FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年03月12日 (土) | 編集 |
今朝、嫁が仕事に行く道路で、
交通規制の検問があったそうです。

IMGP0653.jpg
IMGP0654.jpg

瀬棚区の町内の入り口で、一台一台止めて、
どこに行くのか確認を取っていましたが、
嫁も止められると思ってその検問場まで行くと、
顔パスで素通りさせて貰ったようです。

今朝8時半頃、嫁の携帯に大分協会長さんから、
「やっと繋がったー! 大丈夫ですか?」
安否を心配する電話を前日からかけて下さったそうですが、
不安そうな声で、今日になって連絡が取れたと言われたそうです。
有難いことです。
俺も同じ全サ―の青森協会長さんとFC投人さん達の安否が気になり、
津波直後から何度電話しても繋がらず、やっと今日連絡が取れました。
ヘマタイトさん始め、
「誰一人ケガもなく皆無事だ!」
と言う声を聴いて一安心しました。

せたな町の津波ですが、観測の結果かどうか分かりませんが、
「10~15cmくらいで済んだ。」
という情報が流れてきました。
その後、津波警報から津波注意報に変わり、今はそれも外れ、
せたな町に繋がる道も16時には全面通行となりました。
コレで一安心ですが、
せたな町は南西沖地震の津波の被害にあった土地だけあって、
「TVを見る度、あの忌まわしい事が思い出して、
ちょっとでも揺れると怖くて身動きできなくなちゃう。」
「やっと忘れかけたと思ったら、TVに映った津波を見たら、
夜、目をつぶると、目の前で津波で流された親戚の顔が浮かんで来て、
助けられなかった事が、悔しいやら情けないやら、
そうな気持ちがこみ上げて来て仕方がない。」
と言う方も居られ、心の傷は、
18年経った今でも癒される事はないという現実があります。
一刻も地震がおさまり、早い復旧を願うばかりです。
合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用