FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年03月16日 (水) | 編集 |
自分の意志に関係なく不自由を強いられ、
水・電気・食料の無い生活、家の無い生活、仕事の無い生活、
避難する時間もなく家族の安否も不明、生きているだけで精一杯、
色んな物事を我慢するしかない生活、
生活のライフスタイルを大きく揺るがす事態は、
経験した事がある人でないとその不安・心情は分かりません。
口では色々と励ましの言葉を並べて言えますが、
俺自身、何を云っても書いても失礼に値するような気がしてなりません。

以前、NZの地震の記事を載せた時、
1993年(平成5年)7月12日、同じ南西沖地震に遭われた方から、
「以前、人に南西沖地震の事を話たら『かわいそう』と言われました。
ものすごく腹が立って、『かわいそう』って何よ!とキレてしまった事があります。
そんな事を思ってなかったかも知れませんが、
なんだか、見下されてる様な、
他人事だから言える言葉の様な気がして、気持ちを抑えられませんでした。
俺だけかも知れませんが(泣)天災など、大変な経験をした人は、
『かわいそう』と言う言葉は、出て来ないと思います(怒)
あっすいません!愚痴っちゃいました(泣)」
コメントの一部を抜粋しましたが、切実な声が書かれてました。

南西沖地震で襲った津波は、奥尻島の島の西側の藻内地区では30m、
せたな町を含めた日本海側沿岸の町々に大きな爪後を残しました。
せたな町の北檜山区にある太櫓では、
俺が肉眼で確認できた場所で15~17m前後の波の跡があり、
その下にあった集落は原形を留めることなくコナゴナになっていました。
今、TVで規模が違いますがそんな状況と似た事が放映され、
画面を通して見ていますが、津波の後の何とも言えないすえた匂い、
散乱する家屋、陸に打ち揚げられた海産物や魚やペットなどの動物、
時間が経つにつれてソレが腐る匂いなど、
アレは生で見た・感じた人にしか分かりあえないモノがあります。
その後、日本全国、海外からも色々と支援され、
今の日本海沿岸の町々、奥尻島があります。
地元で普段は節約家と知られている方々でも、
「南西沖地震で受けた恩は返さなければ罰があたる。」
と言い、それならば俺は、無用な遠出などでガソリン放出を控え、
ささやかな募金などをし、自己主張をすることなく静かに行動することが、
日本人の奥ゆかしさ・美徳と思い、皆のタメになると勝手に考えてます。

こんな状況なので、TVを見る度、心が折れたようになり、
これから暫くはブログは日常的な話題が多いと思いますが、
当分の間、釣りの話題から離れる事にしたいと考えています。
今回の起きた震災の状況が有る程度落ち着くなり、
周りや自分の気持ちにゆとりが出るまで、
暫くの間、相も変わらず、自分勝手に釣りを自粛したいと思っています。
でも、時々、他の方の釣果や状況は載せるかも?!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用