FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年12月22日 (木) | 編集 |
今、外ではモソモソと雪が降り続いています。
この分だったら、明日の朝は雪掻きに追われそうです。
今日の昼から久しぶりにプラス気温になり、雪解けが進んだ国道には、
これからの大荒れに備えてか、
それともクリスマス用の買い出しなのかは分かりませんが、
買い物に出掛ける人達の車が右往左往していました。

IMGP4390_20111223001431.jpg
IMGP4391.jpg

ここ数日、定時に帰って来れましたが、今日は残業。
この分ならクリスマスイブも残業、クリスマスは仕事かも知れません。

昨日の新聞に、渡島管内の今年の秋サケの漁獲量が載っていました。
いつもの年なら秋サケの時期になると、
午前0時にウチに帰る事が数回あるのですが、
今年はその時期にはありませんでした。
ついこの間、スケソウダラの入荷で遅くなりましたが、
肝心の卵があまり良い状態ではないのです。
サケの場合、産卵が近くなると赤み掛かったバラ子(卵)になりますが、
スケソウダラは水子(水っぽい卵)になり、商品価値が無くなります。
この魚達が良くないと、俺の冬期賞用に影響して来ます。
・・・しちゃいましたって言うのが正解・・・
こればかりは魚に左右される水産業の宿命だと諦めています。
貰っても右から左に流れて行き、ため息しか出ませんが、
混沌とした今年、貰えるだけ有難いと感じています。
来年は魚が沢山獲れればいいなぁ~。

◆秋サケ漁 過去5年で最低  昨年比 漁獲量40%減 金額23%減
(北海道新聞 2011/12/21 渡島檜山版)

渡島管内の秋サケ漁がほぼ終了した。
渡島海区漁業調整委員会によると、
渡島海区の9月の解禁から12月10日までの漁獲量は82万9521匹、
漁獲金額は14億2664万円で、ともに過去5年で最低となる厳しい内容となった。
漁獲量の内容は、噴火湾(長万部から森町砂原)が37万3073匹、
道南(鹿部から松前・白神岬)が45万5630匹などで、
不漁だった2010年と比べても前年同期比40.2%減。
漁獲金額は数量減に伴って高値で推移したものの、同23.4%減となった。
道立総合研究機関講さけます・内水面水産試験場(恵庭)によると、
今季の秋サケ漁は道東から東北にかけての太平洋沿岸で不漁になった。
原因ははっきりしておらず、同水試は
「これだけ広い海域で影響が出ている。
サケが稚魚だった時の沿岸の海洋環境が影響している可能性もある。」
同委員会によると、管内の秋サケ漁は25日には終了する見込み。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用