FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年01月28日 (金) | 編集 |
本州では当たり前のチヌなどのフカセ釣りも余り普及しないのは、
チヌやマダイ、グレといった狙える魚がいない事が一番ですが、
北海道の釣りでは必要性がないのが理由だと思います。

北海道のフカセ釣りで狙える魚は、
春秋の岸寄りしたホッケ、ソイ類、アメマス、サクラマス、鮭などですが、
フカセ釣りをしなくても投げ釣りや
ルアー・ジグ等のルアーフィッシングで十分狙えます。
どちらかと言えば獲るタメの釣り、
ホッケに関しては漁に近い釣りだと、個人的に思っています。

本州のフカセ釣りに一番近い釣りとなると、
ホッケの浮き釣りではないでしょうか。
ホッケを沖から岸に寄せるタメ、オキアミを配合餌と混ぜて撒き、
針にエビ(オキアミ)をつけて狙いますが、
大量に押し寄せたホッケの中から、大型ホッケだけ狙うのは至難の業です。
また、比較的足場の良い磯場や漁港の岸壁などからも出来、
老若男女、子供でも手軽に楽しみ、
その姿は季節の海岸の風物詩となっています。
どんな魚にも言えますが、ホッケの浮き釣りも潮周りに影響され、
どんなに餌を撒いても岸寄りしない時もあります。

この他に、函館の沖防波堤の一部では、
クロダイのフカセ釣りも行われています。
また、グレやチヌのフカセ釣りを経験している方々が、
磯場や岩場でホッケをターゲットにし、本格的なフカセ釣りで、
トーナメント方式を用いて楽しまれているようです。

俺自身、フカセ釣りの経験が殆ど無く、
犬並の脳ミソをネズミ並の脳ミソまで絞ってみましたが、
これくらいしか出て来ませんでした。
なので、フカセ釣りに関して間違って記憶している可能性もあるので、
その辺は、
「あのバカ、頭も薄いが知識も乏しいな~」
と笑って見て下されば幸いです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用