FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2012年02月03日 (金) | 編集 |
俺が仕事から帰ってくる時間帯は、釣具屋さんがちょうど閉店する時間帯なので、
なかなかチャンスに巡り合えず、今日、やっとダイワのカタログを貰って来ました。

IMGP4604 - コピー

ひと通り目を通しましたが、
今回、俺の目に留まったのはリールだけでした。

IMGP4598.jpg
IMGP4600_20120204004600.jpg
IMGP4607.jpg


シマノ/ダイワ/がまかつのカタログを見て、
いつかはこんな釣りがやってみたと思う竿に出会いました。

IMGP4608.jpg
IMGP4609_20120204004915.jpg
IMGP4615.jpg

IMGP4617.jpg
IMGP4618.jpg
IMGP4619.jpg

IMGP4621.jpg
IMGP4623.jpg

以前、TVで鮎釣り師が海外の川でキングサーモンを、
竿一本で格闘し釣り上げていました、その時は確か鮎竿だった気がします。
面白そうな釣りだと眺めて、
魚が掛かった時の溜めは効いても、引き寄せるのは釣り師の腕次第。
繊細な鮎釣り、大胆なサケ釣り、この両方をこなし、
リール無しで竿1本で渡りあう釣り師、尊敬の眼差しで見入ってました。

日本でサケを狙える川となれば、サケの調査が許された川となるわけで数も少ない。
問題は食を考えた時、
「川に上ったホッチャレを食べるのか?」
昔のアイヌ民族ならサケの回帰に感謝して
「カムイチェップノミ」という伝統儀式を行い、
それも大量に獲るのではなく、その年に食べるだけ、
自然の恵みと神に感謝しつつ獲り、ほっちゃれは脂が抜けている分、
よく乾燥して長く保存できたそうですが、海でサケを狙っている内は、
まずそれを食すって事は念頭に無く、
キャッチ&リリース、ただのゲーム性を求める事になっちゃいます。
日本では調査が許された川でのサケは数量が決まっているが持ち帰りが出来ます。
それでもいいから欲しいと頼まれたら、俺、間違いなく持って帰って来てしまう・・・
う~ん、川ザケは持って帰ってきたくない。
それだったら持ち帰りが出来ない海外で釣るのが一番良いと思われますが、
なんせ貧乏なので海外なんて行けないのが現実・・・。
でも魅力的な釣りだと思うし、いつかは一度でいいからやってみたい釣りです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用