FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年05月16日 (月) | 編集 |
昨日の続き。

今回の釣場で皆のスタイルをボーッと見ていると、
上は防寒着でガッチリ着こんでいるのに、足元はフザケタ恰好をしていました。

IMGP1361.jpg
 
仲間内でクロガシラカレイを釣った奴らなんですが、スリッパ履きです。
俺も実は上はがっちり防寒着でしたが、足元はスリッパ。
マガレイを釣った常務も、防寒着の足元はスリッパ。
すごくナメた恰好で釣りをする俺達。
なぜ、同じスリッパ履きなのに、こんなに差が出るのでしょう?

腹が空けば戦も出来ぬって事で、ランチタイムです。
見て下さい、この見事な霜ふり牛肉。
お店に出ると一切れ数千円という値段のつくブツで、
ノッポ君があるルートから極秘で手に入れ、
それを惜しげもなく皆に振舞ってくれたのです。

IMGP1363.jpg

我が家は“質より量”が鉄則なので、こんな極上の肉、滅多に口に出来ません。
『口の中で噛まずとも、トロケルってこの事を言うのね。』
と感心する嫁。
この肉がメインだと思ったら、あくまで前菜であり、
メインは山吹色の袋に入ったホルモンなんです。
このホルモン、北海道で作られているのに、
北海道では手に入らないブツで、殆どが関西方面に出荷され、
これを食べた事があるのは関西方面の方々と言うブツだそうです。
過去に何度か食べさせて貰いましたが、
本当に美味しいブツで、コレがメインだと言われても納得できる一品です。

お腹が満たされた正午、ヒトデ駆除に向かった常務の竿に、
俺が目にした今年一番の大きさを誇るマガレイがついてました。

IMGP1365.jpg
42cmのマガレイ
IMGP1367_20110516230938.jpg

常務、おめでとうございます。

実はコレ、ヒトデ駆除している最中、
自分の他の竿の糸が絡まっていたのを解いていた時、
手で力糸を手繰り寄せていたらそれについていたというオマケ。
嫁よりも意地悪な目を持っている洋輔が、
「マガレイって手で釣るんだー。」
笑いながら冷やかしていた事を記載しておきます。

写真を撮り忘れたというより、撮ろうと思った時には、
もう内臓を抜いていたので撮れなかったけど、
洋輔にも48cmのクロガシラカレイが釣れました。
一緒に来ていた息子さんに、
“パパは凄いんだぞ―”
面目が保てた一瞬でもありました。

IMGP1369.jpg

皆も竿を仕舞い始めたので、俺も片付けていると、
Mixiのミクトモのダッピさんがわざわざ訪ねてきてくれました。
初めてお会いしたのですが、とても気さくな方で、
情報提供までして頂き、感謝しております。
後で嫁に、
『片付けながら話すなんて失礼な男ね。
何処で育て方間違ったのかしら? もう一度、再教育しなくちゃー!』
と言われる始末で、確かに言われても仕方がナイと思い、
ダッピさんゴメン! また懲りずに訪問して下さいね。
ありがとうございました。

その後、崎守埠頭で釣りをしていた永井さんがひょっこり現れ、
今日、一番大きなクロガシラカレイが釣れた場所を教えて、
その場を後にしました。
後で流れて来た話では、
「夕方、あの場所で永井さんが52㎝くらいのクロガシラカレイを釣ったよ。」
運のある人、魚に好かれている人には釣れるって事でしょうね。
ご本人様のコメントで分かりましたが、51.5cmだったそうです。
おめでとうございます。

IMGP1370_20110516231157.jpg

こうして俺の1年に1回の室蘭での釣りが終わりました。
そして、俺ってやっぱり・・・
魚に好かれていないって事がよ~く分かりました・・・トホホホ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用