FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年03月09日 (水) | 編集 |
昔、鮭は自然孵化が当たり前でしたが、
鮭の漁獲高と消費力を考え人工孵化が発達しました。
そして川に鮭が遡上する事から河口規制が出来、
釣りの範囲が狭まってきました。
孵化事業が軌道に乗ると、
鮭の値段が下がると漁師さん達の生活出来ないと言う事や、
川に多くの鮭の遡上が見られたことから自然孵化を促すようになり、
場所によっては河口規制が外れたりして、
段々と鮭の稚魚を放すところも少なくなってきています。

船で鮭を狙っても、一昔は、
「鮭の一跳ね、その下には100匹いる。」
と言われており、その跳ね目掛けてルアーを投げると、
船中の全員が竿をしならせていたそうです。
今では単独でボイルする鮭、跳ねがあっても全員が一斉に竿をしならせる事はなく、
それこそ運があれば釣れるという感じになってきました。

鮭の船釣りにも色々とありまして、内浦湾(噴火湾)では、
鮭の遊漁船の9割程が漁師さんの所有する漁船を使用し、
仕事に使う道具やウインチなどが積まさっています。
また船に必需品である無線などのアンテナや、
手元を照らす明かり(ライトや電球)などがあり、
あまり長い竿を使用すると、振りかぶって投げる時、
それらにぶつかったりして破損させる恐れがあります。
また船は乗り合いが多いので、人混みのなか、
余り長い竿を使うと他の釣人に迷惑をかける事や、
ルアーや竿でケガを負わせる事がタダあるので、
短めの竿を使用する事が多いのです。
この時使用する竿は11フィートが最適とされ、
浮きは使わずルアーを直接ショックリーダーにつけて、
鮭の跳ね目掛けて投げます。

津軽海峡に面したところでは、
太平洋側の沖でする鮭の船釣りと同じように、
電動リールに胴突き仕掛けに何本も針をつけて海底近くまで下ろします。
竿を上下に揺さぶり鮭にアピールし、喰いつくのを待ち、
鮭が掛かると一気に電動リールで巻き捕ります。
また、オホーツクの一部では、釣場が浅瀬の岩場ってところもあり、
岩などにルアーや鮭が引っ掛からないように、
船から浮きルアーをつけて鮭を狙うようです。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用