FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年04月20日 (水) | 編集 |
今、店頭にはヤリイカが並んでいます。
新婚当初、この時期になると夜な夜な子作りよりも、
ヤリイカ漁に精を出してました。
それを何年も続けていましたが、ヤリイカの量も段々少なくなり、
ワーム釣り(今のロックフィシング)に移行しました。
そんなある春の夜、ヤリイカの最盛期がちょっと過ぎた時期、
俺達と●と大成方面にソイ釣りに出掛けた事がありました。
あっちこっちの漁港を見て歩き、
「ちょっと探ってみるか?」
と、まるで盛りのついた犬みたいに竿を振っておりました。

せたな町大成区にある長磯漁港の内防波堤の先端で、
俺と●と竿を振っていると、
『ねぇー、これってヤリイカだよね?』
嫁が近所迷惑も考えず大声で叫び、早くこっちに来い!と手招きをし、
身体を乗り出して覗きこんでいました。
「久しぶりの御馳走に有り付けるかも?」
と●と顔を見合わせると、
我先と足をもつれさせながら慌てて嫁の側に駆け寄りましたが、
後方からスーハースーハーと不気味な音が聞こえてきます。
一瞬、スターウォーズのダースベイダーを思い出し、
振り向くとジャバ・ザ・ハット化した●でした。

嫁の指さす方を覗き込むと、彼女に言うとおりヤリイカで、
海面をユラユラと上下に動き、その数は60~70パイくらいでしょうか。
まさかこんな所でヤリイカと遭遇するとは思ってもいなかったので、
イカの仕掛けを持っておらず、指を咥えて眺めていたら、
ジャバ・ザ・ハット化した●は、
ダースベイダーのようにスーハースーハー言いながら、
おもむろに自分の車のトランクを開け、
「仕方がねなー、千円な。」
と言って余っている仕掛けを、ポンと俺に放り投げてよこします。
ジャバ・ザ・ハットに対抗するように、
『じゃー、見つけた特権として、イッパイに付き、千円ね。』
とダース・モールのような嫁がやり返えしてました。

一時、ジャバ・ザ・ハットとダース・モールは休戦し、
目の前のヤリイカ釣りに夢中になり、俺が上手く釣れないと、
「相変わらず、不器っ調だなー。」
と呆れ顔で言いますが、俺は、
「全部取ったら、環境破壊だー。生態系を狂わしてはイケナイ。」
ヨーダようなコメントをさせていただきました。
食べるだけ分けてもらったので、ジャバ・ザ・ハットに仕掛けを返すと、
「後で、回収に行っからな。」
ニヤニヤしながら意地悪そうに笑い、それを見たダース・モール化した嫁は、
「じゃー、私も後で回収に伺うね。」
と、意地悪そうに言います。
こいつ等の頭の中は、千円を巡る仁義なき戦いが渦巻いているようです。

ウチに帰りヤリイカを捌く嫁は、俺に向って、
「ネェー、●って身体が大きい割りには、運動神経は抜群だよね。
あんた、もう少し動けるかと思ったけどねー。」
と、もの凄く残念そうに言います。
俺は心の中で、
ジャバ・ザ・ハット化した●と対抗できるダース・モール化した嫁に、
<お前が男だったらなぁ~。>
と、思いっきり毒ついた事は内緒です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用