FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年07月21日 (木) | 編集 |
今、毎夜、奥尻沖~せたな沖の間で、
イカつけの船が旬のマイカ獲りで綺麗な漁火を放っています。
この船の中で地元の船と思われるのは極一部しかなく、
殆どがイカ専門に狙っている旅の船が大半です。

今朝、嫁が仕事場に行く前にコンビニに寄ったと言います。
白い長靴に作業ズボンと半そでのシャツ、頭にはねじりハチマキ、
露出している肌は潮焼けして黒く焼け、
その方々から鳥羽一郎の兄弟船が
バックミュージックとして流れてきそうな雰囲気でだったそうです。
その中でも一際黒く潮焼けした若いオニーチャンがいたそうで、
買い物カゴいっぱいに菓子類を山盛りに入れ、レジに並んでいたと言います。
嫁はその若いオニーチャンの後ろに並び、
順番が回ってくるまで人間観測を始めたようです。
顔を見た時、
『あれ? 日本人? 
でも、今どきの若者の中にもこんな感じの子いるよな?
う~ん・・・・?????』
疑問に思いながら、その青年を眺めていたようです。
彼の順が来て会計をしている最中、
「マルボロ ワンカートン プリーズ」
と注文をした時に発した英語が悠長で、初めて日本人でナイ事が分かったと言います。

その後、知り合いのレジの方と話したそうですが、
「今、イカつけの船が入港しているから、その船に乗っている人達だよ。
数日おきに買い物に来てくれるよ。」
と教えてくれ、先程の若いオニーチャンの話題になり、
「東南アジア系の顔だよね?! 
口を開かなかったら日本人の若者にも見えるよね。」
オバタリアン二人の眼力で
潮焼けかな~?って思っていた肌は、地肌だと判明し、
オバタリアン二人に、知り合いのオバタリアンが1人加わり、
「そうよね、今どきの若者は嫌がって乗らない子が多いでしょう。
海外からの出稼ぎって言っても、船に乗るなんて偉いわよね~。」
ちょっとした井戸端会議を数分間開かれたようです。

知り合いの方々の話では、船の乗り組員も高齢化してきており、
外貨稼ぎのタメ、働き手は海外の若者が多くなったそうです。
そんなイカ釣り船の一部が、このせたな町を訪れているようです。

ここ数日、俺はこの間買ってきた小物で仕掛け作りに励んでいます。

IMGP2637_20110722004704.jpg
IMGP2638_20110722004703.jpg
IMGP2639.jpg
IMGP2640_20110722004701.jpg

コレで魚が掛った時の事を想像している時って、一番至福な時かも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用