FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年11月13日 (土) | 編集 |
嫁が一人で船サケ釣りに出掛けた時、船頭から、
「そのフローティングベストだったら、
海に落ちた時、助ける側が大変なんだ。
もし機会があれば、自動膨張型の首につけるのにした方がいい。」
と勧められたそうです。
春先、内浦湾(噴火湾)の長万部町国縫の沖合で、
遊漁船がホタテのケタにぶつかり、船は沈没し、
釣り客が海に放り出された事故がありました。
ちょうどその近くで遊漁船を出していた船頭が、
仲間の船と一緒に釣り客を助け、つい最近、表彰を受け、
もちろん金一封も出たそうで、その時の写真を見せて貰ったそうです。

その時に経験した事で分かったそうですが、
助ける側として、防寒服は水を吸い込み重たくなり、
ウエダーも水が入り重たくなるそうで、
船に乗る時は合羽などの方がいいと言います。

IMGP7781.jpg

この手の↑フローティングベストは水に浮くのですが、
木地が水を吸って重くなるそうです。
防寒着+この手のフローティングベスト+体重が加わると、
相当重いと言います。
この時助けた人の中に体重100Kg程の方がいらしゃったそうで、
上記の物を身につけていたので、
大の腕っ節の強い男3人がかりで引き上げるのにやっとだったそうです。

IMGP7782.jpg

もう一人似たような体型の方がいらしゃったそうで、
そちらは合羽に首かけ方式の自動膨張型の
フローティングベストをつけていたそうです。
その方を引き揚げるのに男2人居れば十分だったそうです。

IMGP7783.jpg

以前どこかでも書きましたが、ベスト方式の救命胴衣よりも、
自動膨張型の方が、首から上がしっかり海に浮かぶので、
落ちた本人も海水を飲まずにすむそうです。
後、ウエストポーチ型の自動膨張型もありますが、
落ちた時、本人が意識を失っていると、
「体勢的にまずいモノがあるのではないか?」
と船頭は言ってたそうですが、
その辺あたりはメーカーさんも考えている事なので、
大丈夫なような気がしますが・・・。

嫁は船頭に、あまり泳ぎが得意でない事を告げ、
ウエダーに普通のフローテイングベストのいでたちなので、
『落ちる予定はないけど、もしもよ、海に落ちたら、
レディーファストって事で、誰よりも一番先にそこにあるクレーンで引き上げてね。』
とお願いしたそうです。
何でクレーンなんだ?と思ったのですが、
嫁の体型を考えると、手を叩いて納得してしまいましたが、
救出されず出来れば大人しくそのまま潮の流れに身を任せ、
どこかに流れて行くのも有りかと思うんです。
これ以上何か書くと、意地悪なオバタリアンに、
オイラの舌を切られちゃうかも知れないかも。

自分の身を守るフローティングベストですが、
色んな種類があり目移りしてしまいますが、
今度、嫁にも、
首かけ方式の自動膨張型フローティングを買う方向になりそうです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用