FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年05月25日 (水) | 編集 |
このくだらないシリーズも長く続いておりますが、
最後までお付き合いしてください。

仲間と船カレイ釣りに行った時、
その内の1人が小突き竿を持っていました。
最初は何の感心も持っていなかったのですが、
釣果に歴然とした差を見せ付けられ、自分の腕が悪いとはまったく思わず、
<あの竿さえあれば俺にも絶対に釣れる!>
思い込みの激しい女性の様になってしまい、
その時から俄然小突き竿が欲しくて欲しくて、
気になって気になってたまらなくなりました。
竿の値段は、投げ竿に比べると1/10程度で済みますが、
それでも俺の小遣いで買うには大金です。
チビチビと貯めても、次から次へと欲しいモノが増えるばかりで、
肝心のお金はいつの事になるや検討もつきません。
そんなの待っていたら、俺は年をくって動けなくなっちゃうよー。
そうだ、アレしかない!
ここはいつもの手で、嫁にタカル計画、あっ、失敬、
オネダリ計画を実行しました。

ある日の夕食後、
「あのー、○○○ちゃん。・・・」
と言っただけで、嫁は何かを察し、
デザートのカレーまんを嬉しそうに食べていた顔が、一瞬にして無表情になり、
『あんた、また、何か欲しいんだね。 無理だからね! 絶対に無理!』
と、まだ何も言ってないうちから、にべもなくお断りしてきました。
それどころか、俺の視界から逃げるように無視をします。
<感づかれたかー>
この手は無理だともう判ってはいたが、他に良い手が見つからない。
俺の犬並の脳ミソではこれが限界か?!
いや、今までに少しは学習してきたはずだ?!
少しは進化して、チンパンジー並の脳ミソになっていてもおかしくない。
その脳ミソをフルに使ってと思ったが、
普段は1馬力しかないのに、急に32馬力まで動かすと知恵熱が出てきそうな予感。
ここは取り合えず、新聞でも見て気晴らしでもしようと思っていたら、
<これは使える!>
と思う広告が載っていたのです。

○月○日○時開店。90分食べ放題 ○○○バイキング
先着○○様 粗品贈呈

決行は○週の日曜日!
その日はこのお店の開店日で、
普段疎かにしている家族サービスも兼ねて、と企んだのです。

長文になりますので少しずづ書いていきたいと思っております。
嫁へのあくなき挑戦 NO、19‐2(回想)へつづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用