北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年10月31日 (月) | 編集 |
この時期、気温の差が大きいのが影響して、
俺の周りや嫁の周りにも風邪を引いた方々がいます。
互いに風邪には気をつけていたのですが、人との関わりが多い仕事の嫁、
遂に風邪を頂いてしまいました。
熱は無いのですが、気管系等が弱い嫁、すぐに咳がついてしまいゴホゴホ言ってました。
一度咳が出始めるとすぐに止まることがなく、咳のしすぎでお腹の腹筋が痛いと言います。
ところが日曜日の夜、咳止めが切れた途端、また咳が出始め、
『うっ、痛い。 いつも違う痛さが襲ってきたぁ~。』
うずくまりお腹をさすっています。
いつもと違うお腹に気が付き、目で確認した後、嫁がしおらしく俺に、
『ヤバイ、出べそになっている。 
触るとプヨプヨしてちょっと押すとグッチュッって言うから、
これってヘルニア、脱腸だと思うの。 ちょっと押して戻してくれる?』
俺に脂肪だらけのお腹のヘソの部分を押せと。
言われた通り軽く押すと、グッニュとした感触が指に伝わり、
気持ち悪さと不気味さを感じてすぐに手を放してしまいました。

俺に愛想を尽かすような顔つきで、
『意気地無し! いいわよ、自分でやるから。
ええ、あなたに頼んだあたしがバカだった、
そうよ、そもそもあなたを頼ったのが悪かったのよ。』
と言うと、仰向けに寝て、自分で一気に押し込めていました。
そして咳をする時はヘソの部分を抑え、見ている方が切なさを感じます。
月曜日、仕事が休みの嫁は昨夜、
『明日、病院に行って診てもらおうと思っている。
咳止めもなくなってきているし・・・。
診察は予約制だから早く行っても待ち時間が長いから、
11時過ぎに着く様に行こうと思っているの。
予約していないから、結構時間掛かるかもね。』
お腹をさすりながら言います。

そこで今朝、会社に行ってから上司に訳を言って、
幸い仕事も一段落している状態だったので、会社を抜け出して一端ウチに帰りました。
嫁は一人で車を運転して行くつもりでしたが、
咳をしながらの運転に不安を感じ、そしてまた脱腸?になったら大変だ!
と云う思いが俺にはあり、彼女が予定していた出発時間に間に合い、
一緒に函館の病院へ行ってきました。

検査の結果、今は脱腸症状も治まっているのと、
この症状が出たのが1回だけなので、偶然なのか、それとも本当に脱腸だったのか、
今度、脱腸だと思われる症状が出た時は、
そのままの状態で近くの病院に行って診てもらい、
連絡して欲しいと言う事を言われたそうです。
もし脱腸だったら、その時は今後の事を相談しましょうと言う事になりました。
CT画像で確認すると、病気も今のところ症状は前回と変わってないという診断で、
咳止めの薬も頂き、今日の診察は終わりです。

今回、急に病院に行く事になったので、
忘れ物ばかりし、デジカメも忘れ写真も撮るのも忘れてました。
年を取るとこういう事が続き、
う~ん、身体だけでなく頭まで逝っちゃったと思うと自然と涙が出てきちゃいますね。
あっ、涙線も弱くなったって事なんでしょうね・・・グスン。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月30日 (日) | 編集 |
昨日、送別会に出掛けた俺、ちょうどキリが良い場面があったので、
そこで離脱して車の中で朝まで寝て仕事に行くつもりでしたが、
どうも熟睡できず、酒も飲んでいなかったこともあって、
結局、午前2時にウチに帰り布団の中へ滑り込みました。
他の同僚は朝4時頃まで飲んでいたそうで、タフと言うのか若気の至りと言うのか、
怖いもの知らずの時には出来た事ですが、今の俺にはとうてい出来そうにない行動です。
一応、出掛ける時、
「もしかすると帰ってくるかも知れないから、玄関の鍵、開けておいて~」
と頼んでありましたが、
『あ″~ん、めんどくさい男だね。 
あまり飲み過ぎると、可愛いボクちゃんが役に立たなかったら困るから、
その辺はセーブしてさ、どこかのオネーチャン騙して、そこに泊めさせて貰いなさいよ。
どーしても帰って来るって言うんだったら、
車の鍵に玄関の鍵がついているからソレで勝手に開けて入ってちょうだい。
間違っても、真夜中にあたしを起こさないでよ。
分かったならさっさと出掛けてよ、うっとうしくてたまんないから!』
つれない回答しかくれない嫁。
昔は・・・そんなに邪険にされなかったのに・・・フゥ~。

IMGP3784_20111030234355.jpg
IMGP3785_20111030234355.jpg

朝、眠たい目を擦りながら車に辿り着くと、アッ~ホ~と合唱するカラス共。
きっと早朝出勤した嫁に美味しいモノで買収されたに決まっています。

IMGP3781_20111030233458.jpg

この時期の早朝に見られる現象で、気温の差で起きる“けあらし”が発生しています。
今朝はそれ程の気温の差が見られなかったようで、少しだけしかおきていませんでした。

IMGP3782.jpg

早朝出勤を終えた嫁がウチに入ると、聞きなれない音がしたのでその方向を見ると、
イトトンボの最盛期を2~3週間前に過ぎたのに、
少し遅れて我が家にやってきたイトトンボが居たそうです。

IMGP3789_20111030234613.jpg
IMGP3788_20111030234821.jpg

この種類は越冬するタイプなのかは分かりませんが、
新しい家は気密性があって入る事が出来ないようですが、
古い家の屋根裏などに集団でいる事があると聞いた事があります。

IMGP3790_20111030234820.jpg
IMGP3791_20111030234613.jpg

段々とウロコ雲が多く見られるようになりました。

IMGP3786_20111030234612.jpg

このウロコ雲が見られなくなってくると、本格的な冬が到来してきます。
何もしなくても・・・何かをしたと実感が湧かない内に・・・
11月が目の前に迫っています・・・あ~あ~、早過ぎます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月29日 (土) | 編集 |
以前、俺の勤める会社に、
外国人研修制度を使って中国人研修生が来ている事を書きました。
毎年、中国人研修生を受け入れ、会社が用意した寮に寝起きを共にし、
3年間の期間を終えた6期生が本道(中国)に帰る事になりました。
その送別会にコレから参加し、次の日(日曜日)、仕事なので、
飲んだくらたまま仕事に向かうか、軽く車の中で仮眠取って仕事に行くのか、
その時になって考えたいと思っています。
会場についたので、さーて飲むぞー!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月28日 (金) | 編集 |
今日の日中、雪虫が飛び交うせたな町、段々と冬に向かっています。

IMGP3771.jpg

嫁がいつもののコンビニに寄ると、
「戸が開くたび、お店の中まで雪虫が飛んで来て困っちゃう。
雪虫も段々大きくなってきているよね! 冬がそこまで来ている証拠よ。」
と仲の良い店員さんが言っていたそうです。

IMGP3773.jpg

俺、雪虫の大きさまで確認というか気にした事がなく、
冬の到来を教えてくれる虫とくらいしか思っていませんでした。
そんな雪虫を狙って蜘蛛が出現していましたが、
寒いのか動きが鈍く、この日、見た最初で最後の蜘蛛です。

IMGP3770.jpg

小学校の行き帰り道、友達とふざけながら走ったりした時、
目や口の中にこの虫が飛び込んで来て、
「ぺっぺっ、喉の奥まで入っちゃった~。 目に入っちゃった~ゴロゴロする。
あっ、耳の中でなんかの翅音がしている~、気持ち悪い。」
そんな思い出のある雪虫です。
不思議な事に大人になってからはそんな事もなくなり、
早い話、子供の頃の様に虫に体当たりする事もなくなり、
大人になった分、少しだけ知恵がついた分、よけて歩くって事を覚え、
雪が降る時期を教えてくれる便利な虫となっています。

IMGP3772_20111029000528.jpg

雪虫(ゆきむし)とは、アブラムシ(カメムシ目ヨコバイ亜目アブラムシ上科)のうち、
白腺物質を分泌する腺が存在するものの通称。
体全体が綿で包まれたようになる。
雪虫という呼び方は主に北国での呼び名で、
他に、綿虫・オオワタ・シーラッコ・シロコババ・オナツコジョロ・オユキコジョロ・
ユキンコ・しろばんばといった俗称がある。
体長5mm前後。
具体的な種としては、トドノネオオワタムシやリンゴワタムシなどが代表的な存在である。
アブラムシは普通、羽のない姿で単為生殖によって多数が集まったコロニーを作る。
しかし、秋になって越冬する前などに羽を持つ成虫が生まれ、
交尾をして越冬の為の卵を産む。
この時の羽を持つ成虫が、蝋物質を身にまとって飛ぶ姿が雪を思わせるのである。
アブラムシの飛ぶ力は弱く、風になびいて流れるので、なおさらに雪を思わせる。
北海道では初雪の降る少し前に出現したりする(と感じられることが多い)ことから、
冬の訪れを告げる風物詩ともなっている。
雄には口が無く、寿命は一週間ほど。
雌も卵を産むと死んでしまう。熱に弱く、人間の体温でも弱る。
(Wikipediaより抜粋)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月27日 (木) | 編集 |
ここ数日の天気の悪さがやっと回復し、
今日のせたな町は穏やかな晴れ空となりました。
天気に誘われて、嫁が、珍しく仕事帰りにせたな新港の写真を撮って来てくれたので、
早速使わせて貰います。

IMGP3761.jpg

島牧村とせたな町の間にある狩場山ですが、雪の量が段々と多くなってきています。
頂上が真っ白く覆われたら、下界にも冬の便りが届き、一面雪景色の幕開けです。

IMGP3764.jpg
IMGP3765_20111027235855.jpg

せたな町の鮭釣り祭りも閉幕となり、
次のターゲットを狙ってのんびりと竿を出すおっちゃん方。
井戸端会議を開きながら、狙いは小サバとイワシのようです。

IMGP3763.jpg
IMGP3766_20111027235854.jpg

その横では船に積み込むための砂を運ぶ大船と、船から砂利?を降ろす大船。

IMGP3762.jpg

この船の名前を見た時、嫁の脳裏には“天龍の竿”を思い出したようです。
嫁のサケ釣り用の竿はこのメーカーの物を使っているのも有りますが、
どちらかと言えばお気に入りのようなので、過剰反応を起こしたようです。

過剰反応と言えば俺、つい先日ネット見て、久しぶりにワクワクしちゃいました。
俺、不思議な事大好き人間で、宇宙にはまだ見ぬ異星人が居ると思うし、
人間が足を踏み入れていないジャングルには未生物が居る可能性や、
深海にもその可能性もあると思っています。
子供の頃にTVで見てから気になっている古代魚、
その解明がほんの少しずつですが進んでいるようで、
それも日本の科学者達と専門家が携わっているかと思うと、
俺もその一員になりたいとさえ思っていますが、現実は生活のタメに働くサラリーマン。
夢はあくまで夢って事で、専門家に任せるのが一番でしょうね。

◆シーラカンスの繁殖集団を発見 福島の水族館チーム(10/25 08:33)

東アフリカのタンザニア沿岸に古代魚シーラカンスの繁殖集団が生息するのを、
東京工業大や福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」の研究チームが発見し、
24日付の米科学アカデミー紀要に発表した。
周辺では500キロ以上離れたコモロ諸島が主な繁殖場所とされてきたが、
今回は遺伝的特徴が異なる別の集団だった。
謎の多い「生きた化石」の生態解明と保全につながると期待される。
アクアマリンふくしまは2007年、
水中カメラによる調査でタンザニア北部沿岸の洞窟に
8匹のシーラカンスが泳いでいるのを確認した。
コモロ諸島の集団とは遺伝子の特徴が異なっていた。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月26日 (水) | 編集 |
貰いモノ第2段、嫁の知り合いの方から昆布を頂きました。

IMGP3726.jpg

ちょうど手ごろな大きさにカットされており、昆布巻き用のようです。
親戚筋の漁師さんのところへ手伝いに行って、
その手間賃代わりに頂いた一部のようです。
嫁は、
『刺し身を包むのに丁度いい長さよ。』
と言ってますので、俺にその魚を釣って来いって事だと、
いつものように勝手に解釈しちゃいました。
案外、海が近いと言えども、地元の昆布ってあまり食べた事がないんです。
いい機会なので、味わって食べてみたいと思います。

IMGP3728.jpg

刑事コロンボ風に言うと、
「いや、何、大したことじゃないんですがね。
冷蔵庫を開けるたび、どーしても気になっちゃいましてね。
コレ、青森協会のキス釣りに出掛けた時にね、
ウチのカミサンがね、どうしても欲しいって言ってきなかいんですよね。
そこでね、ヘマタイトさんに言ってタダで譲って貰ったって訳なんですよ。」

IMGP3717.jpg
左は我が家の冷蔵庫に入っていたモノで右が頂いたモノ。

ヘマタイトさん手作りのせんべい汁に感銘を受け、
レシピーを教えてもらいっている内に、
『えっ? これってこんなに大きなモノ有るんだ~ぁ~!
ウチでもコレ愛用しているよ。』
どうしてもこの大きな容器が気になって仕方がなく、
業務用だそうですが、嫁がちょくちょく行くお店にはこの大きさのブツはなく、
それでもお店に置いてある中で一番大きいのを選んで買って来ていますが、
その上の大きさを誇るモノを見た途端、3歳児のように駄々をこね、
『くれなかったらこのせんべい汁にあたしのヨダレ入れるからね?』
脅迫したようで、それに負けたヘマタイトさんは、
大義名分として“少しだけ手伝ったご褒美”、と言う事にして頂いちゃっいました。

IMGP3723.jpg

なぜ今頃紹介するかと言えば、刑事コロンボ風に言うと、
『ウチのカミサンがね、いや、何、たいしたことじゃないんですがね、
どーしても言えってうるさいですよ。
もし来年も参加したら、その時もせんべい汁宜しくってね。
いや~、お恥ずかしい話なんですがね、伝言を与かってきちゃいましてね。』
アレから数度挑戦してせんべい汁を作ってくれましたが、
ヘマタイトさんの味に近いのですが、何かが足りないような気がし、
それでもう一度、自分の舌で確かめたいようなんです
まぁ、その~、食べ物の事となると目の色を変えるので、
野獣の野放しはしたくないのですが、悲しい事に俺では太刀打ちできません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月25日 (火) | 編集 |
嫁の実家から、今年初の新米を頂きました。

IMGP3714.jpg

久しぶりに実家に行った嫁は、
野菜畑やハウスから自分の畑のように勝手に野菜を採り、
台所で食べ物を漁っていたようです。
そんな娘なんですが、親にしたら可愛いのか、それともさもしいと感じたのか、
「今年の新米ついたから、持って行って食べなさい。」
とくれ、今日、早速食べてみました。
農家直ですから、まったくの混じりっけなしの100%です。

IMGP3716.jpg

今頃? と思われると思いますが、先程申したように、
本当に久しぶりに里帰りしたので頂くのが遅くなってしまい、
他の親戚筋はもう食べていると思われます。
親が健在の内は有難い事に、
「米だけは援助してやる。」
と言って下さっているので、ウチの子供達も、
「じいちゃん、ばあちゃん、米無くなりそうなの、送って!」
とオネダリしています。

お店で売っている米など食べた事がなく、そんな米ばかり食べている嫁なんですが、
『あたし、米の味って分かんないんだよね。』
恥ずかしくも無く胸を張って言いやがります。
俺も高校を出るまで自宅にいたので、
半分農家育ちの俺も混じりっけなしの米を食べていました。
余談ですが、生まれも育ちも違う俺達、
同じ農家なのですが環境が違うと食生活も違ってきます。
昔は機械よりも人力があてにされた時代、
親は朝早くから晩遅くまで働いている農家仕事なので、
朝ご飯を炊いたら夜まで炊く事がなく、今みたくよい炊飯器も無い時代なのに、
嫁は冷や飯を食った事がなく、俺は冷や飯は当たり前。
子供の頃の食卓の上のオカズの話をしても、嫁のところは身体の弱かった妹が居たので、
「栄養をとって身体を丈夫にしないといけない。」
父親の方針で、肉と野菜と魚が主体で常に4~5品のオカズがあったそうで、
俺のところは野菜と魚が主体で1品または2品くらいだった記憶があります。
この差って何だろう?

白米のお伴と言えば俺は、鬼籍した母親が好きだったツブの塩からなんですが、
嫁は納豆と生卵なんです。
嫁が子供の頃、敷地内に広大な土地に鶏小屋が三件あったそうで、
常に鶏が100羽ほど放し飼いにされていて、
その卵を集めるのが子供達の役目だったとかで、
いつも産みたての新鮮な卵をたべていたそうです。

IMGP3710.jpg
IMGP3708.jpg
IMGP3712.jpg
IMGP3713.jpg

この間、下娘のところに行った時に購入して来たそうで、
俺、残念な事に子供の頃食べたきり、今は納豆は苦手な一品で、
この世から無くなってもいいとさえ個人的に思っていますので、
俺のいない間に食べたようです。
結婚当初、嫁と俺との約束で、
「俺の前では納豆食べない事!」
『あたしの前で、ご飯にお味噌汁かけてネコまんまを食べない事!』
互いの生理的に受け付けない事はやらないと取り決めたのですが、
俺に物凄く怒りを感じた時には、
コレ見よがしに納豆ご飯をどんぶり山盛りで食べやがります。
初々しかった結婚当初だけ、今じゃ、時間と共にいつの間にか、
図々しさ+ふてぶてしさ+お節介+脂肪だけが残り、時とは何とも残酷なモノですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月24日 (月) | 編集 |
『さーぁー、君はこのアップに耐えれるか?』 By、嫁。

IMGP3739.jpg

俺のブログではお馴染みの、おーい、中村君!
『あんた、こんなことしてていいの?
トップキャスターズにいくんでしょう? 練習は?』
嫁がそう言っていますが、自信の表れ?それとも諦めた?
どちらにしてもここで鮭と戯れようとしているのですから・・・
結果は当日のお楽しみって事なんでしょう。

あっ、おーい、中村君!、嫁がね、
『“○○○ちゃんの呪い!”ってどういう事?
あ″~、どの口が言っているのさ。
今度会ったらその口ペンチでひねってやる・・・ソレじゃ面白くないわね?!
いきなり唇奪って、あたしの菌植え付けるのも有りかも。
それとも髪の毛1本頂いて藁人形作って、丑の刻参りも有りよね。
あっ、ダメダメ、コレじゃ時間が掛かりすぎちゃうわ。
速攻性を求めるなら、人目につきやすい場所って顔か頭よね。
毛抜きで毛根からゆっくり抜きとる方法なんてどう?、
それだけだったらありふれ得ているから、一気に全身の毛でもいいよね。
ツルツルになったお肌、きっとあたしに感謝するでしょうね。』
高飛車な発言をする彼女、
そう口火を切った彼に白羽の矢をたて復讐の機会を狙っているようです。

次に向かった釣場は、通称・日浦岬の平盤です。

IMGP3743.jpg
IMGP3744.jpg

この釣場で竿を振ったのは、島ちゃんと若いオネーチャンを二人騙した男さんと俺の三人。
おーい、中村君!は竿を振らないって言うので、写真撮影を頼んじゃいました。

IMGP3747_20111024233119.jpg
IMGP3748_20111024233118.jpg

写真には写っていませんが、若いオネーチャンを二人騙した男さんが、
この波で足を取られ転んだのです。
その時に、彼の愛着のあるリールのハンドルが曲がり、
「○○○ちゃんの呪いだぁ~!」
涙目で一言漏らし、ここでリタイヤ!

IMGP3749_20111024233526.jpg

俺も一度だけ波に足を取られて転びそうになったのですが、
何とか踏ん張り、事なきを得ることができ、
ソレは横で竿を振っていた島ちゃんにも言える事でした。
ここは潮の流れが強く、気を抜いたら流されてしまう場所なので、
仲間数人と入る事をお勧めします。

IMGP3745_20111024233120.jpg
IMGP3746.jpg

ここでも俺達と遊んでくれる鮭はおらず、一端、車のところに戻ると、
森町の鳥崎海岸から南下しながら竿を振って来たとかで、
ダイワのテスターの英次、函館の往年のスパースターT氏とそのお仲間1人が訪れ、
「ある場所で鮭の跳ねを見つけて振ったけどダメだった。」
この日の鮭情報の交換しつつも他の話で盛り上がり談笑していました。
俺より存在感のある嫁なので、その姿が見えないと誰もが気になるようで、
「お母ちゃんは?」
「今日、仕事。」
何度となくこの会話を繰り返しています。
俺達がこの釣場で竿を出している時には上から眺めていて、
帰ってから竿を出したとかで、この鮭の状況の悪さを悲観しつつも分析し、
「コレは釣りに来れなかった○○○ちゃんの呪いだぁ~!」
最終結論が出たとかで、結局、
嫁の呪いに勝てないと思った英次やT氏とそのお仲間は、
手ぶらで函館に帰って行ったという話が聞こえてきました。

IMGP3750_20111024233526.jpg
IMGP3751_20111024233525.jpg

俺の車の中にあった嫁を竿を見つけた島ちゃんが、
「コレ以上呪いが続かないように、この竿振って来るわ。」
まるで神主さんが使う神具の大麻、大幣(おおぬさ)、
祓串(はらえぐし)のように振ってお祓いするつもりのようです。

IMGP3752_20111024233524.jpg
IMGP3753_20111024233523.jpg
IMGP3754.jpg

嫁の竿なんですが、シーバスロッドの割には、
リールから竿尻までの長さが投げ釣り用の竿に近い長さがあり、
男の方なら投げ方次第では振りきれる可能性もありますが、
嫁では少し無理な様な気がします。
竿もその人好みってものがあり、
島ちゃんの竿は硬めのモアザンでそれと嫁の竿を比べたら、
「もう少し張りが欲しいな~、俺が60になった時に使うならいいかも。」
彼女の竿は女の人が使うには硬めなんですが、今まで硬めの竿ばかり振っていたので
『竿に張りがナイと面白いゲームが出来ない。』
と言って愛用しています。

さーて、島ちゃんのお払いの効果があったのかは、次回の鮭釣りで分かるでしょう。
俺、次、いつ行けるかな?

追記
俺が帰って来るのを待ち構えていたかように、
『遊んで来たんだから、今度は少しウチの事やるよ。』
玄関に一歩足を踏み込んだばかりの俺に、
『納戸の掃除よーぉー!』
・・・数時間かけて納戸の掃除をしました(涙)。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月23日 (日) | 編集 |
「チレイなオネーチャン集めておくから。」
って言葉にワクワクしながら、
島ちゃんとの約束より早めに午前1時に集合場所へ行った俺。
集合場所とされていた所に行ったのですが、
集合時間までには少しばかり時間があったので、
若いオネーチャンを相手にするには体力が重要との判断で、
少しばかり仮眠する事にしました。

午前3時、今回、一緒に釣りをすることになっている島ちゃん御一行がやってきて、
「ここに車停めたらダメ。 明日の朝、とんでもない事になっているよ。
車を停める場所はあそこだから、俺達の後ろついて来て!」
と言われてついて行きました。
ここの場所は車の駐車するスペースが殆どなく、この時期、
駐車場問題で近所の方々と釣人の間で、大小のトラブルがある場所でもあります。
初めてこの釣場に入ろうと思ったら、
この釣場に精通している方に車の停め場所を教えてもらった方が、賢明だと思います。

IMGP3729.jpg
IMGP3730.jpg
IMGP3734.jpg

車を停め、皆して釣場へ降りて行きました。
場所は南茅部の大船の右岸です。

IMGP3733.jpg
IMGP3735.jpg

俺はこの場所は初めて入りますが、
嫁は以前、知り合い数人とこの釣場に入った事があるそうで、
『あたし、そこでルアー引っ掛けてきたんだよね。
浮きつけたルアーあったら、それあたしのだから!」
・・・何年も前の話で、
もうそのルアーは海の藻屑となっているのを分かってて言うのですから、
現在、そこのあるルアーは全部自分のだと主張する嫁、
意地汚さがにじみ出ています。

IMGP3731.jpg
IMGP3732.jpg

遠投大好きな人達が集まっているので、
飛ばす飛ばす、呆れるくらい飛ばし、コレでもかってくらい飛ばしています。
が、なぜか鮭の跳ねどころか、気配さえ感じません。

IMGP3736.jpg

この写真の直後、絡んだ仕掛けを直していた島ちゃんの方角から、
“ガリッ”
岩に何かが引っ掛かった音がしたのを俺は聞き逃さなかったのです。
「島ちゃん、“ガリッ”って音したよー。」
「まじ~っ?!」
顔を曇らせた島ちゃんが確認すると、竿が腕の中からズレて、
新しいリールに岩がこすれたようで、
「傷がついた・・・ガッカリ。」
これでテンション下がりっぱなしの島ちゃん。
リールを何度も見直して、その度に首をうなだれ、釣りに身がはいらなかったようです。

IMGP3737.jpg

今日、俺が使ったルアー

IMGP3738.jpg

島ちゃんと若いオネーチャンを二人騙した男さん

IMGP3740.jpg

社長さんとどこかのおじさん方

う~ん、数時間、この釣場で竿を振ったんですが、
誰一人、鮭の姿を見る事が出来ませんでした。
誰しもが心の中で感じていた事で、手始めに島ちゃんのリールに傷をつけたのは・・・
おーい、中村君は禁句だった言葉をポツリ
「○○○ちゃんの呪いだ!」
と呟いたのです。
この状況を作りだし、コレから訪れる不幸な出来事などは、
仕事で釣りに来れなかった嫁の執念とも言える産物だと。
俺は嫁を擁護してやりたかったのですが、
反論する言葉も見つからず、それどころか納得してしまったのです。
それと同時に俺には嫌な予感をひしひし感じられ、
「コレ、帰ったら納戸の掃除待ち構えているなぁ~?!」
こういう勘だけはハズした事がなりません。
そんな悪寒と戦っていたのですが、
「この時間で鮭が釣れないって事は鮭は居ないってことだな。
次の場所に行くか?」
場所移動する事になりました。

IMGP3741.jpg
IMGP3742.jpg

バイバイ、大船右岸!

次の釣場の話は明日!
そして、次の釣場に行っても呪いは続いていたのです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月22日 (土) | 編集 |
午後7時31分、今年珍しい事に3匹も鮭を釣った島ちゃんから、
「○○に午前3時集合! チレイなオネーチャン集めとくから!
あっ、○○○ちゃん(ウチの嫁の名前)には内緒だよ~ぉ~。
バレたら俺達、○○○ちゃんに殺されちゃう~。」
同コンのお誘いがありました。
お誘いを断る理由もなく、ウキウキしながらウチに帰ってすぐに風呂に入り、
もちろんいつもより念入りに身体を洗い、飯も食ったし、歯も磨いたし、
NEWパンツとシャツを持ってコレから家出したいと考えています。

今回のメンバーは、
島ちゃんに社長、若いオネーチャンを二人騙した男さん、おーい、中村君!、
それと俺の5名ですが、集合場所に行ってみないとよ~く分かりません。
おっと、そろそろ行かないと集合時間に間に合いません。
では、行ってきま~す!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月21日 (金) | 編集 |
今週の初め、キャスティング仲間のS氏から、
「そちら方面で鮭釣れているところない?」
と情報を求める電話を頂きました。
俺の乏しい人脈を駆使して、今釣れ始めている下海岸方面の情報を集め、
初めて入るにあたって、
一人では無理な場所は危険などを考慮しつつ車を停める場所などの問題から排除し、
一人でもお気軽に入れる場所で駐車場を完備となると、
俺の頭にはある場所が浮かびました。
そこに精通している森の熊さんにガイド役を頼み、
「仕事に行く前までなら案内出来るよ。」
と言ってくれたのでお言葉に甘え、
後は互いに連絡を取り合って貰うように段取りをつけ、
本人達にお任せって事にしちゃいました。

その時の様子を替え歌でお送りします

♪森のくまさん

ある日森町 熊さんに 出会った
鮭咲く森の海 熊さんに 出会った
熊さんの 言うことにゃ Sさん お投げなさい
シュウッ クルクルクル シュウッ クルクルクル

ところが 熊さんが あとから 投げてくる
ビシュウッ ビシュウッと ビシュウッ ビシュウッと

Sさん お待ちなさい ちょっと 落とし物
銀色に 輝く メス鮭

あら 熊さん ありがとう お礼に うたいましょう
ラララ ララララ ラララ ララララ

と言う嬉しい結果だったようです。
綺麗なメス鮭が釣れて、少しばかりどころか、思いっきり羨ましい俺です。

IMG_0125 2

情報提供した特権で、
「ネタにするから写真送って~」
とS氏を宥めすかしつつもちょっぴり脅かし送って頂きました。
ありがとうございます!

今週末、会社が休みだったら俺も鮭釣りに行こうと決めていましたが、
あまり天候が良くないようで釣場に悩んでいます。
それで情報を集めてみましたが、
「週末、雨模様じゃん。
東風の影響の受けない場所探さないと・・・う~ん、悩みどころだ。」
と言う話しか聞こえてきません。
日曜日仕事の嫁からは、
『どうせ釣りにならないんだから、納戸の整理してちょうだい。』
と言った途端、
“女は愛でバカになる”の本を書いた元参院議員・田嶋陽子のような口調で、
『そもそも間違った判断していると思う。
だってね、会社休みかどうかなんて土曜日の午後からじゃないと分からないし、
あたしを置いてきぼりにして自分一人で楽しむって事、
どう感じているのか、今晩、寝ないで語り合いましょう!』
言葉強く俺に言いよります・・・あまりの迫力にビビって、俺、泣いちゃうかも・・・。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月20日 (木) | 編集 |
あるモノをネットで調べていると、
何気ない新聞記事ですが、俺の目に留まりました。

◆千歳川観察窓に「幻の魚」 千歳 (北海道新聞 2011/10/19)

【千歳】千歳サケのふるさと館(市内花園2)で17日、
千歳川の底をのぞく観察窓の外に、“幻の魚”と呼ばれるイトウが姿を現した。
同館は「これまで釣り人から『いる』との情報はあったが、
観察窓で確認できたのは初めて」と話している。
同日朝は雨で川が濁り多数のサケが遡上(そじょう)。
その中に体長約35センチのイトウ1匹がいるのを同館職員が見つけた。
イトウはサケ科で、成長すると体長1~1.5メートルになり日本最大の淡水魚といわれる。
細長い体に黒い斑点模様が特徴だ。
近年は生息数が減少し、千歳川でも1994年の同館開館以降、
見つかったことはないという。
同館によると、千歳川を含む石狩川水系でイトウを放流している団体があり、
「観察窓に現れた個体が放流か野生かは分からない」という。
今回の発見で、観察窓から見られた魚は、8月のメナダに次いで38種類目となった。


俺は水族館でしかイトウを見た事がありませんが、
昔、このせたな町の川にもイトウは居たという記録があります。
それはせたな町だけではなく、北海道の川なら何処にでも居たそうです。
護岸工事や乱獲でイトウは姿を消し、
自然が豊かで、護岸工事があまりされていない道北や道東方面の川では、
今でもイトウの姿が見られるそうです。
もし今現在もせたな方面の川で、
イトウがいる可能性があるのが太櫓川だと言われています。
今から十数年前に、
「あまり大きくないが、イトウがあの流木の下にいた。」
と教えてもらった事がありましたが、
それ以来、誰もイトウの姿を見た人もなく、俺が聞いたイトウの最後の情報です。

嫁の実家の親から、実家のある町の情報で、
後志利別川に流れ込んでいる支流の小さな川を指し、
「町のはずれにあるあの小さな川なんだが、俺が学校に通っている頃、
イトウが釣れ、それを食べている人がいたくらいだったんだ。
農地が整備され、それに連なって護岸工事が行われたんだ。
更に今ほど農薬にうるさくなかったから、田んぼに撒いた農薬とか、
川が浅くなって川底がコンクリートになってしまったことが原因かもしれない。」
と以前教えてもらったこと思い出しました。

生活を向上させるため、良いとされていた事でしたが、
あちらこちらの川でイトウや古来からいる原種の姿が消えたって事は、
目先の利益しか考えていなかった結果の表れなんでしょう。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月19日 (水) | 編集 |
ある日の鮭釣場での話です。
いつものように情報を集めつつ、
久しぶりに会う釣仲間に挨拶をし談笑していました。

俺より一回り上の方と話している時、一瞬、ある方向を見据えて、
「あっ、兄だ!」
こちらに向かって歩いて来る方を見て言います。
(一回り上の方をK氏=弟、そのお兄さんをK兄とさせてもらいます。)

K兄も弟を見つけ、おもむろに手を上げながら“おう”と声を掛け、
「俺、○○に行って来たけどダメだった。
まだここの方が良いって訊いて来たんだけど、どうだや?」
この日の情報を伺いに来たようです。
情報を訊き出すと、
「俺、あそこで竿を出してみる。 今日はフカセ釣りに挑戦だ!」
指をさした場所へ移動していきました。
兄弟と言うだけあって、背格好がそっくりで、
後ろから見ると見分けがつかないかも知れません。
ですが、K氏は釣り歴が長い分、釣りのウエアーなどで身を固めていますが、
お兄さんの方は間に合わせって感じの衣装でした。

それもその筈です。
「兄なぁ~、今年、経営を息子に任せて引退したんだ。
一切、農家の仕事からも引退して、やっと好きな事しているんだ。
手始めにガキの頃にやっていた釣りに手を染めたんだけど、
コレがまた苦戦していたんだが、やっと○○で鮭1匹釣ったんだとさ。
兄の隣で旅の釣人がフカセ釣りで20匹以上釣っていたらしいんだけど、
兄、浮きルアーで頑張っていたって言うか、
ソレしか道具持って行って無かったようなんだけど、
“鮭釣ったーっ!”って嬉しさのあまり電話して来たんだ。
初めての鮭釣って、興奮して当たり前か。」
竿を出しているK兄を見つつ、K氏はフカセの餌を取り変えながら、
「たった1匹の鮭なんだけど、よほど嬉しかったんだろうな~。
俺、それを聞いて、自分が初めて鮭を釣った時のことを思い出そうとしたんだけど、
すっかり忘れてしまって思い出せないんだ。
お前達、最初に鮭釣った時の事覚えているか?」
と質問され、嫁は、
『あたしの最初の鮭は船釣りだったんだけど、
跳ねも何もない状況だったから、深く落として釣ったからなぁ~、
ただ重たいって事くらいしか記憶にナイわ。
それよりも逃げられた鮭の方が鮮明に記憶に残っているんだよね、
ソレが悔しくて鮭釣りにハマった気がする。』
と言います。
俺は・・・この話しを語ると長くなりますので、またの機会に。

この後、K氏はK兄の傍に寄り、釣りの先輩として色々と教えていました。
釣りには色んな出来事ありますが、
還暦が近い弟とその兄にも、これからどんな物語が綴られるのか、
ちょっとばかりその物語を読んでみたい気がします。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月18日 (火) | 編集 |
IMGP3668.jpg

日曜日(16日)、俺が日曜出勤している最中、下娘から、
「実習も終わり、テストも終わったし、次の実習まで少しだけ時間が出来たから、
普段持ってあるいているバッグ、擦り切れて穴が開きそうなの。
冷蔵庫の中も寂しくなってきたから買い物に行かない?」
嫁は室蘭まで一人で行き下娘とデートしてきたと言います。

IMGP3667.jpg

高速道路を通って行こうとしたのですが、日曜日の天候は風が強かったので、
ワンボックスカーは風にあおられる可能性が高く、
時間もあるのでゆっくりと国道を通って行ったようです。

IMGP3673.jpg
IMGP3684.jpg

室蘭までの道すがら、鮭釣場を見て行ったそうですが、
どこも時化で釣りが出来そうになかったようです。

IMGP3674.jpg
IMGP3675.jpg
IMGP3676.jpg
IMGP3677.jpg

国道を通る時は必ずここでトイレタイムをとり、
固まった身体を伸ばし、もう一息で室蘭につきます。

IMGP3687.jpg
IMGP3688.jpg
IMGP3696.jpg

東室蘭方面で買いモノをする予定なので、近くの駅で娘と待ち合わせしたそうです。

IMGP3697.jpg
IMGP3700.jpg
IMGP3698.jpg
IMGP3699.jpg
IMGP3701.jpg
IMGP3702.jpg

嫁の運転する車で買い物に出掛け、数時間、あちらこちらのショップを覗き、
どこかで妥協すればいいと思うのですが、
「この形でこの色で大きさはコレくらい」
欲しいブツを決めていたようで、お気に入りのバッグを探していたとか。
娘にお目にかかるブツがあったようで、バッグとくればシューズ。
それを探すのに数時間、だから女の方の買いモノって長いんですね。

IMGP3703.jpg

すっかり日が暮れ、久しぶりに母子水入らずで外食したようです。

111016_1729~01
111016_1729~02
111016_1730~01
111016_1734~01
111016_1734~02

以前から気になっていたお店だったんですが、なかなか入るキッカケがなくて、
「お父さん、今度、一緒にこようね!」って約束していたのに、
あっさりと破られてしまい、父はものすごく悲しいぞー(涙)
父と娘の約束なんって、こんなモンなのかもしれませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月17日 (月) | 編集 |
俺が好意にさせて貰っている釣好人見さんから、
自分が引きいるクラブの例会の写真付きメールを今朝送ってくれました。

111016_1315~01

「おはようございます。
昨日は、月例会で、明石市東二見(ひがしふたみ)に行きました。
私の釣果は、写真のキス2匹とチャリコ、そして小さい方のカレイでした。
福の神、福ちゃんが、大きいカレイを釣っていたので
「カレイの刺身が食べた~い。」とおねだりして、貰いました。
家に帰ってさばいてみると、卵を持っていましたが、分厚いカレイで
白い皮側の半身は唐揚げにもしました。

111016_1352~01

タライに入っている(銭亀)は、帰りの防波堤の上に居たものです。
釣りの前夜は豪雨だったので、川上から流れて来て、
やっとの思いで陸に上がったのでしょうか?
そのままでは、海にはまって死んでしまうかもしれないので、
クーラーの餌箱に入れて持ち帰りました。
嫁が気に入ったので、飼おうか?と思っています。
昨日は様子を見て何もやっていませんでしたが、
今朝、竹輪を切ってやったら、バクバク食べていました。
きっと、元気になるでしょう。
海で助けたので、(亀の恩返し)がないかな~?
来月は全カレイだし・・・と、夢を見る私、54才です。」

本州の方では、戻りカレイが釣れる時期に入っているんですね、
北海道でカレイを狙うとなれば、
11月に入ってからでないとカレイは岸寄りしませんが、
防寒着を着なければ寒くて釣りになりません。
来月は全サーの全カレイ、今年はどこの会場から大型カレイが飛び出すのか?
ちょっと楽しみな一面も有ります。
ぜひ、北海道会場から優勝出来るカレイが出て欲しいですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月16日 (日) | 編集 |
今日のせたな町の夜の天候がすこぶる悪く、ネタを書いていると、
後少しで完成って時に停電。
思いっきり停電なら諦めもつくのですが、ほんの数秒間だけ電気が落ちてはすぐに戻り、
その度にパソコンのデーターもぶっ飛びネタが消えてしまいました。
1度目は仕方がないと思い諦め書きなおし、2度目は外の雷に憤慨しながらも書きなおし、
3度目の書きなおしは、さすがに俺も天候と嫁には太刀打ちできないので、
いつ起こるかも知れない停電と戦う気力を失った自分には、
“今日は無理”と言う判断の元、明日に延期することにしました。

上手くいかない日は何をやってもダメってことなんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月15日 (土) | 編集 |
知り合いの漁師さんから、
「禁漁前に獲ったアワビ食うか? 冷凍だけどな。」
と言う事で、頂きました。

IMGP3663.jpg

海が近いってこともあって、子供達が小さかった時はよく海に泳ぎに行きましたが、
小学校高学年になるにつれ、
「日焼けはお肌の大敵。」
「お父さんと泳ぐとハゲがうつる。」
とか言われ、いつの間にか子供と海に泳ぎに行く事も少なくなり、
海底の岩陰にいるアワビの姿も見る事がなくなりました。
ウチの子供達は砂浜で泳ぐよりも岩場で泳ぐのを好み、
岩場には色んな魚や甲殻類、貝類などが見られ、
俺と一緒に海底まで素潜りし、時には手にとって観察したりしていました。
この時が、
「へぇ~、コレがバフンウニで針が長いのがムラサキウニって言うんだ。
こっちがアワビでコレがカラス貝、これがフジツボなんだ。
お父さんって凄いね、何でも知っているんだね。」
と勘違いされつつも、父親の威厳をほんの少し保てた時期でもあった様な気がします。
今じゃ・・・用事のある時にしか電話が来ないし、こちらから電話すると、
「用事がナイなら切るね。」
母親とはたいした話でもナイのに長々と話せるのに、
俺に対しては有無も言わさずあっさり切られちゃいます。
この差って何なのでしょう?

IMGP3664.jpg

明日、仕事が休みだったら嫁を連れて内浦湾(噴火湾)に鮭釣りに行く予定でしたが、
「今週は楽させたんだから、日曜日は働けー!」
お殿様から伝言があり、ガッカリです。
嫁には、
『エーッ、あたし、せっかく日曜日に休み貰ったのに・・・
そこまでしてあたしに鮭釣らせたくないんだー?!』
嫌みを言われる始末ですが、仕方がナイので我慢して貰う事になりそうです。
そして、
「言い忘れたが、明日は早出だ! 早く寝て、早く起きて仕事来なさい。」
とお殿様は付け加えて言います。
明日は日曜出勤で早出出勤、俺、ふて寝しちゃいそうです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月14日 (金) | 編集 |
仕事が休みだった嫁は、友達と一緒に函館の病院へと向かったそうです。
本当なら俺が連れて行くのが最善なのですが、この忙しい時期、
コレ以上仕事を休めない、抜け出せない現状があります。

IMGP3654.jpg

嫁は眼科に検診と役所に出す書類を書いてもらうため、
友達は地元の病院から紹介状を持って医師会病院に行くので、
行き帰りの道中、一人では退屈なので一緒に行く事にしたようです。

IMGP3657.jpg
IMGP3662_20111015001052.jpg
今日の内浦湾(噴火湾)は鏡のようなベタ凪

友達を医師会病院に降ろしてから、
自分の掛かりつけの眼科に向かったそうです。
で、いつものように眼底を検査するために左目瞳孔を広げる点眼をし、
医師の話に耳を傾けたそうです。
「今のところ、炎症は治まっています。
病名がはっきりするまであまり病状に触れませんでしたが、
実はぶどう膜炎は重症だったので、強いステロイド点眼剤を出していました。
それで治まらなかったら次の治療となりましたが、
うまく治まったので、今はそれより弱いステロイド点眼剤を使って貰います。
薬が無くなる頃、検診に来て下さい。
目がかすむとか少しでも異常がある場合、すぐに来て下さい。」
軽症だと思っていたぶどう膜炎、実は重症だった・・・
今だから話せるっていう事らしいです。

HI3H0092.jpg

暫く休んでから友達を迎えに行き、以前、
函館つるさんに教えて貰ったお気に入りのラーメン屋さんでお昼ご飯を食べたとか。

HI3H0090.jpg

嫁の病状は治まっていますが、友達は残念な事に手術となるという診断だったそうです。

嫁が、
『いつまでも難民生活だったらおかしくない? そろそろ題名替えたら?』
う~ん、そう言われれば通院だけで済んでいるので、
俺、難民になる事もなく、日常生活を送っています。
次回、嫁が病院に掛るまでに新たな題名を考えた方がよさそうです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月13日 (木) | 編集 |
嫁は自分一人で鮭釣りに行く時は、ポケットに餌ボックス、
手にはタックル一式だけ持っていくそうです。
・・・あれ、何かが足りない?
あっ、タモ!

その事を突っ込むと、
『タモを使うところに釣りに行こうと思うから、
タモを持って行かなくちゃならないじゃない?
それだったら最初からタモの要らない場所に入ればいいのよ。』
と豪語しています。
「もし、どうしても釣場でタモが必要だったらどうするんだ?」
と質問すると、
『そんな時は知り合いが沢山いるところに入る!
で、もし、鮭が掛かったら、近くに居る人に、タ~モ~って叫んですくってもらうの。
言っておくけど、コレって女の人だから許されるんであって、
あんたがやったら“最低の奴”って一生言われるんだよ。』
と言いやがります。
フッと何かを思い出したのか、半分ニヤケ顔と真顔が混じり、
『今更何だけど、ねぇねぇ、あんた今迄の人生の中で、
何度、彼女に最低の奴(男)って言われてきた?』
こんな善人の塊の様な俺に向かって何って事をいうのでしょう・・・。

この間のクラブの鮭釣り大会の時、俺、やっちゃったんだよね・・・
彼女とテトラの陰でチョメチョメ・・・と言いたいのですが、
うっかり自宅にタモを置き忘れしてしまったんです。
今更自宅に取りに帰るのも面倒だったので、知り合いに、
「もし鮭釣れたらその時はタモ貸して~。」
と頼んでいましたが、結局、タモをお借りするような事はありませんでした。

「人のタモを宛にするな、自分でタモを持ち歩け、コレが鮭釣りの最低ルールだ」
と、鮭釣りを始めた時に釣場の先輩に俺は教えられました。
鮭釣りをするにあたって、タモは必需品であると共に、
釣場で必要とする時は絶対にタモを持ち歩き、
自分で釣った鮭は自分ですくう事くらいできなくてどうするって事なんです。
でも、我が家にはそのルールを完全に無視する奴がいて、
『あたし、人の鮭すくうのは大得意よ! 100%って言っても過言じゃないわ。
でもね、今まで自分で釣った鮭、自分ですくった事がナイっていうのも自慢なの!』
・・・だからね、ソレじゃいけないって話なんですが、
さんざん釣場で好き勝手に振舞わっていたので、無理な話かも知れませんが、
「自分の釣った鮭、自分でタモに入られたら凄いって褒められるぞー。
特に女の人がそれをやったら、コイツできるなぁ~って思うぞー。」
と嫁を煽てておきました。
さーて、どうなる事やら、ちょっぴり楽しみでもあります。
豚もおだてりゃ木に登るってね(笑)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月12日 (水) | 編集 |
先週は弁当残業続きでしたが、ちょうど鮭も中休みといった感じで、
やっと普通の生活に戻りつつある?、一時の安息を得ています。

9日の日曜日、俺が釣れない鮭を狙って、
短時間ですがあっちこっちで竿を振ってましたが、
どこも余り良い釣果でなかったと伝わってきました。
ですが、11日、俺が仕事に出掛けた途端、
潮回りが良かったようで、森町から函館に掛けての太平洋側の鮭釣場では、
鮭が一気に岸寄りして、その恩恵に与かった釣人が大勢いたようです。

「内浦湾(噴火湾)で、船でマガレイも釣れてきているぞ~。」
と知り合いからも教えてもらい、気分は鮭釣りから船マガレイ釣りに心奪われてしまい、
友達の船頭に電話を入れて訊いてみると、
「今、いいぞ~。 クーラー釣り出来るぞ、来るなら早く来い! 
どうだ、明日乗るか?」
・・・乗りたいのはヤマヤマですが、
「明日、俺、仕事だぞー! 週末はどうだ?」
「ダメダメ、週末は時化るから、予約客に電話で断っている状態だ。
今年は鮭釣りも復活させてやるつもりだから、乗りに来いやぁー。」
「朝方、鮭釣りさせてからカレイ釣りさせるのか?」
「うんだ、その予定だ。 
決まったら電話早くよこせよ、予定客で埋まったら乗せてやりたくても、
乗せれない状態になるからな。」
こんな電話のやり取りをしていました。

内浦湾の船鮭釣りは11月に入ってから本格的に動き初めますが、
鮭釣りの実績のある船や人気のある船は、乗船した後に、
「来年のこの日に乗りたい、予約していく。」
という方々が多く、嫁も知り合いに頼んで、
同じ船に乗れるように昨年の内に予約を入れているようです。
気の早い事だと思いますが、
「あの船頭のあの船に乗りたい」などの希望の船に乗るタメには、
そこまでしなければ予約が取れない、なんてよくある話だそうです。
11月の船鮭釣り、
『どんな感じになるのかな~? 食べる分だけ釣れればイイな~。』
今から楽しみしている嫁の姿があります。

秋サケ漁苦戦 道内17%減1210万匹 9月末現在
<北海道新聞10月10日朝刊掲載(10/10 05:30)>

8月下旬の解禁から1カ月を過ぎた道内の秋サケ漁が低迷している。
道連合海区漁業調整委員会によると、
9月30日現在の漁獲量は前年同期比17.7%減の1210万8千匹。
不漁だった昨年をさらに下回り、特に根室海峡から太平洋にかけての不振が目立つ。
道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭市)は
「主力の4年魚の来遊が少なく、厳しい状況」としている。
今年の道内の秋サケ漁は、台風12号の影響などで出足が鈍った。
高値で推移しているため金額では同10.2%増の191億100万円だが、
漁獲量は盛漁期に入っても回復の兆しが見えない。
~略~
秋サケの漁期は、9月が前期、10月が中期、11月以降が後期と分かれている。
えりも以東は同水試が前期の漁獲を、漁期別で最も多い195万匹と予測していたが、
遠く及ばなかった。
同えりも以西、根室も前期は予想と大きな開きがあった。
ただ、えりも以西は中後期、根室は中期の来遊が多い予想となっている。
同水試によると、昨年も4年魚の来遊を見込んでいたが、
オホーツクや日本海側を除き予測が外れた。
原因は不明という。
昨年豊漁だったオホーツクの漁獲量は723万3千匹、
前年同期比13.1%の減だが、金額は同22.9%増の117億4900万円。
日本海も同39%増の116万匹、金額も同62.8%増の13億200万円と大きく伸びている。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月11日 (火) | 編集 |
前回、下娘のところに行った嫁。
その時、近くにデパートで買い物したんですが、
二人して立ち止まった売り場があったそうです。

PAP_0179.jpg
PAP_0178.jpg

一代ブームを起こしたウ―パールーパー、
アレは確かカップヤキソバのCMだと記憶があります。
昔を懐かしんで、ネットで調べると、
「1985年に日清焼そばU.F.O.のCMで、アルビノ種のメキシコサラマンダーが出演、
『ウーパールーパー』の呼び名で、広告代理店によりキャラクター化もされた。
キャラクターソングも作成されている。
今日では食用としての需要も若干ながら存在する。」
(メキシコサラマンダー - Wikipediaより抜粋)

PAP_0181.jpg
PAP_0180.jpg
PAP_0182.jpg

現在、原種は絶滅の危険性があるとして、ワシントン条約で保護されており、
採取捕獲などは出来なくなっているそうです。
現在、日本で流通しているメキシコサラマンダーは、ブリード個体のみだそうです。

PAP_0184.jpg

娘は、
「同級生でウ―パールーパーを飼っている人いるよ。
あたしもって言いたいけど、毎日、水変えるんじゃ~、ずぼらな性格だから無理ー!」
一端手に持ったそうですが、そ~っと棚に戻したとか。
嫁は、
『昔は何万もしていたけど、
今じゃ落ちぶれて2千円くらいで買えるなんてさ~、ブームって怖いわね。』
どこかのショップの元店員のように、もっともらしい顔で言います。
爬虫類大好き嫁の好きそうなウ―パールーパーですが、
流石に手を出すところまでは行かなかったようで、
『あたし、コレ飼うなら、オオサンショウウオの方がいいな~。』
特別天然記念物を飼いたがるとはいい度胸です。

PAP_0183.jpg

そんな事があった数日後、下娘からメールで、
「【ウーパールーパー 食用】ってぐぐってみて!!ww」
と来たのでぐぐってみると・・・ぎゃ~、俺には絶対無理!って感じの写真が・・・
賛否両論はあると思いますが、ヘタレの俺にはやっぱり食用は無理、
食いたいとも思わないし、見ただけで食欲が減退し、う~ん、悪夢を見そうです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月10日 (月) | 編集 |
何度かブログにも登場して頂いている嫁の師匠が、
つい最近人生の幕を引きました。

嫁の師匠
師匠と長靴

一週間に数回、俺が会社に出勤する時間帯と、
嫁の師匠が釣場に顔を出す時間帯と重なる事があって、
「今日も元気に釣場へ向かうんだ、今日の目当てはどんな魚かな?」
なんて考えながら、道路ですれ違う車の師匠の顔をチラ見していました。
「何処そこで魚が釣れている。」
という話を聞いては、車を走らせてソレを狙う、
午前と午後からの釣場が違うなんてよくあることで、失礼なことだと思いますが、
「あの年でよく走る(車で)よな。」
感心しながら行動力、行動範囲が広い師匠を羨ましくもありました。

8日、嫁が偵察に行った鵜泊漁港である方に、
「新聞に○○○○、葬儀終了って書かさっていたけど、あの○○さんだよね?」
慌てた嫁は、近くに居た知り合いの方にお伺いすると、
「うん、そうだよ。もともと○○を患っていたからな・・・ 
自宅で倒れ病院に運ばれたが、その夜に帰らぬ人になったそうだ。
俺もまったく知らなくて、つい最近、知ったばかりだ。」
と言う話を訊いたそうです。
ある方は、
「この間の日曜日、黒い車が3台してこの漁港に来ていた。
数分停まってから、ゆっくり動きだして港内をグルリ回るように走り去って行った。
アレって、今思うっと、○○さんを乗せた車だと思うんだ。
ここも彼のホームグラウンドだった場所だから、最後に見せに来たんだな。」
それを訊いた嫁は少し涙目になりながらも、
釣場でよく会う方々と、師匠の話で故人を懐かしんだそうです。

亡くなったとされている日の数日前、道路で嫁の車と師匠の車がすれ違っており、
『師匠、うん、今日も元気!』
と確認していたそうです。
俺も嫁に訊くまで、
「そう言えばしばらく見ていないよな?」
道理で・・・納得しちゃいました。
嫁は、
『いつかはこんな日も来るのが頭の中で分かっていてもさー、
突然って言うのはキツイよね。
でも、世間をアッと言わせる事が大好きな師匠だもん、
長患いするより、これでよかったかも知れないわ。』
寂しそうな面持ちですが、声のトーンから察すると、
自分の中でどこかで割り切っていた感じがします。

師匠が好んでいた釣場に行くと、きっと嫁は頭では理解出来ても、
暫くの間、いつもの癖で、釣場にいるであろう師匠の姿を目で追ってさがしているでしょう。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月09日 (日) | 編集 |
仕事が休みとなった今日、一人で朝マズメ狙いで鮭釣りに行って来ました。

IMGP3627.jpg

この釣場は地元のおっちゃん方が数十年間、
密かに楽しんでいる鮭釣場と言ってもいい場所なので、
あえて公表は差し支えたいと考えています。
他の釣場は鮭の姿が見え始めると、だいたいの予想が立てられますが、
この釣場は「鮭が来たー!」と思ったら、
次の日には1匹も姿が見る事が出来ないなんて良くあることで、
運良く鮭が岸寄りした時に出くわした方が、その恩恵を受ける事が出来る釣場なんです。
今年の恩恵を受けれたのは10/4~5日にこの釣場に偵察に来ていた人で、
20~30人が1~20匹以上釣りあげ、200匹以上釣れたそうです。

その話を聞いていたので、
「もしかすると少しだけ残りが居るのでは?」
甘い期待を抱いて行って竿を振ってきました。
場所によっては少しだけ鮭は残って居たようですが、
前日の情報の状況下とはあまりにも違い過ぎて、
自然の摂理はそう甘くないと実感してきました。

IMGP3638_20111009235617.jpg

午後から、午前中仕事だった嫁と、札幌から帰省している上娘が、
「お母さん、秋モノのコートが欲しい。」
と強請るので買いモノに行って来ました。

その途中の道路から、懐かしい人?と言うべきなのか、
昔、よく鮭釣りに行っていた某場所で見かけていた方がいたのです。
思わず写真を撮ってしまいました。

IMGP3632.jpg
俺達仲間内で“傭兵”と密かに呼んでいた方です。

IMGP3636.jpg

せっかく内浦湾(噴火湾)までやって来たので、
娘を車の中に放牧し、昔、よく釣りに行った場所で竿を出してみました。

IMGP3634_20111010000350.jpg

やっぱりここでも鮭は俺と遊んでくれませんでした。

IMGP3639.jpg

嫁に、
『あんた、真剣に竿を振ってないでしょう?! 
毎日鮭を見ているからって、無理して釣らなくても、
いざとなれば会社から買えばイイって思っているでしょう?』
時間を見て竿を振る限り、誰も好き好んでボンズになりたいとは思っていませんが、
ズバリ本音を言いあてられちゃいました。

釣れなくても竿を振る事によりストレス発散しているので、
鮭を釣る事に関しては嫁に任せようとかな~?
でも先に彼女に鮭を釣ったら、きっと自慢されるだろうな~?
・・・ストレス発散がストレスを抱える・・・次はいつ竿振れるかな? 
ノンビリ嫁よりも先に鮭を釣る事にした方がストレスが溜まらないかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月08日 (土) | 編集 |
午後から仕事の嫁、天気に誘われて早朝、鮭釣りに出掛けたと言います。

IMGP3617.jpg
IMGP3615.jpg

某場所で30分程竿を振ったそうですが、
波が高く魚の気配がなく諦めたそうです。
その後、少し車を走らせ鵜泊漁港の様子を見てきたそうです。

IMGP3602_20111008230913.jpg
IMGP3603.jpg
IMGP3604_20111008230911.jpg

そこには顔見知りの方々が居り、挨拶を兼ねた偵察に伺ったそうです。

IMGP3605.jpg
IMGP3606_20111008230909.jpg
IMGP3607_20111008230909.jpg

「布団の中に鮭はいるかい?」
と、鮭釣りの状況の問いに答えるA大将の義兄W氏。

IMGP3608_20111008235021.jpg
IMGP3609_20111008235020.jpg
IMGP3610_20111008235019.jpg
IMGP3611.jpg
IMGP3612_20111008235016.jpg
IMGP3613.jpg

運のある方は、場所移動して数投なげただけで鮭が掛る場合があります。
嫁が見ている内にこの1匹を含め、全体で10匹程釣れていたみたいです。

IMGP3614.jpg

嫁が帰る頃には、鮭が釣れない事を悲観して、
釣人の大半も帰路についた様です。

IMGP3621_20111009000043.jpg

話は変わって、
昨日は会社からイナダを頂きましたが、今日はブリの柵を頂きました。
ここ数日、下海岸(函館近辺)でイナダやブリが好調だという情報が流れており、
今日も南茅部の鮭の定置網に、
ブリやイナダが200トン程獲れたという速報も流れてきました。
ウチに帰ってきて新聞を広げると、この話題が載ってました。

IMGP3621_20111009002616.jpg

ブリ、イナダ 10月も大漁 6日間で千トン以上 南かやべ漁協、過去最高に
(北海道新聞 2011/10/8 道南版)

函館市南茅部地区で10月に入ってからも、
南方系の魚のブリやイナダの大漁が続いている。
南かやべ漁協では1日から6日間で千トン以上のブリ類を水揚げしており、
同漁協はブリ類の取扱量が過去最高になるとみている。
7日早朝、甲板がブリやイナダで埋め尽くされた船が定置網漁から尾札部に戻った。
6日には60トンを水揚げしたという「イジルシ佐藤漁業」の佐藤専務は
「この時期にこんなに大漁が続く事はなかった」
と驚いた様子で、船員とともに水揚げ作業に追われた。
一方、同漁協によると、
ブリ類の大漁とは対照的にスルメイカ漁や秋サケは伸び悩んでいる。
同漁協は
「水温は下がってきており、漁はこれから」と今後に期待している。

IMGP3624.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月07日 (金) | 編集 |
ここ数日、午前様に近い残業だったのですが、
今日は珍しく2時間残業で済み、尚且つ、お土産付でした。
今回は、
「残業続きで、皆の家族の者達に迷惑を掛けている。
これは余の気持ちじゃー、家族で食べなさい!」
と言う事の様で、社員全員、
もちろんパートのおばちゃん方にも1匹ずつ配られました。

IMGP3599.jpg
50~60cmくらいあります。

このイナダは、石狩市浜益区浜益から来たモノです。
会社にどのくらい入荷したのかは分かりませんが、
社員、パートを含めて100人以上いる会社なので、
ソレ全員分となれば相当数のイナダが会社あったと言う事になります。
・・・社長、ありがとうございます。

今年はここ数年に比べると鮭が獲れている方ですが、
値段、浜値が安くなりません。
巷の噂ではこのイナダの方が、
鮭1匹よりも遥かに安い値段で取引されているそうですよ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月06日 (木) | 編集 |
俺が弁当残業で仕事に励んでいる最中、
嫁はここ数日、身体の調子がよいのか、地元の鮭釣場の偵察に行ったようです。
『写真撮って来たから使ってよ。』
と恩着せがましく言うので、
せっかくのネタ、ボツにするのもアレなので、有難く使わせて貰います。

IMGP3587.jpg

5日の三本杉岩、北西の風が強く海は時化ています。

IMGP3583_20111006234319.jpg
IMGP3582_20111006234318.jpg

この釣場が好きで集まっている地元のおっちゃん方ですが、
「殆どの鮭、この時化で川に上ってしまった。
今いる小さな群れも秒読みで遡上するだろうな。 鮭、終わりだな。」
と言っていたそうです。

IMGP3586_20111006234315.jpg
IMGP3584_20111006234317.jpg
IMGP3585_20111006234316.jpg

鮭の亡骸は、ゴメのひな鳥の餌となっているようです。
ここ数年、この川の上流にもオオワシやオジロワシが越冬しに来るそうですが、
まだ数は八雲町で越冬する猛禽類に比べると、遥かに数はすくないそうです。

IMGP3589.jpg
IMGP3590_20111007001011.jpg
IMGP3591_20111007001010.jpg

今朝、早朝出勤を済ませた後、鵜泊漁港まで車を走らせて見てきたようです。

IMGP3588_20111007001013.jpg
IMGP3592_20111007001009.jpg
IMGP3593_20111007001007.jpg

毎日、夕方4時過ぎに、港内に刺し網が入るので、
新しい群れが入ってきても一網打尽されちゃいます。

IMGP3594_20111007003521.jpg
IMGP3595.jpg

運良く、刺し網のはいっていない日中に新しい群れに当たりと、
小爆釣とまでも行かなくても、少しだけ鮭と遊んでもらえますが、
そのタイミングが何時なのか・・・長い時をこの場で過ごさないと分かりません。

IMGP3596_20111007003519.jpg
IMGP3597_20111007003518.jpg
IMGP3598.jpg

嫁が居る内に釣れたのはコレ1匹だけだったそうです。
彼女の本当の目的は、定置網にどのくらいの鮭が掛っているのか見たかったそうですが、
この日の定置網は豊漁だったようで、
集荷場のある瀬棚漁港へ船で直行で向かったようで、
鵜泊漁港には帰って来なかったようです。
毎回、豊漁だと良いのですが、自然相手の漁、
今日が良くても明日はダメなんて良くある話です。

そろそろ道南の噴火湾あたりの鮭の情報もチラホラ聞きますので、
次の釣場は函館近辺の下海岸かな?!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月06日 (木) | 編集 |
今日も弁当残業で、後2分で日付が変わる寸前に玄関に辿り着きました。

今日、道東から鮭が入荷してきましたが、
その中にキングサーモンの子供が2匹混ざっていました。

20111005183007.jpg

大きさにして2.5Kgくらいの小型のキングサーモンで、
ますのすけと呼ぶにも小さく、
キングサーモンの子供と表現した方が通りがようと思います。
同じ位の鮭と比べると、
キングサーモンの方がシッポが短くて太いのが特徴なんです。

20111005183033.jpg 

嫁にこの写真を見せたら、
『ねぇ、どこに、この鮭あるの? 
まったく子供みたく意地悪なんだから・・・ねぇ~どこよ?』
「写真だけ、アレは鮭でなくキングサーモンの子供。
ブログのネタ用に写メしただけで、アレは会社のモノ!」
『えっーっ、間際らしい事しないでよね。
脂が乗って美味そうだったから、せっかく明日どうやって食べるか考えていたのにー!
ちょっとあんた、あたしのタメ、これから道東に行って現地調達してきてー。』
相も変わらず無茶苦茶な事を言いやがります。
鮭釣りにも行けないでいるのに、
どうやってキングサーモンだけを狙って釣れっていうんでしょうか?
思わず、
「お前、勝手に行って釣って来い!」
と言いそうになり、その言葉を暖かい蕎麦と一緒にお腹に流し込みました。
そんな事言ったら、真に受けて、本当に勝手に行っちゃうのも有るのですが、
俺の夜食・・・誰がつくってくれる? コレが一番の問題なんです。

帰り際、
「皆の者、明日の朝、一時間早出残業だからな。余を喜ばせるタメに働くのじゃ~!」
お殿様の優しい声が工場内に響き渡りました。
と言う訳で、お休みなさい~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月04日 (火) | 編集 |
昨日は平常勤務で残業もナシだったのですが、
時化が収まりつつある日本海、数日、鮭の定置網を起こす事が出来なかったのが、
今日、あちらこちらで一斉に網上げが始まり、鮭が大量に会社に流れて来ちゃいました。
今日は弁当残業だと嫁にメールを入れると、
『弁当残業だったらそれでお腹満たせばいいのに、
どうせ帰って来てから麺類たべるんでしょう? 
それだったらあたし、何も恩恵が受けられないじゃない?』
・・・弁当残業の時くらい楽させろ!と言いたいようですが、
なんせ育ち盛りの中年男は、弁当のご飯では足りず腹をすかせています。
だから太るんだと言う意見もございましょうが、
“腹が減っては戦ができぬ”と言うことわざもあるように、
男には戦わないといけない時があるんです。
と言う言い訳がどこまで嫁に通用するのか?
殆ど、鼻でフンと笑われて終わりでしょうね。

PM11:30頃に帰ってきて、シャワーを浴びて、
夜食を食べれば今の時間となってしまいました。
暫く、この状態が続くでしょうね・・・おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月03日 (月) | 編集 |
昨日、クラブの鮭釣り大会が開催されたのですが、
強風+突風+雨+雷+アラレ=釣人の闘争心を殺ぐには十分な要素でした。

嫁も強風だけなら大地に足を踏ん張り持ち堪えたのですが、
『突風に負けたぁー』
突風で足元を揺らしながら、悔しそうに言います。
そして嫁は何かを決意したように、
『あの二人みたいな体型でないと安定しないのね。
下半身重視、重力に逆らったらダメ、
あたしみたくただのデブは、下半身が弱すぎるのよ。』
と、改めて写真を見て納得していました。

IMGP3525 - コピー (2)

一人は元クラブ員で、やっと病気から復帰したツワモノ。
一時はその生命も危ぶまれ、今も“難病と闘う男!”を地でいっている方なのです。
以前、ブログで紹介させて貰った短K氏、
ルーズソックスの短K氏

IMGP3531.jpg

以前購入したウエアーはボロボロになったのもあったようで、
少し前に防寒着を購入したようです。
大病を患っているって事もあるので、少しだけ体重が落ち、
少しばかりドラえもん体型から脱出し、
服のサイズもLLからLサイズにダウンしているようです、かわいいかったのに残念。
『ズボンの裾上げは当然ダブルよね
あっ、惜しいわね、普通のダブルの裾上げは4㎝位が標準なのよ。
どう見てもその倍はあるわね・・・
ドン小西に言って服装チャックして貰わないとトレンドに乗り遅れるわよ。』
ドン小西・・・少しトレンドに乗り遅れ気味だと思うのは俺だけ?

もう一人は昨年、釣場で初顔合わせしたお方で、
とても気さくで陽気なStechpalmeさんなんですが、
俺よりも存在感のあるマツコデラックスのような嫁を前にした時、
彼女のモンスターペアレント的なクレイマー要素、
要は何にでもケチをつけるオバタリアン現象をいち早く見抜き、
「この怪物危険だけど、扱い次第では味方に出来るかも?」
と言う勘が働いたのか、なぜか俺よりも気が合う?ようです。

IMGP3438.jpg
 
俺のブログの某釣場で後ろ姿で写っているのを見た方が、
「あのどっしりしたシルエット、顔出ししていなくても一発で分かった。」
とご本人に報告されたようですが・・・
ドラえもんスタイル  どっしり=安定感・存在感
があるって事なんでしょうね。

IMGP3540 - コピー 

最後に紹介するのは彼、ワッシ氏、
俺の愚息は常に隠れん坊将軍なんですが、
彼の将軍は未だに現役で暴れん坊将軍に変身するタメ、
時々、こうやって社会の窓全開でほどばしる熱を放出をしてやらないと、
熱の放出を忘れた日にやぁ~、
「奥さんちょっと聞いてよ、うちの旦那、凄いのよ。」
って感じで、その夜は大暴走し、 子沢山計画を実行する事になるようです。

IMGP3581_20111003214638.jpg

天高く馬肥ゆる秋と言うよりは、
Mr,Kさんから頂いたリンゴを独り占めして食べている姿を見る限り、
天高く嫁肥ゆる秋、俺はこの方がシックリきます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2011年10月02日 (日) | 編集 |
今日は俺が所属するクラブの鮭釣り大会が開催されました。

IMGP3541.jpg
IMGP3542.jpg

外海は時化ているため、とても釣りになりそうにありませんので、
港内で鮭を狙う事になりそうです。
ここ数日、時化のお陰で港内に鮭が入って来ては、
夕方4時に港内から間口に向かって刺し網をさす鵜泊漁港が、
今のところ一番人気なんです。

IMGP3525.jpg
IMGP3526_20111002235303.jpg

ここは刺し網は夜または朝方には撤去されるので、潮回りが良かったら、
日中でも鮭が港内に入ってくる可能性を占めています。
実際、10/1の土曜日にはお昼頃までには50匹程の鮭が釣れていました。

IMGP3527_20111002235302.jpg
IMGP3529.jpg
IMGP3530.jpg

今朝は凄く冷え込んでおり、西風が強く、
それでもって遥か沖では雷が鳴り響き、雨が時より顔を殴ります。

IMGP3532.jpg
IMGP3534.jpg
IMGP3536_20111002235858.jpg

雨かと思えばアラレまで降ってきました、だから寒いハズです。

IMGP3537.jpg
IMGP3539.jpg
IMGP3540_20111003002946.jpg

漁港を偵察していると知り合いの方々が竿を振ってました。

IMGP3552.jpg
IMGP3556.jpg

どうも昨日釣れたっていう時間になっても鮭の動きは見られず、
全体で5匹程釣れたのを横目でみながらも、
突風と雨とアラレにやられた俺達は、
この釣場に見切りをつけ違う場所を求めてさ迷ってきました。

IMGP3558_20111003004041.jpg

午前9時、計測場である釣具屋さんに出向いたのですが、
集合したメンバーも集合出来なかったメンバーも、
誰一人、鮭を持って来る事は有りませんでした。

IMGP3559.jpg
IMGP3560.jpg

皆、仲良く、ボンズって事で大会は終了しました。

IMGP3571.jpg

一寝した後の夕方、ちょっと気になったので鵜泊漁港へ見に行って来ました。

IMGP3563.jpg

話を聞くと、ポツラポツラと釣れていたそうで、
全体で20匹程くらい釣れたと教えてくれました。

IMGP3565_20111003005755.jpg
IMGP3567_20111003005754.jpg
IMGP3569.jpg
午後4時過ぎ、恒例の港内の刺し網をさす漁師さん
IMGP3570.jpg
IMGP3572.jpg

定置網には鮭はあまり乗っていないそうで、
かえって刺し網の方に鮭が掛っているそうです。
明日の朝、どのくらいのサケがこの刺し網にかかっているのでしょうか?

IMGP3573_20111003011148.jpg
IMGP3574_20111003011148.jpg

明日は少しでもこの時化がおさまれば、鮭が岸寄り出来そう気がします。

IMGP3578_20111003011147.jpg
IMGP3580.jpg

島牧村とせたな町の間にある狩場山の頂上にも雪が積もっていました。
10月始まったばかりなのに、少し寒過ぎです、
思わず、昨日の夜から灯油ストーブに火をつけ暖を取っています。
着々と冬に向かっています・・・ブルブル・・・さぶ~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用