放流数が毎年減っており、
どれだけの数が帰って来るのかも見当がつきません。

IMGP0061.jpg
IMGP0059.jpg
時化るたび、川の河口ぐちが変わる太櫓川
IMGP0060.jpg


俺が掛かっている病院が今日、当番病院でした。
朝、熱を出し、その後、熱も出なかったのですが、
当番病院の受付時間が終わる午後3時頃、背中がゾクゾクし始めました。
午後7時頃、熱を計ると39.8度・・・ヤバイぞ、俺!
仕事から帰ってきた嫁が、
『だから言ったじゃない、
少しでも熱があがってくる気配を感じていたんだから、病院に行こうって。
なのにあんただったら、
注射が怖いから行きたくないなんて駄々こく(駄々をこねる)んだから。
ダメ元で電話してみなさい。』
電話をして訳を話すと、
「すぐに来て下さい。」
と言ってくれたので、嫁の運転する車で行ってきました。
とうに病院の検査技師もレントゲン技師も帰った後だったので、
詳しい検査は出来ませんでしたが、肺炎の疑いがあるとかで、
明日、再院し検査する事になりました。

その後、入院病棟の一室で点滴を受け、
若いピチピチのチレイなナースさんに座薬を刺して貰い、
ちょっと得した気分になっちゃいました。
出来れば嫁が側に居ないと最高だったんですが、
点滴してもらう内に寝てしまう可能性が高いので、
点滴が終わったコールを鳴らして貰うように頼んだのです。

1時間弱で点滴も終わり、俺も座薬のお陰でドップリ汗をかきました。
昼間寝ていたのと、点滴の最中、熟睡していたのが効いて、
今は寝ようと思うんですが、ちっとも眠たくないんです。
ちょっとでも身体の調子がいいと、寝るのが惜しい気がして、
ほんの少しだけブログを書く予定が、長々と書いてしまいました。
でも、明日の朝、一旦は会社に顔を出さないと行けないので、
コレから大親友となった布団に潜り込んで、
俺の身体を優しく包んでもらおうと思ってます。
では、おやすみなさい。

コメントをくれた方々様、
明日(18日)、病院へ行った後、
夜にでもゆっくりと返しますので、ごめんなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2010年10月17日 (日) | 編集 |
昨日、3日振りに仕事に出勤し、
自分が思っていたより身体が動き、残業をこなしてきました。
ところが、帰路の車の中で一気に緊張が解けたのか、
チレイな痴女に襲われるのなら大歓迎なんですが、
今までない程の寒気が全身を襲ってきました。
何とかウチに辿りつき、ソファーに倒れ込んでしまい、
あ~あ~またかって顔で、
『熱計ってみんしゃい。』
と嫁に勧められるまま熱を計りましたが、
体温計を見た途端、すごく後悔しちゃいました。
39.8度・・・嘘だろう・・・。
体温計を見た嫁が、
『体温計壊れているかも知れないから、もう一度はかってみんしゃい。』
再度計り直しましたが、
今度は39.9度・・・俺、逝っちゃうかも・・・。
嫁に頼んで病院から頂いた座薬を刺し、ドップリ汗を出すと、
少しは楽になりましたが、
軟な俺は、一晩中布団から出る事が出来ず、
そんなワケで昨夜はブログを断念しちゃいました。

今週、何日仕事しただろう?なんて指折り数えてみましたが、
もうろうとした頭では、それさえ分からず、
曜日感覚もズレています。
そんな頭では、
下娘を室蘭のアパートへ送る事も出来ません。
ウチから高速道路を使うと1時間半、
普通の国道を使うと約2時間、
往復3~4時間、車の運転はちょっと無理と判断し、
いつ何時、熱が上がるかと思えば気が気でなく、
今日、午後から仕事の嫁に頼んで行って貰う事にし、
俺は仲良く布団と親友になる事に決めました。

熱が下がると、寝ているのが勿体なく感じ、
今、メールのチェック、ブログなど書いています。
でも、
『こんなに長く高熱を出すのは、ただの風邪にしては変よ。』
と嫁が言うので、月曜日まで続くようでしたら、
ちょうど貰ってきた薬も切れるので、
もう一度病院へかかろうと思っています。
熱が下がらない事には、
楽しみにしているサケ釣りにも行けません。
それどころか、チレイなオネーチャンも釣ることも出来ません。
だから皆さん、俺の分を残しておいて下さいね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用