北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年08月31日 (水) | 編集 |
今月の8月27日のTV番組の中に、テレビ朝日/お願い!ランキングGOLDで
「世界的ソムリエ田崎真也が選ぶ!
人気商品の本当においしい順ランキング~花畑牧場編~」
として紹介したお菓子で、
第2位の「とかりんとう 生キャラメル」ー 380円、
室蘭の帰りに寄ったコンビニ(ローソン)で見つけ、
思わず手に取って買い物カゴに放り込みました。

IMGP3263.jpg
IMGP3266.jpg
IMGP3271.jpg

俺の感想、
「凄く甘い!」

IMGP3278_20110901000011.jpg

嫁の感想、
『美味しいんだけど、かりんとう独特の硬さが欲しいわ。
常温で保存して食べたら指ベタベタして、ちょっと嫌かな~。
冷蔵庫で冷やしてから食べたらいいかもね。
1袋100g入り380円・・・コレも考えたら少し高上りよね。
普段のおやつに1袋380円なんて掛けられないわよね~、あっ、ケーキは別よ。
お土産用にならいいけど、それだったらちょっと安いから考えちゃうし、
途中半端な値段よね、そっか、有名税ってやつね。』
相も変わらず、簡潔に一言では片付けられないようです。

IMGP3274_20110901000013.jpg

北海道に居ながら、ここの花畑牧場のお菓子を手に入れるには、
花畑牧場に行くか、飛行場の売店などで買わないと無理なんです。
まぁ、ネットで買うという方法もあるのですが、
そこまでして食べたいか?と問われれば、
俺はNO、嫁は絶対にYesと答えると思います。
今回はコンビニで手軽に手に入れられたって事は、
花畑牧場と提携したのでは?と考えられ、消費者としては有難いのですが、
経営者として考えれば、付加価値よりも売上を伸ばす為?
なんて勝手に想像しています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月30日 (火) | 編集 |
嫁と買い物に行った時、某中型量販店で知り合いのレジの娘(こ)と、
久しぶりに会いました。
小さい時から知っている娘で、よくウチの娘達と遊んでくれていました。
自慢じゃないですが、俺、娘達に自転車の乗り方なんぞ教えて事がなく、
この娘を含んだ兄弟3人が全部教えてくれ、
「おじちゃん、一個だけ補助車外して。」
と言われれば一個だけ外し、次の日、
「おじちゃん、残りの一個も外して。」
言われるままに外し、ウチの娘たちはいつの間にか勝手に自転車に乗れていました。
ローラースケートが流行った時もそうでしたし、
かけっこの練習も彼女の兄弟が教えてくれました。

そんな我が家の子供達の遊び相手だった娘と近況報告しながらも、
互いの家族の話題となりました。
その娘の兄弟で、ウチの上娘と同級生の弟が、
「○○ね、今度の日曜日に結納を交わすんだ。」
「先こされたな、お前も早く誰かいい人見つけなよ。」
「居たらさっさと行くんだけど、今は無理かなぁ~?!」
「婚期逃すぞ~。」
「おじちゃんだって、おばちゃんに捨てられるかもしれないじゃん。
おばちゃん、逞しいからすぐに次の人見つけられるけどね。
おじちゃん、どうせうちの親父と一緒で不器用で何も出来ないんだから、
その時はしゃない、私がうちの親父とおじちゃんの面倒見てあげるよ。」
嬉しい申し出と取っていいのか・・・ちょっと複雑な気持ちです。

つい先日の夕食時、嫁が、
『あんたって本当に何もしたくない男だよね。』
諦めとも憐れみとも取れるガッカリとした声で言いやがり、続けて、
『短期バイト先の奥さん方と話したんだけど、
例えばさ、しゃぶしゃぶの肉が冷蔵庫にあったらさ、
Aさんの旦那さんは察して、
しゃぶしゃぶの用意して待っていてくれるって言うじゃない。
Bさんの旦那さんは、
その他にも料理してテーブルの上を飾っているって言うし、
Cさんの旦那さんは、
野菜ぐらい切っておいてくれるって言うし、
Dさんの元旦那さんも、
奥さんが遅い時は料理して待っていてくれたって言うし、
それに比べ、あんたは料理がテーブルに並ぶまで、
待て!を言いつけられた犬の様に、まったく動かないじゃないの!
近い将来、路頭に迷うかも知れないんだから、
今どきの男は料理も出来なければ、お婿にも行けないのよ。』
特大メンチカツを切らずに一気に口に放り込みながら、
箸を振りまわし演説する嫁の姿に、俺、唖然としてしまいました。

俺だって米だけは炊けるし(IHジャーが炊いてくれる)、
目玉焼きと野菜炒めとインスタントラーメンくらいは作れるんですが、
それだけじゃダメだと言うのは納得できません。
掃除機はゴミを吸ってくれるし、洗濯機が洗濯してくれるし、
洗濯物を干すのは苦手ですが、きっと何もできない男でも、
「何でもかんでも完璧に出来る男よりは扱いが楽よね~」
誰か拾ってくれるだろうという淡い希望を持ったっていいじゃん、
と思う俺ですが・・・・無理かな?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月30日 (火) | 編集 |
すっかり夏風邪にやられてしまったようで、熱はナイものの咳が出ています。
夜は蒸し暑いので、タオルケットをけっ飛ばし、
朝方はひんやりと寒くなって、身体を丸めて寝ている状態です。
そんな事をしている奴らが病院へ押しかけているそうで、
俺だけではナイとホッとしている自分がいます。

嫁の周りにも夏風邪をひいた方が多くおられるようで、
極力、その方々の傍に寄らないようにしていると言い、
『あんた、あたしを死なせる気?』
と大袈裟に騒ぎますが、ちょっと呼吸器官が弱い嫁としては、
そんな風邪を貰った日には自分が苦しむ事を十分に理解し、俺から遠ざかりつつ、
『薬のんでさっさと寝てよ。』
キンキンの大声で怒鳴られちゃいました。
で、結果、夕食後に薬を飲み先程まで寝ていて、布団に来た嫁に、
『オシッコ垂らしたら困るから、トイレに行って来てよ。
この年で布団に大きな地図書いても、情けないだけ。
それどころか近所になって言われるか・・・恥かしいたらありゃしない。』
まるで夜尿症の小学生前の子供の様に起こされちゃいました。
まぁー、そんな訳で今頃ブログを書いています。

夏風邪をこじらせ、去年の様に入院なんて事になったら困ります。
さーて、もう数時間すると仕事に行かなければならないので、
もう一度寝てきますね、おやすみなさい!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月28日 (日) | 編集 |
今日、苫小牧の苫東工業団地柏原地区で、NSC北海道オープン大会が開催されました。
俺、最初は仕事の都合もあり申し込みしていませんでしたが、8月の上旬に、
「あのままの成績だったら情けないよな。
肩の調子を見ながら練習して大会に出よう。」
と思い直して出場する事に決め、全サ―の取りまとめしている方にお願いし、
出場する手続きを取って頂きました。
その間、俺自身は青森にキス釣り、知内町にキス釣りに出掛けましたが、
どうも肩の調子が今一つ、いいえ、今三つも五つも悪く、
自分の思っている飛距離よりも数段落ちた飛距離しか出ておらず、
数投なげると肩が痛み、休みながらも釣りをしていました。
が・・・やっぱり肩が痛い!
釣りをしてきた数日間はこの痛みと戦いましたが、
『バカじゃないの? 毎日、痛いって・・・まったくうっとうしいわね。
コレ以上肩を壊してまでやる競技なの?
これからの競技人生を考えたら、
ほんの少し休んで治すって事を考えないと本当のバカになっちゃう。
もうバカだからコレ以上バカになる事もナイか、ギャハハハ。
あ~あ~、バカと居るとこっちまでバカが移っちゃうじゃないの。
痛い痛いと言うくらいなら、その肩切り落とした方が楽になるわよ。
なんならあたしが切ってあげようか?』
ギラリと包丁をこちらに向けました。
気遅れした俺、嫁の言う事も一理有り、その後、出場出来ない事を伝えました。

IMGP3235.jpg
IMGP3236.jpg
IMGP3238.jpg
IMGP3239.jpg
IMGP3241.jpg

今日は俺の仕事は休みでしたが、嫁は午前中バイトだったので、
『午後から室蘭に行かない? 
○○(下娘の名前)から冷蔵庫の中が寂しいって電話も来た事だし、
そろそろ冷蔵庫に食材調達しないと、○○、
あのガリガリがもっと痩せこけて餓死しちゃうわ。』
と彼女に誘われるまま室蘭に出掛けました。

IMGP3242.jpg
IMGP3243.jpg

途中で下娘から電話があり、アパートまで迎えに行くのが面倒くさかったので、
通りがてらに拾っていく事にし、最寄りの駅まで出てきてもらいました。

IMGP3245.jpg
IMGP3246.jpg

下娘の食料調達をし、久しぶりに三人で外食をしましたが、
夏風邪を引いたらしく余り下娘は食欲がなかったようです。
その後、アパートに送り届けて帰路につきました。

IMGP3249.jpg
IMGP3251_20110829001048.jpg
IMGP3254_20110829001047.jpg

室蘭へ向かう道を走りながらも、やはりNSC北海道オープン大会が気になり、
はこだてサーフの、おーい、中村君!に電話を掛け、皆の記録を聞きました。
4種目では、おーい中村君!が優勝したそうで、
『マグレよね。 皆の竿に細工して陥れたに決まっている。』
と本人に向かって暴言を吐く嫁・・・すみません。
はこだてサーフの“堀っち”が、
スランプを抜け出して第3位に入賞した事を聞いた嫁は、
『きゃ~、おめでとう! お祝いのキスしちゃっていい?』
相変わらずおバカ発言する彼女・・・すみません。
出場した皆さん御苦労さま! 
各種目で入賞した方々、おめでとうございます。

IMGP3256_20110829001552.jpg
IMGP3260.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月27日 (土) | 編集 |
今夜も蒸し暑い夜ですね、そんな夜なので少しは涼んで下されば幸いです。

昔、俺の近所に住んでいたある家族の話で、
この家の御主人の霊感能力ばなし 第3弾です。

このご主人は、道を歩いても、車で事故現場を通り掛かっただけで、
本人の意思に関係なく、色んな人を連れて帰ってきてしまうそうです。
俺が聞いた中では、一番キショイお話です。

ある日、車から降りて家に入った瞬間、首の後ろ側が急に重たくなったそうで、
直感的に、この世の人でないことは判ったそうです。
<さっき通った道で見た人かな?>
と思ったそうで、それは時間がたつにつれ、
どんどん重たくなり、頭が痛くなる一方でした。
道で見た時の状況をお聞きすると、
歩道に鼻から上の部分だけが、ポコリと盛リ上がっているかのように見えたそうです。
ご主人は首の後ろにいる何者かを振り落そうと身体を揺すりますが、
反対に自分の腰に髪の毛が触れるのが分かったそうです。
そこで奥さんに頼んで、首の後ろに乗っかっている何者かを、
枕で叩き落してもらおうとしました。
ところが枕は空を切るばかりで、一向に離れる様子がなく、
もう一度頼んで、枕で頭を思いっきり叩いてもらったそうです。
今度は、ただ単に痛かっただけで、
尚もそれは首の後ろに乗っかったままだと言います。
このままだったら、らちが上がらないので、そこでちょっとした呪文を唱えて、
片足を今いるところより低い温度の場所に置くと、スーと離れていったと言います。
それはご主人が自分の身を守るタメに身に着けた、
ちょっとしたテクニックだそうです。

少しだけ興味があったので、おっかなびっくりですが、
どんな女の人だったのか聞いてみました。
ご主人は淡々と、
「髪は俺の腰まであったな。
首の後ろにあったのはな、若い女の人の首から上の部分だけ。」
と腰に手を当てて髪の毛の長さを示し、
「きっと事故かなんかで亡くなった人だと思う。 身体を探している風だったな。」
と付け加えました。
それを聞いた俺は、もう少しでちびりそうになり、
泣き笑いの表情を浮かべトイレに駆け込みました。
自分の首の後ろにその顔があるのではと気になり、
一人でトイレに行くのにも勇気が要りました。

こんなことが毎回ある家族は、もっと怖い思いをしているのかと思い尋ねてみました。
「家族には見えないし聞こえないからなー。
俺がはっきり話して会話(死者と)しているんだが、
周りにいた者にはゴニョゴニョと聞こえるようで、
昔からあったことだから、また、始まったと呆れて見ているよ。」
と笑いながら言います。
そんな事は日常茶飯事のようですが、ご主人の身体を心配した家族は
ある霊能者に相談したところ、反対に
「ちょっと修行したら立派な霊能者になれる。」
と勧められたそうですが、当のご主人はそんな気がないようです。
今では時々訪れる懐かしい友、
悪さをするわけでもない死者と会話を楽しんでいる風で、
認識のない方々は会得した方法でお帰りになって貰っているそうです。

ご主人は
「海や道なんかには其処ら中にいるぞー。」
なんて俺を驚かして遊んでいます。
そんな話を聞いても、やはり目に見えない者に対して、
色んな事を想像してみますが、
乏しい知識の詰まった脳みそでは想像力も限界があるようです。
見えなくて良かったと安堵し、今日も枕を高くして寝ている俺です。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月26日 (金) | 編集 |
【有言実行】ゆうげんじっこう
「不言実行」をもじって作られた語  言ったことは必ず実行すること。 

下娘の座右の銘は、
「有言不実行」
だと、悪びることなく胸を張って言いやがります。
言うだけ言っても、実行が共わないのが分かっているのに、
決心したように大げさに公表し、いざとなれば何もしない、
自他共に認める口先女です。
この辺は俺に似ていて、時々ですが、
自分の姿を見ている様な気分になり、腹が立つことがあります。

ふげん‐じっこう【不言実行】
文句や理屈を言わずに、黙ってなすべきことを実行すること。

今日はそんな話しです。

北海道では鮭の話題がポツラポツラと出てきています。
鮭釣りが大好きな釣人は目の色を変え、鮭釣りに勤しみます。
また、釣りをしなくても、釣人から貰う鮭のメスの卵に下鼓をし、
身は色んな料理に変身し食卓を飾ります。

あるご老人がおりました。
昔の事はよく覚えているのですが、
つい最近の事になるとすっかり忘れるという特技を持っております。
家族の方、近所の方もこの事は分かっており、気にかけて生活を送ってます。
この方は若かしい頃から、少しばかりオイタすることがたまの傷で、
鮭が遡上する時期、そんな昔を思い出しては、川に熊のように出没します。

ある年の秋、川に遡上するサケを見ていたら、
昔の事が鮮やかに蘇り、サケを捕まえては、
「野郎には用がない。 俺が欲しいのは可愛い子ちゃんだ。」
と選び、そこで卵だけ採取して家に持ち帰っていたそうです。
もちろん人が沢山通る国道沿いの川なので、
日中、そんな事をしているとすぐに目につき、
通報されては家族の方が罰金を払っているそうですが、
本人は、どうもその記憶がどこかに置き忘れてくるのか、
毎年、飽きることなく同じ事を繰り返しているようです。
おっちゃんに言わせると、
「これで少しは食卓がにぎやかになる。 
俺は昔からそうやって家族を養って来た。」
と正当化していますが、やはり、今も昔も密猟は密猟です。

一昨年もまた川に出没し、再度捕まり、
周りの方々が捕まえた方に彼の病状を色々と助言したのですが、
「違反は違反だ!」
と一歩も譲らなかったようです。
俺が思うには、もし許してしまうと、
このおっちゃんを真似る模造犯が横行するのを懸念し、
阻止したかったのではないでしょうか。
どのくらいの罰金を、その家族の方が払ったのかは分かりませんが、
今は立派な大人になり家庭を築いている筈の子供達なんですが、
おっちゃんの記憶では、まだ小さい頃の子供のままで、
当時の生活を思い出し・・・
今もその当時で時間が止まっているので、
子供たちに腹いっぱい食べさせたい一心で、ただ黙々とこれが繰り返すのです。
家族の心情を考えると、何だかやり切れません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月25日 (木) | 編集 |
今日は決断の時と言うか、
仕事の都合上延び延びになっていた、嫁の検査入院の日取り決めです。
前回、循環器内科からいきなり呼吸器内科を紹介され、
時間外に受診となり、懸念されていた病気の可能性が大きいと言われ、
その時にすぐに検査入院を勧められていました。
唐突な言葉だったのと、嫁の仕事の予定がビッチリ決まっていたので、
『お盆明けに来ますので、その時に決めたい。』
と申し出たそうです。
来月の仕事の予定を組む都合上、今日を逃すとマズイと言い、
自分の気持ちに踏ん切りをつけ、腹を括り、現実逃避から逃げるのをやめ、
コレ以上延び延びにさせる訳にもイケナイと覚悟を決めたようです。

IMGP3234.jpg

正式な時間内で見てもらうのは、今日が初めてで、
検査入院時に行う検査方法の説明と、他の病気を視野に入れた検査などや、
もしその病気だと判定したら、その後の治療方針が決められる様です。

IMGP3233.jpg

もし、その病気だと認定されれば、ものの本によると、
日本において1年間に新たに発症する患者数は人口10万人あたり1~3人だそうで、
今回、嫁がその1~3人の内の1人となるようです。
嫁の場合は自覚症状があったので病院に掛かりましたが、
自覚症状のないままの方もいる様で、
病院にも掛からずに人知れず発症している人もいるようです。

嫁の目下の悩みは、今日手渡された入院のご案内の袋の中の、
「当院に入院される方へ」と書かれた問診書。
そこには、
※入院時に測定します
身長  cm 体重  Kg
体重・・・暴飲暴食のなれの果ての姿・・・今更慌てても仕方がナイのですが、
どうやら乙女心・・・イヤ、オバタリアンも恥ずかしいようです。
それより俺、院内の体重計で計れるのかどうか心配、
『ムキ、この体重計壊れている。』
と大暴れしなければいいのですが・・・。 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月24日 (水) | 編集 |
あいたたたぁー
今日の俺の第一声です。
仕事が始まって数十分後、機械を分解している最中、
頭上に部品が落ちてきて、一瞬痛みと共に何が起きたのかさえ分かりませんでした。
痛い部分を手で押さえいたら、近くに居た人が、
「血が出ているよー。」
と教えてくれ、フッとその手を見ると、
俺の大っ嫌いな血がついており、気絶しそうになっちゃいました。
現場は他の人に任せ、事務所に転がり込んだ俺は、
「血を止めてくれ~。」
と懇願し、事務員の運転する車に乗り込んで病院へ行きました。
病院に着くまでにチキンハートの俺、
「出血死しちゃうじゃないか?」
と本気で心配しちゃい、アレコレ考えてました。

病院に着き、呼ばれるまでには少しだけ時間が掛かりましたが、
その間に血は止まり、レントゲン室に呼ばれレントゲンで頭部を撮りました。
その後、診察され、
「骨には異常がありませんよ。
傷口に軟膏を塗ってバンソウコで保護しておきましょう。
化膿止めの薬も出しますが、
もし、明日も傷口辺りが腫れているようでしたら来て下さい。」
医師から言われ、また事務員の運転する車で会社に帰りました。

IMGP3232.jpg

その後は普段通りの仕事をこなし、定時に終わった後、
転勤する同僚の送別会がありました。
当初より参加する人数が増え、会場も場所変えし、
車で通勤しているのでお酒も飲めず、
先程、やっとウチに帰って来ました。

この話を聞いた嫁が、
『レントゲンのX線であんたの頭皮、ダメ―ジ受けたんじゃないの?
コレ以上毛が抜けたら・・・デブにハゲに短足・・・最悪。
あたし、あんたと一緒に歩きたくないわ。』
と言いやがり、俺の傷よりも頭皮を気に掛けてました。
そう簡単に毛は抜けませんが、俺、実は少しだけ頭皮がダメージ受けたかも?
なんて思っています。
だってもし誰かに頭の毛の事を指摘されたら、
「X線でやられた。」
と簡単に嘘がつけるでしょう?!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月23日 (火) | 編集 |
今日はお盆明けからの出来事を、一気に書きたいと考えています。

まず最初に、
お盆明けに俺のコメンターの釣好人見さんから、メールが届きました。

「暑さのせいか?歳のせいか?行く気も失せて、
足摺岬に4日間も遠征していた、釣り友のお土産の(イシガキダイ)で、
帰省した息子と1日目は刺身、2日目はイタリアン風で楽しみました。
今夜は(大名下ろし)だった、アラを煮付けます。

110816_1820~01
110816_1825~01
110816_1828~01

ひろしさんは、青森遠征でgetしていた(キス)で
親戚中で株が上がり良かったかもしれませんね。
80匹のキスを天ぷらにするのは拷問の暑さ、
美味しく飲んだビールでしょうね。
北海道も30度近いですが、残暑もあと少し。」

北海道はお盆が過ぎると、日中は暑くても夜になると過ごし易い気温になり、
朝方は少しだけ寒くなってきました。
来月には秋祭りが各区内で始まり、鮭の便りも聞こえ、
段々と気温が下がり、本格的な秋の気配が感じられます。
ソレが過ぎると、雪がチラホラ降り出し、根雪となって外気温もグゥーンと下がり、
冬には拷問のような寒さが身を包みます。
夏が来たかと思えば、駆け足の様に去って行き、
俺の勤めている会社もも一気に忙しくなってくる時期を迎えつつあります。
あ~あ~、ソレを考えるとちょっと憂鬱になっちゃいます。

拷問と言えば、嫁の短気バイト先で拷問の様な暑さを味わったそうです。
最初はそれほど室内の温度は上がらなかったそうですが、
日が経つにつれ、段々と上がってきたそうです。

HI3H0062.jpg

↑この時はまだ我慢が出来たそうですが、遂に嫁もギブアップした日があるそうです。

HI3H0069.jpg

室内に一歩でも踏み込むと、今までにない体感温度に身体が驚き、
一気に汗が吹きだし、頭痛が起こったそうです。
慌てて持ちこんだ飲料水をガブ飲みし、水分補給をし、何とか乗り越えたようです。
仕事から帰って来た俺に、
『あんたも一度、灼熱地獄見てきなさいよ。 変な薬やるよりもハイになれるわよ。』
・・・嫌です、俺、それでなくても我が家は嫁の機嫌次第で、
天国になったり地獄になったりするのに、
何好き好んでそんな所に行かなければならないんですか・・・絶対に嫌です。

最後に、
知り合いの方から↓頂きました。

IMGP3228_20110824000215.jpg
IMGP3229_20110824000214.jpg

麺好きの俺としては、とても嬉しい頂き物です。
嫁が仕事で出掛けていた時、こっそり一人で一袋頂きましたが、
とても美味しかったです。
もう少ししたら嫁が検査入院するので、
残りはその時の俺の夕食として食べたいと考えています。
ありがとうございました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月22日 (月) | 編集 |
IMGP3202.jpg

北海道で釣れるキスって事に意義を見出したいと言う気持ちで、
今回、俺がチョイスした釣場は中の川漁港の左岸。

IMGP3184.jpg 

前日の情報では、
「中の川漁港の右岸、左岸で釣れている。」
という話を訊き、自分の勘を頼り左岸にしたのですが・・・
まったくもって頼りにならない情けない勘の持ち主だと痛感。

IMGP3194_20110822234350.jpg

夜が明け、陽が昇るまでの間がチャンスだとお聞きしていたので、
さっそくキスのいるであろう場所まで、思いっきりフルキャスト。

IMGP3191.jpg
IMGP3182_20110822234527.jpg

今回のタックルはキススペ。
「僕、北海道のド田舎に買われてきたけど、何が悲しいって、
僕の仲間は本州で自分のボディの色と同じキス釣りに使われているのに、
このハゲ、僕でホッケやカレイを釣りやがるんだ。
僕のボディがホッケ・カレイ臭くて堪らないんだ。
僕のプライドはズタズタ、家出してやる、グレテやる。」
うるさく騒ぐので出番となりました。

IMGP3196_20110822234640.jpg

中の川漁港の左岸で、泰皇夢さんから頂いたウッド天秤を使い遠投。

IMGP3178.jpg
IMGP3181_20110822234754.jpg

掛かってくるのは5連5針にフグ。
遠投がダメなら4色辺りを攻めるも・・・フグ。
ならば近間を攻めるとフグ。
ここはフグの大量生産されている工場かと思っちゃいました。

IMGP3185.jpg

それでもきっといつかは俺にもキスが1匹でも掛かるのでは?
淡い期待を抱きながら竿を振ってました。

IMGP3186_20110822234910.jpg

フグフグフグフグフグフグフグフグ・・・・飽きることなくフグ。

IMGP3190.jpg
IMGP3188_20110822235135.jpg
IMGP3189.jpg

1匹だけメゴチ。

そんな俺の情けない姿を見に来たキス釣りの教授Wさんから、
「右岸で2匹キス釣れていたよ。」
・・・やっぱり俺の勘は最悪の状況へと導いていたようです。

IMGP3192_20110822235415.jpg
IMGP3193.jpg
IMGP3195.jpg

知内町の小谷石に夜釣りに出掛けていた函館つるさんとあつし君が、
遠くから、おーい!おーい!と叫んでいたのですが、
俺、その時は誰なのかさえ分からず、
「俺じゃないよな?」
と無視していました・・・でも、あの帽子見た事があるんだけど・・・
まさかこんな所にあつし君が居るとは思えないし・・・
そんな事を考えていたら函館つるさんから電話があり、 
「やっぱり来ていたんだ。 キス釣れるか?」
問い合わせがあり、俺のところへやって来ました。
少しだけ話し、その後、彼らは、
「俺達、違う場所でキス狙ってみる。 釣れたら電話入れるわ。」
と言い、俺も中の川漁港右岸へ移り竿を振りましたが、
こちらもキスよりも先にフグの猛攻撃に遭い撃沈。

IMGP3197.jpg
IMGP3198_20110822235830.jpg
IMGP3199_20110822235829.jpg
IMGP3200.jpg

移動した俺の車を見つけた函館つるさんとあつし君が舞い戻り、
一緒に竿を振りましたが、
「ここもフグだらけ。」
悲しい顔をし、函館つるさんは自分の車の中でふて寝しちゃい、
あつし君も暫く竿を振ってましたが、心折れてテトラの上でふて寝中。

IMGP3205.jpg
IMGP3204.jpgIMGP3206.jpg
IMGP3207.jpg

その頃、俺のキススペが、
「ふざけるな、俺はキスを釣る道具で、フグと遊ぶモノではナイ!」
と竿が嫁の様にカンカンに怒って言うので、ちょうど目の前に竿があったので、
函館つるさんの残していった、がまかつ・サーフサイド27号の振り出し竿で、
フグと戯れて遊んでました。
この竿、嫁に持って帰ると喜ぶだろうな~?
と考えていたら、小1時間程して皆が起きだし、
俺の邪な考えを察知したようでさっさと竿を仕舞う函館つるさん。
少しだけ皆で談笑し、
「今日のところは、これで許してやろう。」
捨て台詞を残して解散です。

IMGP3210.jpg
IMGP3211.jpg
IMGP3212_20110823000705.jpg
IMGP3213.jpg
IMGP3214_20110823000702.jpg

後は寂しく帰るだけです。

IMGP3219.jpg
IMGP3220.jpg
IMGP3222.jpg

俺の生まれた故郷を通った時、突然のゲリラ雨が降り出し、
ワイパーも効かない状態になりました。

IMGP3221_20110823001008.jpg
IMGP3223.jpg

まるで俺の心の様です・・・と恰好つけましたが、
そんな軟な俺でなく、リベンジを密かに決めた瞬間でもありました。

今回の釣果はフグが100匹以上釣り、リリースの繰り返しで、
コレがキスだったら大喜びなんですが、
キスより先にフグが掛ってくるというお粗末な釣果でした。
そんな日もあるので、
「今日はフグの数釣りに来たんだ。」
無理やり納得する事にしました、そうしなければ悔しくて寝れなくなっちゃいます。
でも、しっかりと寝るけどね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月21日 (日) | 編集 |
キスを釣る気満々だった俺、まさか5連中5針にフグのオンパレード、
それも姿もサイズも同じで、
工場で大量製産されベルトコンベアーで流れてくる玩具の様です。
そんなフグと戯れた疲れと、ウチから知内町まで行くのに約3時間掛かり、
寝不足と往復運転と3時のおやつとも言える遅めのお昼ご飯を食べたら、
そのまま爆睡モードに突入し、おしっこがしたくて目が覚め、
今パソコンの前にいますが・・・ダメだ・・・眠たい・・・詳しい事は明日。
では、おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月20日 (土) | 編集 |
この間のキス釣りの帰りのフェリーの中で、
「今年、知内方面でキスが2匹釣れたって話だ。」
という情報を小耳に挟んだ俺ですが、
「そう言えば去年も数匹だけ釣れたけど、それっきりだったって話だぞ。」
と言う言葉を訊いてガッカリしていました。
その後、俺のキス釣りの教授であるWさんがその情報を基に、
知内方面へキスの調査に行って来たそうで、キスが釣れたとの事です。

IMGP2432.jpg
平成19年8月27日に俺が釣った知内方面のキス 

北海道でキスを狙える場所は限定されており、毎年釣れるとは限らない、
殆どバクチに近い釣りになりますが、
そんな小さなチャンスを狙わない手は有りません。
Wさんの話では、
「朝方がチャンス。 陽が昇るとフグが掛ってきて釣りにならない。」
そんな情報を教えてくれたので、
ちょっくら俺も調査に行って来たいと思っています。
ピンキスでもいいので、“北海道で釣れたキス”って事に意義を見出して来ます。
では、行ってきま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月19日 (金) | 編集 |
昔、俺の近所に住んでいたある家族の話で、
この家の御主人は子供の頃から俺には分からない霊感というモノが備わっており、
時々、あの世の方が訪れるそうです。
その第2弾です。

ある日の日中、そのご主人は、茶の間で新聞を拡げて読んでいると、
背中側にあるはずの窓からつき刺さる視線を感じて振り返ったそうです。
そこには、不慮の事故で亡くなった友達が立っていたそうです。
その友達=Aさんと呼ぶことにします。

Aさんはご主人と目があった瞬間、窓ガラスをすり抜けて、
目の前に座ったそうです。
その時は何も語らず、自分の今いる世界を、
ご主人の頭の中に映画のスクリーンのように映し、
「俺、ここで3年間我慢しなくちゃならない。 そうしなければ行けない。」
と哀しいそうな目をして近況を伝えたそうです。
その世界とは、周りを鉄格子で囲まれた暗い場所で、
“行けない”の意味は、3年間は三途の川を渡れないということだそうで、
自分の罪を悔いていたようです。

それから数日後の日中、またAさんはご主人の元を訪れ、
玄関ではなく窓ガラスを擦り抜けてやってきたそうです。
その時は、自分が事故にあった模様を、
再現VTRのように映し出して見せたそうです。
それは、周りにいる家族には見えず、ご主人しか見えないと言います。
Aさんは突然の煙に巻きこまれ、床を這っている姿で、
「あいつに悪かったと伝えてくれ。」
と伝言を頼んでいったそうです。
それは、Aさんの生前の最後の姿だったということでもあり、
御主人はその哀れな姿に自然と涙を流したそうです。
その事を“あいつ”と呼ばれた人に伝えたかは、俺には聞けませんでした。

ご主人は言います。
「死人は怖くないんだけど、型破りな訪問方法にビックリするんだよ。」
俺にしたら、どんな訪問方法でも怖いし、
現存していない方と話すこと事態信じられないし想像も出来ませんが、
でも、今は亡き両親や俺の大好きだったババちゃん(祖母)に、
一目会って一言、話たいのも事実です。
きっと無理でしょうけどね。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月18日 (木) | 編集 |
後で嫁に、
「もし抜けなかったらどうした?」
と尋ねると、
『誰かナイフなりハサミ持っているから、
火を借りて消毒してから5mmほど切開して針を取り出す予定だった。』
・・・・女の人は痛みに強いと言いますが・・・・
自分一人のタメにせっかくの楽しいキス釣りが中断する事を嫌い、
悲鳴一つ上げず顔色一つ変えることなく耐え抜いたあっぱれな嫁です。
もちろん後から嫁の口から大袈裟に事の成り行きが皆に知れ渡り、
「日頃の恨みってことで、抜く時、
ペンチで針をグリグリとこねくりましていたんじゃないの~ギャハハハ」
俺を養護しているのか茶化しているとも取れるお言葉を頂きました。
時々、指が痛むのか、それとも飽きたのか、
座り込んで竿を振る事をしませんでした。

①キスとコチのアタリの見分け方
は残念なことなのか、運良く、俺達が居た釣座では、
コチどころかフグさえかからず、キスばかりが釣れ、
この課題は来年に持ち越しです。

②V字or着地投法の投げ方
は少しだけ教えて後は断念しちゃいました、俺が。

ですが、俺にひっついてSC大会を長く見ているので、
何となく改善点が分かったようで、荒削りですが、
自力で天秤だけ置くV字投法をモノにしてました。
今回の竿はスピンパワーDX-405 プロトタイプの借りモノで、
折ったら困ると判断し、セーブして使っていたようです。
それが幸いしてなのか、要らぬ力が入っておらず、
左右のブレはこれからの課題としても、距離は出ていました。
本人も自覚していたようで、
『指先に余り負荷が感じられなかった。
感じた時はビックリするくらい距離が出ていて、
あたしって天才?って思う場面もあったわー。』
振りきれていなかったのが残念がってました。
実釣の飛距離を見て、竿先を地面に接地させたV字投法や着地投法を、
本格的に鍛えてSC大会に女性部門で出場すれば、
結構良い位置に潜り込める気がしますが、
『遊びだからいいのよ。 それにあたし、タマ遊びに興味ないモン。
あたしは食べるタメならどんなに辛い事でも努力するけどね。』
ヌケヌケと言いやがります。

調子をこいた嫁が、島ちゃんの投げる姿を凝視し、
一人でブツブツ言い、時には首を傾げ、ステップの取り方、
腕の運びなどを真似ていましたが、その姿はちょっと不格好なので、
何やら新手の踊りではないかと思って笑ってしまいました。
怪しげな宗教的儀式の踊りでも始めるのかと思いや、
島ちゃんのフォームを真似て、無謀にも回転投法に手を出したのです。
でも、そう簡単には出来なかったようで、
『仕掛けが小砂利に引っ掛かるんじゃないかって思ったら、
投げるのに優著しちゃって思いっきり投げれなかった。 ヒヤヒヤしちゃったわ。』
と言い、上手く投げれなかった事を島ちゃんに教えてました。

呆れ顔の島ちゃんに、
「あんたね、ソレ、無謀! 何事もステップってモノがあるの。
やっとV字で投げたからって、そう簡単に投げられないの。」
と言葉優しく諭されてましたが、一瞬、嫁の眉毛がピクリと動いたところを見ると、
諦めが悪いのか懲りてないのか・・・
3歳児並の聞きわけのなさ、思春期並の反抗期、相撲取りの様な体型、
悪徳政治家の様な極悪非道をまい進している嫁に、
誰が教えると思っているんだかぁ・・・困惑していたら、
『もちろん教えるのはあんた達よ。』
「・・・???あんた達??・・・って誰?」
『痛さを煽るに煽ったジジィには飛行力学などの理論、実技は針をブッ刺したあんた。
これであたしが落第点でも取る様な事があったら、
あんた達の指、あたしの痛さを思う存分に思い知ってもらう。
きっと、素晴らしい悲鳴の二重奏が奏でられのね、うふっ、楽しみ!』
・・・ここは、ぜひ、おーい、中村君!に一肌脱いで貰う事になりそうです。
俺と函館つるさんは高みの見物って事で、
「あ~ぁ~、可哀そうに・・・」
と涙を流しながら笑い転げて、あっ、失言、
苦痛に歪む彼の顔から目を離す事が出来ずに、自分の事の様に涙をこらえながら、
「頑張れー、指は足の指を含めて20本あるから・・・
20回投げれば何とかなる、いや、ならせてくれ!」
他力方願的発想の基、陰ながら応援する事にしましたので・・・宜しく!

おわり

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月17日 (水) | 編集 |
今回のキス釣りにあたって、嫁の夏休みの自由研究の課題して、
①キスとコチのアタリの見分け方
②V字or着地投法の投げ方
を掲げてました。

初めは垂らし投げで投げて遊んでましたが、
『そろそろ投げ方教えて欲しいんだけど。』
と低姿勢な言葉だけは謙虚なんですが、態度はいつものように威圧的なんです。
砂浜に天秤だけをおくV字投法を教えましたが、
俺が教えてのは天秤の置く位置だけで、
後は自力で人の見よう見まねでおっかなびっくり投げてました。
最初の一投は抜けて右、二投目は引っ掛けて左へ、
数投投げ込んでやっとまともに真っ直ぐに飛びました。
それでも自分が勝手に思っていた飛距離に届かないのが不満で、
『フォームチェックしてよ。 肘の使い方が悪いみたい。』
と言うので、キスと戯れるのを一時中断し、
余りゴミの無い平らな場所を探し、そこで教える事にしたのです。

周りを見渡すとちょうど良い場所があったのですが、
暴風雨で秋田県方面から流れてきたゴミが砂浜に散乱しており、
砂浜に2mくらいの木の枝があったのでソレをどかして教えようと思い、
木に手を掛け引っ張ると、
『ちょっと、ちょっと待って、その木、引っ張らないで。』
金切り声で怒鳴るのですが、俺、
「変な事言う奴だな~、せっかく場所作っているのに・・・」
無視して引っ張ると、
『いったぁー、痛いってば、その木、触るなっていったでしょう!
ぎぇ~、いたぁ~、針刺さったじゃないの!』
えっ?

慌てて木から手を離し、嫁が“痛い”と主張する箇所を見ると、
左手の親指の内側第一関節の所に、
思いっきりと表現した方がいいのか、気持ちよく?針が刺さってました。
3本針の一番下針が木の枝に絡まっており、俺が引っ張った事によって、
嫁が指で押さえていた糸がズレ、親指に針が刺さり、
それでも引っ張り続けたので、
糸が引っ張られてズブリと半分以上針が刺さってしまったわけです。

俺、真っ青になり、すぐにハリスを切り、
「病院へ行くか?」
と尋ねると、首を横に振り親指を俺に差し出し、
『悠長しないで、思いっきりペンチで抜いて。 
抜けなかったら返しの部分を貫通させて、
返し部分を切り落として抜くって方法もあるから。』
と言うのです。
・・・俺に抜けっと、それもペンチで、血を見たら俺気絶するぞ、
それでも俺に抜けと言うか、コレは信頼と取っていいのか、
新たな嫌がらせか、もし失敗したら俺の今後の人生地獄に突き落とされるのか・・・
などと頭の中で声が鳴り響いてました。

覚悟を決め、嫁の顔色を伺いつつペンチで引っ張ったんですが、
どうも上手く抜けず、返しの部分を貫通させようとグイグイ押していると、
ちょうど釣り歩いていた函館つるさんがソレを見て、
「針が小さいから抜いた方がいい。」
と助言するので、抜く事にしました。
その間嫁は指を見る事なく顔を横に向け、足をしっかり砂浜に押し付け、
手は微動せず、声一つ上げることなく無言を押し通したのです。
嫁の代わりに函館つるさんが、
「痛いそー、あっ、痛い、痛たぁー。」
俺のペンチの動きに合わせて“痛い”と強調し続けます。
それでも嫁は寡黙の人となり、針が抜けるのを待ち、
抜けた途端、指を確認し、
『だから木引っ張るなっていったでしょ!
いつも人の話聞いてないからこうゆう事になったんだから!』
冷静に眼光鋭く言葉尻厳しく俺に反省を促します。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月16日 (火) | 編集 |
嫁の実家に親戚筋が集結し、我が家の冷凍庫から、
青森のキス釣りで釣れたキス80匹の天ぷらと、
イカ釣りで釣れた活きの良いイカが、
イカ刺しをなって食卓の一部となって上がりました。
前回、一緒に釣りに行った小川のおんちゃんが、
「俺の兄弟が飲食店開いているんだ。
キスは全部、そこに貰われていくんだ。
キスのウロコも内臓も取らずそのまま冷凍し、
使う分だけ解凍すれば美味しく頂ける。
ただし、2週間過ぎれば味が落ちてくるから、
ソレまでに食べ切れれば美味しいキスが食べれるぞー。」
と教えてくれたので、さっそく我が家でも実行しました。

親戚筋の女共が集まり、初めて見る本物のキス、
中には「チカ?」と訊いてくる人もいたそうです。
キスのウロコはあの身体に似合わずばバキバキとした大きなウロコに覆われ、
そのウロコ取りを一気に引き受けたのが、
彼女の姪っ子で魚料理を食べるのが大好きな女の子。
ペットボトルのフタでウロコを落としていたのですが、祖母が、
「ドリンクのフタの方が取れやすいよ。」
と教えてもらい、一生懸命ウロコを取る姪っ子、
キスを開くのは嫁、天ぷらを揚げるのは彼女の妹と役割分担が決め、
温かい内に皆の胃の中へ一気に泳いで行ってしまいました。
集まった親戚も、
「このチカ美味しいわ。」
「違うわよ、ワカサギよ。」
『チカやワカサギでなくてキス!』
訂正して歩く嫁の姿があり、思わずクスッと笑ってしまう場面もありました。
今回、俺の持ち込んだキスとイカは大盛況で完売し、
「来年も宜しく!」
ビールがはかどり会話も盛り上がりつつ喜んでいただき、
これで少しは肩の荷が下りたような気がします。

そうそう、来年こそは函館つるさんが釣ったマダイが仲間入りする事を、
ここで希望したいなぁ~と思っています。
俺達がキス釣りに伺う前日、函館つるさんと小川のおんちゃんが、
土曜日の早朝、むつ湾内の浜奥内沖で、お仲間と船でマダイ釣りをし、
珍しい事と言うか当然と言うのか・・・
函館つるさんが5匹のマダイを射止めたと言います。
それをハイエナのように聞き付けた嫁が、
『食べたい! 絶対に食べたいんだけど、ちょうだい!』
と、強行にオネダリしていましたが、
「マダイを待っている人達がいるの。
順番が来たらそっちまで行くから~。」
と、呆れながらも言葉優しくなだめてました。
「順番が来るまでこの写真のマダイでも眺めてなさい。」
と言いたいようで、意地悪な事に写真だけ送らさって来ました。

P8060180.jpg

来年こそ、どうぞ宜しく―!
と今から予約を入れちゃおうかな~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月15日 (月) | 編集 |
午前中仕事を終えた嫁の依頼を受け、
『お盆休みだからって寝てばかりいるんだったら、
あたしを眼科に連れて行ってよ。』
と言うので、仕事場に彼女を引き取り行ったら、
俺の乗っている車のフロントガラスを覗きこむ若者がいます。
????俺、何かやらかした????
「ひろし。。。さんですか?」
オドオドしながら答えると、
「俺、さる。です。」
どこかで聴いた声だと思っていたら、
こんなところで、さる。さんと遭遇するとは思いもよりませんでした。
車で待機していた奥様をチラリと見ましたが、
これまた綺麗なお方で、さる。さんがいなければ、
思わずフラフラと寄って行ってしまうところでした。
職場からけたたましく飛び出してきた嫁を見た時、
俺、見比べてしまい・・・ガッカリ。
機関銃トークで、矢継ぎ早にさる。さんに質問をぶつけて困らせてましたが、
それを爽やかに笑って答えてくれてありがとうございます。
爽やかな青年は、爽やかな笑顔と共に家族を引き連れて札幌へ帰って行きました。

その後、函館へ行く事になり、帰省中の上娘もひっついて来ました。
嫁の目の炎症は小康状態を保っており、
今迄使っていたステロイド点眼剤は強めなので、
今度から同じステロイド点眼剤でも弱めの物に替わりました。
今は小康状態を保ていますが、何度でもぶり返す可能性が高いので、
薬が無くなる頃、また来院しなければなりません。
左目は検査のタメ、動向を開く点眼剤をつけているので、
左右の目のバランスが取れず、車の運転に支障をきたし、
『左目で見たあんた、幻想的に見えるから不思議よね。
でも右目で見ると現実が・・・あ~ぁ~、もうイヤになっちゃう。』
と言いやがり、さっさと運転しろと言うんです。

函館に一緒について来た上娘には魂胆があって、
「あのね、仕事着の中に着るシャツとカーディガン欲しいの。」
某洋服店に連れて行けと言います。
お店に入ると、
「お母さん、コレいい?」
買い物カゴに欲しいモノを放り込むだけで、後は親の財布目当てで逃げやがりました。
あ~あ~、まったく困った娘です。

夕食は・・・もちろん嫁の飲食欲を満たすバイキング。
今回は新しく出来たお店に出掛けましたが、お盆最後の日とあって混みあっており、
せっかくここまで来たので、オメオメと退散すると嫁に、
『あたしの楽しみを奪う気?』
帰りの車の中でウチに帰るまで愚痴愚痴と言われるのは目に見えているので、
ここはグッと我慢して並ぶ事にしました。

上娘も帰省する前日、以前掛かっていた歯科で、
奥歯の奥に生えていた親知らずとその前にある奥歯を抜き、
親知らずを奥歯のあった場所に移植させ、
奥歯として活用させる手術をおこなってきました。
娘に詳しく訊くと、
「親知らずは活用できるけど、他の歯はダメなんだって。
詳しい事を聞いたんだけど・・・説明するとなれば長くなるよ。」
と言うので、親知らずを移植し他の歯の代用になるなんて、
俺の頭ではまったく考えられなくて、
まぁ、俺の犬並の脳ミソでは聞いても理解するのに相当長い時間が掛かるので、
聞きたいのはヤマヤマですが眠たくなるので止めました。
今の医学は本当に日々発展しているってことなんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月14日 (日) | 編集 |
今日、某スーパーに嫁と買い物に出掛けた時の話です。
一通りお店の中を物色し、後はレジに並んで会計を済ますだけ。

俺達の前には家族連れの若いご夫婦とお子さんが2人、
日本人の平均家族と言われているごく一般的な4人家族が仲良く並んでました。
今どきの若者と言っても過言でない家族で、
お前は外人か?
と思わせる金髪に染めた仲良しご夫婦で、
お前は海兵隊か? 
海外のTVドラマに出てくる様な、
旦那さんの左腕にはちょっとした出来心から彫ったと思われる、
タトゥーが見え隠れしてました。

子供達の手には自分で選んだお気に入りのお菓子を持ち、
チラリと見えたカゴにはお弁当が4つ程入っており、
洩れてくる会話から察すると、どうやらコレから帰省するようです。
彼ら家族の番が来て、店員が子供達のお菓子をレジに通して会計済みのテープを張り、
ソレを子供達に手渡してから買い物カゴの中の弁当に手を掛け、
「お箸何膳お付けしますか?」
と尋ねると、お財布を持った奥さんが、
「4膳。」
とぶっきら棒に言います。
ソレを聞いた旦那さんが、
「4膳なら縁起が悪いから5膳くれ。」
と主張しました。
お客様は神様の精神のレジのおばちゃんは、ちょっと笑顔になりながら、
惜しげもなく5膳渡したのです。

俺は、親から頂いた身体にタトゥーと無数のピアスの現在風の若者から、
験を担ぐような言葉が飛び出した事にビックリし、嫁は、
『エッ―、じゃ、日本人の平均的家族って皆、縁起が悪くなるって事?
じゃー、我が家も縁起が悪い数字になるじゃないの。
コレからもう一人作るのは、あたしは大丈夫だけど、問題はあんたよ。』
チラリを俺を見て、愚息の方へ目を向けます。
幾ら熱い視線を送られても、俺の嫁への発情期はとうに過ぎ結果も残したので、
今更子作りは無謀で、この蒸し暑い熱帯夜を乗り越えるだけの体力も、
気力もございません。
きっと彼らは験を担ぎ、今頃、頑張っているのでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月13日 (土) | 編集 |
12日午後11時30分、せたな町にある美谷漁港に、
取らぬ狸の皮算用する野郎共が集結。
ただ単に俺が分からないだけなのかも知れませんが、
一人だけお初にお目に掛かる人が居ましたが、
殆どの方が地元(せたな町)の人で占められ、顔見知りばかりです。

13日午前0時3分、満月に導かれるように美谷沖に出航です。

IMGP3158.jpg

今迄参加させてもらうのですが、毎回、うねりと船が出す排気ガスで、
「あ~、ヤバイ、俺、死にそう・・・」
状態になり、せっかく食べたモノを出すのは勿体ないので、
そのまま、皆の邪魔にならない所で寝て朝を待つ状態を繰り返してました。
今回は事前に酔止めを飲み、釣座は船の穂先を陣取りました。

IMGP3157_20110813230940.jpg

船が動いている内はさほどうねりを感じることは無かったのですが、
停まった瞬間、身体が上下に揺さぶられましたが、
酔止めが効いたようで、何とか持ち堪えてました。

IMGP3163_20110813231039.jpg

フッと後ろを見ると、座り込んでいるテル君がいます。
シイラが来たらプラグで狙ってみようと企てた彼が、
体調不良なのかうねりでやられたのか、
遂にダウンし、このまま朝を迎える事になりました。
この光景は彼だけでなく、船の後ろで餌を撒く者、
胃液が出て止まらない者、上の口だけでは物足りなかったようで下からも出す者、
色々なパターンがあるようで、ダウンしていっちゃいました。
かろうじて俺は持ちこたえましたが、
残業続きで疲れた身体、眠さとの戦いとなりました。

IMGP3159_20110813230939.jpg

写真に写っている白い丸模様は、お盆で家に帰省する御先祖様のオーブではなく、
うねりによる海水なんです。

IMGP3161_20110813231239.jpg
IMGP3162.jpg
IMGP3164.jpg

釣場で竿を下ろすと、パタパタと数匹釣れたのですが、
ソレを最後にまったく釣れません。
それは俺だけなく、この船に乗り込んだ人達にも言える事でした。

IMGP3168.jpg

数日まではこの釣場でイカが釣れていたって事もあって、暫く粘ったのですが、
「今日は満月、潮回りも悪いし、変な潮が流れているなぁー。
う~ん、釣れない。」
船頭も困った顔をしています。
この場所に見切りをつけ、次の釣場へ移動。

新しい釣場に着いたのですが、瞼が俺の意思とは別行動し
自然と瞼が落ちてきて必死になって、小さな目を開こうと足掻こうとするのですが、
勝てる相手ではなくちょこっとだけ瞼の言う通りにしました。

IMGP3169.jpg

小1時間程仮眠すると、周りが少しだけ明るくなってきており、
夜では俺には何処なのかさえ分からない場所だったのですが、
やっと自分のいる位置が分かり、なんとなくホッとする小心者の俺です。

IMGP3172.jpg
IMGP3173.jpg
IMGP3174.jpg
IMGP3175.jpg

そうそう、タイトルになっている
取らぬ狸の皮算用=欲の皮が張った奴ら
ですが、その証拠写真があります。

IMGP3165 - コピー 

お土産用に発泡スチロール箱を用意し、沖漬け用のポリタンクまで準備していました。
俺も大きな発泡箱と小さな発泡箱とクーラーボックスを用意し、
結局は大きな発泡箱だけしか使う事はありませんでした。

IMGP3176.jpg

自分の中での予定では最低100匹程釣るつもりでしたが、
その1/5程度しか釣れませんでした。
釣った方でも40匹程だったので、お盆って事もあって、きっと先祖が、
「食べる分だけ獲ったら、お盆初日から殺生するな!」
と言っていた・・・と言う事にしておきましょう。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月12日 (金) | 編集 |
お盆=お墓まいり=親せき筋が集まる
そんな訳で、嫁の実家には嫁の弟妹、叔父や叔母が集まり、
ちょっとした供宴が模様されます。
今年はまだ一度も会った事がない、
嫁のイトコも参加するとか噂だけが先行していますが、
実物に会うまでは何とも言えません。
そんな供宴に差し入れするタメ、食料調達に行く事になりました。

昨年は予定が合わず行けませんでしたが、今年は、
「ひろし、イカ釣りに行くぞ―!」
いつもお世話になっている店長からお誘いがあったので、
せたな町の美谷漁港から船でイカ狙いに出掛けます。
取りあえず、船に酔ったら困るので酔い止めを飲み、
久しぶりに会う釣り友達と船頭。
さーて、今回はどんな事が起きるか楽しみです。
では、行ってきま~す。

追記

!cid_01@110813_000310@______F01B@docomo_ne.jpg

13日 AM0:03 満月だ~、出発ー!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月11日 (木) | 編集 |
今回の青森県出来島のキス釣りですが、
俺は最初から泰皇夢さんから頂いた発泡の天秤を使い、嫁は、
『海底の状況が分からないから、
引っ掛かってもいいように100均で買った天秤使う。』
と言い出したのです。

IMGP0680.jpg
IMGP0681.jpg

俺もあえて反対もせず、嫁の好きなようにさせてましたが、
『このプロトタイプ面白いよ。あんたも投げて見る?』
と勧めるので、ちょっと投げてみました。
嫁のタックルは、スピンパワーDX-405の試作用のプロトタイプの竿をお借りし、
PEライン1号に100均の天秤と3連針。

IMGP3017.jpg

最初は垂らし投げで投げ見ました。
キスのアタリがビンビンに手に伝わり面白いのですが、何だか違和感も感じます。
次に天秤だけを地面に接地したV字で投げてみて、飛距離もそこそこに望めましたが、
飛んでいく仕掛けを見ていると、どうもバランスが悪いのか、
綺麗な放物線を描いていません。

IMGP3014.jpg

俺の投げ方が悪いと思い、もう一度投げて見ると先程と同じで、
海底を引きずって来た時、普通の天秤と比べ何とも言えない違和感を感じ、嫁に、
「この天秤ダメだ、新しいのをつけるから。」
と伝え、彼女の技量にはとても勿体ないのですが、
泰皇夢さんから頂いたウッド天秤をつけて投げさせました。
100均の天秤は置き竿用になら問題ないと思われます。

IMGP3007.jpg

鈍感な彼女でも、
『あっ、引きずりがスムーズ。 水際の浮きも早いわ。
さっきまで仕掛けが絡まっていたのが無くなったよ。
さっきよりもキスのアタリが明確に分かるよ、今、何本ついているかも分かる。
凄いわ、この天秤。 泰皇夢さんに会って、お礼のキスをしたいくらいよ。』
・・・泰皇夢さんのほっぺ? 唇? きっと腐るだろうな~と思う俺です。
えっ、俺?
若い頃に免疫をつけました・・・が、今、その免疫も切れているので、
間違ってキスなんてしようものなら、即死しているかも知れません。

IMGP3012 - コピー

俺の竿もやはり嫁と同じで、スピンパワーCX-385のプロトタイプをお借りし、
PEライン1号に泰皇夢庵特製の発泡湘南天秤に5連針。

IMGP3006.jpg
IMGP3016.jpg

こちらの竿もキスのアタリがビンビンに手も伝わり、
短竿の特徴として振りきれるのが良いですね。
キス釣りには最適かも知れません。

IMGP3078.jpg 

プロトタイプのCX-385を素振りで感触を確かめる島ちゃん。
今度、彼の持っているキススペのC+385とどの様に違うのか、
聞いてみたい気がします。

IMGP3082.jpg
IMGP3013.jpg
スピンパワーCX-385の感触を確かめる、おーい、中村君!

おーい、中村君!も、プロトタイプのスピンパワーBX-385で挑みましたが、
俺達が借りている竿と比べると、
竿全体が硬くなっている分、キスのアタリは分かりますが、
竿の硬さが邪魔をしてキスを弾いてしまう事もあるようで、
「あっ、こっちの方(CX-385、DX-405)がキスのアタリが分かる。」
と言い、CXやDX程の感度は無いようで飛距離重視の竿の様です。

IMGP3070.jpg

俺の愚息は別として、投げ釣りでの短竿を使うのが初めてで、
他のメーカーの短竿と比べた事がナイのでおこがましいのですが、
時と場合によって仕掛けを換え、
ヒラメの活性が高い時はヒラメ狙い、
キスの活性が高い時はキス狙い、
ルアーロッドでは届かない位置の魚を狙うのには最適かも知れません。
投げ方次第で、405や425の出せる飛距離に近いモノを求める事が出来そうです。
今回、波、風と潮と言い良い状態だったので、
今度は少し波や風のある時にどんな風になるか挑んでみたい俺です。

IMGP3027.jpg
今回の釣りでの俺の最大のキス

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月10日 (水) | 編集 |
人間は欲の塊だと言われています。
仏教では人間がもつ五つの欲として、
色・声(しょう)・香(こう)・味・触(そく)の五境に対して起こす欲望を示し、
または財欲・色欲・飲食(おんじき)欲・名欲・睡眠欲の五つをさすようです。
今回はそんな欲の話です。

IMGP3106.jpg
IMGP3113.jpg
IMGP3117_20110810233551.jpg

飲食欲は嫁に任せまして、まずは色欲。
何処の街にもある、楽しいホテルがございます。

IMGP3116_20110810233327.jpg

そんなホテル街を横目で眺めつつ、
「あ~、こんな昼間からチレイなオネーチャンと、
あんな事こんな事しているやつが居るんだな~羨ましぜ。」
と思っている奴が車に乗っています。

IMGP3103.jpg

ここは百戦錬磨の島ちゃんに登場して貰わないといけません。
老若女の扱いは慣れたモノで、彼の口に掛かれば・・・
そのオコボレにハイエナのようにありつこうって魂胆なんです。
体力的には若い分、おーい、中村君!に軍配が上がりますが、
テクニックでは若干我々が勝つような気がします。
そんな事を考えている奴らばかりが集まっておりました。
あっ、俺は、この釣りに嫁さえ同行してなければ・・・
何度思った事か・・・色ボケした俺です。

IMGP3124_20110810234059.jpg
IMGP3125.jpg
IMGP3126.jpg

次の欲は食欲でございます。
フェリーの出発時刻までには1時間ほどありましたので、
ターミナルの2階の食堂でお腹を満たす事にしたのです。
戦いを終えて勝利に酔う方々はビールで祝杯をあげておりましたが、
コレが後で大変な事を引き起したのです。

IMGP3127.jpg
IMGP3128.jpg
IMGP3129.jpg
IMGP3130.jpg
IMGP3131.jpg

汗と磯の香りがミックスした身体が臭かったのか、
この移動バスには俺達しか乗っておらず、
「釣りバスみたいだな~、まずは定番の宮津漁港で降ろしてくれ。」
「俺、赤石。」
好き勝手に次から次へと奥尻島の有名な釣場の地名が飛びだしてきました。

IMGP3136.jpg
IMGP3145.jpg
IMGP3146.jpg
IMGP3141.jpg

最後にあげるのは睡眠欲でございます。
遊び疲れた身体を休ませるのには寝るのが一番だと思っています。
そんな奴らが、帰りのフェリーで一時の安息を得るタメ、
次から次へと深い眠りに落ちたのです。

IMGP3132.jpg
IMGP3134.jpg
IMGP3135.jpg

ぐぅーががががぁーごぉーごぉーごおー
ぐぅーががががぁーごぉーごぉーごおー
地響き? ここは海の上だから船のエンジンのトラブルか?
と思わされる音が聞こえます。
最初は小さな音でしたが、段々と大きくなり、
耳を塞いでも指の隙間から流れてきます。

IMGP3133.jpg
遊び疲れとビールとで深い眠りに落ちたようです。

そしてその音は、船の展望室の真ん中付近から聞こえて来ました。
よくよく聞きますと、ソレは人間のイビキだと判明し、
その音の方向を見ると、彼が大の字で寝ていたではありませんか。
彼のイビキは片道ではなく往復で、
俺、久しぶりに他人さんのイビキで起こされちゃいました。
一端耳についた音はどんな事をしても耳から離れず、
「釣り仲間だろう、我慢が足りない。」
どんなに非難されようが、遂に俺、違う場所に逃げる事にしたのですが、
それは俺だけではなく、同じ釣り仲間にも言えた事でした。

IMGP3144.jpg
違うフロアーで寝ている俺

怪物のイビキに耐えられなくなり、ロビーの雑音の方が安全だと思ったようです。

IMGP3143.jpg

それは釣り仲間だけでは無く、彼の周りで寝ていた他の乗客も同じだったようで、
いつの間にか彼の周りには誰もいなくなり、彼は右に転がったと思えば左に転がり、
怪物の雄たけび声のようなイビキで、周りの人を次から次へと排除したようです。

函館山が見えて来たあたりで島ちゃんが優しく叩いて起こそうとしたのですが、
怪物は邪魔をされたと思ったのか、最高レベルの雄たけびを上げて抵抗しています。
嫁は、
『なまぬるいのよ、そんな起こし方では!』
と言うと同時に、思いっきり怪獣の手を数発叩き、互いの手が痛くなったようです。
怪物はおもむろに身体を起こし、皆の非難を浴びたのですが、
「寝た者勝ちさ!」
とヌケヌケと言いやがります。
確かに彼の言う事に一理ありますが、皆の安眠を妨害した罪は重く、
今度からはどんなに雨や風が吹こうとも、
外で寝てもらう事に皆の意見が一致しました。
と言う訳で、今度からは皆のタメ、外で寝て下さいね、おーい、中村君!

IMGP3150_20110811000542.jpg
IMGP3151.jpg

あーっ、楽しかった。
また俺と遊んで下さいね。

明日は番外編でもかこうかなぁ~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月09日 (火) | 編集 |
「誰が早く10連掛け出来るか大会」
が開催されました。
今回のキスのアタリは2色からテーパーライン付近の間で、
俺は斜めに仕掛けを投入し、ゆっくりと引きずって来ました。

IMGP3016.jpg

残念なことにもう1匹キスがついていたのですが、波打ち際でバレ、
10針中8針にキスが掛かっていました。

IMGP3018.jpg

それを見た函館つるさんも、ルアーロッドに8連の仕掛けをつけ投入。
「やべー、これ面白いわ。 キスのアタリでリールが途中で止まる。」
面白すぎて笑いが止まらず、顔がゆるみぱなしです。

IMGP3019.jpg

8連中8針に全部にキスが掛かっています。

IMGP3021_20110809202943.jpg

面白そうな遊びに興じていると、おーい、中村君!も参加して、最初は7匹、
次にパーフェクト・・・凄く悔しいです。

IMGP3023.jpg

数えてみると針が1本足りません、
本人曰く、下針切れたからそのまま投げていたそうで、
9連中9針にキスが掛かっています。
もちろん俺の闘志に火をつけたのは言うまでも有りません。

IMGP3056.jpg
IMGP3057.jpg
IMGP3067.jpg

そうこうしているうちに皆が集まり出し、
ここでワイワイガヤガヤと遊びながらキスを狙っています。
嫁は名誉の負傷のタメ、暫く休んで皆の動向を観測していたようです。

IMGP3058.jpg
IMGP3059.jpg
IMGP3066.jpg

ここでWさんが遠投命の島ちゃんに、
「8色のキスのアタリ感じたい。」
とお願いし、PEライン0.8号+タングステン30号+3連針+力糸で遠投!

IMGP3063.jpg

島ちゃんのキススペCXを受け取り、
「巻いて来て8色でアタリが出たけど、何のアタリだろう?」
と首を傾げながらも、
「あっ、ホントだ、6色で掛け上りがあるね。」
海底状況を説明していました。

IMGP3076.jpg
IMGP3077.jpg

3本針にはキスが一匹だけついており、
一番下の針は何者かによって切られてましたが、
「8色目のキスのアタリ堪能させて貰いました。 ありがとう!」
律儀にも頭を下げるWさん。
それに気を良くしたのか、投げ足りない(距離が)と思ったのか、
再度、遠投に挑戦しようとした矢先にやっちゃいました。

IMGP3071.jpg
IMGP3072.jpg
IMGP3073.jpg
IMGP3074.jpg
IMGP3075.jpg

今回のアタリは先程書いたとおり、
2色からテーパーラインまでの間の掛け上りだったんですが、
「俺、サーフで常に5色から7色辺りで連掛けでキスが釣りたい!」
・・・恐るべし島ちゃん、あんた、どのくらい投げれば気が済むの?

IMGP3061.jpg

殆どの方が満足したのか、早めに釣場を後にしました。

IMGP3079.jpg
IMGP3080.jpg
IMGP3081.jpg
IMGP3082.jpg

極一部ですが、皆の釣果です。

IMGP3042.jpg
IMGP3044_20110809215343.jpg
IMGP3045_20110809215440.jpg

そしてこのお方は・・・誰も見ていない間に、
IMGP3043.jpg
密かに12連で10本掛けをしていたようで160匹ほど釣ったとか。
皆の釣果は100匹超えしたようです。

IMGP3156.jpg
俺の釣果ですが、70匹程は函館つるさんや他の人からもらった分もあります。
途中で知り合いに配った分を含め210匹程ありました。

IMGP3085.jpg

帰りはおーい、中村君!が運転手です。
そうそう、彼は140匹程釣ったそうですよ。

IMGP3094_20110809221536.jpg
IMGP3095.jpg
IMGP3111.jpg
IMGP3112.jpg

後はフェリーに乗って帰るだけです。
ここでとんでもない怪物に出会いました。
この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月08日 (月) | 編集 |
先導車の後ろをついて出発です。
毎回の事ながら、方向音痴の俺としては、
最初は右に曲がるのは分かっていても、後はサッパリわかりません。
途中までは大きな幹線道路を走るのですが、近道を通るらしく、
狭い道路や農道などを走るので・・・
右に曲がったと思ったら左に曲がり橋を渡ったり、
目まぐるしくちょこちょこと曲がったりするので、
不思議な国のアリスちゃん状態に陥り、
後は置いて行かれないように必死について行くだけです。

車は日本海側のサーフを目指し、主催者が、
「俺、キスは砂浜で遠投して釣る。」
というコンセプトの基、皆が同意し、
こちら方面に詳しいWさんや函館つるさんから、
「8時に皆に電話入れるから、釣れなかったら場所移動する。」
連絡事項を頂き、野放しにされちゃいました。

訪れた釣場は出来島という場所です。
町道なのか県道なのかは分かりませんがそこを曲がり、
そこからサーフに抜ける道を通っったのはよいのですが、
途中から砂利道、サーフに近づくと凄いデコボコ道。
そんな道で話しでもしようものなら舌をかみそうになり、
「絶対自家用車じゃ来たくない。」
と口ぐちに言う参加者、俺も同感です。

IMGP2993.jpg
IMGP2994.jpg

陽が昇ってから釣りをするのかと思えば、
年に1回しかないチャンスをモノにしようとする者たちが、
一人二人と準備をしサーフへ降りて行きます。
それに続けと俺達も用意をし、サーフへ降りて行きました。

IMGP2996.jpg

俺の第1投目。
久しぶりのキスの感触をじっくり味わい、
ルンルン気分で竿を上げました。
嫁にも20cm弱のキス。

IMGP3004.jpg

キスの感触とは違うアタリがあり、ワクワクしながらあげて見るとフクラギ。

IMGP2997.jpg
IMGP2999.jpg

嫁にV字投法を教えていると、ハプニングが起きました・・・
この話は長くなるので後日。

IMGP3000.jpg
遠投命の島ちゃん
IMGP3001.jpg
スピンパワーBX-385でキスを狙う“おーい、中村君!”
IMGP3002.jpg

今回、函館つるさんは船釣り用のタックルと、
サーフ用にルアーロッドだけしか持って来ておらず、
キスよりもヒラメ狙いが目的の様です。

IMGP3038.jpg
沢水の流れている所を攻めるスキ―の指導員さん
IMGP3041.jpg
その沢水の流れている所の反対側で釣りをする小川のおんちゃん

IMGP3026_20110809001031.jpg
IMGP3032.jpg
Wさんは手返しの早さから、あっと言う間にクーラーに満タンのキスを釣り、
早々と切り上げて海水パンツに履き替え、水遊び中です。
IMGP3055.jpg
一人だけ皆と離れた場所で竿を出し、キスと戯れてた大工さん
IMGP3050_20110809001139.jpg
大工さんの最大のキス

今回、波も良く潮の流れも強くなくて最高の釣り日和でした。
Wさんを初め、俺達夫婦も9時半にはクーラー満タンに釣り、
食糧調達から遊びに走ってました。
函館つるさんが、
「外道も少なし、キスも豊富なら、10連全部にキスが掛る可能性が高いぞー」
と俺達をあおるので、ついその気になって狙っちゃいました。

つづく

会社には、道東産のホタテとカラフトマスが入荷し、
今日、残業で11時半頃ウチに着きました。
全部載せる予定でしたが、とても身体が言う事を聞きそうにありません。
遊んできたツケを取られました(涙)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月07日 (日) | 編集 |
昨年はひょんなことからキス釣りに行くことを聞いた俺、
「オイラも連れてって~」
とお願いして金魚のフンのように憑いて行きました。
今年は嫁が早い内から、
『あたしよ。 あのさ、今年もキス釣りに行くの?』
「・・・・」
『まだ分かんないって、どういう事よ?』
「・・・・」
『ふ~ん~、皆、仕事しているから仕方がナイって言えばそうだけど、
じゃ~、日程やメンバー早く決めたら?
ソレに合わせてもらえばいいのよ!
もちろん、あたし達もそのメンバーに含んでいるよね?
そうそう言い忘れたけど、あたし、
あんたのヘッピリ腰で恐る恐るデカクロガシラカレイを釣っている姿、
写メのムービーで撮ってあるんだよね。
コレ、ネットで流したら面白いと思わない?』
「えっ・・・もちろん最優先でメンバーに入れておきます。」
それって・・・恐喝になるんですけど・・・フゥー。
なんだか島ちゃんが可哀そうで仕方が有りませんが、
今回もお言葉に甘えて参加させて貰う事になりました。

IMGP2969.jpg
IMGP2971.jpg
IMGP2972.jpg

PM10:00きっかりの“びなす”に乗って青森へ。

IMGP2970.jpg
IMGP2976.jpg

先発隊を除いたメンバーが勢ぞろいしており、
受付をしてフェリーに乗り込みました。

IMGP2973.jpg
IMGP2974.jpg
IMGP2975.jpg

フェリーに乗りこむと、プチ宴会へ突入です。

IMGP2980.jpg
IMGP2981.jpg
ここのベーコン最高でした!

俺は現地に到着した後、レンタカーの運転があるので、
ビールは飲みたいのをグッと我慢し、おつまみでお腹を満たしました。

IMGP2982.jpg
IMGP2983.jpg

人間、お腹が満たされると眠気が襲ってくるので、
身体の摂理に逆らっても仕方がないので、眠りの国へ直行です。

IMGP2985.jpg
IMGP2984.jpg
IMGP2989.jpg
IMGP2986.jpg
IMGP2987.jpg
IMGP2988.jpg

7日、AM1:40に青森に到着!

IMGP2990.jpg
IMGP2991.jpg
IMGP2992.jpg

さぁー、釣場へ直行です。

今日の夕方、
「明日、1時間早出出勤!」
業務連絡が来ましたので、遊び疲れた身体を癒さないと仕事になりません。
この続きは明日!

つづく。

あっ、結果は、皆ニコニコ顔でした!
頂いたコメント、後日返しますのでご了承お願いします。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月06日 (土) | 編集 |
今夜、深夜のフェリーで青森へ行って来ます。
年に一度の遠征、恒例行事と言っても過言でないのですが、
そんな時期がきたのです。
場所は日本海側のサーフになるのか、天気次第・波次第で決められ、
潮次第でどのくらいの釣果を得られるかは全く未知数で、
取りあえず1匹だと情けないので、
天ぷらで食べるのには二人で10匹は欲しいものです。

俺はプルプル感を味わいに、嫁は、
『引きずって来るの時、キスが掛かった後にコチが掛かった時って
皆はコチがついたなんて言うけど、コチとキスのアタリの違いがまだ分からない。』
と言いますので、その違いを研究するタメ、
今まで一度も彼女に着地投法を教えていないので、それを教えるタメと実践を兼ね、
自給自足で天ぷらの材料を調達する事が目的のようです。
俺に言わせると、たった1回だけキス釣りしただけで、
キスとコチのあたりの違いが分かるのなら、
それはその人が釣りのセンスがあるのだと思うし、
竿や手に伝わる感触で判断するのは、集中力と経験がモノをいうと思いますが、
それを1回の釣りで分かろうなんて無謀だと思います。

先発隊の函館つるさんと小川のおんちゃんは金曜日の夜、
知り合いの車で函館から八戸まで乗っけて行ってもらい、
土曜日の早朝、その方々とむつ湾内の浜奥内沖で船でマダイ釣りをし、
その方は用事を済ませるタメ移動するので、途中で下ろして貰い、
俺達が着くまでにキス用の餌とレンタカーの準備をして待っていてくれます。

今回のメンバーは、
主催者の島ちゃん、物資担当の函館つるさん、Wさん、小川のおんちゃん、
大工さん、スキーの指導員さん、おーい中村君!、俺達夫婦の計9名。
メンツを見ると・・・個性に特徴があるヤツラばかりなので、
とんでもない事が起きそうな予感がします。
では、あのプルプルを味わいに行ってきま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月05日 (金) | 編集 |
俺の近所に住んでいたある家族の話です。
この家の御主人は子供の頃から
俺には備わらなかった霊感というモノを天から与えられており、
時々、この世に現存して居ないお方が訪門にこられるそうです。
今は違う場所に家を新築して移居していきましたが、
そのご主人の口から聞いた話、第1弾です。

ある日の日曜日、ご主人は茶の間のソファーで
ウトウトと昼寝をしていた時の事でした。
突然、
“バリバリ ドスン”
天井を突き破る音と共に、
“ドカッ”
と頭元に人が降ってきました。
その音にビックリして、慌てて飛び起きたご主人は、
音がした方向の天井見上げましたが穴は空いておらず、
頭元に降ってきた人を見たそうです。
そこには、今はもう居ないはずの知り合いが座っていました。
その人=Aさんとしましょう。

そして、あれ程天地がひっくり返ったかと思った音ですが、
残念な事に他の家族には全く聞こえず、
ご主人だけしか聞こえなかったと言います。

Aさんがご主人に
「おう!」
と、挨拶の声を掛けたと言います。
普通の人でしたら、ここで腰を抜かしてひっくり返っているか、
ビックリして大声を出していることだと思います。
俺だったら、家族が見守る中、おもらしをして、
じゅうたんを濡らしているところです。
ご主人は平然と、
「おう! お前、もう死んでいるんだぞ。」
と、Aさんに挨拶を返しました。
Aさんは“ふざけるなよ”という顔をして、
「俺、死んでねえぜ、生きているぜ。 今、現場が忙しくてよ。」
と言い、不思議な事に、
ご主人の頭の中というか目の前にはその現場が広がり、Aさんの働いている姿と
「あそこがこうで、あっちはああでよ。」
と、それを説明しているAさんが見えたそうです。
仕事話が一段落した時、唐突に、
「俺、腹減ってよ。 悪いけど何か食わせてくれ。」
と頼んできたと言います。
そこで、
<死んでいるのに腹へるのか?>
と、心の中で思ったそうですが、
<自分は生きている>
と、信じきっている顔を見たら、何だか可哀そうになり、
ご主人は奥さんに頼んでオニギリを作って貰い、
奥さんには見えないAさんの前に置きました。
その時にはAさんの姿は、どこにも居なかったそうです。

そんな事も忘れてしまっていた頃、
突然また、Aさんはご主人を訪ねて来たと言います。
今回も、天井を破って降りてきた音がしたそうです。
開口一番、
「おう、この間はごちそうさん。
美味しかった、腹いっぱいになったよ。」
と片手を上げ礼を言い、神妙な顔をして、
「実は頼みがあるんだ。 ソレがなくて俺、困っているんだ。」
と、相談を持ちかけてきたそうです。
Aさんは、
「俺、現場が忙しくて取りに行く時間がない。」
と言い、
「俺の寝ているベッドの下に新聞紙に包んでいるモノがあるんだ。
それを悪いが、俺が普段使っているノコギリの傍に置いてくれないか?
後で時間が出来たら取りに行くから。」
と伝えました。
そこでご主人は、<頼まれたしな~>と
思案しながらもAさんのお宅を訪ねたと言います。
奥さんにAさんの伝言を話すと、確かにAさんの寝ていたベッドの下から、
薄茶色がかった古ぼけた新聞紙に包まったモノが出てきました。
興味があったご主人はそれを拡げてみると、
どこかの現場の図面らしきモノだったそうです。
それをAさんの奥さんの了解を得て、
物置にあるAさん愛用のノコギリの横に置きました。
それから幾日か経った頃、Aさんの家の前を偶然にも通り掛り、
気になっていたので仏壇に手を合わせ、
奥さんに声を掛けて二人して物置を見たと言います。

ところが、置いたはずの図面らしき古ぼけた新聞紙ごと、
どこかに消えて無くなっていたそうです。
奥さんに聞いても、
「私、そんなモン、ちょして(触って)ないわよ。」
と否定され、何度、どこを探してもソレは見当たらなかったと言います。
ご主人は、
「どこを探してもないなんて・・・・」
と首を傾げています。
俺にしたら、現存していない方と話すことが出来る方が不思議でなりません。

Aさんとご主人は生前親交があったのですが、
突然、Aさんは病気で亡くなってしまったそうです。
ご主人はAさんについて、
「怖いとか思わないんだけど、突然、
変なところから現れるのがビックリするんだよ。」
と、こぼしてました。
Aさんは自分の死を受け入れることなく、今も現場で精力的に働いているようです。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月04日 (木) | 編集 |
蒸し暑い夜、少しでも涼んで下されば幸いです。

これは、釣り仲間から聞いた話です。
小さな漁港の横にある海岸で、根モノ釣りをしていた時のことだそうです。

平成19年のある秋口、彼の所属するクラブの大会で、
仲間とある場所に入ったそうです。
仲間と言っても彼ともう一人しか居らず、
彼をAさん、お仲間をBさんと呼びましょう。
AさんとBさんは、自分の好きな場所に釣座を構え、根モノ魚を狙っていました。
以前、この釣場に入った時はそれなりの釣果があったのですが、
今回は潮加減のせいかあまり竿に反応がありません。
Bさんは投げ釣りの他に、ブラーで底根を探り、
漁港のテトラ側にとても良い溝を見つけたので、そこを集中的に攻めたそうです。
Bさんの狙い通り、40㎝台のカジカがゴロゴロと釣れたと言います。

Bさんは、先程から気になる事がありました。
誰もいないはずの漁港方面から、
男の人達の話声がゴニョゴニョと聞こえていたそうです。
最初は、後から来た釣人がテトラを挟んだ向こう側で
釣りをしているんだと思ったそうです。
Bさんのところから見えるはずの釣人の姿はなく、
会話は途切れることなくズーと続いているので、
ちょっと気になって聞き耳を立てたのですが、
シーンと静まった釣場なのに、何を言っているのか聞き取れませんでした。
ただ、会話はテトラの側に近寄ると聞こえ、
そこを離れるとまったく聞こえなかったそうです。

テトラ側のBさんが型の良い根モノ魚を釣るので、
Aさんは冷やかし半分で偵察に訪れ、
ちょうど腰掛けるに最適なテトラがあったので、
そこに座った途端、背筋にゾゾゾゾーと寒気が走ったと言います。
「アッ、やべぇー、早くどけなくっちゃ。」
彼の経験上の何かが反応したようです。
Aさんは人より少しばかり霊感があるようで、
今までに何度か他の釣場でも、このような経験をした事があると言います。
AさんはBさんにその事を伝え、
「ここ、絶対にヤバい! 何かが居る!」
と場所移動を促しました。
実はBさんも、最初に何度もそのテトラに座ろうと思ったのですが、
なんとなく、そこに足が向かなかったと言います。
それに先程から不思議な話声におかしいと感じていたので、
その言葉に従い、Aさんの側で釣りを再開したそうですが、
今度はまったく釣れません。
Bさんは大会なので魚を釣らなければ話にならないので、
さっきの場所に戻りたかったのですが、
Aさんの執拗ともいえる止め方に断念したそうです。

それから数日後、この出来事を釣り仲間に話すと、
「前の年の今頃、あの漁港に車が落ちたんだ。」
それでAさんもBさんも納得したそうです。
Bさんの言っていたあの話声、Aさんの感じた不気味な雰囲気。
自縛霊となった者達は、静かに何かを待っていると言います。
それは寂しいから相手を自分のところに引き込むのか、
同じ仲間にしたいから引っ張り込むのか、
霊能力を持ち合わせない俺は想像力をたくましくしながらも、
盆前の夜のちょっとした静けさに恐れつつも、イビキをかいて寝ている始末です。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月03日 (水) | 編集 |
久しぶりに登場!
エニワタロウでございます。

IMGP2780.jpg

初めての場所での大会なので、ついつい周りを見回してしまいました。

IMGP2794.jpg
IMGP2795.jpg
IMGP2796.jpg
IMGP2797.jpg

う~ん、俺の・・・いいや、皆の大好きなキャピキャピのオネーチャンの姿なんて、
何処にもおりましぇ~ん。
「エニワタロウちゃん、頑張ってー!」とか、
「優勝したら、今晩、サービスしちゃう、ウフ~ン。」
なんて鼻に掛かった黄色い声がないのが凄く寂しいなぁー。

IMGP2798_20110803230542.jpg
IMGP2799.jpg

ここの管理人、いつものように大量の写真を撮り、
途中でデジカメのバッテリが切れ、充電している間、
他の人のデジカメを借りて写真を撮ると言う事もやっていたようだ。

IMGP2824.jpg

毎回、投げるたび、↓奥さんからの総評を訊く旦那。
IMGP2764.jpg
どこかの夫婦の様に、姉さん女房を持つと頭が上がらないようだ。

IMGP2802.jpg
靴下の後がクッキリ白く浮かびあがっている直角さん。
IMGP2823_20110803230920.jpg
少し老眼が進んでいるようです。

IMGP2805.jpg
IMGP2887_20110803231120.jpg
皆して腹の探り合い、足の引っ張り合いしている2種の選手達。

IMGP2878_20110803231213.jpg
コレから競技に参加される選手達。

IMGP2820_20110803231250.jpg
競技終了して、反省点を模索している西野在中さん。

IMGP2879.jpg
IMGP2880_20110803231357.jpg

軍曹さん、ここでも某奥様に手厳しく総評され、次の投擲準備に帰ると奥様にも・・・
「俺、もうアカン・・・」
と崩れる一幕もあったようです。

IMGP2886.jpg

ガイド絡みした、おーい、中村君!
P1030829.jpg
P1030830.jpg

やっと調子が少しづつ戻って来たというドラム缶
IMGP2882_20110803231702.jpg

ドラム缶がコケルのを狙っているノッポ君
IMGP2881.jpg

裏ではこんな駆け引きがあったとか・・・。

IMGP2885_20110803231904.jpg

その頃、ここの管理者は・・・
『あんたの方向音痴には呆れてしまう。
あたしがあそこに看板建ってあったよって言っても、
誰に教えてもらったのか知れないけど、ドンドン離れた場所に行っちゃうし、
そこ違うって言えば、「何よー」って切れて口答えするし、
あたし、あんた、グーでぶっ飛ばして車から引きずり落として、
泣こうがわめこうが謝ろうが山奥に置き去りでもしてさ、
一人でさっさと会場に行きたかったわよ。』
呆れた顔で言われ、
『会場傍で寝ていたのはいいけど、集合時間6時なのに、
目覚ましを6時に掛けるバカがいるの!
普段ならまだしも、主催者が遅刻なんて恥ずかしいたらありゃしない。
会場に来たら来たで、入口が分からなくてみったくない中年男がウロウロしてさ、
迷子のアライグマの方が可愛くてズーッとマシよ。』
鬼の形相の様な顔で奥様に怒られていたとか・・・
それに肩も痛そうで庇いながら投げていたせいか、
竿も今の体力に合わなかったのか少しばかりのされており、
見るからにも可哀そうで凝視できなかったエニワタロウでございます。

P1030822.jpg
会員のほろう&指導する池田会長

IMGP2893.jpg
IMGP2894.jpg

そうそう、競技の途中で突風が吹き、防護ネットが倒れる事件が起きました。
少し余談話がすぎてしまったようなので、昨日の続きを載せますね。

第6種目
ここの管理者
IMGP2825.jpg
IMGP2826.jpg
①187.20 ②179.45 ③191.29 ④178.40 ⑤180.37 三投平均186.29

はこだてサーフ 柴田 匡啓 選手
IMGP2858_20110803233246.jpg
IMGP2859_20110803233245.jpg
①192.81 ②191.01 ③191.27 ④190.46 ⑤191.44 三投平均191.84

SC投抜会 竹村 潤 選手
IMGP2829_20110803233450.jpg
IMGP2860_20110803233449.jpg
①218.61 ②219.16 ③F ④F ⑤209.36
三投平均215.71 最長飛距離219.16

表彰式
IMGP2926.jpg
1位 竹村選手 2位 柴田選手 3位 ここの管理者

女性種目
はこだてサーフ 稲村 千里 選手
P1030821.jpg
P1030848.jpg
①F ②85.97 ③70.22 ④78.85 ⑤85.46 三投平均83.43

キャストフリークス 正岡 美由紀 選手
P1030849.jpg
P1030851.jpg
①143.86 ②152.79 ③147.63 ④157.50 ⑤164.27 
三投平均158.19 最長飛距離164.27

キャストフリークス 佐藤 ひとみ 選手
P1030852.jpg
P1030853.jpg
①131.33 ②120.19 ③133.65 ④127.55 ⑤126.63 三投平均130.84

表彰式
IMGP2929_20110803233650.jpg
1位 正岡選手 2位 佐藤選手 3位 稲村選手

IMGP2907_20110803235830.jpg
IMGP2908.jpg

競技後、事故防止委員会委員長の恵庭サーフの井森会長より、
釣場で事故が起きた時の心得と対応を、
講師、はこだてサーフ・池田会長を交えて講習会が開かれました。

IMGP2906_20110803235828.jpg

その後、一斉に会場のゴミ拾いをし記念写真。
IMGP2911.jpg

ゴミ袋が写っていませんが、
せっかく集めたゴミ袋は風で飛ばさて皆して慌てて拾いに行くと言う事があったので、
片付けてから写真を撮りました。

IMGP2934.jpg
IMGP2935_20110804000156.jpg

後は荷物を車に積んで解散。

以上を持って全サー北海道協会主催のSC大会が無事終了しました。
皆さん、御苦労さまでした。
来年も元気で会いましょう!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年08月02日 (火) | 編集 |
お初にお目に掛かります。
何度か、ここのブログで投げる姿は載っていたようですが、
正式に紹介されたのは初めてだと思います。

IMGP2888.jpg

ワシの顔を見た人は、
「眉毛が・・・どうしたんですか?」
とよく訊かれますが、ソレは秘密!

IMGP2891_20110802212315.jpg 

ワシ、今、ダイエットしているんだ。
その成果をマブダチの島ちゃんに見せつけてやったぜ。

IMGP2889_20110802212215.jpg

コイツがダチの島ちゃん。
IMGP2936_20110802212556.jpg

仕事は・・・表向きは一応サラリーマンで、
釣人なら一度は聞いた事、使った事があるブツを作っている会社に席を置いており、
裏の顔は、おっと、危ねぇ・・・もう少しでゲロしちゃうところだったぜ。
一応、そんな会社に勤めているからって訳じゃないけど、
趣味は船釣りで自社の○○○を使って遊んでやっているんだ。

IMGP2884.jpg
P1030810.jpg

コレ、ワシを迎えにきたヘリ何だけど、
約束の時間にワシの参加した種目が終わらなかったから、
先に東京の某組に帰って貰ったぜ。

さて、そろそろ紹介しようかな~、昨日の続き!

第3種目
札幌サーフ 菅原 隆 選手
P1030843.jpg
IMGP2903.jpg
①153.12 ②148.34 ③F ④F ⑤F

札幌サーフ 桜庭 聖志 選手
P1030845.jpg
P1030847.jpg
①134.37 ②138.27 ③139.17 ④F ④126.94 
三投平均137.27 最長飛距離139.17

表彰式
IMGP2915.jpg
1位 桜庭選手

第4種目
はこだてサーフ 中村 和敏 選手
P1030826.jpg
P1030857.jpg
①179.03 ②F ③181.95 ④F ⑤178.24
三投平均179.74 最長飛距離181.95

はこだてサーフ 堀内 英男 選手
P1030807.jpg
IMGP2897.jpg
①173.32 ②F ③F ④F

恵庭サーフ 井森 哲也 選手
IMGP2898_20110802220834.jpg
P1030812.jpg
①F ②175.72 ③175.56 ④173.32 ⑤167.62

SC抜投会 坂下 敦仁 選手
P1030813.jpg
IMGP2899_20110802222227.jpg
①F ②F ③F

SC抜投会 佐藤 孝志 選手
P1030836.jpg
P1030837.jpg
①F ②F ③154.85 ④154.82 ⑤F

キャストフリークス 太田 孔万 選手
P1030838.jpg
IMGP2900.jpg
①F ②175.89 ③176.72 ④173.10 ⑤178.69

一般 岩田 聖 選手
IMGP2901.jpg
P1030841.jpg
①160.65 ②F ③160.88 ④F ⑤157.29

表彰式
IMGP2920.jpg
1位 中村選手 2位 太田選手 3位 井森選手 4位 岩田選手

第5種目A
はこだてサーフ 大西 勝夫 選手
IMGP2861_20110802224433.jpg
IMGP2831_20110802224658.jpg
①167.74 ②F ③F ④169.02 ⑤169.51

はこだてサーフ 須藤 礼士 選手
IMGP2833_20110802224911.jpg
IMGP2834_20110802224910.jpg
①F ②F ③F

SC抜投会 田中 誠二 選手
IMGP2804_20110802225208.jpg
IMGP2866_20110802225318.jpg
①203.71 ②197.14 ③F ④196.59 ⑤200.53
三投平均 200.46 最長飛距離 203.71

キャストフリークス 片岡 剛 選手
IMGP2806.jpg
IMGP2867.jpg
①182.33 ②F ③F ④193.52 ⑤181.66

一般 泉 昭司
IMGP2808.jpg
IMGP2868.jpg
①F ②F ③150.03 ④F

表彰式
IMGP2921_20110802230643.jpg
1位 田中選手 2位 片岡選手 3位 大西選手

第5種目B
はこだてサーフ 服部 弘司 選手
IMGP2811.jpg
IMGP2812_20110802230849.jpg
①144.19 ②163.93 ③153.38 ④155.20 ⑤153.74

はこだてサーフ 古村 昭広 選手
IMGP2842_20110802231104.jpg
IMGP2870.jpg
①165.50 ②173.67 ③173.08 ④165.87 ⑤172.24
三投平均173.00 最長飛距離173.67

表彰式
IMGP2923_20110802231307.jpg
1位 古村選手 2位 服部選手

明日は残っている種目の紹介を誰にしてもらうか考えている最中。
まぁ~、明日は明日の風が吹くってことで、当日の気分で決めちゃおうぜ。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。