FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年05月02日 (月) | 編集 |
今日の北海道は暴風波浪・大雨警報が出ており、
とても釣りにならない天気となっています。
日本の中では場所によっては釣りをしている人達がいる・・・羨ましい限りです。
この間、嫁が 寿喜丸さん の所に押し掛けた時、
渡船から降りてきたお客さんが、
「ここで(漁港内で)魚の下ごしらえをする。」
と言い出した時、船長は、
「ここでは魚を捌かないでくれ。
魚の内臓などはゴミだから、それを海に捨てるとなると、
家庭ごみを不法投棄するようなモノ。
だからどこの漁港だろうが、やってはイケナイ事なんだよ。」
とおしゃっていたそうです。
嫁の脳裏には一瞬にして過去に戻り、
『昔、漁師さん方が魚を料理して内臓を捨てていたような気がするけど、
言われて見て、この頃、そういう漁師さん見なくなったよね。』
ちょっとだけ疑問に思って船長に訊くと、
「保安庁が指導している。」
一息置いて、
「以前、ウチを利用してくれた客が釣ってきた魚を、
ウチに帰る前に捌いていたら、保安庁の職員に見られてしまい怒られてしまった。
それ以来、お客様が気分悪くしても、俺、注意を促している。」
続けて、
「ある地区の漁師が、獲ってきたツブの殻を海に投げたら(捨てる)、
保安庁の職員に怒られたそうだ。
噂では罰金うんむんとも言っていた。
せたな新港でも釣りに来ていた人が、やはり見つかり、
罰金うんむんという話も聞こえてきた。」
と教えてくれたそうです。

IMGP1125.jpg

渡船してくれている瀬棚漁港の東防波堤の話しとなり、
「お客様のマナーが凄く良くて助かる。
船で迎えに行くと、“ゴミ持ったか?”と仲間内で確かめてくれている。」
そしてこうも言っておられました、
「お客様が帰った後、時々だが、スコップやゴミ袋持参で沖防波堤に上るんだ。
ゴミは皆が気をつけてくれているから残ってナイが、
沖防波堤はトイレがナイから、我慢出来ないのも分かる。
そのままにしておけないから、俺が始末しているんだ。
せっかくいい釣場があるのに、そのままにしていたらとんでもない事が起きる。
起きてから騒いでも、どうにもならなくなってしまう。」
と危惧しており、縁の下の力持ちとして影で動いていてくれて、
そのお陰で釣人は心地よい釣場として竿が出せます。
船長には、本当に頭が下がります。
嫁は、
『他人に片付けさせるなんて、恥を知らない大人が多いのね。
つっぺでもして、鬼のように我慢すればいいのよ。
どうしても無理だったら、新聞紙を持参して、
その上で用を足して丸めて投げれいいのよ。』
と言います。

IMGP0967_20110502231136.jpg

本州の方の漁港などでは釣人のゴミ問題などで、
全面的に立入禁止になった事例が有ります。
今のところ、瀬棚の沖防波堤では事故もなく、
ゴミ問題もクリアーしており、船長の色々な影の努力に敬服し感銘するばかりです。

午後から、子供達を連れて函館まで買い物に行ってきました。
この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用