FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年07月12日 (火) | 編集 |
数日前の新聞に、今秋のサケの予想が発表されました。
事前に流れていた噂では、
「周期的に見ると、カラフトマスは豊漁の年になるから、
サケも少しは期待が出来るかもな?!」
なんていう話でした。
ところが新聞を見ると、あまり色良い話は載っていません。
この予想を見た嫁は、
『冗談じゃないわよ! 昨年は誰とは言わないけど、
肺炎で入院してサケどころじゃ無かったから、
今年は去年の分も楽しもうと思っていたんだからね。
全部、あんたが悪いのよ!』
悪い予想を俺のせいにして八つ当たりをしてきます。
取りあえず、
「予想はあくまで予想、外れる事もあるから、それに掛けたら?」
と慰めとも思える言葉を掛けたのですが、どうも納得がいかないようです。
俺的にも予想は外れて欲しいです、そうでなければ、
『サケが釣れない・・・』
秋にはドヨーンとした雰囲気の中、嫁と顔を突き合わせるのは苦痛なんですよ。

◆秋サケ 今年も少なめか 試験場が来遊予測 日本海側は回復も
(北海道新聞 2011/07/10)

秋サケ定置網漁が8月下旬から道内各地で始まるのを前に、
道立さけます・内水面水産試験場(恵庭)は、
今年の秋サケの全道来遊量予測をまとめた。
今年は4100万匹と、
過去10年間で2番目に少なかった昨年の来遊実績を3%上回る見通しだが、
太平洋海域の釧路地区などは依然低水準で、
予測通りなら2年連続で厳しい漁模様となりそうだ。
来遊量は沿岸漁獲量と河川遡上(そじょう)量を合計したもの。
予測結果を海域別でみると、全体の半数近くを占めるオホーツク海域は1975万匹で、
高水準だった昨年実績を9%下回るものの好調を維持しそうだ。
また、ここ数年不振が続いていた日本海海域は昨年実績を38%上回る268万匹と、
回復が期待される。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用