北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年07月31日 (日) | 編集 |
今日、北海道協会・SC夏季通信大会が、
道南の鹿部町にあるトヨタ所有の鹿部飛行場敷地内で、
全サー北海道協会所属の会員33名、一般9名、計42名で開催されました。
午前6時に参加者全員とはこだてサーフさん会員でお手伝い出来る方々が集まり、
準備に取り掛かり、午前7時に菅原協会長の開会宣言を合図に、
午前7時45分から競技が開始されました。

IMGP2755.jpg
IMGP2756_20110731185822.jpg
IMGP2758.jpg
IMGP2759.jpg
IMGP2760.jpg
IMGP2757_20110731185821.jpg

コレから本部に提出する書類とこまごまとした書類を製作しないとイケないので、
いつもの通り、今日は結果だけ載せたいと考えています。

*CF=キャストフリークスの略です

第2種目
1位 吉田 正勝 札幌サーフ 三投平均203.15m 最長記録203.62m
2位 高橋 且一 北海サーフ 三投平均195.80m
3位 神田 則真 CF      三投平均193.11m                                 

第3種目    
1位 桜庭 聖志 札幌サーフ 三投平均137.27m 最長記録139.17m

第4種目
1位 中村 和敏 はこだてサーフ 三投平均179.74m 最長記録181.95m
2位 太田 孔万 CF        三投平均177.10m
3位 井森 哲也 恵庭サーフ   三投平均174.87m 
4位 岩田 聖  一般      三投平均159.61m

5種目A
1位 田中 誠二 SC抜投会    三投平均200.46m 最長記録203.71m
2位 片岡 剛   CF        三投平均185.84m
3位 大西 勝夫 はこだてサーフ 三投平均168.76m

5種目B
1位 古村 昭広 はこだてサーフ  三投平均173.00m 最長記録173.67m
2位 服部 弘司 はこだてサーフ  三投平均163.93m

6種目
1位 竹村 潤   SC抜投会     三投平均215.71m 最長記録219.16m
2位 柴田 匡啓 はこだてサーフ  三投平均191.84m
3位 俺                  三投平均186.29m   

女性種目
1位 正岡 美由紀 CF       三投平均158.19m 最長記録164.27m
2位 佐藤 ひとみ CF       三投平均130.84m
3位 稲村 千里  はこだてサーフ 三投平均83.43m 

ST-A
1位  覚知 誠二  北海サーフ   三投平均178.70m 最長記録180.25m
2位  橋野 亮平  北海サーフ   三投平均173.45m
3位  佐藤 賢 恵庭サーフ      三投平均169.53m

ST-B
1位  谷藤 満   北海サーフ   三投平均159.70m 最長記録161.62m

今大会にて、東日本大震災義援金の募金箱を設置し、
皆さんから募金を頂きました。

P1030814.jpg 
P1030819.jpg
P1030796.jpg
P1030797.jpg
P1030799.jpg

ご協力ありがとうございました。
北海道協会の会計を通して本部へ送金させて貰いますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月30日 (土) | 編集 |
今週になってから早出出勤と残業を繰り返してきましたが、
今日は久しぶりに弁当残業を強いられちゃいました。

前にも書きましたが、残業にも色々ありまして、
PM17:00~PM19:00まで普通の残業、
PM19:00以降~PM20:00以内はパン残業、
PM20:00以降は弁当残業と決まっています。
「今日、弁当残業だからな!」
なんて言われると、思いっきり凹んでしまい、
「何時に終わるのか?」
自然とため息が出てしまいます。
今、会社ではホタテやカラフトマスが入荷し、その対応に追われています。
今日も朝から道東産のホタテが40トン強入り、
夕方にはカラフトマス10トンが道東からトラックでやって来ました。
コレから晩秋まで、こんな調子で仕事が流れて行きます。

明日は北海道協会・夏季SC通信大会が、
鹿部町・鹿部飛行場で開催されます。
泣いても笑っても、全サーの北海道協会のSC大会はコレで最後になります。

IMGP2753.jpg
IMGP2754.jpg

毎回の事なんですが、昨日、やっとリールに競技用の糸を巻き準備しましたが、
練習嫌いの俺は肩の調子と相談した結果、
「仕事で酷使しているんだから、練習すると痛くなるぞ~」
と肩が助言するので、ウチに居る時ぐらい、しっかりと休ませる事にしました。
今回、俺の所属するクラブとはこだてサーフさんが主催し、
事務関係は俺が一手に引き受けましたが、
最後の確認をコレからしないとイケません。
それが終了すると、明日の用意をし出掛けたいと考えています。
では、行ってきます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月29日 (金) | 編集 |
俺の話ではないのですが、知り合いがトラバーユしました。
北海道の土木関係の半分以上の会社は、今にも倒れそうな感じで、
やっとこ何とか自転車操業を繰り返しながらも、生き延びている様な感じがします。
もちろん中には地道に実績を積み、信頼関係を上手く掴み、
波の乗っている会社もあると思います。
土建業の最盛期時代の会社を知っている人達は、
「いつか盛り返すさ」
「今更他の会社に移れないし、その伝もナイ」
「この不景気な時に何処の会社が自分を拾ってくれる?
そんな上手い話なんて落ちていないさ」
などと言い、彼もその中の一人でした。

彼の務めていた会社は中堅よりも一回り小さくした感じの会社で、
社長一代で奮闘設立し、一時は、
「アレならあそこに頼むのが一番かも」
とある地域では言われていました。
このご時世、頼りにしていた信頼関係のある会社がバタバタと倒れ、
仕事がメッキリ減ったようです。
失業手当がつく期間の数ヶ月、その会社で働き、
失業手当の受給を受け、会社から呼び出しが掛かるまで、
バイト生活をして、呼び出しを受けて会社に勤めるという事を、
ここ数年繰り返しながら過ごして来たようです。
一昔は、
「失業手当なんて宛にしなくても仕事なんて幾らでもある。
今年は失業手当受けて数ヶ月間、身体を休めようと考えていたのに、
そのチャンスがなかった。」
なんて羨ましい話が飛び交っていました。
そんな時期を知っている彼なので、仕事がナイと分かっていても、
愛着と未練がある会社からなかなか離れる事が出来ずにおりました。

数日前、道端でバッタリ彼と出くわし、
「俺、今度、○○に行く事が正式に決まったんだ。
と言うより、もうその会社に勤めている。」
半分寂しそうな顔と安堵した顔が入り混じった顔で言い、
その経緯を話してくれました。
あまり身体が丈夫ではない奥さんが数年前からパート勤めし、
仕事のない時期、家計を助けてくれたそうですが、子供が高校に入学し、
「専門学校に行きたい!」
と夢を語り、これからの子供の進路を真剣に考えた時、
永い眠りから覚めた感覚に襲われ、フッと我に戻り生活を振りかえったとも言います。
現状は住宅ローンを払い、日常生活するだけで精いっぱいで、
親として何とかしてやりたいと考えた時に、やっと自分の未練から踏ん切りをつけ、
新しい会社に移ることを決意したそうです。
仕事の関係上、現場が地元から少しだけ遠いので、
会社が用意してくれた宿舎で寝泊まりしながら仕事をするようです。
そして、今の現場が終われば、次の現場となる本州に渡り、
復興事業に携わる事になりそうだとも言ってました。

俺、彼の気持ち、痛いほど分かります。
でも、家族を養うという義務感に押しつぶされながらも、
日々格闘しながら責務を果たすのが家長たる宿命。
皆が好きな仕事につけるかと言えばそうでもない場合が多く、
運良くやりがいを見つけられれば幸い、
そうでない場合は知らぬ間に自分で線を引いて、
どこかで自分の気持ちと折り合いをつけて働いていると思います。
きっと彼もそうだったと思われます。
タダ俺が言える事は、自分で決断した道、
身体と心に負担が掛からない程度に頑張れ!
としか言えないのが情けないのですが、
犬並の脳ミソではそれ以上の言葉も思いつきません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月28日 (木) | 編集 |
夕方から仕事の嫁、開き時間を見計り、
下娘と隣町まで買い物に行って来たそうです。

IMGP2721.jpg

このお店で俺が頼んだ物を買ってもらい、
下娘の要望で、あちらこちらの大型量販店で買い物をしたようです。

IMGP2722_20110729003504.jpg
IMGP2724_20110729003504.jpg

その帰り道、峠に差し掛かると、行く時には発生していなかったモヤが出ており、
対向車線の峠から降りてくる車はみな、ライトをつけて走ってきたと言います。
下娘は少しばかり変なの能力があるようで、
「こういう日はあまり峠走らない方がいいかも・・・」
と言い出し、モヤも掛かっていたのもあって、
ゆっくりと帰って来たと嫁は言ってましたが、
・・・娘よ、お前・・・何を見たんだろう?

IMGP2726_20110729003503.jpg
IMGP2728.jpg

峠を降りきって、後はウチに帰るだけなんですが、
「そう言えばさー、小中学校の行事でよく浮島公園に行ったけど、
今も変わらないのかな~?」
と言い出したので、見に寄って来たようです。

IMGP2735.jpg
IMGP2744.jpg
IMGP2743.jpg
IMGP2742.jpg

嫁は何気なく公園の沼を眺めていたそうですが、娘は、
「わぁ~、トカゲ? イモリ? ヤモリ?
分かんないけど20㎝くらいのヤツが居た~ぁ~」
「あそこ、蛇が泳いでいるよ。 マムシ? アレって青大将?」
次から次へと発見して嫁に教えていたそうです。

IMGP2736.jpg
IMGP2737.jpg
IMGP2738.jpg
IMGP2739.jpg
IMGP2741.jpg

嫁も久しぶりに蛇が泳ぐ姿に見とれており、
『捕まえるの忘れた~。 
あんたが寝静まった頃見計らって、枕元に置いておこうと思ったのに。
そしたら暑いなんて言わないんじゃないかしら?』
俺が蛇が大っ嫌いなのを知っていて、
まるでガキみたいな嫌がらせを企んでいたようです。
コレだから野生児は困ります・・・
まぁ、この蛇を焼いて食べると言わないだけでも有難いかも・・・トホホホ。

IMGP2745.jpg
IMGP2747.jpg
IMGP2748.jpg
IMGP2749.jpg
IMGP2750.jpg

夕方仕事に行った嫁ですが、いつもより帰宅する時間が遅く、
すごく疲れた顔をして帰って来ましたが、
その手には昨日、俺が飲みほしたコーラ数本持っていました。

HI3H0054.jpg

知り合いのレジの人にお伺いをたてて、写メを撮ったそうです。

HI3H0053.jpg

日本人のウィークポイントである“期間限定販売”に踊らされた嫁が、
『250mlの缶で120円出すなら、290mlの瓶で100円の方がお得じゃない。』
といい訳をしていると、下娘に、
「量販店に行けば500mlのペットボトルが98円で買えるよ。
結局、お母さんって物珍しい物好きってことじゃないの。
だからお父さんと結婚したんだね。」
すかさず突っ込んでましたが・・・なんだか最後の言葉が気になりましたが、
ここで俺がしゃしゃり出て突っ込むと、嫁の眉間のシワを見た時、
安易な発言は慎むべきだ・・・野生の感が身の危険を察知し、
我が身に大変な事が起きそうな予感がして止めておきました。

疲れた顔の嫁を見た俺と下娘は目で語りつつ、
「ラーメンが食べたいけど、
ウチで作ったら暑過ぎて大変だろうから食いに行くか?」
「あたしもラーメンが食べたい!」
最初から談合でもしたように言うと、助かったと言う顔をする嫁。

お目当てのラーメン屋さんは閉まっており、それならばとすぐ近くの飲食店に入り、
「俺、大ジョッキー!」
「あたしはサワ―」
誕生日が来て成人した下娘と食事を取りながら一杯ひっかけて来ちゃいました。
嬉しいですね、娘とこういう場で飲めるのって!

HI3H0055.jpg

で、一番ぶったれた顔をしていたのは嫁。
疲れているところに、腹いっぱい食べた後、
牛の様に帰りは寝て帰る予定だったのが、結局は運転手。
ブヒブヒと文句を言う嫁の言葉を子守り歌替わりに、俺、爆睡してしまい、
いつの間にか俺の携帯の壁紙がこんな写真に替わっており、
嫌がらせとしか思えません。
まぁ~、娘と飲めたので、アルコール一滴も飲めない嫁の嫌がらせも、
おしっこと一緒にトイレに流す事にします。
俺って太っ腹?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月27日 (水) | 編集 |
今日も蒸し暑い夜です。
そんな暑い夜の風呂上がりに、
ビールをシャワーのように浴びるように飲もうと思って冷蔵庫を開けると、
見た事がない瓶が入ってました。
嫁がいつも寄るコンビニで新しく棚に並んでいるのを見つけ、
早速購入したと思われるブツです。

IMGP2702_20110728004155.jpg
IMGP2703.jpg
IMGP2705_20110728004228.jpg

俺が小さい時にはコーラは瓶が当たり前で、
小学校の時には、欲しいモノがあると、
家にあった瓶をお店に持っていて換金し、それで買っていました。
当時、500mlの瓶は1本10円で、1Lの瓶が30円、
瓶が収められていたプラスチックの箱が
確か・・・200~300円くらいで引き取ってくれてました。
箱ごと自転車の荷台に乗せ、換金後、
それで川釣りに使うテングスや針を買い、そのまま川へ直行してました。
餌は田んぼのアゼなどにいる何かの虫の幼虫で、
我々子供達の中での呼び名は、
ネキリ、キャラメルコーン(黄色い幼虫)と勝手に呼んでいた幼虫でした。
今思うとアレはコガネムシの一種の幼虫だったのですが、
そんな事も知らずに、全部ネキリで通してました。
この瓶は回収されるのかは分かりませんが、
もし回収されるとしたら幾らになるのでしょう?

IMGP2714.jpg
IMGP2716_20110728004649.jpg

今は殆どがペットボトルや缶が多く、
久しぶりに瓶入りのコーラを飲みましたが、ギンギンに冷えていて、
「やっぱり瓶入り最高だよな~」
腰に手を当てて、温泉で飲む牛乳のように飲みほしてしまいました。
冷蔵庫にはこの1本しか入っておらず、
嫁が自分のタメに買って来ていたようなので、空き瓶を見た瞬間、
『何十本も中から、あたしを選んで~って訴えていたから、
思わず手に入れたのに・・・あんたって男は、
決して癒えることのない心の傷をあたしにつけたのよ。』
と大袈裟に言いやがり、
蒸し暑い夜が彼女の怒りの熱が加わり、あっという間に灼熱の熱帯夜に変身し、
オイラは自分の運命を呪いました。
ちきしょう、グレテやる~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月26日 (火) | 編集 |
俺がお世話になっているコメンターの釣好人見さんから、
7月24日の釣りの釣果を送ってくれました。
北海道は兵庫県程日差しは強くないのですが、
寒さに慣れているせいなのか、室内が25度を超えたあたりから、
暑苦しさを感じ、扇風機で涼を求めています。
現在の温度は約30度近くあり、今夜は寝苦しいと思われますが、
あっちこっちに転がりながら、猫のように涼しい場所を無意識に探し出し、
しっかり腹を出して体温調整して寝ている気がします。


「昨夜から(夜釣り大会)でしたが、連日の残業で行けなかったので、
朝の審査から参加して、その後いつものポイントで遊んで帰りました。
この時期、我が家のビール人気メニューは、
「ベラの南蛮漬け」です。

110724_1219~010002

淡路の玉ねぎスライスと輪切りの鷹の爪、
二杯酢に素揚げしたベラを漬けます。
2~3日後には、骨まで柔らかでおいしいです。

110724_1116~010001

こちらの夏の釣りには、ビーチパラソルが欠かせません。
北海道の涼しさが羨ましいです。」

俺が生のベラを見たのが、数年前に初めて行った松前小島。
「コレが噂に聞くベラなんだ~?!」
北海道にイナイとされている魚で、
「こんな熱帯魚のような魚食べれるのか?
きっと淡白な味なんだろうな~?」
と物珍しさに見とれていました。
今はゆっくりとした時間が取れないので、定年退職でもした時にでも、
本州で釣れる魚を狙いで飽きるほど釣ってみたい願望があります。
あ~ぁ~当分先の話・・・今夜イメージトレーニングでもして、
夢で魚釣りでもしようかな~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月25日 (月) | 編集 |
嫁がいつも寄るコンビニに、
旅のイカつけ船に乗っている海外の若者が買い物に来た事を書きましたが、
以前見た若者の他にも、
ジャニーズ系の日本語の達者な顔立ちの綺麗な青年も乗っているようで、
ちょっと奥様方の間で話題になりかけているそうです。
仕事を終えた嫁は、漁港近くの知り合いの家で井戸端会議を無事終了し、
皆して散歩に出掛けたそうです。
その時に、ジャニーズ系の若者を探したのかは分かりませんが、
イカ釣り船の写真を撮って来てくれました。

IMGP2666_20110725234743.jpg
IMGP2667_20110725234741.jpg
IMGP2669_20110725234737.jpg
IMGP2670_20110725234736.jpg

半分以上のイカつけ船は外海に出て行ったようで、
少ししか停泊していなかったそうです。

IMGP2665_20110725234746.jpg
IMGP2668_20110725234739.jpg
ちょうど出港するイカつけ船

今日、嫁の職場に嬉しい訪問者が尋ねてきたそうです。
ちょうど手が離せなかったので10分程待って貰い、上司に、
『札幌から知り合いが尋ねてきたので、数分時間を頂きたいんです。
以前、尋ねてくれたんですが、その時には会えなかった人で、
メモに「品の良い男の方が来ましたよ」と書いてあった人なんで。』
上司もその時尋ねてくれたお方を思い出したそうで、
「いいよ、行っておいで!」
快く了解してくれたそうです。
外の駐車場に行くと、お姫様を助手席に乗せ、
自分一人だけ外の風を受けている人がおられたそうです。
日頃、しもべ道を突き進んでいると自ら宣言する方ですが、
その実態はお殿様街道まっしぐらで、
お姫様を人一倍大切にしている人だ、勝手に俺は思っています。
そんな方から、
「コレ飲んで、自分のようにしもべ道に磨きをかけなさい。」
と俺に激励のプレゼントが有りました。

IMGP2676_20110726000111.jpg

この焼酎を手に入れるのに、娘さんの力もお借りしたとかで、
ご迷惑をお掛け致しました。
今夜の夕食のオカズではこの焼酎に会うツマミになるようなモノがなかったので、
明日から大切にチビチビと頂きますね!
ありがとうございます。

IMGP2672_20110726000110.jpg
IMGP2674_20110726000110.jpg

そして嫁にも大好きなお菓子を頂き、カウチにドッカリ座りTVを見ながら、
さっそくポリポリと食べていました。
ノリゾーさんご夫妻さん、ありがとうございます。

IMGP2677_20110726000254.jpg
IMGP2685.jpg

昨日、下娘から、
「お父さん、コレ着て仕事して私を養ってね。」
とTシャツのプレゼントが有りました。

IMGP2663_20110726000420.jpg
IMGP2664_20110726000419.jpg

嬉しい様な気がするやら少し重い様な感じがしますが、
笑いのツボが一緒なので、思わず笑ってしまいました。
娘の下心がミエミエですが、嬉しいですね。

今日は沢山の頂き物を頂き、我が家は幸せに包まれました。
本当にありがとうございます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月24日 (日) | 編集 |
早朝勤務から帰ってきた嫁を引き連れて、
夏休みに入った下娘を室蘭まで迎えに行って来ました。

IMGP2650.jpg
IMGP2651.jpg

行く時は時間短縮のタメ、高速道路を使いましたが、
車の揺れが子守り歌代わりになり、嫁は助手席でグッスリ寝入ってしまい、
娘のアパートまで起きることはなく、時々雑音とも言える高イビキ以外には、
とても静かっだったのが幸いしたのか、小中学校の夏休み初日の日曜日だと言うのに、
高速道路も混んでいなくてスイスイと行く事が出来ました。

IMGP2652.jpg
IMGP2653_20110725000001.jpg

無事アパートに着くと同時に目が覚めた嫁は、
車から転げ落ちるように、迷わずトイレに駆け込みホッと一息ついたようです。
よかった、助手席が濡れなくて!

IMGP2654_20110725000000.jpg
IMGP2655_20110724235959.jpg
IMGP2656_20110725000217.jpg
IMGP2657.jpg

アパートから下娘を車に乗せ、学校で使う参考書を買うために本屋に寄り、
お昼ご飯を食べて帰って来ました。

IMGP2658_20110725000215.jpg

久しぶりの帰省となる下娘、そのまま嫁の実家に泊まり込んで、
しばらく祖父母の元で羽を伸ばすようです。
それでも積極的に地元のホームなどに、同じ道を目指す同級生と訪問し、
ボランティア活動もするそうです。

話は変わって、夜、嫁の妹から、
「今日の全道赤胴大会で団体優勝しました。
なので、7月30日、16時にHTBで放送予定です。 みてね!」
とメールが来ました。
以前、一緒に釣りに行った甥っ子が剣道を習っていて、
「第60回北海道少年剣道錬成大会 兼 第53回「赤胴」少年剣道錬成大会
主催者 北海道新聞社、北海道剣道連盟
種目  団体戦170チーム、個人戦189人によるトーナメント戦
開催地 旭川大雪アリーナ」
に、地方予選を突破し、今回、この大会に駒を進めました。

北海道で剣道を行っている方なら分かると思いますが、
道内の小学生剣士が団体戦と「赤胴」着装の個人戦で全道一を競う大会です。
甥っ子ですが、元々剣道の素質があったようで、
習い始めてからアッと言う間にメキメキと力をつけ、
今迄にも何度か赤胴に出場しいいところまで行くも、
残念な事に後一歩二歩と言うところで敗戦していました。
今回、一回戦目から一度も対戦相手に負けることなく最後まで行く事が出来、
やっと本人の努力が開花したようです。
おめでとう!
勝利に酔いしれている暇もなく、明日には違う剣道大会の全国大会に出場するタメ、
東京に向かうそうです。
北海道と比べ暑さが違うので本人も切ないけれど、
それに付添する親も大変だと思いますが、
ぜひ、優勝とは言いません、心に残るような試合をして来て欲しいです。

因みに俺、高校時代、二番目の兄の影響で剣道部に席を置いてました。
今、甥っ子と真剣に剣道の試合をしたら、
身体の切れや運動神経など相当鈍っているので、
俺が面を取りに行くうちに、胴とコテを入れられて、
「おじちゃん、本当に剣道やっていたの?」
と言われて、コテンパンにやられる事でしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月23日 (土) | 編集 |
あー、寒かった!
先程、俺の地元のせたな漁港へ、数年振りにソイをイジメに行ってきました。
ここ数日、東風(やませ)が強く、夜になってもその風はやみません。
少しは風が落ち着いたように感じたので、
漁港にいくと相も変わらずに吹いています。

IMGP2645.jpg

車から一歩出ると、先程までちょうど良い湿度でたるみきっていた頭皮が、
一瞬にしてアラスカにでも行ったようにキュンと引き締まり、
帽子で防備しないと少ない毛が一気に抜けてしまう感じです。

IMGP2646.jpg

テトラ周りを攻めると、子ゾイが遊んでくれますが、
キープサイズまでには至りません。
ワームも今から十数年前に買った物ばかりですが、
保管が良かったのか、今も昔と変わらずに使えたらか不思議です。

嫁はフェリー乗り場から暗闇にワームを投げるも、
まったく反応がなく、変な物体が掛かっただけです。

IMGP2648_20110723235432.jpg

少し写真がボケていますが、イソギンチャクの仲間だそうで、
確か、以前、コメンターのノリゾーさんがこのイソギンチャクを釣り、
その時に、ハゴトコさんから教えてもらった様な気がしますが、
すっかりこの写真のように俺の頭もボケたようで、名前が出て来ません。

IMGP2649.jpg

釣った後、針から外す時、一瞬ですが緑色の蛍光色の明かりを放ったそうです。

その後、知り合いが釣りをしていたので、
そこで時間を潰して帰った来ました。
嫁はもう少し遊んでいたかったようですが、この東風の冷たさに心身冷え切ったので、
『熱い風呂に入りた~い。』
珍しくギブアップするくらい寒かったです。
今度はもう少し暖かい夜にでも、蚊と戦いながらソイと戯れたいと思っています。

そうそう、昨日紹介した毛ガニですが、
「今日、大大が入荷したよ。 
1パイの重さは600~800gで2400円。」
と教えてくれました。
大の甲羅の大きさは女の人の握りこぶし二つ分くらいあるのですが、
大大の甲羅の大きさは人間の赤ちゃんの顔の大きさに匹敵します。
そんな毛ガニ1パイ食べると腹いっぱいになるでしょうね、
やっぱり買いに行こうかな~?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月22日 (金) | 編集 |
今日、取引相手の会社に伺った時、
そこの会社直営のお店に顔を出して来ました。
俺の目的は、夏季SC通信大会の参加品を物色し、
大体の目星をつけて来ましたが、後は予算と睨めっこするだけです。

20110722102008.jpg
今が旬の毛ガニ

北海道の内浦湾(噴火湾)では毛ガニ漁が解禁となり、
ちょうど茹であがったばかりで、そのお店に毛ガニが並んでいました。
茹であがりのカニのよい匂いに釣られて、
俺の少ない小遣いで1ぱい買おうかどうか迷ったのですが、
あまりカニが得意でない、どちらかと言えば嫌いな分類に仕分けする嫁なのに、
自分一人で食べてたら、
『まぁー、嫌みたらしく食べるんだ~。
あんたなんてカニアレルギーになって苦しめばいいんだわ。』
ギロリと睨まれる事、間違いなしです。
ここの売店の店長さんですが、俺がブログをやっている事を知っているので、
「ブログに載せてもいいよ。」
と、快くOKを出してくれました。

ミノリ商事
このお店で売っています。

20110722101955.jpg
20110722101941.jpg
20110722101926.jpg

今回、超特売の値段となっており、
日曜日(24日)まで限定でこの値段で売られているそうです。
その前に完売すれば、それで終わりですけど。
俺も1ぱい手に持って見ましたが、他の店と比べると、
この値段でこの重さだったらもっと値段が高いと思われ、
太っ腹なのか、これでは赤字のような気がします。
消費者にとって、絶対にお得だと思います。


この間の日曜日、札幌に娘を送ってきてからコストコへ寄ってきたことを書きました。
お店の中を物色し、試食コーナーで牛肉をステーキにして食べさせていたので、
試食を食べた嫁が試食の肉が少しだったのが気にくわなかったのか、
『思いっきり分厚いステーキが食べたいわよね。
暫く牛肉はイラナイってくらい腹いっぱい食べようよ。』
提案して来たので、俺も賛同し、牛肉の塊を買って来ちゃいました。

IMGP2634_20110723000658.jpg
IMGP2635.jpg

じっくり弱火で中まで軽く火が通るまで焼いて食べたので、
暫くコレで牛肉はイラナイと言うのかと思ったら、
『ねぇねぇ、また今度、これより大きな塊買おうよ。』
と言いだしたのです。
・・・・・だからね、お前は太るんだよ・・・・・
決して口には出しませんが、そう実感した瞬間でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月21日 (木) | 編集 |
今、毎夜、奥尻沖~せたな沖の間で、
イカつけの船が旬のマイカ獲りで綺麗な漁火を放っています。
この船の中で地元の船と思われるのは極一部しかなく、
殆どがイカ専門に狙っている旅の船が大半です。

今朝、嫁が仕事場に行く前にコンビニに寄ったと言います。
白い長靴に作業ズボンと半そでのシャツ、頭にはねじりハチマキ、
露出している肌は潮焼けして黒く焼け、
その方々から鳥羽一郎の兄弟船が
バックミュージックとして流れてきそうな雰囲気でだったそうです。
その中でも一際黒く潮焼けした若いオニーチャンがいたそうで、
買い物カゴいっぱいに菓子類を山盛りに入れ、レジに並んでいたと言います。
嫁はその若いオニーチャンの後ろに並び、
順番が回ってくるまで人間観測を始めたようです。
顔を見た時、
『あれ? 日本人? 
でも、今どきの若者の中にもこんな感じの子いるよな?
う~ん・・・・?????』
疑問に思いながら、その青年を眺めていたようです。
彼の順が来て会計をしている最中、
「マルボロ ワンカートン プリーズ」
と注文をした時に発した英語が悠長で、初めて日本人でナイ事が分かったと言います。

その後、知り合いのレジの方と話したそうですが、
「今、イカつけの船が入港しているから、その船に乗っている人達だよ。
数日おきに買い物に来てくれるよ。」
と教えてくれ、先程の若いオニーチャンの話題になり、
「東南アジア系の顔だよね?! 
口を開かなかったら日本人の若者にも見えるよね。」
オバタリアン二人の眼力で
潮焼けかな~?って思っていた肌は、地肌だと判明し、
オバタリアン二人に、知り合いのオバタリアンが1人加わり、
「そうよね、今どきの若者は嫌がって乗らない子が多いでしょう。
海外からの出稼ぎって言っても、船に乗るなんて偉いわよね~。」
ちょっとした井戸端会議を数分間開かれたようです。

知り合いの方々の話では、船の乗り組員も高齢化してきており、
外貨稼ぎのタメ、働き手は海外の若者が多くなったそうです。
そんなイカ釣り船の一部が、このせたな町を訪れているようです。

ここ数日、俺はこの間買ってきた小物で仕掛け作りに励んでいます。

IMGP2637_20110722004704.jpg
IMGP2638_20110722004703.jpg
IMGP2639.jpg
IMGP2640_20110722004701.jpg

コレで魚が掛った時の事を想像している時って、一番至福な時かも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月20日 (水) | 編集 |
俺のコメンターでキス釣りの教授でもあるW氏から、
今回も函館からバイクに跨ってキス釣りに出掛け、
羨ましい釣果のメールが届きました。

「こんばんは^^
青森まで調査に行ってきました、
ちゅうーか盛期なので単に遊びにいってきました。
足は愛車のフォルツァです^^。

こんな感じで - コピー

まずは、調査?目的のため、新規場所に入りました。
なかなかのシュチュエーションで期待大でしたが・・・ピン???のみ・・・

さより
さより

あっさりあきらめて、実績の出来島へ。
「ココ、道が泥んこで、愛車が汚れてやなんだよなー」、
とかいいながら、背に腹は替えられず、
そそくさと支度してチョイと120mくらい投げると、沖で小型の当たり・・・
とりあえず、様子見にそろそろ巻いてくると、
1色付近でどががががーんと、あせるあせる^^;

出来島
出来島

巻き上げると20センチ超のぼってりしたキスさんが、2匹、
一番下針はスカでどうやらの沖で
掛った小ギス君はカケアガリでこの方たちに吹っ飛ばされたようです^^;

出来島漁港
出来島漁港

もっかい方向替えて同じように投げると、またまた沖で中くらいの当たり。
1~2色まで引いてくるとまたもや、ドガドガばたばた、おわおわ、ひくひく^^と、
ちょこっと待ったのが運のつき、
メタボ3匹に仕掛ぐっちゃぐちゃにされてしまいました^^;
「こりゃあ、沖に投げてもしょーないなぁ~」
と、3色投げてさびくと、もうひんどいことになってしまって、
多点仕掛はメタボキス連中のせいでことごとくお祭り状態、
やむなく5点に針数落として、さらに近年使ったことのない8号の大針仕掛
(これ、青森湾内用の太仕掛だったんですけど・・)で対応しましたが、
もうパラダイズなんだか地獄なんだかわからないくらい、
延々とドカドカばたばた、20センチ前後主体に釣れ続き、
午前10時には24リットルクーラー定量でございます^^;・・・。
3キロは超えてる・・・

連で
5連

いやー、まいったなー17時までやる予定でフェリーの予約も取ってるのに、
もう終わり?
餌もほとんど使い切ったし、なによりクーラーもう入らんし・・・
「午後の楽しみをどうしてくれるー?」
とか文句をいいながら、
鰺ヶ沢、七里長浜なとをツーリングしながら帰ってきました^^。

鰺ヶ沢
鰺ヶ沢

今年は若干遅れてましたが、今が盛期ですねー。
ひろしさんごめんなさい、あなたの釣る魚もう、残ってないですwww 
ちゅうのは冗談ですが、これからだんだん型が小さくなって、
9月ころからまた、型が回復してくるんですけど、
なんで例年、うちは8月に遠征してんのかな?
まあ、型が小さくなる分、そこそこな数は釣れる確率が上がるんですけどね・・・。」


それにしても短時間でクーラー満杯とは羨まし過ぎます。
今まで例年の行事化しつつある函館の釣り仲間のキス釣りですが、
8月は狙うターゲットが少ない北海道、
フェリーを使うのなら台風の少ない時期をめがけ、
それなら海の向こうで釣れるキスを狙おうという魂胆だとお聞きしました。
9月になれば鮭が狙えるターゲットとなり、
竿1本持ってあちらこちらと飛び回って忙しい時期となってきます。
季節ごとに狙うターゲットがあり、そちらに目が行き、
色んな魚を釣りたい、食べたいという欲求が先行しています。
要は、あっちの子、こっちの子を追いかけるように、
気が多いと言う事なんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月19日 (火) | 編集 |
IMGP2607.jpg

以前購入したキムチが無性に食べたくて、キムチ親爺さんの店の前を訪れました。
日本人向けの食材やお酒が置いてあります。

IMGP2616.jpg
IMGP2620.jpg

久しぶりに会ったキムチ親爺さん、以前とどこか違っていると思いや、
チレイなオネーチャンにオイタをしてグーで殴られたのか、
口元が・・・あ~恐ろしや。
気になる方はこのお店を探し出し、商品を購入しながら、
さりげなく、ぜひその真相を本人に尋ねてみてください。

IMGP2621.jpg
IMGP2622_20110719211043.jpg

一瞬、嫁の手が伸びたのですが、
あまり辛いモノが不得意な分野なので、ただ眺めて終わりです。

IMGP2617_20110719211152.jpg

壁にはキムチ親爺さんのブログで発信しているメニューのレシピが貼らさっています。
韓国料理に使う食材なのに、俺の目は違う方向へ向かってました。

IMGP2618_20110719211301.jpg

このイワシエキス、撒き餌に混ぜたり魚の切り身に漬けこんで・・・
なんて思っていると、嫁も同じ事を考えていたようでキムチ親爺さんに尋ねていると、
彼も同じ事を考えていたようです。
なんと罰当たりな3人、韓国料理に失礼ではないでしょうか。
配達の用意をしている最中に訪れたのですが、
釣りの話で盛り上がってしまい、すっかり邪魔をしてしまいました。

IMGP2619_20110719211343.jpg

嫁が意地悪そうに、
『ねぇ、あの棒って、後ろのフードプロセッサーを使う時、
食材を混ぜ合わせる時に使っているの?』
ヤバイって顔をしたキムチ親爺さん・・・
「そっ、そ、そうなんです。 アレで混ぜ混ぜしているんです。 
決して、仕事帰りにソイなんて狙っていませんよ。」
と必死に隠してましたが、バレバレですよ。

IMGP2631.jpg

お目当てのキムチを買い、お店を後にしました。
帰り際、本社の社長に報告されたら困るので、
「コレ、食べて下さい。」
と先程の口止め料として日本人向けのトッポギ数袋頂きました。

IMGP2632.jpg

このトッポギが俺を幸福へと導いてくれたのです。

IMGP2627.jpg

今回、我が家の車のダイナモ探しをしてくれた
“おーい、中村君”にダイナモの代金を支払うべく彼の家に行きました。
ちょうど、川釣りから帰って来たばかりだそうで、
「今年は異常に熊が多いよ。 今回も熊の匂いがプンプンしていた。」
と言ってました。

IMGP2625 - コピー

ここで嫁が、
『コレ、貰いモンだけど食べる?』
トッポギの袋を渡し、律儀な彼は悪いと思ったのか、
「コレ、俺、使わないから使って~」
と頂きました。

IMGP2624_20110719211847.jpg

今、自分達の仲間少数の中で流行っている仕掛けだそうで、
袋を開いて仕掛け談義中。

IMGP2626.jpg

帰り際、嫁に見つからないようにニヤケタ顔で、
「コレを食べると、○○が○○で○○になり○○なんだ。
俺なんてこのお陰で○○なんだよ。 
でな、ホレ、コレが証拠に○○が○○なんだ。」
怪しげなブツを見た時、思わず俺もニヤケてしまいました。

IMGP2628_20110719212018.jpg

嫁は怪しげな笑みをした野郎二人に対して、キモイと顔をしかめながら、
『まったく何考えているんだか。
そんなモノ欲しそうな顔をしていると、女の人も寄りつかないわよ。』
もの凄く近い真実ですが、あくまで嫁の憶測なので、
本当の真実は闇の中って事にしておきます。

用事も済んだ事ですし、後は帰るだけです。
バイキングで食事をしようと思ったのですが、
二人きりだと楽しくないという判断の基、
時々お世話になっているお店に寄りました。

IMGP2630_20110719212115.jpg

何よりも並ばなくていいし、自分の好きなモノだけをチョイスし、
後はお金を払うだけなので、結構気に入っています。
ちょうど俺達が物色していると、
「すみません、小ライスくらいのご飯しか残って無く、
今ご飯が炊きあがって蒸している最中なんです。
後5分程でご飯が蒸せますのでお待ち頂けるでしょうか?」
と言われ、どうしようか?と一瞬悩みましたが、
炊き立てのご飯が頂けるのならと思い直して待つ事にしました。
嫁は残りの小ライスを頂いたのですが、いざ茶碗に盛ってみると、
小さい茶碗に山盛りで、向こうの判断で大ライスの茶碗に移し替え、
それでも少しだけ山盛りなのに、
小ライスの値段で頂くというラッキーな事がありました。
そして俺も大ライスを注文したのですが、少しだけ待たせたという負い目があったのか、
ちょこっとだけ盛りがよくラッキーでした。
後は夏の交通安全期間なのでゆっくりとウチに帰るだけです。

キムチ親爺さんから頂いたトッポギが、仕掛けとバッカンに変わり、
ちょっとだけわらしべ長者の気分を味わった俺です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月18日 (月) | 編集 |
IMGP2579.jpg

午前中仕事だった嫁。
反対に、
「おまえたちに御褒美をやろう。
市場も休みだから、日曜日+月曜日(海の日)の2日間、会社は休みとする!
喜べ喜べ、う~んと喜べ、皆のモノ!
その代り・・・グフフフ、言わぬがハナじゃのう。」
と少しばかり意味深げの言葉が引っ掛かりますが、急遽、休みとなったのです。
前もって分かっていたら、色んな予定を組むのですが、
急に言われてもリンダ困っちゃう状態で、予定をたてる楽しみが半減した気分です。

IMGP2580.jpg
IMGP2587.jpg
IMGP2591.jpg
IMGP2593.jpg
IMGP2595.jpg

仕事から帰って来た嫁を引き連れて函館へ行って来ました。

IMGP2598 - コピー

夏になる全国のあちらこちらからツーリング訪れる人が多くなり、
今回は岡山ナンバーのバイクを発見!
カッコイイですね。

神の手を持つ島ちゃんから金曜日のお昼頃、
「頼まれたリール出来上がったので取りに来て下さい。」
と電話があり、ソレを受け取りに行って来ました。

IMGP2600.jpg

島ちゃんに言わせると、
「微調整もしておいたから、97%完璧!
大量のグリスが点してあったけど、
グリスは程々にしておかなかったらと滑らかになるどころか、
反対にグリスで滑ってしまう場合があるから。」
だそうです。

IMGP2601.jpg
IMGP2602.jpg

97%と言いますが、ハンドルをつけて回して見たのですが、
後の3%の部分は俺にはまったく分かりません。
車に乗ってから嫁が、
『まったく島ちゃんたら謙虚なんだから。
部品は消耗品だからいつかは減るに決まっているし、
ソレを取り変えて、島ちゃんが微調整しているなら100%完璧だと思うの。
きっと彼も喜ぶんじゃないかしら?』
と言ってました。
今まで島ちゃんの仕事を見てきましたが、痒いところまで手が届く仕事なので、
今回もメーカーに出すより完璧な仕事をしたと思われます。

IMGP2603.jpg
IMGP2605.jpg

本業の仕事のお客様が来るまでの間、島ちゃんプロデュースの企画に参加するタメ、
それに必要なモノを見せてもらいました。

IMGP2604.jpg
IMGP2608.jpg
IMGP2609.jpg

鮭釣りが大好きな島ちゃんというよりは、遠投が大好きな島ちゃんに、
『鮭の時のあの結び方教えてー。』
いきなり嫁が言い出し、俺に向かって、
『しっかり覚えるんだよ。』
キッと睨んで、覚えなかったらただじゃおかないよと言いたいようです。
もちろん必死に憶えました・・・グスン。

IMGP2610_20110719003702.jpg 
IMGP2611_20110719003635.jpg

その後、必要なモノを揃えるタメ、島ちゃんが仕入れた釣具屋さんへ。

IMGP2633_20110719003750.jpg

明日からコレを使って作るつもりです。

IMGP2612_20110719003634.jpg

嫁が勝手にデジカメで撮った車なんですが、
函館でこの車を乗っている人が居るとは思ってもいませんでした。
男なら憧れの車、一度はハンドル、ペダルを踏んでみたいですね。

IMGP2614.jpg

コレも嫁が面白いと言い、勝手に撮った写真です。
嫁は俺に何を言いたいのでしょうか? 俺の考え過ぎ?

IMGP2615.jpg

道路を走っているとキムチ親爺さんのお店発見!
久しぶりにキムチ親爺さんの顔を拝み、お店を荒らしに行って来ました。
この話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月17日 (日) | 編集 |
土曜日に帰省した上娘を連れて函館へ買い物と思ったのですが、
「明日帰る予定だけど、お父さん、休みだったら札幌迄送って行ってよ。」
と言われ、暫く冷蔵庫の中身も補充していなかったので、
「お母さんが行くと言ったら送って行くよ。」
と言う訳で、札幌まで送るついでに、壊れたPCのキーボードを買いに行く算段です。

IMGP2568.jpg

喜茂別町あたりから前を走っている車が、気になって仕方が有りません。

IMGP2571 - コピー

後ろのワイパーの根元付近に、ナイロン袋をぶら下げて走っているんです。
皆で中身を勝手に想像しながら、あーでもないこーでもないと騒いでいると、
その車も途中で別れてしまい、結局何だったのか分からず終いです。
何だったんでしょうね?

IMGP2572_20110718002541.jpg

某大型電気の量販店に行こうと思って札幌の駅前まで行くと、
それまで順調に走っていたのが、初めてここで渋滞に巻き込まれちゃいました。

IMGP2573.jpg

数メートル動くのに数分かかるのにイラついた嫁が、
『誰か余っているキーボードないかしら?』
とフッと口から漏らした言葉に上娘が反応し、
「PCオタクでソレを仕事にしている人知っているから訊いてみる。」
早速訊いてくれ、
「使っていないキーボードがあるよ、取りにおいで。」
話がまとまり、途中から渋滞を抜け出して、その方の家まで取りに行っちゃいました。

IMGP2576.jpg
IMGP2577.jpg

グリコのおまけでは無いですが、
キーボードにもれなくマウスまでついてきてビックリ、
ありがとうございます。

その後、上娘の冷蔵庫の中身を補充しアパートまで送り届けたら、
後は帰るだけなんです。
中山峠経由で帰ろうかと思ったら、
『キーボード代浮いたから、久しぶりにコストコに行きた~い!』
嫁が駄々をこねだしたので、時間にも余裕があったので行って来ました。

IMGP2574.jpg

年に1~3回くらいしか行かないのですが、いつ来てもここは混んでいます。
ブラブラとここで数時間過ごし、一気に高速道路で我が家へ向かったのですが、
小腹がすいたので伊達市で降りて、
お気に入りの回転寿司割烹の“和さび”へ直行です。
我々家族が一番先に頼むのがだし巻き卵、
運が良いのか悪いのかは分かりませんが、
いつも注文すると、巻いたモノが品切れで、
「コレから卵焼きますので、少しお時間下さい。 宜しいでしょうか?」
と言われ、熱々の巻き立てだし巻き卵を頂いています。
お腹もいっぱいになり、今、夏の交通安全期間なので、
強制的に税金を払うのもバカくさいので、ゆっくりと帰ってきました。
久しぶりの札幌、長距離運転はやっぱり疲れますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月16日 (土) | 編集 |
今日のせたな町は、ものすごい雨が降っています。
仕事の帰り道、後志利別川にかかる橋を渡り、
チラリと川を覗きこむと、川は濁流となって流れ水量も増量しており、
あちらこちらの畑も雨の降る量においつかず、
はけずに溜まっているのを目にしました。
海も川から流れ込んだ泥水が広がり、広範囲で濁っており、
夜には河川に関わる人達が、川の見廻りをして警戒にあたっていました。
明日の朝まで雨が降る予報なので、一晩中、この見廻りは続くと思われます。
御苦労さまです。

今月の末に行われる全サ―北海道夏季SC通信の参加賞の景品選びに、
少しだけ頭を痛めています。
今回、俺の所属するクラブとはこだてサーフさんが主催する事になり、
事務系は俺がやる事になりました。
それで、参加賞を出すにあたって、いつも同じモノだったら面白くないと思い、
知り合いの会社の商品を見て、そこから何点か選んで試食してみました。

IMGP2567_20110717005707.jpg

値段の割には美味しいと評判だったので購入してみました。
一口食べた感想は、
『具のないボンカレーのル―に、ホタテのベビーが入っている感じ。』
俺もどこかで食べた懐かしい味だと思ったら、
色と言い味と言い、具のないボンカレー・・・まさにその通りかも知れません。
美味しくないって事もなく万人向けだと感じたので、
「これ、参加賞にしようと思っているんだけど。」
嫁にお伺いを立てたら、
『却下!』
食いしん坊な彼女の一言でボツとなっちゃいました。
嫁はどこかの解説者の様に、
『ボンカレーの方が値段も安くて、色んな具も入っていて満足感がある。』
と言いながらもゴクゴク胃の中に流し込んでいました。
嫁を満足させ、他の人にも喜んで貰えそうなモノ、
また新しい何かを探してこないと・・・あ~、コレって結構キツイかも。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月15日 (金) | 編集 |
知り合いにヤボ用があって、町のプールに顔を出してきました。
ここのプールに訪れるのは何年かぶりです。

IMGP2564.jpg

子供達が小学生の時、子供達の水泳教室に付き合っている内に、
暇を持て余した俺はダイエットも兼ねて、
「キャア~、○○ちゃんと○○ちゃんのお父さん素敵~!」
黄色い声が上がる事を期待して、ちょっと小太りの身体をさらけ出し、
奥様方のアイドルとなるべくガンガン泳いでいたら、
「初心者向けのプール教室を手伝って欲しい。」
と頼まれ、ほんの少しですがプール教室のお手伝いをした事が有りました。
俺の受け持ったクラスは10mくらい泳げる子供クラスで、
本人は華麗に泳いでいるつもりでも、
周りから見ると半分溺れているような泳ぎの子供が多く、
いかに息継ぎをうまくさせ、
1mでも長く泳がせる事が出来るか、が講師の腕の見せ所です。

子供達が水泳教室に通う事になった原因は、通知表の体育の欄に、
「平泳ぎで25m泳げる」
と書かれていたのを見つけた嫁が、
『年3~4回のプール授業しかないんだよ。
やっと平泳ぎ習ったばかりで、どうやったら25mなんて泳げるのよ?』
と言いだし、これで通知表に採点されたら大変と思ったようで、
『おかしいと思わない?』
と言った途端、
「○○ちゃんのお母さんもそんな事言っていたよ。
でね、○○ちゃん、水泳教室に通うんだって。
あたしも行きたいー。」
子供の遊び心と母親の虚栄心が見事かみ合い、水泳教室の門を叩きました。

大人と違って子供は遊びと位置付けた中での事なので、
素直に指導者の言葉に耳を傾け、週3~4回、夕方から2時間程の練習で、
大会が近づくとそれが週5~6回となり、
みるみると見ているうちに子供も上達していきました。
シメシメと思った嫁は、
『あんた達、よ~く聴きなさいよ。
お母さんは足が届かない場所では泳げないの。
もし海で溺れたら、お父さんよりもお母さんを助けるのよ!』
因果を含めた言葉で言い聞かせておりました。

IMGP2565.jpg

そんな事を思い出し、当時を懐かしんでおりました。
知り合いに海水パンツをウチから持って来るから泳ぎたい事を申し出ると、
「今は夕方までしか開けていないんだ。」
と言われ、
「なんなら真っ裸で泳いでいいんだぞ、
監視カメラでその情けない息子を見られてもいいんだったらな、アハハハ。」
チレイなオネーチャンが見てくれるならまっぱも悪くないけど、野郎だったら、
「ケッ、あんなモン見せたいのかよ、変態野郎が!」
明日から町中に知れ渡る事間違いなしです。
もう少し、この町に住む予定なので、
それだけは回避しなくてはなりません。
でも、生まれたままの姿で泳ぐのも気持ちいいだろうな~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月14日 (木) | 編集 |
昨日は早出残業で、今日は残業。
会社には道東方面や道南方面からホタテが入荷しており、
その処理に追われています。
その後、色んな用途によって加工されますが、
鮮度が命なので、時間との戦いでホタテに振りまわされ、
あちらこちらと工場を渡り歩いている内、
寒かったり暑かったりして、少しばかり体調が崩れてきているようです。
そんな俺を見た嫁が、
『だらしないわね。 
あんたって変な所が軟なんだから・・・これでも飲んで早く寝なさい!』
と、強壮剤を手渡されちゃいました。

IMGP2558.jpg

以前、小耳に挟んだ話ですが、日本の強壮剤は外国人にも人気だそうで、
漢方薬などで有名な国の人達でも、
日本に来るとドラックストア―に買いに行くそうです。
日本人ならいつでも買えると思うから一箱ずつ買うそうですが、
団体さんは我先にと争うように、
「そこの棚にあるソレ全部くれ。」
と言い、大人買いし、そこで買いつくすと次のドラックストア―へ、
はしご買いするそうです。
ある人が大量に買っている人に、
「ソレ効くの?」
尋ねると、
「疲れた時飲むと、コレ効くね。」
と答えたそうです。
同じアジア人、少しは俺にも効くかな?

話は変わって、今日、下娘の学校からお手紙が来ました。

IMGP2563 - コピー

どうやら、この時期、下娘も大変な思いをしているようです。
俺が20歳の時の事を考えると、
「自己の目標」を考えていたのか?と訊かれると、
答えはNOだったと思います。
専門職を得るためには、こなさなければならないカリキュラムがあり、
実習などで一般の人よりは人の生き死にを目にする事が多く、
勉学、実習内容も濃く難しくなり、精神的に相当な負担が掛かると思われます。
我が家のサバイバル生活で鍛えられた精神力で、
自分の選んだ道、ぜひ最後まで突き進んで欲しいものです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月13日 (水) | 編集 |
せたな町もそろそろ夏枯れの時期となりました。
今朝、嫁がコンビニに寄ると知り合いが居て、
『おはよう、釣りに行っている?』
と尋ねたそうです。
彼は、
「仕事帰りにヒラメ狙いで竿を振っているんだけど、
他の人はそれなりに釣っているんだ。
でもな、何故だか俺にはまったく釣れない。」
首をうな垂れながら、
「今年、俺の勘、ハズレぱなっしだよ。
だってよ、新港(せたな新港)で、
夜釣りをしているとマメイカ1~2匹くらい釣れるんだぞ。
この時期にマメイカなんてありえない話だろう?
マメイカって冬の時期に釣れるんだから、
水温が低いんだか高いんだか、まったく分からない。
絶対、海の中、おかしくなっているんじゃないか?!」
と限りなく真実に近い憶測を言います。
その彼との会話は、互いに買い物をした時点で終わったそうです。

嫁が車に乗り込もうとすると、秋になると必ず釣場で遭う方に遭遇し、
またもや釣りの話となったようです。
その方は夜な夜なワームを持って、ソイ狙いをしているそうですが、
「今の時期、小型ばかりが多くてリリースして遊んでいる。」
と言われ、
「そろそろ鮭の準備しているか?」
鮭釣りの話で盛り上がってしまったようです。
まったく気の早い話をしています。

世間では夏枯れと言っても、ターゲットを定めて狙っている釣人もいるので、
関係ない話かも知れませんね。

HI3H0046.jpg
HI3H0044.jpg

そうそう、この間、夕涼みに浮島公園まで行ってきました。
その時にハスの花(つぼみ)の写真を撮って来たので、
コレでも見て涼んで下さいね。

HI3H0051.jpg
HI3H0052.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月12日 (火) | 編集 |
数日前の新聞に、今秋のサケの予想が発表されました。
事前に流れていた噂では、
「周期的に見ると、カラフトマスは豊漁の年になるから、
サケも少しは期待が出来るかもな?!」
なんていう話でした。
ところが新聞を見ると、あまり色良い話は載っていません。
この予想を見た嫁は、
『冗談じゃないわよ! 昨年は誰とは言わないけど、
肺炎で入院してサケどころじゃ無かったから、
今年は去年の分も楽しもうと思っていたんだからね。
全部、あんたが悪いのよ!』
悪い予想を俺のせいにして八つ当たりをしてきます。
取りあえず、
「予想はあくまで予想、外れる事もあるから、それに掛けたら?」
と慰めとも思える言葉を掛けたのですが、どうも納得がいかないようです。
俺的にも予想は外れて欲しいです、そうでなければ、
『サケが釣れない・・・』
秋にはドヨーンとした雰囲気の中、嫁と顔を突き合わせるのは苦痛なんですよ。

◆秋サケ 今年も少なめか 試験場が来遊予測 日本海側は回復も
(北海道新聞 2011/07/10)

秋サケ定置網漁が8月下旬から道内各地で始まるのを前に、
道立さけます・内水面水産試験場(恵庭)は、
今年の秋サケの全道来遊量予測をまとめた。
今年は4100万匹と、
過去10年間で2番目に少なかった昨年の来遊実績を3%上回る見通しだが、
太平洋海域の釧路地区などは依然低水準で、
予測通りなら2年連続で厳しい漁模様となりそうだ。
来遊量は沿岸漁獲量と河川遡上(そじょう)量を合計したもの。
予測結果を海域別でみると、全体の半数近くを占めるオホーツク海域は1975万匹で、
高水準だった昨年実績を9%下回るものの好調を維持しそうだ。
また、ここ数年不振が続いていた日本海海域は昨年実績を38%上回る268万匹と、
回復が期待される。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月11日 (月) | 編集 |
「夏シャンプー(冷やし)はじめました」って、
道路を通っている時、この看板を目にした事があると思います。

20110709120849.jpg

9日、いつもお世話になっている床屋さんで、
「今、これ、流行っているんだーぁー。」
いつもと違うシャンプーを見せながら、
この日は新しいシャンプーで頭を洗うと言います。

20110709115153.jpg 

頭を洗った瞬間は普通と変わりませんでしたが、
少し経つと一気にそう快感が頭を覆い包みます。
思わず俺、
「うわぁ~きたぁ~」
と叫んでしまうほどのスゥスゥー感。
今までのトニックシャンプーとは異なる驚きです。

「コレ、ネタに使えるな?」
と言う俺、
「題名は、冷やしシャンプーはじめましたってなんてどうだ?」
店主のノブさんと談笑しながら、写メをパシャリ!

20110709110959.jpg

店主のノブさんが言うには、
「昨年注文したんだけど、品薄で入荷してこなくて、
今年、やっと手に入れる事が出来た。
俺、自宅の風呂でコレを使って頭洗ったら、シャンプーの泡が身体を伝って、
○ン○ンの先やドンズがスゥーときたよ。」
と照れ笑いしながら教えてくれました。
俺もちょっとだけその経験をしてみたいと思っていますが、
普通のシャンプーに比べ若干お高いのが難点です。
残念な事に、このシャンプーのスゥスゥー感は一時しか持たないのですが、
髪の毛を切りながら床屋さんで頭を洗ってもらう心地よさと、
クソ暑い日には、ほんの少しでも涼むのには最高かも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月10日 (日) | 編集 |
7月9~10日は、6月の25~26日に渡れなかった場合を考えて、
松前小島遠征の予備日として予約を取っていました。
一度押さえた船、今更キャンセルという訳には行きませんので、
どうしたものかと思案していましたが、
そこは漁師さんとの信頼の厚い仲の函館つるさんが、
「船で夜釣りする事に決めた!」
と連絡が回ってきました。
嫁は船釣りに興味がナイのと、両日とも仕事&バイトが入っているので、
喜んでお留守番って事になりました。

小島

9日のPM9:00、函館つるさん、ナベ、小川のオンちゃん、大工さん、
整体師さん、俺の計6人が、前回のソイ釣り場へGO-!
船は暗い海に漂い、360度見回しても霧が掛かっていて、
まるで映画の中のワンシーンのように感じられました。
やっと松前小島近辺に来ると、
青森から来たイカ釣り船の明かりが煌々と周りの景色を映し出し、
幻想的に松前小島を映し出しており、
思わず何かの映画の主人公になったような気分になり、それに酔いしれてました。
これで島に上陸となれば、ジュラシックパーク気分を味わえるのでしょうが、
この日は残念な事に上陸する予定は有りません。
前回のソイ釣場に向かうかと思えば、
船頭の判断で、今回は、大ヒャク島・小ヒャク島と松前小島の間で釣る事になりました。

IMGP4390_20110711000636.jpg
前回のソイ釣場
IMGP2476.jpg
今回のソイ釣場

今回は前回と違って、どうやら海の状況が違っていました。
イカはいるのですが、それを追う小魚が見えず、
ゴメ達も集まる事がなく、潮も動いていません。
こんな状況ではあまり釣果は望めませんが、
海は刻々と変わるので、竿を出してソイを狙います。
前回があまりにもソイが沢山釣れ、
自分の希望サイズでないモノは全てリリースだったので、
今回もそんな期待をしていたのです。
もちろんソレは俺だけでなく、参加者全員がそうだったと思います。

IMGP2550.jpg
こんな感じで周りは真っ暗です

竿を出した途端、大工さんの竿がグニャリと大きく海にささり、
糸がリールから凄い勢いで出て行き、仕掛けは一気に船底へ引っ張られて行きます。
何とか船底にラインを擦らないように頑張ったのですが、
魚の勢いと言うか引っ張る力が強くて、
ラインはプツリとモノ悲しい音をして切れてしまいました。
以前の釣りと今回の釣りを比べると、
前回参加した浜氏の時の様な引っ張る力が強かったので、
コブダイが掛かった様です。

その後、小川のオンちゃんに1m弱のヒラメが掛かり、
何とか船縁まで寄せ、船頭がタモ入れした途端ハリスが切れ、
「コレはチャンス!」
と思ったのか、ヒラメはタモから飛び出して、
アッと言う間に海底に帰って行ってしまいました、残念です。
その後、皆の竿にはまったくアタリがなく、虚しく竿先を見つめるばかりです。
竿を出してから2時間くらいして少しずつですが、
皆の竿に反応があり、やっと俺にも反応が有りました。
ソイはイカには反応せず、その理由が分かりました。

IMGP2544_20110711000955.jpg
IMGP2545.jpg
ナベに掛ったソイ

海底のエビを主食にしていたようです。
それにしてもこのエビ、初めて見ました。
何と言うエビなんでしょうね?

IMGP2547.jpg
IMGP2549.jpg
函館つるさんにもソイが釣れました。

雨&風が強く、時々風波も強かった事や、
俺自身の体調が良くなかったのか船酔いをしてしまい、
釣れるのも1時間に1匹って感じなので、殆ど船で横になってしまいました。
気がつくと餌を取り変え、また横になって目を閉じるって感じで、
竿を上げるとソイがついているから不思議です。

IMGP2548.jpg
やっとゴメ達が集まってきました。

IMGP2546.jpg
俺のタックル

大きなソイを釣った時には皆に、
「寝ててソイは釣るもんだな~、コレが新しいソイの釣り方だ!」
と小馬鹿にされながらも、釣ったもん勝ちって事で!

IMGP2552.jpg
IMGP2554.jpg

本来なら朝方、場所を移動して五目釣りの予定だったのですが、
雨や風、うねりも強かったので、
五目釣りはまたの機会にって事になり帰路に着きました。
ヘタレの俺はそれを聞いた途端、船頭の寝床である船底にある寝室に潜り込み、
一人で漁港までしっかり寝て帰りました。

ウチに帰ってもまだ振れているような感覚が残っており、
どうやら陸の上でも船酔いが継続しており、それは今も続いています。
それでもきっとまた誘われると、船酔いの事など忘れて、
またヒョコヒョコと懲りずに行っちゃうんでしょうね。
ヘタレなのに懲りないヤツ・・・自分でも呆れてしまいます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月09日 (土) | 編集 |
今朝は早出出勤でした。
俺は会社に顔を出してから、有給休暇を申込み、
帰り道、お世話になっている床屋さんへ直行したのですが、
なぜか兄貴が来店していて、俺より少しだけ毛があるだけで、
悔しい事にパーマなんぞ掛けていました。
ソレに比べ俺、たいして伸びていない髪の毛ですが、
横の髪の毛が耳にかぶさると自分の髪の毛を切るバロメーターで、
それ以上伸びるとてっぺんが薄いのがモロにバレバレ、
何とか誤魔化そうなんて姑息な手を使っています。

20110709120825.jpg

スッキリした所で、バイトから帰ってくる予定の嫁とすれ違いに、
俺は出掛けます。
そのタメ俺は、何に対して怒っているのかさえ分からないのに、
分からなくても取りあえず謝った方が無難だろうという判断で、
「俺が悪うございました。」
『何処が悪いのか分かっているの? 何で怒っているのか分かっているの?』
「ソレが・・・思い当たる事沢山あって、どれが引き金だったのか分かりません。」
人間素直が一番だと言う言葉を信じて、率直に言うと、
思いっきり地雷を踏んだようで、
『ムキ! あんたね・・・・毎回、何度、同じ事言わせる気?』
クドクド・ギャギャーお小言を頂戴致しまして、
黙って下を向いて反省している様な雰囲気をかもし出していると、敵が上手なのか、
『あんた、そのくさい三文芝居で、この場を乗りきろうなんて百年早いわ!』
更に輪を掛けて怒らせた様でございます。
火山もマグマを吹き出せば小康状態を保てるので、
嫁の不満と言うマグマを完全に吹き出せば、暫くの間は我が家は平穏なのです。
一番の原因を取り除くのが最適なのですが、
その原因は俺・・・何事も平和ボケという言葉が有りますように、
まぁ、嫁のボケ防止のタメ、
一肌脱いだと言う事にしておきたいと勝手に考えております。
そんな訳で、昨夜の内に俺に対してすこぶる不機嫌な嫁に詫びを入れ、
今夜の船賃を融資して貰ったのですが、利息がつくと言いやがります。
もちろん踏み倒す事は言うまでもありません。

では、仲間が待っているので行ってきま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月08日 (金) | 編集 |
申し込んでから数ヶ月、やっと我が家にも光がやって来ました。
俺の住んでいるところはどちらかと言えばネット事情はそれ程悪くなく、
いずれ近い将来、光になる事を想定され、光ケーブルが区内中走っていました。
なんせ人口が1万人切った小さな田舎町、
場所によってはまったくネット環境が整ってナイ所もあり、
そんな場所に住んでいる人達は色々と工夫しながらネットをしてましたが、
ネットを快適にしたいと言う事から、有志が立ち上がり、
今回の運びとなりました。

いついつまでに申し込むと、電柱からウチまで引き込み工事はタダになり、
それを逃すと、その工事費用は自分持ちになると言う事で、
あまり不便とも感じて無かったのですが、タダって言葉に弱い我が家族は、
乗り遅れたら損、皆がつけるなら我が家も、とばかりに申し込んだのです。
今日の午後から新しいルーターを取り付け、その設定をする工事となってましたが、
ある区の所でちょっとばかりトラブルが起こったようで、
大幅に遅れて午後21時ちょっと前に我が家に設定にやってきました。

IMGP2540.jpg

待つ事半日、設定工事20分弱、
アッと言う間に終わり、何だか気が抜けてしまいました。
今のところ、どこがどの様に変わったのかと訊かれると、
前に比べほんの少しだけ速くなったような気がするだけで、
それほど大きな変化はナイような気がします。

それよりも俺の気は違う方向へ向かっており、
設定工事の人が帰った途端、お店を広げました。
この瞬間って、釣果よりもそれに向かうプロセスが面白くて、
ついついのめり込んでしまいます。

IMGP2542_20110708234213.jpg
IMGP2541.jpg
IMGP2543.jpg

明日の夜、天気・波次第ですが、ちょっこっと遊びに行ってきます。
結果は明後日かな?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月07日 (木) | 編集 |
七夕祭り、昔は我が家にもそんなお祭りが存在していました。
子供が大きくなるにつれ、
学校から持ってくる笹と短冊のセットの持ち帰りが無くなり、
いつの間にか短冊に願いを書くことなども無くなりました。
自分が子供の時は、
「ウルトラマンになりたい」
「新しい自転車が欲しい」
なんて今思うと可愛い事を書いていましたが、
クリスマスと同じで、自分の欲しいモノは決して貰えないと分かっていても、
願を掛けると何とかなるのでは?なんて、その時は必至だったと思われます。
今、短冊に願いを書くとすると・・・
五塵(ごじん)六欲と二人連れになる事は言うまでもありません。

先程、外に出て、牛郎と織女が出会えたのか確認しに行くと、
曇がかかり星空はまったく見る事が出来ず、
牛郎と織女の涙なのか、俺の頭皮にポツリと雨が落ちてきました。
この分だったら、明日は間違いなく雨で、
週末も怪しいモノが有ります。
ここ道南には俗に言う蝦夷梅雨が存在し、
梅雨明けは東北の梅雨明けと同じ頃になると言われています。
例年7月中旬から下旬にかけてなのだが、その影響なのか、
天気予報を見ると8~11日まで雨が降る予定で、
俺の予定も雲雪が怪しくなって来ました。
何とか大雨が降らない事を祈るばかりです。

そうそう、今日、猫の額ほどの庭ですが、
そこの草取りをしていた嫁が、
『四つ葉のクローバー見つけた♪』
と嬉しそうに報告し、ブツブツと小さな声で何か願いを掛けたようで、
分厚い本の間に挟んでいました。

IMGP2538.jpg

コレが十代の娘が言うのなら初々しいのですが、
いつまでも乙女心を忘れたくないと足掻いているようにしか見えず、
四十女のあがきとしか見えません。
ここ数日間、俺に対してすこぶる機嫌が悪いので、
安易な発言は慎むべきだという野生のカンが働き、
そんな事、一言でも口から漏れると、思いっきりアッパーをくらうので・・・
某国の政治家のように見て見ぬ振りを決め込みました。
その方が絶対、長生き出来ますよね?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月06日 (水) | 編集 |
報知新聞主催・報知杯があった時の話です。

初めてこの大会に参加し、右も左も分らずウロウロする俺達だったが、
前もって選択した釣場は時化のため、変更をよぎなくされました。
嫁には、
『何でもそう、行き当たりばったりで何も考えて無いじゃないの。』
大きなため息をつかれ、下見していなかった事が仇となり、
「時化に強いところはどこだ?」
困った俺はどこに入ろうかとコースガイドとにらめっこしておりました。
まったくの未知の釣場とあって、
思案しきれずクラブの人達にどこに入るのかお伺いしていると、
あまりにも気の毒に思ったのか、N氏が、
「黙ってついてこい。」
と、愛の手を差し伸べてくれたのです。
一瞬、俺の脳裏にはハナ肇とクレイジーキャッツの唄声が聞こえ、
♪わかっとるね わかっとる わかっとる わかったら 黙って俺についてこい♪
のサビが流れましたが、彼が、俺達の目には後光をさす仏様の姿のように映りました。
常日頃から神々しい彼ですが、この時は、
「釣りの神に選ばれし者よ」
本当にそう思えたから不思議です。

彼の車の後をついて、初めて松前漁港に行きました。
すぐさま車から釣り道具を下ろし、
彼は迷わず目的の場所に行き釣座を構え、俺達はその後をついてその横に入りました。
夜も明け、お日様が俺達に微笑みかけ、
初めての大会であったのと、釣座を確保した安堵から、
ついついうたた寝をしてしまったのです。
すると、
「ガッシャーン」
と、いう音に驚いて飛び起きると、
竿がゆっくりと海に引きずられてゆくではありませんか。
アワワー。
慌てて、嫁と二人掛かりで竿を押さえました。
犯人は・・・磯船軍団です。
フッとN氏の竿を見ますが、何ともありません。
それどころか、彼はレジャーの簡易椅子に座り腕組みをし、
神々しい程の様子で海を眺めていました。
俺は気を取り直し、自分の竿を立て直し、
何本かの糸も切られておりましたが、磯舟船団が通り過ぎるを待ちました。
その間、N氏に、
「船が来たなら教えてくれればいいしょ。」
と、口をとんがらせて小声で言うと、
「いつ、どこで何があるかわからないのに、こんな所で寝ている方が悪い。」
と一喝されました。
確かにその通りですが、もう少し親切に教えてくれてもいいのに、
N氏のイケズ・・・・と思う俺でした。
すっかり忘れておりましたが、彼は自分にちょっとだけ厳しくそして甘く、
他人には辛くて、食べ物はしょっぱいのが好きな男だったのです。
でも、ヨーグルトは好きです。

後で聞いたのですが、いつもこの時間帯は磯舟船団がテトラわきを走るそうで、
それを知っていた彼は、糸を海の中に沈めていたそうです。
だから、あの余裕の姿だったのです。
すっかり眠気が覚めた俺は、傷だらけになったキススペとリールを眺め、
大きなため息をついてしまいました。
気を取り戻して竿を振りましたが、一度折れた心は、
傷ついたキススペと一緒で修復することは難しいものでした。
N氏は前の週に入り、それなりの釣果を得ていたのですが、
この週は潮回りが悪かったのか、
結局、俺達はこの大会の釣果は1匹も釣れませんでした。
そして、N氏も同じ結果となりました。

後日、N氏の口から皆に、俺達夫婦のあの時のあわて振りを実況されてました。
「飛び起きるのも早かったけど、あの時の顔ったら、ヒィーッ、ヒッヒッ。」
・・・・・・。

――「とんでもない神」――
釣りの大神様は、時々、釣界にこういう意地悪な釣り神を出現させて、
俺にこういうブログを書かせるのを、好む傾向があるようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月05日 (火) | 編集 |
日曜日に嫁を置いてヒラメ釣りに出掛けた俺。
その天罰? 嫁の呪い? とも言える事が起きました。
車を走らせている最中、俺の右目の端っこに赤いランプが映し出され、
「あれ? なんでバッテリーランプが点くんだ?」
と思った瞬間、それは消えました。
どこかの電気系統の配線が混線したのか?
それともダイナモが逝かれたのか?
と疑っても、それっきりランプは点かず、目的地に着きました。
暫く波と戯れるだけ戯れ、帰路に着いたのですが、
この時にも、一回だけ走行中にバッテリーランプが点き、すぐに消えました。
その後、いつもお世話になっている整備工場に持って行ったのですが、
この日は日曜日、月曜日も休みとなっていました。

今日、仕事が休みの嫁が、
『おはようございます。 ○○です。 あのですね・・・・・・』
と、事情を話し、すぐに車を取りに来てもらったそうです。
俺の予想通り、ダイナモが逝っちゃってまして、
その原因はターボーエンジンも半分以上逝っちゃっているので、
エンジンオイルがダイナモに掛かって、
あまりのヌルヌル感に凄~く気持ち良くなったのか、
あっ、そこ、ダメ、うっ、もう我慢できない、げ・・・げっ・・・限界!
情けない事にソレで逝っちゃったようです。
嫁はコネをフル活用するタメ、おーい、中村君!に電話を入れ、
『あたしよ。 あのさ、ダイナモ探してくれる?
中古かリベルト品だったけ? 大至急探して○○工場へ送って!
もし見つけられなかったら、あんたとウチの旦那の頭で発電起こしなさいよ!』
お願いと言うよりは命令に近いモノがあったようです。
嫁に代わって、
「お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。」
ここで俺が述べさせてもらいます。

走行距離21万キロ突破しているので、仕方がナイと言えばそれまでですが、
下の子が看護学校を卒業するまでは、
広い北海道を走るのにはガソリンだったら高くつくので、
出来ればディーゼルと思っても、とても車なんて・・・中古車でも買えません。

嫁の愛猫の黒猫のハナに、
「おまえたち、俺に呪いを掛けたか?」
と問うと、飼い主が、
『あんたをブッ壊すならもまだしも、
なんで、あたしが、車をブッ壊さなければならないのよ。
あんた、あたしにケンカ売っているの?
いいわよ、そのケンカ、タダで買いましょう。
後悔するだけでは済まない状態まであんたを追い詰めてあげる♪』
タイムボカンのヤッターマンに出てくるドロンジョのように、
もの凄く嬉しそうに言いやがります。
もちろん丁重にお断りし、俺は枕に頭を撫で撫でしてもらい、
布団に優しく抱きしめられ慰めてもらうタメ、さっさと退却させて貰います。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月04日 (月) | 編集 |
IMGP2516.jpg
IMGP2514_20110704212536.jpg
途中の蝦谷漁港でロックに勤しむ釣人

午後3時半過ぎ、嫁があっちこっち電話を入れ、
『○時、函館に着く予定、ブツ運搬中。』
ある人には、
『起きれ~!』
と伝言に何度もしつこく吹き込んでいました。

IMGP2517_20110704212335.jpg

今日の秘密会議の場所は、神の手を持つ島ちゃんの本業の仕事場。
そう、ここで色んな女の人を幸せに導く愛の伝道師となるのですが、
『あ″~、あのエセ電動師ね。』
と言い切る嫁。

IMGP2518.jpg

今回、俺には重要な任務が有ります。
愛の伝道師から神の手を持つ島ちゃんへ変身した後、
知り合いから頼まれたブツを診て頂くのです。

IMGP2524.jpg
IMGP2519.jpg
IMGP2523.jpg

今月の予定を考えると、今日の日曜日を外すと、
直接彼に手渡せない可能性が大きく、折角のチャンスを逃してはならぬとばかり、
『そろそろ、次の作戦を考えないとあたしの予定が経たない。
あたしこう見えても結構忙しいの。』
わめき始めたので、嫁の提案に便乗していました。

IMGP2526.jpg

さっそくリールをクルクル回して診ると、
「ベアリングが調子が悪いみたいだね。
取りあえずバラシテから、それから見積もり出すよ。」
という診断でした。

IMGP2527.jpg

作業台の上にはガイド一個だけ直しの注文が入っていたようですが、
何やら島ちゃんの仕事にしてはすご~く違和感が感じられます。

IMGP2525.jpg

本人も、
「他のガイド部分のエポキシがこん盛り盛り上がっていたから、
ソレに合わせないとバランスが取れないから、
不本意だが今回てんこ盛りさせてもらった。」
と言います。
それを聞いた嫁は、
『そうでしょう! 
スマートで繊細で見たくれ命の島ちゃんにしては、
雑な仕事しているなって思ったのよ。』
と納得していました。

さて、作戦会議の時間です。
写真を撮り忘れましたが、“おーい、中村君!”もこの秘密会議を聞きつけて、
「俺も参加したい。」
と、現れたと言うより嫁が呼びだしたのです。
嫁に、
『いいけど、あんた、○○から誘いがあったら、
すぐに鞍替えしちゃうんだから~そんな事させないわよ。
もし当日、ドタキャンしたら、
その帽子の下の髪の毛、脱毛テープで一気に剥がしてやるから。』
相手のウイークポイントを掴んで脅かしを掛けてましたが、ちょっと首を傾げ、
『それじゃ普通ぽっくて面白くないわね・・・何か面白い事考えないと・・・
やっぱり、コレでもかって位の悲鳴じゃないと萌えないわぁ~。』
いきなりの女王様発言・・・俺、赤の他人になり済ます事にしました。

今回の作戦のキーパーソンであるこの二人。
嫁に電話で叩き起された函館つるさんと、神の手を持つ島ちゃん。

IMGP2528.jpg
IMGP2529.jpg

一人は資材調達及びみなの下準備係、もう一人はメンバー調達係、
嫁は口出し係の参謀会議です。
ある人が、
「俺、この日とこの日開いているけど、天気次第かな?」
なんていうメンバーがいれば、すかさず嫁は、
『あのねボク、君の言う事も良く分かるよ。
そうよね、遊ぶには天気が良い事にはこしたことはないわよね。
でもね、物事には順序ってモノがあってね、
物資をレンタルするとかにしても先もって予約しないと無理なのよ。
それを天気次第って言ってもね、
当日天気がよくても借りられなかったら、誰が責任を負うの?
もちろん君が責任とって全部揃えてくれるんだよね?
できないんだったら、そんな我儘な事言わないわよね?
因みにあたし、こっちの方が休み取りやすいの。
旦那? 彼、あたしの荷物持ちだから一切の拝領は必要なし!』
一言に100倍返しして、口元は優しく微笑みながらも目は一切笑っておらず、
まるで子供に諭すように言いながらも、
ちゃっかり自分の都合の良い日を都合よく押しつけてやがります。

そんな参謀会議を終えて、今度は場所を移動して、
お礼巡業の旅と俺と函館つるさんとの会議が開かれました。

IMGP2530.jpg

以前、嫁に格安で分けて頂いた竿、サーフリーダSF-BXの持ち主で、
このお店の店主である方にお礼を述べたかったようです。

IMGP2532.jpg

お店も繁盛しており、次から次へとお客が入ってきます。
店主の手が開くまで、小腹も空いてきたので少し遅めの夕食タイム。

IMGP2535.jpg


俺達は店主お勧めの龍麺の半ライスを半チャーハンに変えて注文し、
函館つるさんは激辛ホルモンラーメン+半ライスで小腹を満たし、う~ん、満足!

IMGP2536.jpg
IMGP2534.jpg
龍麺 

俺、普通のラーメンも好きですが、あんかけラーメンも大好きで、
すっかり虜になってしまいました。
チャーハンもお米がパラパラで塩コショウのパンチの効いていて、美味しかったです。
いつまで待っても手が開きそうにないと判断したので、帰り際、
ほんの少しだけお話をさせてもらい、お礼の言葉と釣り話で締めくくらせて貰いました。
ありがとうございました。

IMGP2531.jpg

店主の顔を見た途端、ズーッと気になっていたのに何か忘れているようで、
車に乗ってからフッと思い出したのですが、確か彼、
何度か函館方面で行われたSC大会にも一般で参加し、
高校生時代、大人に混ざって上位の成績を収めていたのを思い出し、
すぐさま函館つるさんに確認を取ると、やはりあの彼だと判明し、
俺の頭も一気に髪の毛がフサフサだった時代へと遡っていきましたが、
現実は悲しい事に産毛と言うよりは年老いた鶏の毛のような状態です。
小さいときから親父さんに船釣りを叩きこまれ、
高校生の時や社会人になってから、青森で行われたがまかつの船釣り大会でも、
何度か船別で優勝している強者だそうです。
そんな彼ですから陸からの投げ釣りでも、このサーフリーダー卸し立ての時、
一発目で56cmのナメタカレイ(ババカレイ)を、
引き寄せる運を持ち合わせていたそうです。
『きっと仲介に入った人、釣り運がナイから、そのまま引き継いでしまったのね。』
と残念そうに函館つるさんをチラリと横目で見ていました。
思わず同感してしまう俺です。

そうそう、“おーい、中村君!”から教えて貰ったのですが、
鹿部方面のある方が俺のブログを読んでくれているそうで、
船釣りにお誘い頂きました。
機会があったら、“おーい、中村君!”を通して伺わせて貰いますので、
その時には色んなタメになる生の声や雑談など宜しくお願い致します。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月03日 (日) | 編集 |
仕事の兼ね合いもありましたが、春に入りたかった釣場数カ所に行けず、
少しばかり不満の残る半年が過ぎ、何だか慌ただしく月日が経ち、
アッと言う間に7月に入ってしまいました。
嫁は今の仕事の他に、短期ですが自分の空き時間に2ヶ月程バイトが入り、
殆ど夫婦で釣りに行く機会がグーッと減る予定です。

俺の予定では、そろそろサーフからヒラメを狙うのに良い時期と判断しましたが、
昨年、実績があった場所は、
今回の津波の影響で海底の地形が少しばかり変化したようで、
あまり良い話が流れて来ません。
そこで色々と情報を集めて、数ヶ所のポイントに絞り込みました。

今日午前中仕事の嫁を布団に残し、午前3時に出発!
行き場所は太平洋の内浦湾(噴火湾)。

IMGP2512_20110703234949.jpg

失敗です、前日、天気予報を確認せず、
「その内、東風(やませ)から西風に変わるだろう?」
なんて安易な発想で行ってしまいました。

IMGP2511_20110703234946.jpg
IMGP2513_20110703234945.jpg

波と濁りと時化に翻弄され、魚の魚信させ感じられません。
それどころか、今シーズン実績のあるポイントには釣人は集まっていますが、
それ以外の場所には人一人もおりません。

IMGP2508.jpg
IMGP2509_20110703234947.jpg

因みに俺のスタイルは長靴とジャンバーで、
ヒラメ用にルアーは化粧箱に入ったままポケットに押し込み、
ミッチェルの10Fの竿、納戸の奥深く仕舞い込んでしまったので、
竿は納戸の手間に置いてあった船サケ用のシマノのシーバスロッド。
どうみても近所のおっちゃんが毎日の日課の散歩がてら、
時々ルアーロッドを振って遊んでいるようにしか見えず、
他のアングラー達と比べて、すごく浮いていました。
今更1時間かけて、我が家にウエダーを取りに行くのも面倒くさいので、
浮いた奴は、コソコソと逃げるように誰も居ないような場所に移動。

誰も居ないのでシメシメチャンスだと思って竿を振るのですが、
「他の人達はアングラーって恰好しているのに、あんたそんな恰好で釣りする気?
気合が足りないのよ、どこかの浮浪児みたいな恰好、ヒラメに失礼よ!」
とゴメにバカにされちゃいました。

IMGP2510_20110704000129.jpg

で、結局はヒラメのアタリもなくボンズ!
車までの帰り道、釣果を訊きながら帰ったのですが、
訊いた人達はみな首を横に振るばかりで、今朝は激シブだったようです。

久しぶりにルアーロッドを振り、思いっきり遠投して楽しんできました。
それだけで満足してポッケラ~としていたら、仕事から帰って来た嫁に、
『ヒラメは?』
と訊かれ、首を横に振って釣れなかったとアピールすると、
『明日の夜、昆布〆したヒラメの刺身が食べられるって考えただけで、
仕事中、ウキウキしていたのに・・・あ~ぁ~、人の夢壊すなんて無粋な人だこと。』
と言うと、ちょっと首を傾げて、
『あら、いつもなら口頭で釣れなかったって言うのに、
今回は態度で表すなんておかしいわね?
まさか、あんた、あたしに内緒でヒラメ、愛人宅にでも置いてきたの?』
・・・愛人宅、う~ん、すごく良い響きです、
そんな可愛い人が居れば、真っ直ぐウチに帰って来ないのに・・・
たかがヒラメ一匹釣れなかっただけで、この騒ぎです。
もし一匹でも釣っていたら、虐げられている俺の地位も、
ほんの少しだけ上がっていたかも知れませんね。

そんな事を考えていたら、
『何アホ面しているの、コレから函館に秘密会議に行くよ!』
俺、引きずられるように車に押し込まれ、車のキーを手渡され、
運転手として嫁のアシスタントを命じられちゃいました。
この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年07月02日 (土) | 編集 |
その後、嫁が語るには、
一端ウチに帰ってきて、廃棄してもいい服に取り換え、
その上にゴミ袋で簡単に作った合羽らしきものを着て、
頭にはタオル、大きなマスクをして、100均で買ったゴーグルをかけ、
使い捨て手袋をはき、その大作を消す事にしたそうです。
その絵に、最初にトイレ洗剤を振りかけ、
少し汚れを浮かせてからデッキブラシで壁をこすり始め、
『なんであたしがこんな事しなくちゃいけないの?
どうしてあたしがこんな汚れ役しなくちゃならないのよ。』
怒りながらも泣きツラで、この大作を消すことへの違和感を感じつつ、
ホースの水にその思いを乗せ掛け流し、
何度も同じ事を繰り返し、やっと全部の絵を消し、
消毒代わりに漂白剤を使い壁を拭いたと言います。

どうしてもどんな絵だったか気になったので、
俺よりほんの少しだけ絵心があると思われる嫁に、
「どんな絵だった?」
と訊くと、
『あんたのカレーライスの模様と一緒。 ちょっと真似て描いてみたの。』
俺の皿に盛り付けてあったカレーライスを見ると、
絵なのか達筆過ぎて読めない書道なのか、
コレの何処が芸術と言えるんだ?
俺には・・・ちいっと難し過ぎるようです。
カレーライスを水のように胃に流し込みながら、与えたヒントで答えられないと見るや、
ズバリ、
『一言でいえば、生まれたてのう○こを壁になすりつけた「ウン○アート」』
・・・○ンコアートって・・・それにカレーライス・・・
言うまでもなく、一瞬で俺の食欲・・・ぶっ飛んじゃいました。

カレーライスは飲み物だ!という芸能人がいましたが、それを実践している嫁の口から、
『でもさ、あれだよね。
○ンコアートに挑戦する気持ちによくなったと思うよ、余程暇だったんだろうね。
掃除しながら観察していたんだけど、
アレって素手でなすりつけた跡があって、指紋まで残ってたもの。
問題は絵を書いたその手をどうしたか?って事よ。』
自分の手を見ながら言う嫁、俺の脳裏に一瞬にして不安がよぎり、
「おまえ、ちゃんと手を洗ったのか?」
と言う問いに、
『えっ?』
詰まった答えを出す嫁・・・慌てふためる俺を見て、
ニヤニヤしながら美味しそうに、お代わりのカレーライスをゴクゴクと流し込みながら、
『救急車呼ぼうか?』
と意地悪そうに言われた途端、繊細な俺の神経は耐えらず、
なんだかお腹が急に痛くなり出しトイレに駆け込みました。
ソレを見た嫁が、
『ケッ、暗示に弱いヤツ・・・良いとこの坊ちゃんならまだしも、
その辺のド田舎のはなたれクソボウズが・・・先が思いやられるわ。』
と呆れた言葉を投げ捨てて、台所へ消えてゆきました。
すっかり騙されたのです。

それより嫁の小悪根性と化け物の様な食欲、
ヨリによって、こんな日にカレーライスにしなくても・・・
か細い声で抗議すると、カウチにドッカリ座りコーラが入ったグラスを、
石原裕次郎のブランデークラスのように軽く回し、
『あら、外科医は手術の後、血の滴るステーキ食べれるそうよ。
だったら、あたしの食欲もどうなのかな?って試したの。』
と言いやがります。
なりふり構わずチャレンジする姿勢は評価できますが、
時と場合を考えて欲しいモノです。
俺の好物のカレーライス・・・暫く食べられませんでした(涙)

PS : 食事の最中の方々、どうもスミマセン!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用