FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年01月21日 (金) | 編集 |
ある釣場で、俺と嫁の仕掛けはL型天秤にハリス30~40㎝の一本針、
10mくらい離れた場所に旅の釣人2人が胴突き仕掛けを使って、
カレイ狙いをしていました。
この釣場の背景は、少し海にせり出した岩場で、
海底50m~70mくらいはその岩場から続く根がありその先から砂地です。
俺達が入った場所は、この釣場でも一等地と言われている所で、
他の場所に比べると砂地が近く嫁でも届き、
夜は根モノ狙い、朝方カレイ狙いと決め、そこで釣りをしていました。

夜はそれなりに釣果が有ったのですが、肝心のカレイは釣れません。
ところが旅の釣人はダブル、トリプルとカレイを鈴なりに釣っています。
たった10mくらいしか離れていないのに・・・
俺達の竿には魚信さえありません。
悔しいので俺だけ胴突き仕掛けに取り変えて狙って見ると、
不思議な事にそれまで皆無だったカレイが掛かり、
常にトリプル状態で釣れ出したのです。
ですが、L型天秤一本針の嫁にはまったくカレイは付かず、
仕掛けに違和感を感じて釣れなかったのか?
飛距離の問題なのか?
と思い、嫁の飛距離に合わせて投げてみても、
俺だけウハウハだったんです。
「俺だけ、カレイが沖から岸寄りし始めたのにぶつかったのか?」
そんな意味不明な事を考えながら、遊動式天秤に換えて投げてみると、
コレもまったく反応がありません。
怒った嫁は、
『あんた、あたしに釣れない仕掛けよこしたでしょ?』
竿をタイガー・ジェット・シンのサーベルに見立て、
もう少しでリング外乱闘を起こしそうになり、
慌ててバッカンで頭を防御しました。

アレの原因を探るタメ、次の週、俺だけ同じ釣場に入って試してみると、
L型天秤、遊動式天秤、胴突き仕掛け、
どれにもカレイが掛かり、結局、原因は分かりませんでしたが、
ただ一つ言えることは、
カレイは嫁に釣られたくなかったようです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用