FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年03月08日 (火) | 編集 |
大きな声で言えませんが、俺も愛読書としている“北海道の釣り”、
北海道全土の釣場を覚えるには最高に良いバイブルですが、
記事もその時の旬の事が書かれていますが、前年度の記事が多く、
その時の釣果、個人の感想などが載せられ、
ネット時代の今となっては、すぐ知りたい情報と言うよりは、
これは単なる読みモノの要素が大きいと思っています。
毎回、自分勝手で申し訳ないのですが、
個人的にはあまり釣りの基礎となるバイブルになるとは思っていません。
俺のバイブルとしているモノは他にあって、
殆どが本州の釣りをメインに書かれていますが、
仕掛けは違うけど投げ釣りの根本的な基礎は同じだと思っています。

数あるバイブルの一つに昔の本ですが、御紹介します。
平成14年に辰巳出版社から出された
「堤防、磯、砂浜、投げのカレイ釣り」

IMGP0616.jpg
IMGP0642.jpg
IMGP0646.jpg
IMGP0651.jpg
若かりしあの頃のあの人達(スミマセン、身内ネタです)

この中には、全部とは言いませんが、
上記の質問の答えになる事が若干載っていました。

IMGP0618.jpg
IMGP0620.jpg
IMGP0648.jpg
IMGP0647.jpg

俺も少しでも気になるリールや竿や小物があれば、
釣具屋さんに必ず意見を求めます。
年に数回、各メーカーが釣具屋さんだけ集めて展示会が開催され、
その時に色んな事を教えて貰い知識が豊富です。
そういう展示会に参加されている釣具屋さんの店長さんと親しくなれば、
色んな事を気軽に訊く事が出来ますので、
ぜひ、皆さんもそういう釣具屋さんと親しくなる事をお勧めします。

どんな釣りでもそうですが、殆どの方が自ら色んな物を使い、
他の人が使っているのを盗み見したり、釣場で教えてもらったりして、
時にはそれが失敗でも、それをバネにして次のステップに登り、
試行錯誤して自分にとってベストだと思う物を使っています。
特に釣人は仕掛けについては、
青森の大間のマグロ漁師さんの独自の針結びのように、
他の人に秘密にする場合が多いと言われています。
俺もその内の一人で、釣友にこっそり教えてもらった仕掛けや、
「コレであの魚を釣ったんだ。」
と分けて頂いた仕掛けはブログに公表することはありません。

俺自身、どちらかと言えば考えなしで行動が先に走り、
あーでもない、こーでもないと悩みながら釣りをし、
「あっ、そうか! あの時の失敗はコレだったんだ。
だったらこうすればもっと良くなるはずだ?!
それにはあーしてこーして・・・。」
ズッーと後で理解が伴うタイプかも知れません。
理論も大切ですが、自ら進んで行動を起こして、
海と向き合って見るのも必要だと痛感しています。
時間もお金も掛かる事ですが、釣人に至福の一時を与えてくれ、
その日の天候や風や潮の流れなどで、
どんなモノを使ったらいいのか、色んなことを海が教えてくれ、
それが自分の経験となって後々役に立つと俺は思っています。
毎回、石橋を叩いて渡るのではなく、時には紆余曲折しながら、
夢枕獏さんの『毎日釣り日和』気分を味わうのも乙なものです。

終わり!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用