FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年01月18日 (火) | 編集 |
とある会社に顔を出したら、ちょうど鮭トバの加工品を作ってました。
俺、ヨダレを垂らしながらその作業を見ていたようで、
「トバのハネだけど食べるかい?」
「ぜひ頂きます。」
と言う事で、俺のおやつに貰ってきました。

IMGP0435.jpg

ところが仕事が忙しくて食べる暇が無く、
これで一杯と思いウチに持ち帰ってきたまでは良かったのですが、
その日は疲れて寝てしまったんです。
次の日、帰ってくると、
『あっ、お帰り。』
フッと見ると、何やら口の周りをテカテカと光っているんです。
側によると鮭トバの匂いまで漂ってきます。
・・・やられました、嫁の目の届く場所に置いていた俺の失態です。
あ~あ~、楽しみが一つ減っちゃった。

IMGP0443.jpg

違う会社に顔を出すと、こちらではホッケの開きを作ってました。
で、ココでもまたヨダレを・・・
「ハネだけど持って行くかい?」
「喜んで頂きます。」
と言う訳で、夕食の一品となりました。
普通、こういう開きを作る時は乾燥機に入れるのですが、
今回、室外で潮風にあてて干されたモノです。
どこのホッケか訊くと、白老沖で獲れたそうで、
この時期のホッケは浜値でも結構いい値段を言う筈です。
そんなホッケ、貧乏な我が家では買えないので、
有難く頂きました、御馳走様!

以前、カナガシラの飯寿司を買いに出掛けたのですが、
その時は売れ切れで入手出来ませんでした。

IMGP9469.jpg

日曜日、チラシを見た嫁が、
『あんた暇でしょ? 買って来て~。』
と催促するんです。
お店に行って店員に、
「カナガシラの飯寿司ある?」
と訊くと、俺の事覚えていたようで、
「試食します?」
もちろん試食させて貰いました。
魚の身はしっかりと締まっており、薄味で甘みがあるのですが、
ピリッと鷹の爪が効いて美味しかったです。

IMGP0440.jpg

カナガシラの色は赤なのですが、塩漬けされている内に色が変わり、
一瞬、何の魚かわかりませんでした。
半信半疑で食べている内に、
まだ薄らとカナガシラの色が残っているところがあり、
やっぱりカナガシラだと実感できます。

IMGP0438.jpg

これに満足した嫁が、
『今度はホッケの卵の飯寿司に挑戦しようよ。』
と俺に提案してきます。
まったく食べる事に関しては限りなく探究心の塊なので、
下戸の肴荒らし、この言葉がピッタリな嫁です。
だ・か・ら・太るんです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用