FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年12月08日 (木) | 編集 |
今日、久しぶりに友達の船頭と、某漁港で偶然にも会う事がありました。
俺は会社のトラックで魚を積みに行き、
彼は自分の船に来た後、組合に荷物を受け取りに来ていました。
俺は今年、彼の船に乗れなかった事を詫びつつ、
気分は来年の船カレイ釣りに飛んでいました。

その話を切り出すと、
「俺、今年いっぱいで漁師と遊漁船辞めるんだ。
身体も不自由ってこともあるんだけど、
一緒に船に乗ってくれていた親父も年だし身体の調子も悪いんだ。
姉夫婦に相談したりして、今だったら船も高値で売れるから
売れる内に売った方が得だってことになったんだ。
親父が船に乗れないとなれば俺一人で船を操れても、
ソレ以外(船のロープつけなど)の事は無理なんだ。」
残念そうに言います。

彼は若くしてくも膜下出血で倒れ、手術をし厳しいリハビリを経て、
不自由だった左半身を杖なしで歩けるまでに復帰しました。
その後、規模を縮小し漁師を続けながらも遊漁船を始めました。
父親の縁の下の力持ちがあった事は言うまでも有りません。

俺達が我儘を言える唯一の船だったんですが、
こればかりは家庭の事情での出来事なので、
俺には口を挟む事も許されません。
こんな事になるなら、今年、無理しても彼の船に乗るべきだったと、
後悔しております。
彼は悔んでいる俺の顔を見て、
「大丈夫だ、お前が船に乗る時はちゃんと手配してやるよ、もう話しはついている。
俺より若い奴なんだけど、隣の漁港で、
今年、遊漁船始めた奴がいるんだ。
カレイ釣りなら俺が教えておいたから大丈夫、
いつでも声かけてくれ、連絡しておくよ。」
最後まで薄情な俺に気に掛けてくれ、本当に有難いと感じ、
涙が出ちゃいそうになりました。
最後に、もう一度乗りたかったな、あの船、残念でなりません。

今日のせたな町は昨日とは打って変わったように雪が積もっています。
IMGP4254.jpg
IMGP4255.jpg

日中もマイナス気温で、夜には気温がグッと下がりしばれて(寒く)きています。

IMGP4259.jpg
IMGP4260_20111209000036.jpg

除雪車も忙しそうに走り回っています。
今年はここ数年に比べ、雪が降るのが早い気がします。
まさか・・・もう根雪なんてことあり得るかも?!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用